2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今後の著作権のあり方について考える 6

1 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:19 ID:KvjSDVQV
そろそろ新しい著作権の方法考えようぜ
http://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/download/1084298038/
今後の著作権のあり方について考える 2
http://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/download/1084452482/
今後の著作権のあり方について考える 3
http://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/download/1084547444/
今後の著作権のあり方について考える 4
http://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/download/1084859525/l50
今後の著作権のあり方について考える 5
http://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/download/1085249966/

Winnyまとめページ
http://winny.ne.nu/
Winny事件FAQ
http://karashi7743.nobody.jp/faq.html
47氏発言集
http://winny.info/2ch/47.html

迷走する“著作権”――そして“共有”
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0405/22/news012.html
Winny事件という誤謬の原点
ttp://japan.cnet.com/column/mori/story/0,2000050579,20068283,00.htm
民主党エンタメ議連 インターネットと著作権法 ご意見
ttp://www.satokenichiro.com/entamep2p.htm

2 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:19 ID:Ej/e0R0M
?

3 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:19 ID:+Wl2zCOX
とりあえず3

4 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:20 ID:xwrcNEPD
>>1



5 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:22 ID:WKWM1Vbd
バーチャルネット法律娘 真紀奈17歳 http://homepage3.nifty.com/machina/
知的財産権(特許・商標・著作権)の基礎講座 http://www.furutani.co.jp/kiso/kiso.html
ビジネスモデル特許の基礎 http://www.furutani.co.jp/office/ronbun/BPBasic.html
JASRAC評議委員BBS http://bbs2.otd.co.jp/18532/bbs_plain
知的財産戦略本部(第8回)(H16.5.27) http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2004/05/27tizai.html
民主党エンタメ議連 インターネットと著作権法 ご意見 http://www.satokenichiro.com/entamep2p.htm
クリエイティブ・コモンズ・ジャパン http://www.creativecommons.jp/

6 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:23 ID:pz+SG1hq
中間マージンが無駄だ無駄だいう人は、具体的にどこがどう無駄で、
どの部分をどうやって切りつめるか、切りつめて生じる問題の現実的な
解決案を出すべき。

どうにも「宣伝費ゼロにしてもいい曲なら売れるんだい」とか、「ネット配信
にすれば流通経費タダだー」みたいな、非現実的な絵空事か、さもなくば
「なんかよくわかんないけど中間搾取なくしてCD一枚千円だー。バンザ
ーイ」みたいに明らかに深く考えないで雰囲気だけで語ってるのしかないし。

7 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:25 ID:Ogf5eX/V
明日の国会、法務委員会と文部科学委員会どちらを見る?
前者はWinny事件を後者は輸入CDの件に触れるだろうね。

8 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:25 ID:pz+SG1hq
現実的には、JASRACの取り分削って、CD一枚2600円、
パッケや歌詞カード類を全部削ったデータのみの配信でアルバム一枚分
が1800円程度がまあギリギリだと思うんですけどね。

広告なくして曲の良さで売るんだい!みたいなのはどうにもなあ。

9 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:25 ID:gIV0Oe+j
>>6
一部が無駄というより全体が肥大化しすぎてるから もう全体的にダイエットしろ
としか言いようがないんじゃないの?

10 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:26 ID:UbX1Xl5m
<ウィニー>開発者起訴 法廷でネット社会の著作権論争も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040601-00000115-mai-soci
>著作権法に詳しい小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)は「(被告が)個々の利用者レベルの
>具体的な使用を明確に認識していたかが問題。不正使用を助長するかのような掲示板への
>一連の書き込みとは別次元の話で、それを元にした逮捕・起訴は解釈を広げ過ぎている。
>これでは150キロで走れる車を製造した会社は、速度違反に問われた運転手のほう助になる。
>産業界全体の商品開発にも波及しかねない問題を含んでいる」と指摘する。
<略>
>違法なファイル交換に対し、米国では民事上の解決が一般的だ。リサーチ会社「ガートナーG2」の
>アナリスト、マイク・マクガイア氏は「刑事事件としてソフト開発者を摘発するのは極めて異例だ」
>と指摘する。

11 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:27 ID:pz+SG1hq
>全体が肥大化しすぎてるから もう全体的にダイエットしろ

いやだから、そういう例え話的なぼんやーりした話じゃなくてさ。

安くするとして、具体的にどこの何を削るの?
「なんか無駄になってる部分をスリム化して〜」みたいな曖昧模糊と
した話じゃなくてさ。

12 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:29 ID:+Wl2zCOX
>>8
CD1枚に対するJASRACの取り分は10円くらいだよ。
まあそのくらいの値段で出してるインディーズはあるけどな。。

13 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:36 ID:6p0cqN2q
>>12
前スレに著作権使用料は6%ってなってたけど

14 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:37 ID:nQHX0c6G
考える事自体無駄
数年先を言ってるアメリカを見れば明らかだろ
法と腕力で押さえ込まれていくだけ

15 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:38 ID:gIV0Oe+j
 1.レコード店 25〜30%
 2.制作会社 10〜12% (※音源制作)
 3.容器代 10%
 4.プレス代 7%
 5.著作権使用料 6%
 6.歌唱印税 1〜3%
 7.広告・プロモーション費用 ?(仮17%)
 8.音楽出版社利益 ?(仮15%?)

だから1を削れば?と言ったら レコード店つぶれるよ。
7を削れば?と言うと、数売れないよ。
8を削れば?と言うと、流通させれないよ。ってなるし。

現行の仕組み内で具体的に指摘して簡単に削除できるわけないだろ?


16 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:45 ID:+Wl2zCOX
>>13
6%の6%だ。
簡単に言うと、3000円の6%で180円。
その180円の6%がJASRAC手数料で10.8円と。
残りは著作者へ。

17 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:47 ID:PFhAIMK+
>>8
> 現実的には、JASRACの取り分削って、CD一枚2600円、

JASRACの取り分って0.36円ですよ
定価3000円と仮定した場合

18 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:48 ID:PFhAIMK+
何書いてるんだ俺
0.36%の間違いだ

19 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:48 ID:zqc4AbAz
歌唱印税は誰に入るんだ?

20 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:48 ID:h4G8OLCj
「捜査記録がネット流出 京都府警巡査のPCから」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040329-00000109-kyodo-soci
「警部補が水着女性盗撮 京都府警」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040521-00000033-san-soci
「警視が女性記者にセクハラ 京都府警減給処分に」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040319-00000010-kyodo-soci
「不倫相手3人にストーカー 京都府警、巡査長を懲戒免職」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040423-00000091-kyodo-soci
「取調室で暴行、けがさせる 人権侵害と京都府警に警告」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040423-00000138-kyodo-soci
「京都府警、領収書の25%仮名 捜査協力謝礼」
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/2004mar/23/W20040323MWA1K000000055.html
「スーパーで元署長万引 京都」
http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/20040218/news006.html

21 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:49 ID:PFhAIMK+
>>14
> 数年先を言ってるアメリカを見れば明らかだろ
> 法と腕力で押さえ込まれていくだけ

公衆送信権がないのになんでナプスター違法にされたんだろ
不思議な国だよなぁ

22 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:49 ID:+Wl2zCOX
>>18
俺と違う数字出すなよw

>>19
アーテスト

23 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:49 ID:PFhAIMK+
>>19
実演家じゃないの?
歌手とか演奏とか

24 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:51 ID:zqc4AbAz
10円なのか0.36円なのか
どっちだよ!

25 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:51 ID:PFhAIMK+
>>24
10円

26 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:54 ID:zqc4AbAz
シングルCDは大体その1/3と見て良いのかな?

27 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 02:56 ID:+Wl2zCOX
>>26
おkです

28 :ちょい訂正:04/06/01 03:02 ID:+Wl2zCOX
 1.レコード店 25〜30%
 2.原盤制作費 10〜12% (原盤印税という形で原盤製作者へ支払うケースあり)
 3.容器代 10%
 4.プレス代 7%
 5.著作権使用料 6%
 6.歌唱印税 1〜3%
 7.広告・プロモーション費用(17%)
 8.レコード会社利益(15%?)


29 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 03:02 ID:gIV0Oe+j
ファイル交換はレンタルによる利益の損失にはなっているけど
CD販売の損失にはつながっていない。
CD購入者への圧力はますます市場の縮小につながる・・・


30 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 03:03 ID:so8YXgx+
ジャスラックはCD1枚に対して10円or3円を徴収して何をしてくれるの?
保護?
出来れば具体的に教えてくれ

31 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 03:15 ID:6hQ7jI4E
仲介に入った奴が一番、得をする世の中

32 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 03:17 ID:so8YXgx+
プロモーション費用ってプロモーションビデオを作るための費用ですか?

33 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 03:18 ID:D+E4/65g
>>30
JASRACに電話すれば?
そんなん当事者しか知らん。

34 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 03:23 ID:ReyXkmZv
> 985 名前:[名無し]さん(bin+cue).rar 投稿日:04/06/01 02:07 ID:+Wl2zCOX
> >>979
> コピーの問題は売上どうこうというよりは、クリエイターがイヤがってるんだよ。

これはもう、無視するしかないな。
売れないものはコピーもされない。
それがイヤなら野垂れ死ね。って話だ。


35 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 03:24 ID:so8YXgx+
ジャスラックのことについて触れたとたんレスが激減してしまった・・・・

36 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 05:29 ID:kYAyivR0
>>34
「売れないものはコピーされない」っていうことと、
クリエイターが嫌がるのを無視していいことは、どういう風に
関係するんだい?

コピーされるのが嫌なら野垂れ死ねっていうのもどういう意味かな?

37 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 06:08 ID:D+E4/65g
>>35
だからそんなもん当事者に聞けよ。
ここで聞いてもわかるはず無いだろ。
「ここで聞いて答えが返ってこない、つまり何もやってない」
とか言い出すなよ。
責任もって電話で聞いてこい。

38 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 08:32 ID:ReyXkmZv
>>36
×無視していい
○無視するしかない

同一性保持権の侵害ニダ

39 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 09:41 ID:sOOBZ/AR
相変わらずタダで手に入れたいために屁理屈を述べる人が
話をごちゃごちゃにしてるね

40 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 09:46 ID:sOOBZ/AR
縮小に繋がっていようが結果として売上減少する事になっていようが

「自分の作った著作物をどのようにして世に出すか決める権利は著作権者にある」

これが守られるべき著作権であって売上が減るとか増えるとかそんなことは
本質的な著作権の問題とは違うだろ、
中に入る業者を批判しておきながら話の中心を中間業者が儲かるかどうか
という話にシフトしたがってる奴は何がやりたいの?

