2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ネヴァーエンディングストーリー

1 :少年法により名無し:04/06/16 15:02
長崎事件のスレが見当たらないので建てときますた
事件を風化させてはいけないと思いまつ

2 :少年法により名無し:04/06/16 15:05
otu!

3 :少年法により名無し:04/06/16 15:09
>>1ネヴァタンをレイプしようぜ!

4 ::04/06/16 15:12
実に悲惨な事件ですた
あの時の犯人にはもう子供が居るとか?

5 :少年法により名無し:04/06/16 15:14
近年稀にみる凶悪事件でしたね

6 :少年法により名無し:04/06/16 15:15
そうそう、その子供が今度は殺されたんだよな・・・。
小6で、中田視されて・・・首しめられて。あっというまだったんだろ?
因果を感じるな。


7 :少年法により名無し:04/06/16 15:26
>>6
どんな事件だよ?

8 :NEVANEVADA〜:04/06/16 15:31
話の腰を折るけどNEVAちゃんの顔写真てどっかで見ることできませんかね?

9 :少年法により名無し:04/06/16 15:32
http://home.kimo.com.tw/jungte0104/

10 :少年法により名無し:04/06/16 15:34
>>8
葵のところで見れるよ。ネヴァタソの自宅も

11 :NEVANEVADA〜:04/06/16 15:36
ありがとちゃん!

12 :少年法により名無し:04/06/16 16:15
ネヴァタソって絶対ドラマ化出来るよね

13 :少年法により名無し:04/06/16 16:56
>スレが見当たらないので建てときますた
>スレが見当たらないので建てときますた
>スレが見当たらないので建てときますた

( ´∀`)アハハ

14 :∀デュオ∀:04/06/16 17:50

BR外伝。
BATTLE ROYALE ―囁き―

あの杉江真耶が愛媛県私立琴海学院中等部3年D組に転向してきて一週間たった2004年6月1日・・・・。

{殺さなきゃ・・・・アのオンナヲ}
千田初一音は朝からずっと考えてきた事を、実行に移す決意を固めていた。

「遙香、ちょっと・・・・。」
四時間目が終わった途端、初一音は御手洗遙香に呼びかけた。
給食の準備でみんな慌ただしくなっている。二人の会話を気にかけるものは誰もいなかった。
「な〜に、初一音。」
遙香が初一音の大きな瞳を、のぞき込んで聞いてきた。
「ちょっとしたいことがあるの。学習ルームまで来てよ。」
「エ〜いますぐー、昼休みじゃダメなの?」
「すぐすむし、今なら誰も来ないからちょうどいいでしょ。」
「ふ〜ん、わかった・・・・。」
遙香はしぶしぶのようにうなずいた。

学習ルームは、校舎の角にある目立たない部屋だ。
給食時に来る生徒も先生もいない。
ふたりは教室を後にして、並んで歩いて行った。
{コロスンだ・・・・}
初一音の頭の中には、その言葉しかなかった。


15 :∀デュオ∀:04/06/16 17:50
学習ルーム入って、初一音がドアを閉めると遙香は言った。
「初一音、何するの?」
「遙香と私、最近ケンカしてたでしょ。」
初一音は、うつむき加減でつぶやいた。
「そーね〜。」
「だから、仲直りのための儀式をするの。」
初一音は窓の向こうを見つめて言った。
「ふーん、で、どうすんの?」
遙香は少しつっけんどんに初一音を見た。
それを無視するように、「カーテンしめよっか。」と初一音が言うと、遙香は何も言わずに従った。
二人はそれぞれ反対側からカーテンを閉めあった。

遙香が最後のカーテンを閉め終わった時、
「じゃあ、ここに座って・・・。」
初一音が椅子を持ってきて言った。
「なにをするの・・・・。」遙香が聞く。
初一音はほほ笑みながら言った。
「だから、秘密の儀式・・・・・永遠に仲直りするため・・・。」
初一音はダブダブのズボンのポケットに入っているカッターナイフを上から触りながら言った。



16 :∀デュオ∀:04/06/16 17:51
「ハハハ、初一音そういうのスキだねー。座ればいいんだね。」
「そう・・・・」
遙香が座ると初一音は後ろに立って、持っていたタオルで目隠ししようとした。
「目かくしはイヤだよー。」
遙香が、軽く頭を振る。
「でも、目かくししないとダメなの。じゃあ、手でやるね。」
遙香がうなずくと、初一音は左手で遙香の両目を優しく押さえた。
「初一音のおなかが、頭にあたるぅ。」
遙香がはしゃぐように言う・・・。
{ムカツク・・・}初一音の目の奥に揺らめいていた暗い光はその強さを増していった。

チチチチチ、チチチチチ・・・・初一音は右手でカッターナイフの刃を目一杯出し、強くロックした。
右手だけでカッターナイフの刃を出し入れする練習は、幾度となく繰り返していた。
初一音は、この音が好きだった。
その音の余韻にひたりながら、初一音はカッターナイフを逆手に持ち替えた。