41 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 10:23 ID:Wrk92P1Z
>>30
CDの場合は出荷時に一括して徴収したものを
各作家や出版社へ分配する作業。
値段の問題はおいといて、そういう手間を引き受けることにより
対価を得るのは正当なことだと思うけど。

>>34
クリエイターの意見は全て聞けるものではないけれども、
無視できるものでもない。

これがすべてとは言えないが坂本龍一氏の意見。(前スレにもあったが)
http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/1999/0113/rs.htm

儲かってるんだからコピー出回るのを認めろというのは
金持ちなんだからアフリカの恵まれない子供に寄付しろと言っているのと似ている。(似てないかも)
どうするか(どう思うか)は当人の問題だ。

42 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 10:28 ID:ReyXkmZv
>>40

その著作権者が無能であるなら、無能であると批判する権利がある。

著作権者が消費者の意に反する形で著作権を守ろうとするなら
消費者はその著作権者を市場からつまみ出す権利がある。


43 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 10:33 ID:ReyXkmZv
>>41
坂本教授は、昔の人にしては革新的な意見を持ってるけど
やっぱり昔の人だよ。

感覚的に、売上と無断コピーの数は比例してると思う。
これは、いい悪いじゃなくて、そういう事実があるということ。
コピーされるのを嫌うミュージシャンは、売れれば売れるほどストレスを抱えることになる。
ならば、売れることをやめるか(売れないような曲ばかり出すとか)、
コピーされるのを諦めるか、の二択というのが現実的な解だろ。

そこで、モラルとかルールとか言い出したところで、
そんなもの屁とも思ってない香具師が一定の数でいるわけだから
なんの慰めにもならない。


44 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 10:39 ID:sOOBZ/AR
>>42
商品として排出した著作権コンテンツを
無能であると批判する方法は購入しないという唯一の方法であり
そこから来る市場からの退場であって
盗んでも良いという理由付けにはならないし

クリエイター側がコレは1000円で欲しい人に売りますといった
これに対し10円なら買ってやるという人がいる。
普通の市場であればこの時点で契約は不成立になる、
がネット上では1000円で売らないクリエイター(と供給者)は
糞野朗だから盗んでも良いという理屈が堂々と語られてる

45 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 10:48 ID:Wrk92P1Z
>>43
これはクリエイター自身が変わっていかなければいけない問題なんだけどな。
けど俺の例だと、
アフリカの恵まれない子供達が金持ちに寄付を強要するのは筋違いと言っているだけ。
(こんなこと書くと反発ありそうだなw)


46 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 10:57 ID:Ss1KTR01
みんなでお金を出し合って一つの著作物を購入した場合、
お金を出した全員がその著作物を利用できますよね?
その著作物をお金を出した全員に行き渡るように
コピーすることは違法ですか?
愚問かもしれませんが、著作権についてあまり知らないので

47 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 11:00 ID:cpAgG3cn
>>40
「自分の作った著作物をどのようにして世に出すか決める権利は著作権者にある」

それはその通りだと思うけど、いったん出てしまったら
その後のコントロールできないのでは?


48 :前スレ349-358:04/06/01 11:03 ID:B49ABSQn
まだ盗みと考える人がいるねえ。
コピーが盗みなら、インターネットは窃盗装置だよ。
インターネット止めましょうって話なら分かるが、誰もそうは言わないね。

あとね、何でも売れるのがあたりまえと思ってる人もいるようだが、
例えばドラえもんの歌の歌詞。これは当然著作物だよ。
勝手に複製してはいけない。でも皆歌えるよね。何百万という人が覚えてるよね。
皆の脳内に複製されているんだよ。
このことは、歌詞に著作権は事実上無効と言えないかな。
歌詞を使った商売は勝手にできないけど、歌詞の複製だけなら防ぐことはできない。
それと同じことをインターネットという技術が拡大してしまったんだよ。
良くも悪くもね。そこを押さえた上の議論でなきゃ意味無いよ。

49 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 11:07 ID:+3otKUMI
いいこと書きますね>48
たまたまのぞいたら、核心をつくお話。

情報はディスクに固定しても脳内に固定しても同じですね、たしかに。
媒体の性質と出力装置が違うだけですね。手というプリンタもあるし・・。

情報窃盗罪というのが仮にできたら、暗記するのも窃盗になるのかな?



50 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 11:09 ID:ReyXkmZv
>>49
そして頭のいいやつほど罪に問われやすくなるわけだ

51 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 11:14 ID:sOOBZ/AR
>>47
どういう事?
例えばコントロールできなくなった場合の事象はどんな事があるかな
>>48
それこそ詭弁の真骨頂でしょ
そこをちゃんと線引きしようという話だし

売れるのが当たり前では無い
売り方を選べるのが当たり前といってる
結果として売れなかったりつぶれたり
食えなかったりすることには何の問題も無い。

貴方の言う理論を押さえた上での話をすると
ネットというものを肯定すると
クリエイターは無償奉仕し続けろという結論になるが
そんなんでいいのか?

52 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 11:15 ID:ReyXkmZv
そう考えると、いま日本の政府がやろうとしていることが
どんなに危険なことが見えてくる。

知財戦略、サイバー犯罪防止、共謀罪・・・

為政者にとって、被支配者がアホであればあるほど支配しやすい。
しかし国民がアホばかりになれば国家は滅ぶ。

国家は為政者のためにあるわけではない。
ここを履き違えると、日本は衰亡することになる。

53 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 11:17 ID:ReyXkmZv
>>51
無償奉仕とは言わないが
デジタルは金にならないという風に割り切るのもひとつの戦略ではある。


54 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 11:17 ID:alQ/ra1H
金子みたいにな(w

55 :[名無し]さん(bin+cue).rar :04/06/01 11:20 ID:lRjs0QvU
デジタルデータは劣化しない、というけど、本当に劣化しない?
圧縮され、分割され、暗号化されて、HDDからキャッシュ、メモリ、
CPUキャッシュ・・・その他諸々にコピーされれLANケーブル、モデム、
各種サーバを経由して、再びデータが構成される事を、それこそ天文学的
な回数繰り返しても劣化しない?

いろいろエラー訂正機構がある事は知っているが、実際問題完全に
劣化しないなんて有り得ないんじゃ?

そこも含んで議論しないと、片手落ち、つうか意味無いんじゃ?

56 :前スレ349-358:04/06/01 11:20 ID:B49ABSQn
>>51
売り方を選べるのは当然あたりまえだよ。
ただインターネット登場で売れる範囲が狭まった。
そこは受け入れざるをえないと言ってる。

無償奉仕にならないことは前スレで書いた。
ただし繰り返すが、無償にならざるをえない部分もあるということ。
音楽関係で言えば、CDは宣伝用のチラシのような扱いになるかもね。
でもある程度認知されなきゃコピーもされないわけだから、認知されるまでの間は
商売になるでしょ。


57 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 11:22 ID:ReyXkmZv
たとえば、テレビにコマーシャルを出しても利益はなにもない。
テレビにコマーシャルを出すのは、投資である。
なぜコマーシャルが投資といえるのか。
それは、コマーシャルを見た人の消費行動に期待しているからである。
デジタルは金にならない。
じゃあデジタルを投資と考えたらどうだろう。
デジタルで利益を得るのではなく、他で利益を生む。
デジタルに対する投資には、テレビコマーシャルのような莫大な金はいらない。


58 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 11:22 ID:sOOBZ/AR
>>53
じゃあこれから映像販売関係のビジネス
映画やドラマ、漫画、作家なんか全部崩壊だな
本業の片手間で出来るものか、大企業の言いなりになるしか生き残れないし

59 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 11:24 ID:SEmz72YN
http://www.calvadoshof.com/Advocate/20031220.html
http://www.calvadoshof.com/Dialy/2004/20040215.html#Anchor-58321
http://www.calvadoshof.com/Advocate/2004No06.html

よくわからんが、なんか説得力があった

60 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 11:33 ID:sOOBZ/AR
>>56
受け入れざる得ないといってバッサリ切ってしまうのが良いことか?
そんなこといったら特許という概念だって
そんなもん認められて溜まるかという事でバッサリ切ってしまうことも出来るよ
認知されるまでの間で商売になるのか?
それを実現させるには認知させるまでの間にかなり高額で商品を売らなくちゃいけなくなるよ
そうすると誰も買ってくれない、結果として衰退産業になる
>>57
DVDを購入する層とその人に向けた商品
タダなら見たい層とその人に向けた商品をごっちゃにしてる。
例えばwinnyのようなソフトで民法テレビ番組のような
受けてが直接金を払わないメディアはできるかもしれないが
その代償として映像コンテンツを有料で販売できなくしてしまうと
ドラマなんかは簡単につぶれてしまう

61 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 11:35 ID:ReyXkmZv
>>60
そうやってすぐに極論をいうな。
対価を得る手段などいくらでもあるし、直接的な対価だけが対価じゃないんだよ。


62 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 11:38 ID:sOOBZ/AR
極論ではないよ、他があるということは
一つの手段が否定されるという事
音楽は回収手段が多様にあるから極論だという反論が出来るが

漫画や作家、映像作品なんかはどうだ?
さすがにキャラクターグッズ売れなんていう事は言い出さないと思うが

63 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 11:40 ID:Wrk92P1Z
>>48
脳内とデジタルデータは違うな。
例えば詩集を買ってきて、その詩を覚えていることは複製ではない。
だがその詩集をコピーしたら複製。
同様のものを有形物とすることが問題なのであって、
デジタルデータも有形物だよ。

64 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 11:48 ID:j5EsrR+5
コピー蔓延とコピーガードのいたちごっこによって何が起こるかは
やはり「なるようになる」としか言えない。
すくなくとも、「今のCDの価格はしかるべき費用の積み重ねで決定されており
決して変更できない」とか、「ネットの利用はタダ働きにつながりかねないから拒否」
という姿勢だけでは、ただ緩慢な死を待つだけだろう。
そもそも音楽業界は昔からこうだったわけでなく、常に変化し続けている。
販売する媒体は今でこそCDが当たり前だが、かつてはそうではなかった。
CCCDか否かにこだわるという現在の常識も、ごく最近生まれたものだし。
また、業界を牽引する人気ジャンルの変遷はめまぐるしく、そのたびに売り方は変化した。
現在の常識が十年後、二十年後も通用するはずなど無いではないか。

65 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 11:52 ID:n5xJyKDy
「ウィニー」で捜査資料流出、19歳会社員が提訴

ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」が原因で、北海道警巡査の私物のパソコンから、
逮捕された際の捜査資料をネット上に流出されたとして、江別市内の会社員少年(19)が1日、
道に慰謝料200万円を求める訴訟を札幌地裁に起こした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040601-00000102-yom-soci



66 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 12:05 ID:pYJSY363
2ちゃんねるやWinnyを題材にしたマンガや雑誌が出版された場合に、
経済活動優先で著作権を主張されてしまうが、情報を使ったのだから、
そうした著作物をコピーして2ちゃんねらやWinnyユーザーが流しても
OKみたいな考え方はこれから必要になる、情報を共有するという考
えはどんどん浸透していく。


67 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 13:46 ID:2e9Pcxqp
日本は欧米で生まれた新しいサービスやライセンス形態、組織等で、
軌道に乗ったものを劣化コピーするだけだよ。

著作権や関連団体の存在自体が外国からのコピー。
全ては欧米次第です。
欧米で行われている様々な新しい取り組みを
革新派も保守派も様子見するだけです。


68 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 14:06 ID:cpAgG3cn
>>51
ごめん、ちょっと書き方間違えたかも。
一度、世にでてしまったら、もう著作者のコントロールの下には
ない、と言いたかったんだけど。

前に中古ゲーム問題で、実はオレは中古ゲーム反対派だったんだけどw、
肯定派の意見で一番説得力があったのは、「ファースト・セル・ドクトリン」
ってやつ。

その観点からいくと、著作者は最初の販売の時点で、得益を完了しているとも
言えるのかな、と。


まあ、オレは法律なんて全然わかんない素人なんで、これは意見というより、
質問ですw。どうなの?おせーて、エロい人。


69 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 14:12 ID:tzyPSV1Y
> 一度、世にでてしまったら、もう著作者のコントロールの下には
> ない、と言いたかったんだけど。
何いってんの?
一旦世に出ても著作権のコントロールの下にある。
その証拠に著作権違反している奴は逮捕されてるじゃん。
そもそも著作権は世に出してこそ意味があるもの。

著作権違反する奴がいれば、著作権のコントロールの下に無いということではない。
犯罪行為するやつがいれば、法律のコントロールの下にないなんて変な言っているのと同じ。

70 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 14:20 ID:fRyJOf98
国会でジャスラックの依田会長が、民主党の川内議員に質問されているぞ。

http://www.shugiintv.go.jp/top_frame.cfm

川内議員は金曜日に文化庁を滅多切りにした偉い人!!!

文部科学委員会にGO!

71 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 14:53 ID:pv9FwXNL
著作権、著作権と騒いでいるが製作者やアーティスト達の権利を守る
ことより流通の儲けが減るのがムカつくから躍起になっていんるんだろう

72 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 15:09 ID:eFpeXCM5
2ちゃんねるのご利用は利用者各位のご判断にお任せしています。
2ちゃんねるのデータの利用に関して、原則的に自由ですが、
2ちゃんねるのデータ自体を利用して対価を取る行為はご遠慮下さい。

要するに、2ちゃんねるをモニターして、お金をとってるマーケティング会社の方は
ご相談頂けないと面倒なことになるかもしれません、、、ってことです

人間の道徳ちゅう事デスナ。

73 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 15:10 ID:Ego4TqAy
TES

74 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 15:16 ID:BlC9spSJ
>>71
それに対して貴方がむかついているわけですねw

75 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 15:26 ID:xwrcNEPD
2chの全レス者が発言に著作権を登録してあらゆる引用に対して
使用料を請求したらどうなるだろう?
あるいは大学教授が自分の講義の著作権を主張し生徒が授業中とるノートに
使用料を請求すれば?
音楽は商業作品であると同時に、人によっては主張であったり啓蒙であったり
会話であったりする。そこに常に権利や使用と言った概念を杓子定規に持ち込めば
阻害要因にしかならないだろう。




76 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 15:29 ID:JsEaF7nL
>>75
そんなもの。著作権者が決めること。
他人が、決めることじゃない。
ましてや変な理屈で著作権者の意思を無視しようとするな。

77 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 15:36 ID:ReyXkmZv
13時から文部科学委員会で著作権法改正案の審議やってたのに
それ見ないでこっちに書き込んでる奴は、著作権に対する意識が甘いな


78 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 15:37 ID:ReyXkmZv
>>76
著作権者の意思は公益に優先するものではない。

79 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 15:38 ID:v4hTQZfo
>>78
勝手に決めんな。

80 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 15:48 ID:ReyXkmZv
>>78
はあ?

81 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 16:05 ID:eFpeXCM5
物権を所有する者は、その物権を侵害する者があった場合にはその侵害を
排除するよう請求できる権利があること。その内容によって、
(1)返還請求権(2) 妨害排除請求権(3)妨害予防請求権に分けられる。
(1)は、目的物を占有している者に対してその目的物の返還をもとめるもの
(2)は、目的物が占有以外のかたちで妨害されている場合に、その妨害を排除するよう請求するもの
(3)は、目的物に対して毀損を加えようとしている者にあらかじめ禁止をもとめるものである

著作権者も 著作物に対し準占有しこの権利を保有する事に異論はない。

82 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 16:46 ID:OEsc4vko
>>77
 ライブラリに登録されるの待ってたり。
ttp://www.shugiintv.go.jp/meta/23914-ALL-b-j.wvx

 しかし、便利になったよなぁ。ついちょっと前までは議事録探すだけでも大変だった
のに。だけども、ローカルに保存できないというのは…。こういう利益とは無縁の国民に
知らしめるべきものこそ、鯖に負担をかけない上でもp2pに流せるようにしないと駄目
じゃないのかと。

# GetASFStreamじゃ食えないにょろん。あれ、を使うしかないのかな。

83 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 17:07 ID:pv9FwXNL
>>74
べつにムカつかんよ
オレが不利益被ってるわけじゃないしw

84 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 17:17 ID:eFpeXCM5
[文化的所産の公正な利用に留意しつつ もつて文化の発展に寄与することを目的]

このことは失われて専ら、企業者の利益獲得の単なる道具となった悪の表徴。



85 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 17:27 ID:Wrk92P1Z
>>84
そこからもう一歩詰めて、
どうしてそのような状態になったのかという背景を考えてみなよ。
他に見えてくるものがあるかもよ。

86 :前スレ349-358:04/06/01 18:22 ID:Nb+QC4Gi
亀レスすまん。

>>60
>受け入れざる得ないといってバッサリ切ってしまうのが良いことか?
>そんなこといったら特許という概念だって

バッサリ切るも何も、事実を言ってる。「考え」ではなく「事実」。
特許をバッサリ切るとすれば「考え」によって。ぜんぜん違う。

>>63
>脳内とデジタルデータは違うな。

そりゃ違うよ。だが、著作権の意義から考えると「同じこと」と言えないかな。
歌詞を憶えたら何度でも歌うことができる。何度でも紙に書くことができる。
それはCDを買えば何度でも聞くことができるのと同じだ。
そのデータ=情報を「完全な状態で所有している」という意味で同じだ。
TVだろうが街頭放送だろうが、ドラえもんの歌が流れていれば皆が憶えてしまうのと、
ネットにデータが流れていれば皆がダウンロードできるのは、質的に同じことだ。
------------------------------------------------------------------
ところで著作権の現状維持にこだわる人に聞きたいが、じゃあどうすればいい?
なにかいい考えある? なにも提案せずにただ「泥棒は悪い」と言うだけでは
話にならないよ。

まあ、一番いいのはコピープロテクトだろう。
前スレの終わり近くでも書いたが、P2Pによるデジタル証券システムとかいうのは
なんだかよく分からないが、結局そのシステムでデータ商品を手に入れた者が、
その商品をそのシステムの外で放流したら同じことじゃないのかなあ。

俺はもっとシンプルなネット課金システムを考えた。技術的なことはどどどどど素人だから
上手くいくかどうか知らんけどね。


87 :62:04/06/01 18:22 ID:sOOBZ/AR
>>61
音楽以外のクリエイターは
他に回収手段が無く撤退するかないという事に異論は無い訳ですか?

88 :62:04/06/01 18:24 ID:sOOBZ/AR
>>86
それを線引きしようといってるんだけども
線引きは出来ませんよ、データとして残る以上無料で配布されるしかないですよ
というのはバッサリ切っているんじゃないのか?

89 :前スレ349-358:04/06/01 18:31 ID:Nb+QC4Gi
>>88
正直その線を引くということがよく分からない。具体的に言ってくれると助かる。

90 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 18:42 ID:Z+CHkJO4
前スレ300番位のやつは、
一言で言うと財産権としての複製権をなくさざるを得ない、
と言いたいのか?

91 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 18:50 ID:sOOBZ/AR
>>86
これからは著作権管理団体が複数登場するべきだと思う
コピーフリーで利益を生み出せるということであれば
そういう管理の仕方をする団体が出来ても良いと思うし
結果としてジャスラック方式が崩壊しても問題は無い
でもジャスラックがダメだからといって暴力的な破壊をしても
それに携わるクリエイターもろとも殺すだけで何の解決にもならない
>>89
例えば自分の買ったCDを複製していいのか悪いのか
人に貸していいのか悪いのか
ネット上にデータアップしていいのか悪いのか
悪いとすればどのようなペナルティがあるのか
何処から「悪い」ことにするのが需要側、供給側にとってベストなのか決めようって事だよ

無償にならざる得ない部分をああそうですか、と認めてしまったら
成り立たないものを作ってる人達はどうすればいい?
そんなものは全部なくなってしまえということならそれも一つの意見だけど

92 :前スレ349-358:04/06/01 19:09 ID:Nb+QC4Gi
>>91
>これからは著作権管理団体が複数登場するべきだと思う

それは中間搾取がどうとか、合理化とか、著作権全般の運用の問題であって、
デジタルとかネットとかの問題ではない。
俺はその辺の問題については今のところ特に意見は無い。

>コピーフリーで利益を生み出せるということであれば
>そういう管理の仕方をする団体が出来ても良いと思うし

俺も良いと思うよ。可能ならばね。今までの俺の意見は、それが不可能という
前提で書いている。

>何処から「悪い」ことにするのが需要側、供給側にとってベストなのか決めようって事だよ

それも決めても無駄な気がする。結局問題は技術だと思う。

>成り立たないものを作ってる人達はどうすればいい?

多くのジャンルで「商売が成り立たなくならない」だろうことを前スレで書いた。
面倒でなければ読んでみてくれ。

93 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 19:11 ID:w9TxI+kZ
>>86
コピーは防げないのはわかったから、
結局お前は、クリエイターに著作権を放棄しろと言いたいのか、
それとも法を改正すべきと言いたいのかどっちなんだ?


94 :前スレ349-358:04/06/01 19:23 ID:Nb+QC4Gi
>>92
ちょっと訂正。これを削除↓

>今までの俺の意見は、それが不可能という前提で書いている。


95 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 19:43 ID:w9TxI+kZ
前スレ349-358さんはさ、長いわりに何の主張もしてないというかね、
何が言いたいのかさっぱりわからん。

ネット市場が拡大してコピーを認めざるを得ない状況になったら
おそらく国際的な法整備がすすむだろうから、
業界はそれまで抗い続けるのは有効な手段だと思うけど。

96 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 19:59 ID:ReyXkmZv
>>91
今のJASRACは、暴力的といったらアレだが
人知を尽くして意図的に破壊させないとますます肥えるだけなんだが。

97 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 20:13 ID:sOOBZ/AR
>>96
気に入らなければ買わなければいいだけでしょ?
なぜコピーするのか、それは欲しいから
欲しいけど買わないのはなぜか、タダで手に入れる方法があるから
要するに破壊するためにネット上に著作物を流し手に入れるなんてのは
単なる詭弁にすぎない。
買わないではなく積極的にJASRACを破壊したいのであれば
自分達でJASRACより良い組織を立ち上げれば良い
消費者クリエイター双方がどちらが良いかを選んでくれる。

98 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 20:22 ID:49kvqd8N
>>86
>前スレの終わり近くでも書いたが、P2Pによるデジタル証券システムとかいうのは
>なんだかよく分からないが、結局そのシステムでデータ商品を手に入れた者が、
>その商品をそのシステムの外で放流したら同じことじゃないのかなあ。

昔47が言ってた奴のことか?あれは、コピーが流通することを前提に作られてる。
簡単に言えば証券を持ってる人が作品に対して意見を言えるシステムだよ。
要するにアニヲタが自分のお気に入りのキャラを活躍するように製作者に言うことができる権利を買うの。

質がガタ落ちになるとしか思えんから成り立たないだろうけどな。

99 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 20:46 ID:MOIxcQPK
著作権祭り、ひろゆき自身がスレたて依頼

http://news13.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1085210246/710 ひろゆき ◆3SHRUNYAXA