「ナンの音?」


17 :∀デュオ∀:04/06/16 17:51
遙香がそう尋ねた瞬間、カッターナイフの刃が遙香の左の喉に深く刺さっていた。
・・・・ばォッ・・・・
その最初のひと刺しで遙香の気管は裂かれ、声を失った。
初一音が右手を引くのと同時に、遙香は自分の頚に手をやり、反射的に立ち上がっていた。
・・・・ボごァ・・・・
それが遙香に致命傷をもたらした。カッターナイフは更に深く突き刺さると同時に左から右へと喉を切り裂く結果になり、深さ10cm幅10cmの凶悪な裂傷が形成された。
頚部の前面の筋肉をほとんど切断され、初一音が目かくししていた左手は、遙香の頭を押さえる事となって、後頭部はほとんど背中につくくらいに折れ曲がった。
初一音が遙香の頚の切り口をまともに見た瞬間、激しい血しぶきは初一音に向けてまともに吹き上げてきた。
遙香が逆さまになった顔でビックリしたような目を後ろにいる初一音に向けている。
遙香の目に最後に入ったものは、初一音の来ている黒いパーカーに書かれた「NEVADA」という白い文字だった。
それからのほんの数秒間、遙香は激しく体を動かし抵抗した。断末魔が手足を振りましたおかげで、遙香の体はカッターの刃であちこち切れた。
・・・・バキッ・・・・とカッターナイフの刃が飛んだ。
しかし、刃がなくなったわけではない。短くなっただけだ・・・・。
そして、遙香は急速におとなしくなっていった。

ガタン・・・椅子が倒れ・・・・、
どさっ・・・遙香がくずおれた・・・。
遙香の体が時折痙攣する・・・頚からは心臓の動きと呼応するように、血がピュッ、ピュッと噴き出していたが、徐々に小さくなっていった。
床は一面血の海になっている。
初一音は全身に返り血を浴びて、遙香を見下ろしていた。
遙香から徐々に生気が抜けていくのが目に見えてわかる。
まるで血が命のすべてであるように・・・・


18 :うんち:04/06/16 18:03
加害女児のHPURL教えて

19 :∀デュオ∀:04/06/16 18:16
「死ぬとこうなるのか。」
初一音はそうつぶやきながら、動かなくなった遙香の体を足でつついた。
遙香の顔の前にしゃがみ込んで、短くなったカッターナイフの刃を遙香の顔に当てて引いてみる。
血はもうほとんどでない。
遙香はナンの反応もなく、何も見つめていない目で初一音を見つめていた。
反応がない事を確認するように、初一音はふたつみっつ切りつけてみた。
そのままどれほどそこにしゃがみ込んでいただろうか。
いい気味だとは思わなかった。
ざまあみろとも考えていなかった。
ただ、何かをやり遂げた高揚感のようなものが、初一音の心を占めていた。

持ってきていたタオルで、手の血を拭い、初一音はカッターナイフを、そっとハンカチで包んだ。
そして、どことない安心感に包まれながら、血だらけの姿のまま、教室に向かった。


教室について、初一音を最初に迎えたものは、同級生の悲鳴だった。
担任が慌てて立ち上がり、教壇に立った。
そして、彼女を一瞥して宣言した。
「このクラスは、たった今からBR法2004年度プログラムに入る。」
・・・・・・



この物語は全てフィクションである・・・・

20 :ボイス:04/06/16 18:18
http://stream.arcstarmusic.com/meta/bvhe/w/voice_special_300k.asx

21 :少年法により名無し:04/06/16 18:20
>>9
ゾンビ ウィンドウ

22 :少年法により名無し:04/06/16 18:58
ネバタン、早く自伝小説書かないかな。

23 :少年法により名無し:04/06/16 20:11
印税で賠償金払えソー。

24 :少年法により名無し:04/06/16 22:01
age

25 :少年法により名無し:04/06/17 11:45
最近はネバ萌えスレが横行してますね
このスレに期待age

26 :少年法により名無し:04/06/17 23:14
          _,,.. - - ‐- 、 .
  .r_、    /´       `ヽ、.
  ;' `"ヽ、,/  ,-=、   ,r=- lヽ、
  `j'‐^-//    /-、   /ヽ、  ヽ\、
     /    /::;;;;l   l;;;;;lヽ i ヽ\、
     /  ハ l l;;;;;;l  .l;;;;;;l l l  ,ヽ l!:、   __
    / 〃 ! l !;;;;j   l;;;;j  l! l ; lj! ;   f=ヾ、
    l 川 l l ⊂::⊃   ⊂:::⊃ l! ll l l l  / Ylj"
    .l l l ll、    △     ll ll ノ ノ!  /ヽ/
     l、.从 ll、ヽ、/⌒)  r-、 /' lλノノ /ヽ/
     //、、lヾヽ!  /'  l、 ヾ //乂ノヽ、/
    ノ'ヘヽヽ l!  "    `  .l!ノ'"./) ̄!
      ヽ、l j`l        ll,,/´ /、ノ.l
        /⌒ヽ       l,,..--.くヽ ソ
        l    \    /   /-<
        !    l   /    / l ll
         l、   l__ ヽ、_/,, /ミ/
      ::;;;;;;;;;ヽ=-'";;;;;;;; ̄"";;;;;;;;ノ /

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)