参考リンク
http://www.2ch.net/ ※2ちゃんねるトップ
http://sports2.2ch.net/kyoto.html ※ただいま、猛烈な勢いで著作権侵害中です。

100 :前スレ349-358:04/06/01 21:14 ID:Nb+QC4Gi
>>98
なるほど。金を出した分だけ自分好みにできると。
カスタムサービスやオーダーメイドと同じじゃん。

101 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 21:19 ID:xN+LUV5Z
P2Pでコストをほとんどかけずに巨大なファイルを世界で共有するとか、
応援/批評HPに作品のサブセットを自由に置いて参照してもらうとか
2次創作でさまざまなおもしろい作品を作ることができて
同時に元ネタの知名度も上がるとか、そういう自由で豊かなコンテンツ利用法
というのはあまりに革新的(もちろん政治勢力としての革新ではない)で抵抗もあるし、
収益が得られない可能性もあり、現在のメジャーのプロがおいそれと採用
できるはずが無い。
著作権法の改正で無理やり従わせても、業界壊滅の危険が大きすぎる。
現実問題、今回の輸入権創設という改正も業界保護の方向であり、今後も
著作権緩和の方向での改正は不可能だろう。
だから、酔狂なアマチュアが自発的に始めて、旧来の業界に属するメジャー作者と
市場で競うのが最も近道。
Windowsに対するLinuxがまさにそうであって、著作権法は変えずに
勝手にGNUフリーソフトとして発表した。
音楽や映像コンテンツはソフトウェアとは性質の違うものだから、その方法も
GNUとは違ってくるだろうし、どういう方法がベストなのかは、多くの失敗から
自然に決まってくるだろう。そういう意味でも、生活のかかったプロには
失敗が許されないから不可能。

102 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 21:25 ID:rOnR8HUH
レコード店がなんでそんなに取る必要あるんだ

103 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 21:27 ID:ReyXkmZv
>>97
おまえ、おもしろいな
>>96のどこにもコピーなんて文字はないぞ
おまえには、見えない文字が見えるのか?
おまえ、もしかして清水健太郎か?

104 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 21:33 ID:4WBHq6z9
>>90
> 一言で言うと財産権としての複製権をなくさざるを得ない、

許諾権を報酬請求権にしてくれないかと言う事ではないのか

105 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 21:33 ID:QBxwAElW
>>102
他の小売に比べたらかなり取り分少ないぞ。
例えば家電なんかだと、小売店の取り分は約50%だと聞くが。


106 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 21:35 ID:fNTlXhrl
京都府警や北海道警、陸上自衛隊なども、winny愛好家だったわけね(笑)。

107 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 21:38 ID:nQHX0c6G
>>101
>今後も著作権緩和の方向での改正は不可能だろう。
>だから、酔狂なアマチュアが自発的に始めて、旧来の業界に属するメジャー作者と
>市場で競うのが最も近道。

同意。P2Pユーザーは所詮犯罪者でしかない。
戦えるのは実際の著作権ホルダーorP2P運営者だけ。
日本において、前者は・・・・誰かいる?w
後者はビジネスとしてのP2Pが無い
今後も規制強化の方向でしか働かないだろう。米でも法案が通るそうだし

108 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 21:56 ID:QBxwAElW
>>101
概ね同意。
やっと現実的でマトモな意見が出てきたw

ただ不正コピー問題にどう対処するのか、が当面の課題だ。
金子氏を幇助で逮捕した京都府警は愚の骨頂だけど、金子氏には罪がある。
その罪を取り締まる法律を作るべきだな。

109 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:00 ID:4WBHq6z9
>>107
> 今後も規制強化の方向でしか働かないだろう。米でも法案が通るそうだし

アメリカは自分の国が強い分野の権利しか保護しないからある程度は大丈夫だよ
平たく言えば、ソフトウェア、音楽CD、ハリウッド

110 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:00 ID:ReyXkmZv
>>107
どんどん規制強化してくれたほうが旧勢力が落ちぶれるのでありがたいな。



111 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:02 ID:dTE6T3/A
だからNY自体MXの2次創作物だし

112 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:04 ID:ReyXkmZv
現在 ├─ 既存の著作権産業 ─┼スキマ┼ 消費者

 ↓ 規制強化

将来 ├ 市場縮小 ┼─ 新しい産業 ─┼ 消費者


113 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:07 ID:gIV0Oe+j
コピーされるのはしょうがない。
パソコンソフトとかだって、コピー前提の世界だったわけだし。
クリエイターが必死に消費者に嫌われないように自分の利益守れ。
CM出してるようなアーティストはコピーされようが食っていけるわけだし
もう一個累進課税の所得税が追加されると思って我慢するしかないべ。
レコード店とかは徐々に確実に利益なくなっていくと思うし。
しかし流通させるという意味でネット通販という形で変革してきたしな。
根本の音楽業界も根本から変わらないと。コピーの存在は前提で。
何を割いたらいいって単純な問題でもないしな。

114 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:09 ID:ReyXkmZv
違法コピーの蔓延
  ↓
規制強化       ← ●現在このあたり
  ↓
正規の消費者が迷惑を被る
  ↓
消費者離れ
  ↓
さらなる違法コピーの蔓延
  ↓
さらなる規制強化
  ↓
さらなる消費者離れ        →   新しいビジネスモデルの台頭
  ↓                              ↓
市場縮小、業界あぼーん          新しいビジネスモデルの躍進



115 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:11 ID:QBxwAElW
>>112
そんなに必死にならなくてもw

>>113
法整備によりnyのようなP2Pをアングラ化することが出来れば強化の効果はあると思う。

116 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:16 ID:o0zY/Uyv
人は誰でも商品を安く買いたい。
そして無料で手に入れる方法を見つけた。
Winnyは永久にあり続ける。
また新しいP2Pも出てくるだろう。

もう終わりだな。
10年後には映画も音楽も消えてなくなる。
あるのはアマチュアが作った自慰作品だけ。

ってのは極端か?

117 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:17 ID:4WBHq6z9
>>116
どっかしらバランスが取れるんじゃないかとは思うんだけどね

118 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:19 ID:gIV0Oe+j
>>115
そうだな。
とりあえずWinny的な大きすぎるものは逮捕できるようになるのがまあ当然だと思うけど。

アメリカみたいに個人をどんどん訴えて威圧していくとか。
それでもどんどんP2Pも変革して1対1でやるものとか。
現実の知り合いのファイル共有システムとか。
いろいろ種類も増えて常にいたちごっこにはなるだろうから。

もっと音楽が分散してミリオンヒットするアーティストに依存しなくなるといいんじゃね?
いつか聞いたけどエイベックスは浜崎あゆみに何割か依存してたりとか。
音楽の種類を打ち出して趣味の分散を計れば、現実のままでも侵害による
損害額は減るだろうしな。


119 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:19 ID:ZGbEpF0W
そんな中でも本当に良い作品は売れている

コンテンツに商品価格に見合う価値があるか
それを決めるのはクリエイターではなく視聴者(読者)

120 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:24 ID:J4aw4yYi
所有権より利用権。受益者負担の仕組みをつくれ。
映像動画mpeg、音楽mp3などdownしても全部視聴するわけじゃなし・・試聴だけだ。
そういう物がDLできるとネタにして利益をあげる事業者(2chも)の
BPに対する貢献度を算出し課金すればよし。(民事)
そうしない著作権団体は怠慢・利権放棄。
ただしDVD、CDなどパッケージのコピー・偽造は所有権問題なので
ヤフオクなどの販売は一件でも即逮捕すべし。

121 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:28 ID:QBxwAElW
>>118
>音楽の種類を打ち出して趣味の分散
もうすでにやりつくしている感はあるけどなw

音楽の場合、現状売上の多くはライトユーザー向けなんだよ。
つまり音楽なんか別に好きじゃない層に左右されてる。
90年代後半でムダに膨れ上がりすぎたから、妥当な規模までは縮小していくと思うけどね。

122 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:28 ID:GiaaZC+Z
すべてカンパソフト化

123 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:31 ID:o0zY/Uyv
>>119
本当に良い作品って何だよ?
例えば音楽だが、俺はオリコンに入ってる曲で
良いと思うものはほとんど無いぞ。

俺だけか?
最近の輩が良いと思う作品は分からん(浜崎とか)。
大多数が認めるものしか買えなくなるのか?

>>120
音楽の試聴なんてレコード屋でいくらでもできるだろうが。

124 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:32 ID:RpYw5k7G
>>122
すべてはモラルがあるかどうか。

モラルがあればカンパする。
モラルがあれば違法コピーはしない。

モラルが無いから違法コピーする。
モラルが無いからカンパしない。

125 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:34 ID:LjsyAwFo
まぁ、デジタルコンテンツ業界はこれから大変だろうね。
今まではデジタルコンテンツをCDやDVDなどモノに結び付けて物流に乗せることでなんとか収益源を確保してきたけど、これからネット流通の時代になるからよほどうまい課金モデルつくらないと間違いなく先細りになるし。

126 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:38 ID:RpYw5k7G
>>125
今の所売上は落ちてないそうだけどね。

127 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:39 ID:nQHX0c6G
影響ないって調査結果もあるしね

128 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:43 ID:LjsyAwFo
まぁ、まだまだ物流主体だからね。ただ、これからネット流通主体になると大変だろうねって話。


129 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:46 ID:RpYw5k7G
>>128
それは、違法コピーが売上に影響する、
影響ないって調査結果が否定された時かい?

被害が出始めたら本格的に規制の波が押し寄せそうだね。

130 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:51 ID:49kvqd8N
しかしホントにネット流通主体になるのかね。そこら辺がちょっと疑問だが。

131 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:55 ID:ReyXkmZv
>>127
事実、DVDの売上は伸びてるし

132 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:59 ID:RpYw5k7G
調査からも分かるとおり、Winnyでやろうとした目論見は外れて売上は
落ちてないわけだし、現状のままじゃとうてい新しいビジネスモデルに
移行しそうも無いね。

現状のままってのは、アップロードは違法でファイル共有はアングラの世界の話ね。

133 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 22:59 ID:QBxwAElW
>>130
家電レベルのハードが普及した時だろうね。
PCでしか出来ない状態では主体には成り得ないだろう。

134 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 23:12 ID:RpYw5k7G
たしかに家電レベルのハードが普及したらなるかもね。
家電のハードの場合PCよりも多くの人が内蔵のプロテクトを外せないだろうから、
儲けに対して被害は相対的に低くなるだろうからね。
まあPCにもハードレベルのプロテクトを導入する動きはあるみたいだけど。

135 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 23:18 ID:ReyXkmZv
[創価公明板] ◆富田茂之議員が有権者を「知らない人」呼ばわり
http://society2.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1086097319/

斉藤鉄夫.com掲示板
http://www.t-saito.com/freecgi/EasyBBS.cgi?id=0


136 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 23:19 ID:RpYw5k7G
っていうか、使いにくいPCは忘れて、専用の受信プレイヤーを作れば良いのか。
もちろんデータはインターネット経由で流す。
専用プレイヤーには一台ごとキーが埋め込まれており、
受信できるコンテンツは放送局(配信サーバー)で管理されている。
BitTorrentのようにすれば、ユーザーを管理しながらP2Pで負荷分散できるだろう。

うむ。いい感じのネット配信だ。

137 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 23:33 ID:4WBHq6z9
>>136
そこで携帯ですよ

138 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 23:35 ID:QBxwAElW
>>137
一番のネックはバッテリーなんじゃないか?

139 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 23:42 ID:4WBHq6z9
>>138
でもまぁ
・一人ひとりキーが与えられている
・少額決済が容易
・お金の徴収も容易
・コピーコントロールも容易

と言う点で携帯がネット配信の切り札になるとは思ってるよ

JASRACの着メロ収入は、全体の一割に達しているし

140 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/01 23:46 ID:RpYw5k7G
うーん。なんか考えていたら単純な結果になってしまったな。

有料の衛星放送、有線放送、仕組みはこれらと同じで
新たにインターネット放送が追加された感じ。
配信に無線などではなくインターネットを使うだけ。
これでいいのか。

専用のコンバータを買ってテレビやPCとつないで。
プロテクトの仕組みは既存の奴と同じ方法でできるだろう。
違いは、見るコンテンツの内容を自分で自由に選べるかわりに、
受信手段に衛生やケーブルの変わりに各家庭に設置したインターネットを使う。
帯域が足りなければ見れるまで時間が掛かるってことぐらいだな。

141 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 00:16 ID:DP3b8hts
>>103
やれやれ、屁理屈こねるまえに
漫画や作家、映像コンテンツを作っているものは淘汰されるのは仕方ないのか
それとも他に回収方法を提示できるのかはっきりさせてくれよ

142 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 00:46 ID:XAL4SzHW
音楽業界と消費者双方のためになる著作権管理システムがドイツに出現!
http://ch.kitaguni.tv/u/1023/%BB%FE%BB%F6%A1%F5%BC%D2%B2%F1%CC%E4%C2%EA/0000064430.html

143 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 00:53 ID:uoIxzEPt
>>142
>CCIは、Copy Control Infomationという名称が示すように、複製に関する情報である。
>複製可/不可といった情報だけでなく、複製を認める場合も、何度まで複製してよいかと
>いった情報が記録されている。
>
>CCIは、必ずコンテンツと一緒に記録することと決められており、それは、複製を行う場合も
>同様。例えば、1度だけ複製可というコンテンツの複製を行ったメディアには、「複製不可」の
>情報に書き換えたものを入れておけば、複製した媒体もきちんとコピーコントロールできる。
>何世代まで複製を認めるかといった細かい制御を行うこともできるわけだ。

CPRMも似たような事は出来るわけで
大事なのはどう運用するかだな

144 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 01:50 ID:SoHW8Xbc
あまり成功しないと思うぞ。DRMがいかなる種類のものであるにしろ、
ユーザーは一度自分のHDDに入れたデータは自分のものだと思ってる。

無論アップロードすれば日本の法律では公衆送信権を犯すわけでそこまで
するユーザーはごく一部だが、買ったりレンタルしたりしたCDから作った
mp3ファイルを携帯プレーヤーにコピーしたりCD-ROMに焼いてバックアッ
プしたりという、ごく普通の行動をDRMは制限する。そうすると何が何で
もDRMを回避しようという本能が働くよな。

145 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 01:55 ID:5VDs6Y99
違法コピーをする奴→CDが1500円でも買わない奴→有料ダウンロードはしない奴
→特に好きなアーティストがいない奴

違法コピー、ファイル交換が売り上げ減少に閉める割合は、CDバブルの終焉・携帯の普及
&携帯代の負担贈&元々10〜20代の若年齢の小遣いに支えられていた需要の不安定さ
などが占める直接の原因に比べたら全然たいしたことじゃないだろうな。
レコード会社などが見積もるよりははるかに少ないだろう。


Winnyの盛況を見て、デジタルコンテンツのネット経由の売買が成功すると見る方が危険だな。

146 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 01:56 ID:5VDs6Y99
その点映画とかのコンテンツはまだ音楽に比べたら多くの世代に支えられているから
そこまで減少も見られないんだろうしな。

147 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 02:02 ID:HQUXtoX5
1対1の中古売買と1対1のファイル交換て同じに思えるんだけど。

148 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 02:02 ID:bhLb+MOi
こんな非常事態の中、アウ板でアフォが堂々と
違法OKっとny伝授してる・・・
誰か逝かせてやれよ。
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/4649/1085902791/


149 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 02:14 ID:5VDs6Y99
>>147
そう?

俺は日本全国のファイル交換は
日本全国の友達同士での貸し借りがめちゃくちゃ盛んになった状態と変わらないと思う。
持ってる物全てを交換して いらないものも いつか誰かに貸したり、いつか使うと思って
一応借りてコピーしておくと言う条件付きの。

だから交換件数が多くても被害総額はあってないようなもんだろ。

買わない人は買わない。

150 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 02:15 ID:uoIxzEPt
>>147
基本的には違うでしょ
データを吸い出して手元に残すというのなら同じだろうが

151 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 02:22 ID:XbAXWxz7
>>149
200万人という数はリアルでは到底成し得ない数字だから問題なんだよ。
被害額の正確な算定なんて出来るわけないが、被害があるということは確実に言える。、

152 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 02:28 ID:fytKIADb
どうして著作物にたいして何も関係のない人間が無断で他人のデータを放流して許されるのか、それを聞きたい。

それを納得できる形で明確に答えられない限り、結局違法なんだよね。著作物の共有化なんて。

153 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 02:30 ID:dX/IzPqm
数字が出てないから被害が無いと見るか
数字では見えない所で被害が出ているか、ってことじゃないの

154 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 02:33 ID:uoIxzEPt
>>153
知らないところで勝手に著作物を流すなって事だろ


155 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 02:35 ID:XbAXWxz7
>>152
インターネットでは情報の共有化は必然だから、
無料になるビジネスモデルを考えろ、無料になるように法律を改正しろ、著作者は食えなくてもいいだろ、JASRAC市ね、
なんて意見みたいだよ。

>>153
買わない人は買わないっていうのも根拠がないんだよね。被害額と同じ。
音楽なんてのは特に供給によって需要を作り出す面が強いから、被害は確実にあるだろう。


156 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 02:49 ID:5VDs6Y99
>>151
200万の人が一枚同じアルバムを交換してたとして
実際に100万売れたアルバムならそれを一人が身の回りの2人に貸したら達成されてしまうじゃん?
そんなありえないことか?

カラオケも衰退してきたことだし 音楽がどうでもよくなってる人が増えてたりする
主原因に比べたらってことよ?

レンタル店の損害は計算可能かもしれないが レコード店の損害はほとんどないだろ。

157 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 02:56 ID:XbAXWxz7
>>156
P2Pは1人が200万人に貸すのと同じことだから問題だと言っているわけ。それは出来ないだろ?
購入者全員が人に貸したりする例は極論過ぎて意味を成さないんじゃ?

つーかnyが主原因じゃないだろ。ただ確実に被害の一部なことは確かだ。

158 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:02 ID:a8qb9wpZ
著作権者に1円も入らないのは中古も同じでしょ。
レンタル許諾って著作権者に印税いってるの?

159 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:02 ID:5VDs6Y99
でもCDコピーのおかげでレンタルの効用も上がってるわけで、
レンタル店がパソコンによるコピーによって得た利益も確実に存在するな。

あと電機屋でCDRの消費が確実に増えてる。

ファイル交換・違法コピーが生んだ経済効果

レンタル屋利益+CDR販売利益+インターネット環境の向上による通信会社の利益−レンタル屋損害

くらいじゃない?

買わない人は買わないってのは100%必ずしもそうではないかもしれないが
ファイル交換をCDの視聴機として利用し音楽の幅と興味を深めてCDを購入
してる人だっているからな。

160 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:08 ID:5VDs6Y99
>>157
そうか?売れたCDを友達に貸す人ってそんな少ないのか?

200万人交換人口がいてもそのアルバムを全員が欲しがるわけないからそうゆう仮定で言ってるんだけど?
全員が欲しがったとして 身の回り数人に貸すだけで結果としてはおなじことになってしまう。

借りただけで満足する人に購入意欲があったのだろうかと?

あー衝動買いがなくなる分の損害はあるだろうな。

161 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:10 ID:ts43nizP
なんつぅかさ、不特定多数、それも顔も知らないような相手にファイル垂れ流しにするのは、
ラジオやテレビで音楽流してるのと変わらないと思うのね。
貸し借りとかとは根本的に違うと思う。CDを通りすがりのオッサンに貸す人なんていないでしょ?


162 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:15 ID:fytKIADb
ラジオやテレビの場合、全編音楽を流したりすることは少ない(途中で切れたり、ナレーションが入ったり)。
あとこちらは広告効果の比重が高い。
それに対して販売するCDと同じ質のものをタダで、しかも広告効果にもならない(欲しい人だけダウンロードする形なので)。

あきらかに違いますね。

163 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:15 ID:5VDs6Y99
>>161
確実にCDの音楽データを自分の物として買わずに手に入れる過程ってことで
貸し借りを言っただけだけど。
テレビやラジオの音楽データじゃちょっと劣りすぎかなと思って。

知らない人にはもちろん貸さないけど。
100万も需要あるアルバムなら 知り合いで借りたがってる人なんて探せば見つかるからその人に貸した場合ね。

164 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:16 ID:HcY+GQJS
Ka mate! Ka mate! Ka ora! Ka ora!
Ka mate! Ka mate! Ka ora! Ka ora!
Tenei te tangata puhuru huru
Nana nei i tiki mai
Whakawhiti te ra
A upa ... ne! ka upa ... ne!
A upane kaupane whiti te ra!
Hi !!!

ttp://hiroshima.cool.ne.jp/lobster3/allblacks/haka.avi

165 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:16 ID:a8qb9wpZ
128kbpsのmp3なんてヘッドフォンじゃ聴けた音じゃない。

166 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:24 ID:5VDs6Y99
>>165
だから
MP3を手に入れただけで満足する人 は CDを買わない人 と決めることがつじつま合ってると思うが。

>>165みたいな人がいると

MP3を手に入れただけで満足する人>レンタルでCDの音質をコピーして満足する人>CDを買って満足する人

という3段階に分けれるのか。


167 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:25 ID:XAL4SzHW
なんか200万て数字が一人歩きしてるみたいだけど
常時利用してる人(常時接続って意味じゃないよ)は半分もいないだろ。
50万人もいればいいとこ。
そのうち音楽ファイル目的の奴なんて10〜20万人程度(当てずっぽう)
しかも音楽ファイル目的といっても、音楽の嗜好なんて人によってバラバラ
宇多田クラスでもせいぜいほしがる香具師なんて5万人程度だろう。
100万枚の売上に対して5万回のダウンロードだ。
ダウンロードで済ませてる香具師で、タダで手に入らなければ買う
って香具師は5000人いれば上等。
100万枚に対して5000枚だ。
だから目くじらを立てるな、とは言わないが、はたしてそんなに深刻な問題か?


168 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:29 ID:ts43nizP
>>162
配信する形態はさほど変わりないのに、中身の質はnyやMXの方が優ってる。そのくせタダで宣伝にもならない。
そりゃ製作サイドはブチ切れるなw


169 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:32 ID:fytKIADb
167
そう。その程度なのかもしれない。しかし、目くじらを立てないといけない。
だいたい200万の人間がはたして何曲の音楽を、何枚のDVDをコピーしたか?
ジャンルが多岐にわたれば被害総額は倍増していく。その量は桁外れになる。

 NYなどの問題点は結局そこにある。ひとたびタダだと勘違いした人間に歯止めは利かない。ハードディスクが尽きるまで落としまくるアフォがいっぱいいるんだから。

170 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:33 ID:nJcEP3wk
その5000人の内、買うつもりは無かったけど気に入って買ったなんて人だっているだろう。
さらに大ファンになってアルバムをコンプしちゃった、なんて人だっているだろう
そもそも統計をとった専門家でも見解が異なるのだから(どっち側につくかによって、といった方が正確か)、
俺たちに分かる訳が無い。

171 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:35 ID:a8qb9wpZ
>>166
個人の判断もmp3で満足する曲と買わなければと思う曲に分かれると思う。

172 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:35 ID:5VDs6Y99
>>167
そうだな。
ファイル交換では音楽ファイルの存在=実際の音楽CDの需要では全くないからな。
他の人との交換材料にするために無難な人気ファイルをただ持っておくって人も多い。
そんな人はもちろんファイル交換がなかったとしてその音楽CDを買うわけがない。

名前は聞いたことあるけどどんな音楽か知らないってアーティストがいたら
ファイル交換は名前の検索だけで全曲を聞ける無敵の視聴機になるからな。
口コミ以上に宣伝効果もあるってことを考慮に入れると

損害額は計算不能ではあるけど CCCDなどにして全体の音楽ユーザーの
反発を買うほどの損害は生まないと確実に思えるのだが 


173 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:37 ID:5VDs6Y99
>>168
宣伝効果はあるぞ。

174 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:41 ID:a8qb9wpZ
CCCDもひどいけど輸入権創設は犯罪的にひどいね。

175 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:41 ID:5VDs6Y99
>>169
ハードディスクがいっぱいになるまでコピーしたことによってそれだけのファイルの著作権が侵害された。
そのファイルを金額に直したら・・・・円になる
だからそれだけの損害をレコード会社は受けている。ってのがレコード会社の主張だろ?

その男が小遣いのうちのCDに使うはずだった額で果たして 何枚のソフトが買えるのか。
それは現実に起こった損害と言えるのか?


176 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:46 ID:5VDs6Y99
200万枚売れてるアーティストにとっては 
購入を辞めた数に比べれば 新たに興味を持った&宣伝効果は薄いかもしれない。

ただCMやテレビを通して活躍していないアーティストにしたら
ファイル交換は 視聴機としての役割を果たして宣伝効果を果たしている。
それらのアーティストの曲はファイル交換で手に入らない物も多い。
レンタル店にもないかもしれない。買うという行動につながる。ということも十分に起こってる。

177 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:49 ID:a8qb9wpZ
>>176
倉橋ヨエコっつー人のもせを一曲落としてCD全部揃えた。
マイナーなミュージシャンになるとp2pじゃ音源が全然揃わないから買うことになる。

178 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:54 ID:3B3FfSJC
前にどっかのサイトでダウンロード数を調べている人がいた
winny起動してW2FLで発売したばかりの曲を数日間検索
被参照量の合計をファイルサイズで割る方法だった

ヒット曲で100〜2000くらいのダウンロード数らしい

179 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:56 ID:l2M5fXlC

ひたすら生演奏の正確な録音技術の進歩をねがうのみ。



180 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:56 ID:5VDs6Y99
>>177
俺も実際視聴機として使ってた感じだな。
CDを購入を辞める(名前で買おうと思ったけど実際に聞いてしょぼかったから)
こともあったが実際に月あたりのCD購入枚数は減ってないというかむしろ増えた。
部屋にある400枚くらいのCDのうち中古も多いけど 新たにファンになったアーティスト
なんていくらでもいる。そのなかで一番いいアルバムとかどうしても欲しくなったりする。
好きだと音楽ファイルにある雑音が聞くに堪えかねないものになるからな。

昔audiogalaxyって音楽ファイル専門のがあったけど あれはすごかった。
マイナーなのでもほとんど手に入った。
しかしWinnyなんてマイナーなの探すのめんどくさすぎるし、WinMXは持ってる人一人見つけたとして
落とさせてくれないから 結局買うしかない。

181 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:57 ID:XAL4SzHW
>>169
もちろん、目くじらを立てるなとは言ってない。

しかし、あんまし騒ぎすぎると却ってファイル共有の宣伝になってしまう
という側面もあるんだけどな。事実、逮捕者が出ても一時的には手控える
利用者もいるが、すぐに回復してさらに人が増えるという悪循環もある。
逮捕報道が却って宣伝になってるわけだな。

で、なんでそれで飛びつくユーザーが後を絶たないかということを考えると
金銭的な部分を度外視しても、ファイル共有に匹敵するほどの魅力ある
サービスを業界ができてないからじゃないのか。

ファイル共有=タダ厨というが、実際には無料以外の部分に魅力を感じてる
人はそうとう多い。手軽さという面でも、カタログの豊富さという面でも、オフィシャル
のほうが負けているのでは話にならないではないか。

オフィシャルには存在しないコンテンツがファイル共有にはある(粗悪品も多いが)。
それが免罪符にならないと批判するのは簡単だが
オフィシャルが提供しない以上、200万人の良心に期待するのは無理だろう。



182 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:59 ID:5VDs6Y99
著作権のガードは薄くなりそうもないけど、
視聴程度になら公式サイトからどんどんダウンロードさせてもいいと思うけどな。


183 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 03:59 ID:ts43nizP
そもそもファイル共有という言い方に違和感があるな。売春を援助交際と言うような感じがしてならない。

184 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 04:02 ID:dW80Kv4t
2chの扉絵ワロタ

185 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 04:11 ID:a8qb9wpZ
>>183
認識が古すぎないか?
http://www.apple.co.jp/itunes/share.html
こんなん友人同士の共有に使われまくるに決まってる。

186 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 04:14 ID:fytKIADb
著作権保有者にちゃんとお金が入るなら別に共有だろうとなんだろうとかまわない。
問題なのは「ちゃんと入らないから」だろう。

187 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 04:17 ID:a8qb9wpZ
中古屋やオークションも著作権者に印税は一銭も逝かないよ。

188 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 04:33 ID:sdxIe0fh
中古CDを買えばそれだけ新品CDを買う金は減るわけだから
著作権者に「ちゃんと入らない」ことだけに限れば
交換よりも中古売買の方がよほど悪影響を及ぼしてる側面もあるのでは?
現物なんだから音質に不満を持つこともない。

189 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 04:52 ID:mSnor6g7
何か責任を転嫁してる奴が居るが…
中古屋の存在は著作権者にとって脅威である事は間違いない。
でもPtoPの問題とは全く別の問題であって、
中古屋が合法だから著作物ファイルのupが、正しいと言う論法にはならない。

包丁も自動車もよく例に挙げてる奴が居るが、それらの危険性とPtoPの問題は別。
ネットランナーもnyコップも、違法ファイル交換してる奴の免罪符にはならない。

著作物の無断交換自体の正当性を主張しないで、責任転嫁の仕方をする事からして、
違法行為である事を認識してるという証拠。



190 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 04:56 ID:Ld/9Yz4V
いや、違法なのは分かってる。
著作権者にとって迷惑でしかない中古屋とオークションが
なんで合法なのか疑問に思うだけ。

191 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 05:00 ID:mSnor6g7
CDの売り上げ減少と、nyの存在が関係性が無いと主張する奴も居るが。
ライト層の存在を、意図的にか全く無視している事が面白い。

宇多田のアルバムを購入する層が全て音源・品質を重視するヘビー層だけなのか?
そんなに客層を絞ってしまえば、絶対にミリオンなんてありえ無い事を考えなきゃいけないよ。

漏れは、nyの問題がここまで大きくなったのは、
本来金を出して買ってた、ライト層を取りこんでしまった事だと認識してる。

社会全体(主にコンテンツ業界だが)が、nyを駆逐するコストと、
nyが与えている損害を天秤に図った時に、コストが費用対効果でペイすると見たんだよ。



192 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 05:05 ID:mSnor6g7
>190
それはファースト・セールス・ドクトリンが認められているから。
著作物は今までメディア媒体(DVDやCD)の中にデータが入った「物」だったから。
そして社会が、ファースト・セールス・ドクトリンを悪用する事による中古屋の跋扈より、
ファースト・セールス・ドクトリンを認めない事による弊害が大きいと判断してるから。

ファースト・セールス・ドクトリンを認めないと、「物」には担保価値や資産価値がなくなってしまうからね。


193 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 05:14 ID:mSnor6g7
コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律案も可決されてしまったし、
政府がジャパニメーションを初めとする、コンテンツに外貨獲得の期待を込めてるのも分かったし、
コンテンツの保護を強化していく事が、はっきりと方向性として確認された。
また、強引とも取れる金子氏の逮捕は、司法と警察が本腰でny壊滅に動いている事を示してる

nyが進むべき道は2つある
・規模を縮小し、アングラに戻るか
・社会に駆逐されるか

せめて、マスメディア業界を敵に回さない位に毒性が薄まれば、存続の可能性はあると思う。


194 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 05:15 ID:nJcEP3wk
>>191
だから、被害額の話なんて妄想の範疇をでないっつーの。
それに>>188は現在の著作権法のおかしな点を指摘しただけだろ

>社会全体(主にコンテンツ業界だが)が、nyを駆逐するコストと、
>nyが与えている損害を天秤に図った時に、コストが費用対効果でペイすると見たんだよ。
そう思ってるなら想像以上のアホだな。

195 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 05:23 ID:mSnor6g7
>194
コストってお金の話だと思ってるの?
モノの価値ってお金だけ?
じゃあ聞くけど、安心して暮らしていける社会っていくら?

196 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 05:27 ID:Ld/9Yz4V
>>192
俺は理科系なんで経済学はよく分かんないけど
メーカーの頒布権濫用の抑止ってこと?
MIDIにまで使用料を取るJASRACは悪辣な団体ってことでいい?

197 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 05:35 ID:mSnor6g7
>196
著作物を「物」として流通させる場合、著作者の著作権の他に、
購入者の「財産権」も発生するから、著作権だけを保護すると購入者の財産権を侵害してしまう。
だから現状として、購入した物をいくらで誰に売ろうと公序良俗に反しない限り、
自由と認められてるって感じ。
それがこの前のゲーム中古販売で最高裁まで言った裁判の結果。

JASRACが悪辣な団体である事は同意する。
あれは全くの必要悪で、ヤクザが経済に果たしている役割と大体一緒


198 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 05:45 ID:nJcEP3wk
>>195
意味が分からないね。社会が実際守りたいのは金だろう

199 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 06:24 ID:mSnor6g7
>198
コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律案はほぼ全会一致で可決されたが、
この場合、衆議院議員達が守りたかったものは何だ。金か?
JASRACも衆議院議員全員に献金するほど力は持っちゃいないぜ。

っていうかおまえの質問はnyが経済的に損失を与えてしまってる事になっとるが、いいのか?



200 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 07:38 ID:nJcEP3wk
>>199
だからその先にあるのは金だろーよ。>>193で自分で書いてんじゃねーか

>おまえの質問はnyが経済的に損失を与えてしまってる事になっとるが、いいのか?
あんたがCDの売り上げ減少の一因はnyにあると言うから、何を根拠に、と言ったまで。
そんな事俺たちには分からん、どっち側を支持するかによっても変わるだろう、妄想に過ぎない、と言ってるだけ。

それにny壊滅って簡単に言うが、どうやってやる。ny壊滅させたとしてもいたちごっこはいつまでも続くぜ。
P2Pを壊滅させる事が出来れば、こんな問題とっくの昔に終わってる訳。
RIAAの一斉訴訟の効果はどうよ
今回の件はSharmanがKazaaLiteにやったのと似てるよな、nyも似たような道たどるんじゃないの。

201 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 08:22 ID:mSnor6g7
>200
政府(行政)と国会(立法)の区別もつかん池沼か?
普段利害が対立している与党と野党が、この問題に関しては対立していない事を考えろ。
それが金と言う接点だけで答えになるか?

>あんたがCDの売り上げ減少の一因はnyにあると言うから、何を根拠に、と言ったまで。
>そんな事俺たちには分からん、どっち側を支持するかによっても変わるだろう、妄想に過ぎない、と言ってるだけ。

既にnyが割れずやアングラの時代から細々やってた人達だけでなく、一般の人間を巻き込んでるから。
確かに既にパンドラの箱を開けてしまっている状況で、ここ数年の売り上げ減少がnyによるものである根拠を出すことは困難。
しかし、それが著作権側の人間の妄想であったとしても、社会がny駆逐に動いている事実は消せない。
逆に立証が出来ないから、nyの正当性をおまえ主張できるか? 明らかに公序良俗に反しているんだよ。
違法ファイル交換は。

>それにny壊滅って簡単に言うが、どうやってやる。ny壊滅させたとしてもいたちごっこはいつまでも続くぜ。

誰も完全に壊滅出来るなんて言ってないぞ?>193の発言をよく読め。
このまま猫も杓子も、こぞってぶっこ抜きなんて異常な事態が続いたら、社会に駆逐されると言ってるだけ。


202 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 08:34 ID:XbAXWxz7
>>200
CDの売り上げ減少の一因はnyにはないという主張も同様に根拠がないんだよ。
ただの水掛け論だな。梅雨だけにw

P2P規正法のようなものを国際的に作ればいいんだと思われ。
違法ファイルが蔓延するようなP2Pの作者を逮捕する。PL法みたいなもんかな。
違法ファイル蔓延を防ぐ手段があったのにそれを実装しなかった過失を問うわけね。





203 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 08:53 ID:cVtKrFOO
梅雨だけにw←

204 :前スレ349-358:04/06/02 09:03 ID:Gu3iPxR2
相変わらず頭の固いお方が多いこと。

自由なファイル交換を罪悪としか見れない。
便利な世の中になったというふうには思えないのかね。
現行法の遵守が新メディアの利便性を潰してることは無視。
そのへんのバランスを取ろうという意見なら頷けるが、そういう意見はほとんど出ないね。
たまに出ても具体的には提示されない。それじゃ同意も反論もできやしないよ。

現状法律がこうだからこうだ。そういう発想しか無いようだ。
違う法律の国に生まれていたら違う主張をするんだろうな。
何かの事例の違法性云々みたいな話ならそうなるのが当然だが、そんな話じゃないだろう。

じゃ、がんばってくれ。


205 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 09:10 ID:nLBPRP7p
>>204
現実が見えず人の考えを受け入れないお前の頭の方が(ry

206 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 09:25 ID:uUsP15UF
>>196
> MIDIにまで使用料を取るJASRACは悪辣な団体ってことでいい?

理屈から言えば使用料を取らない方がおかしいと思う

207 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 09:37 ID:7Z6LP1CP
>>204
>自由なファイル交換を罪悪としか見れない。
それは別に悪ではないよ。
違法ファイルの流通を減らす必要はあるが、
合法P2Pにおける流通が盛んになれば
アマチュアの作品がプロを駆逐してしまうということもあるだろう。
それはそれでおもしろい。

>現状法律がこうだからこうだ。そういう発想しか無いようだ。
それは当たり前だろう。ここを無視して語るのは自由な発想ではなく妄想と言う。


208 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 09:43 ID:SsxJT8df
そもそもレンタルや中古業者と手打ちした時点で事実上、CDやビデオは
正規品を買わずに視聴するもの、という習慣が出来上がってるんだよ。
P2Pでの共有はそれが究極に行きついたものだと言うだけのことだ。
今はレンタル代金から幾ばくか著作権者にわたることになっているが
そうなる以前からレンタル業は爆発的に普及してたし以前の利用者と現在の利用者は
何も変わらないが以前の利用者は犯罪だ、などと言われたってピンとくるはずもない。


209 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 09:47 ID:EwhsyIzx
違法共有とレンタルを一緒にするとは頭がおかしいんじゃないか?

210 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 09:51 ID:SsxJT8df
>>209
おいおい レンタル登場時は業者も利用者も著作権法には違反してなかったのかい?
しかもレンタル業者はそれを業として金を稼いでたんだぜ。


211 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 09:53 ID:N6zKWuHg
まあCDが売れないのはnyで手に入る以前の問題で、
長引く不況が一番の原因かと思われ。
一時期が音楽バブルだっただけ。

212 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 10:18 ID:5VDs6Y99
>>191
取引されてる交換ファイルはCDに直したら・・・・・円ってのはレコード屋の妄想で。

実際はライト層がファイル交換をしたとして、そのユーザーは無料であれば音楽を聞きたかった
だけなのに、レコード屋はあたかもそのユーザーがCDを購入する可能性があったかのように主張する。

需要曲線と供給曲線で言うとMP3だけで満足する価格がほぼ0円に近い付近において初めて購入する
需要曲線の極めて上の方に存在する消費者だから、CDが今の価格である限り決して買わなかった。
レンタル・中古では買ってたかもしれないが。

俺もCD売り上げ減の原因はレンタルや中古売買の方が大きいと思うぞ。
ある程度ならCDにお金を払う(もしかしたらCDを買うこともあり得た)層の需要=同品質のCDのコピーを手に入れる
というのがCDの価格の何分の1でできてしまうわけだからな。

あと何より不況だろ・・・デフレもあったせいで相対的な所得効果が生まれてCDが高く感じると
CDは決して生活に必要なものではなく 贅沢品であるから、需要は一気に減少する。
あとレンタル屋の料金は今まではMDやカセットに入れる限り、一回限りの録音で一定額だったが
パソコンによって再頒布も可能なコピーCDを作成することができるようになり、CDレンタルの消費者にとっての
効用は大きく上がっているにもかかわらず、相変わらず一定額である。
とすると、効用が上がっておきながら一定額と言うのは相対的な所得効果で安く感じる。
贅沢品は安くなると一気に需要が増加する。

CD購入の需要減・CDレンタルの需要増 これらは代替財の関係にある。
つまりCDレンタルの需要増によってCD購入の需要減はますます進むことになる。
本物と同質コピーデータの価格の釣り合いとして約10:1であるからそれが不均衡であると思われる。

CCCDよりもレンタル価格を上げることがCD購入増加につながると思うけどね。
同質コピーに相当額出せる人は、本物になら全額出せる と言う可能性を秘めているわけで
潜在的なCDの消費者と言えるだろう。

213 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 10:29 ID:VreEHVa2
P2Pで共有できるのは、音楽CDだけじゃない。

214 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 10:31 ID:7Z6LP1CP
>>212
君の主張も推論の域を出てないね・・・レコ業界と同じだよ。

215 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 10:34 ID:5VDs6Y99
続き

ただレンタルの価格を上げると CDを買ったほうがましだ というのと それならレンタルもしない。
というのも現れてくるから、レンタル市場は規模縮小するだろうな。

しかし それならレンタルもしない=ファイル交換で十分だ という人はCDが今の値段である限り
買わない消費者であって。

ファイル交換は違法であるし、生産者にお金が払われず、消費者の効用が一部満たされるというのは
生産者側から見たら明らかに不当な行為である。
ただ損害額の話となると、宣伝効果も計算に入れないといけないし。

変な例えだが、レストランの窓の外から客が食事する風景を見ながら空気を吸っていればお腹いっぱいに
なる消費者がいるとする。
生産者にお金は入らないのに消費者の効用は満たされている。
生産者は損害を受けていると主張する。
しかし、空気なんかで満足できる人間は決してレストランに入って食事をしようとは思わない人間だろう。
むしろ中には美味しそうに見えて実際に食いたくなる人もいるかもしれない。


216 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 10:36 ID:5VDs6Y99
>>214
ちゃんとミクロ経済学でわかりやすく説明したつもりだけど?
ミクロ経済学は知ってるよね?

217 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 10:48 ID:5VDs6Y99
>>213
なら映画のDVDとかパソコンソフトの売り上げとかはダウンしてるのか?

パソコンの高いソフトを買う人なんて元々ごく一部だろ?
元々コピーされまくりだし。
それもPhotoshopとかのすごさを実際に使ってみて知って
安心して使いたいから実際に買ったという人もいるだろうし。

データのコンテンツ(主に著作権の存在する分野)っていうのはデータに目を通すまでは
口コミや評判でしかわからないものであったから、
視聴がないCDとか試用期間のないパソコンソフトというのは買ってみるまでどうゆうものかわからず
買ってみたものの中身が予想と違っていてすぐ使うのをやめてしまっていた消費者の分は売り上げ減になってしまったと言える。
しかし、それらは本来なら中身の錯誤によって売買の契約解除できるものであるし
泣き寝入りしていた消費者を救ったことになる。


218 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 10:52 ID:7Z6LP1CP
>>216
>MP3だけで満足する価格がほぼ0円に近い付近において初めて購入する
これは君の個人的見解ね。全員に当てはめてはダメ。

他にもいろいろあるけど、、マンドクセ。


219 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 10:57 ID:nq0Qo4KU
自分はミクロ経済学を知らないけど、理系の学部卒レベルなら
5VDs6Y99のような理論展開をするのが普通なんじゃないの?

早い話が、評価する時の尺度が一定ではない、そんな当たり前に
気が付けよということだろ?w

220 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 10:58 ID:9MR6miDl
>>217
CDの商品価値が下落したという事ではないでしょうか。
DVDが売れているのにCDが売れない。
値段が問題ではないように思います。

221 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:01 ID:5VDs6Y99
>>218
需要曲線と供給曲線くらいわかるだろ?

実際の均衡価格より下の部分の需要は段階的に存在するよ。
もちろん。それは需要曲線の常識だから敢えて言わなかっただけ。
ほぼ0円にと言ったのは極めてライトな消費者のことな。

ファイル交換してる人の中には当然CDがあと300円安かったら買ってた人もいるし
半額でしか買わない人もいるし、CDが0円付近でしか買わない人まで幅はあるよ。


222 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:05 ID:5VDs6Y99
>>219
いやいや、どこまで突き詰めても経済学なんて 少し強引すぎる仮定の下でしか成り立たないよ。
だから経済学を使う=細かい要素は多数無視していると最初から認めている
ってことに気付けよw


223 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:07 ID:YoNuZxbP
うーん、ダウソ厨はたいしてその著作物に思い入れのない消費者かも
しれない(それもどうかと思うけど)、うp厨はどうなんだろ。

そもそもUP厨がなんでうpするかというと、
「こうやってうpすりゃ著作者が大損害だぜざまーみろケケケケ」
などと思っているわけではなくて、どちらかというと、
自分のお気に入りのファイルをみんなに見せたい、紹介したいという
ファン心理なんだよなー
そのために、わざわざ手間ヒマかけてエンコしたりしてうpするわけで。

そういう意味で、P2Pっつーのは間違いなく一種のコミュニケーション
ツールなんだろうな。

もちろん、それが現行法では、違法行為であることは間違いないし、
なんの免罪符にもならないけど、そういう最大の支援者であるはずの
ファンを、敵対視せざるを得ない著作権法ってなんだかなあ、と思ったり。




224 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:07 ID:bLwwkuka
要は既得権益層が必死なだけ
これに尽きる
こういった時代の流れを読めない連中が過渡期に足を引っ張るのはいつものことだけど
最後には必ず消える定め

225 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:10 ID:7Z6LP1CP
>>220
DVDは今はハードに牽引されている面もあるかな。
内容云々よりも。

>>222
だから経済学で語ること自体が推論の域を出ないといいたいわけだ。





226 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:11 ID:DP3b8hts
何かって言うと売上が減る根拠がない
ジャスラックは糞だからと話をそらされてるよな

227 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:13 ID:5VDs6Y99
>>225

レコード会社の出回っている 出回っているファイル数×音楽CDの値段=損害額
よりはるかにましだろ?

228 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:14 ID:9MR6miDl
>>223
コミュニケーションツールとしてのnyっていう見方は面白い。
ファイルではなく、その流通自体を楽しんでいたって事か。


229 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:15 ID:5VDs6Y99
>>223
それはあるな。
ため込んだファイルを全部使っていたor全部聞いた なんていう人はまれで
さらに流通させるために欲しがるだけだもんな。


230 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:15 ID:SsxJT8df
>>220
不況まっただ中でレンタルも隆盛の98年にCD売り上げがピークに達したように
著作物の商品価値は必ずしもメディアの特性による商品価値を反映するもんじゃ
ないんだよね。
今だってもし当時のTKやビーイング並みのブームが起これば、P2Pでの交換も
増えるだろうがCDの売り上げも増えるだろう。
ただ業界的には現状は共存できてもこのままP2Pを放置すると、もしブームが起きてもほとんど
P2Pにほとんど流れてしまって売り上げが上がらないのではないかと言う
危惧も当然あるだろう。

231 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:20 ID:DP3b8hts
違法コピー賛成派の言うとおり著作権そのものを放棄したらどうなるか予想。
クリエイターが貧乏しながら頑張って作品を作る→
ちょっと売れ始める→目をつけた大企業が大量複製→作者に一銭も入らず

今は目をつけた素人が大量複製してる状況だけどなw

232 :前スレ349-358:04/06/02 11:20 ID:Gu3iPxR2
CDの売り上げ減少の話が続いてるようだけど、俺にもちょっと言わせて。

いろんな理由が重なってると思うよ。
ひとつには散々出てるけど、不況だね。

あとは音楽が行き詰ってるんじゃないのかね。
50年代から70年代にかけてポピュラー音楽は大きく変化した。
それは電気楽器の進歩と世相の変化によるものが大きい。
80年代以降はそれが止まってしまった感がある。
もう飽き飽きしてるんだよ、音楽に。

デジタルが当たり前になって、簡単にコピーできるようになったってのも
あるかもしれないが、操作が簡単だけにアナログ時代より売り上げは
増えてるんじゃないの?

ちなみに俺は気に入った音楽は買うよ。
そうそう、実際アップローダからDLして気に入って買ったCD複数あるよ。




233 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:20 ID:9MR6miDl
>>230
CDの商品価値と言ったのはメディアの特性だけではなく、社会的なものも含めてです。
それだけにP2Pがコミュニケーションに使われるというのは興味深いと思いました。

234 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:20 ID:5VDs6Y99
>>230
そうだな。
アーティスト不況とも言えるよな。
レンタルですらCDの売り上げに影響を大きくは与えないとして存在してるわけだし。
ソフトの売り上げはソフト自身の魅力にもよるな。

ゲームとかも不況だよね?

ソフトの品質に依存するんだろうなあ。

CDのハードによる牽引はもうないしな。

235 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:21 ID:YhwwZC2s
デジタルコンテンツにミクロ経済学を適用するのは無理があると思います
デジタルコンテンツは理論的には無限にコピー可能で
ミクロ経済学が仮定する財の希少性は当てはまりません
デジタルコンテンツにも適用可能な新しい経済学が必要です

236 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:22 ID:5VDs6Y99
>>231
違法コピー賛成派ではない。

違法コピーはCD売り上げ減への影響を大きく与えていない派だ。



237 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:28 ID:5VDs6Y99
>>235
だから CDが容易にコピーできるようになったことについてCDレンタルの再頒布による効用の向上
ということにしたけど?
CD買ってることについては自分が買ったCDを人にコピーしても自分の効用は変わらないから無視な。

あと適用しているのは主に 
価格対効用が高ければ消費は減り、価格対効用が安ければ供給は増える。
あと手に入れたい消費者も自分の納得する価格以上である限り買わない。

という経済学の大前提だぞ。

238 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:28 ID:7Z6LP1CP
>>227
それは実損害額なんて出しようがないから、最大損害額というイメージで出してるんじゃ?
ここまで損害の出る可能性がありますよと。そんなものをほっといていいの?ってかんじで。

君の理論は悪くないんだけど、ちょっと前提の取り方を変えると
逆に損害が出ちゃうような結果になっちゃうから。


239 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:34 ID:SsxJT8df
>>233
ふむふむ
考えて見れば教祖を崇めるように音楽を聴いて音楽=思想なんて思いこみのあった
昔に比べ、今のように着メロやMIDIに気軽に加工したり、こんないいのがあるよ
なんてファイル交換してる方が健全かも知れないな。
それを著作者への敬意がないとか言われると少し違うような気もする。


240 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:35 ID:DP3b8hts
売上に影響を与えていないという主張の変な所
mp3などと誤魔化しているが技術的には市販されているCDとまったく同じモノがコピーできる
要するにパッケージ以外は商品とまったく同じモノが手に入る訳だが
これを試聴wした上でワザワザ金を出そうとするような人がいるだろうか?
はたして貴方は買いますか?買いなおす人なんて一割いるかいないかでしょ。
(今でもmp3で二度以上「試聴」するような楽曲でも買いなおす人なんてほとんど居ないと思う)
さらには一回聞いたら終わりという種類の著作物は存在しちゃいけないの?
小説や漫画映画なんかはそう何度も何度も見るものではないし
現状分析だけなら結構だが今後この状況を放置すればかならず表面化する問題だよ

241 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:37 ID:rcQ3afsF
>>240
可処分所得の限界も考えたほうがいいかと

242 :前スレ349-358:04/06/02 11:39 ID:Gu3iPxR2
>>239
>今のように着メロやMIDIに気軽に加工したり、こんないいのがあるよ
>なんてファイル交換してる方が健全かも知れないな

それが本当の「豊かな文化」だね。結局「文化」と「一部の利潤」の対立の
構図ってわけですな。

243 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 11:45 ID:5VDs6Y99
>>240
宣伝効果になると言うのは主に交換で手に入りにくい物に関してな。
MP3であるアルバムを気に入る→どうしてもCDとして欲しいパターン
MP3であるアルバム気に入る→同じアーティストの他のアルバムが聞きたいがMP3が手に入らない→CDとして必要だというパターン

有名アーティストに関しては宣伝効果がかなり小さいことは認める。
既に知られているし。CDを不要としやすいライトな消費者も多いし 余りに全曲が交換で手に入りやすいからな。

>これを試聴wした上でワザワザ金を出そうとするような人がいるだろうか?
>はたして貴方は買いますか?買いなおす人なんて一割いるかいないかでしょ。

だから結果的に同質のコピーで満足した消費者は レンタル店や友人からの貸し借りの需要はあっても
CDそのものを欲しているわけではないから CDを購入していた可能性は極めて低いだろ?

244 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 12:02 ID:DP3b8hts
>>243
> 宣伝効果になると言うのは主に交換で手に入りにくい物に関してな。
揚げ足をとって悪いが、交換で手に入りにくいものをどうやって試聴するんだ?
> MP3であるアルバムを気に入る→どうしてもCDとして欲しいパターン
> MP3であるアルバム気に入る→同じアーティストの他のアルバムが聞きたいがMP3が手に入らない→CDとして必要だというパターン
今ある全ての楽曲がwinny上に存在したとして
まったく無作為からその楽曲を聞くことで期待できる宣伝効果ってのはどれぐらい?
結局口コミ含めなんらかの方法でコレは良いものですよと宣伝されて初めて聞く訳だろ
宣伝されてネットで試聴したらよい楽曲でした、でも宣伝されたからその楽曲に興味を持った人に
かなりの速度でコピーされ、結果winnyでCDと同じモノが手に入るようになるでしょ

> だから結果的に同質のコピーで満足した消費者は レンタル店や友人からの貸し借りの需要はあっても
> CDそのものを欲しているわけではないから CDを購入していた可能性は極めて低いだろ?
なぜ?販売されているCDとまったく同じモノがコピーできるんだよ
同質のコピーとはつまりCDに書き込まれているデータ情報はまったく同じわけで
違いといえばパッケージがついてるかどうか以外には無い
レンタルも貸し借りも一定期間のモノだがコピーされたものは永遠に手元に残る。

それとCD以外のものは?

245 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 12:40 ID:WZIYjbqP
3000円のCDを買う代わりに、映画見に行ったり、DVD買ったり、ゲーム買ったり、携帯の通話料払ったり
本を買ったりと、他に消費財はいくらでもある訳です。
可処分所得の中でそこをどうやりくりするか。中古買うなりレンタルしてMP3にするなり安価な手段も浸透し、
パッケージとしての新品CDを購入するという行為に、消費者は以前と比べて相対的に価値を見出さなくなってきた
ということではないでしょうか。
また、3000円もする一枚のCDを買ってじっくりそれを聞き込むという行為よりも、
より手軽に、よりライトな聞き方、そしてもっと多くの曲を楽しみたいという欲求が高くなっているとも考えられます。
高度情報化の進展の中で、流行りすたりのサイクルもテンポも早くなっている様に感じられます。

246 :【提案】ひろゆきに新板をおねだりしよう:04/06/02 12:43 ID:XAL4SzHW
【提案】ひろゆきに新板をおねだりしよう

◆新板をねだるスレ@運用情報◆7
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1081796016/

こんな感じでどうかな?

【板名】 特許著作権 or 知的財産
【理由】 IT化により、著作権や知的財産権がユーザーにとって身近な問題となりつつある
【内容】 特許権、著作権、肖像権、商標権、意匠権など知的財産権全般の議論
【需要】 ※だれか上手にまとめてくれ
【鯖】
【フォルダ】
【カテゴリ】
【名無し】


247 :【提案】ひろゆきに新板をおねだりしよう:04/06/02 12:44 ID:XAL4SzHW
現在、こちらで話し合いが行われています

http://live12.2ch.net/test/read.cgi/endless/1086134839/

248 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 12:57 ID:CB8o4j8k
>>245
それはただの欲望だろ。コピーできるようになった。だからCDは不要。
これってデリカシー無いよ。コピーは違法なんだから選択肢から外してCDの価値を考えるべきだ。

249 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 13:05 ID:2ehX8eYH
京都府警 主な不祥事

「捜査記録がネット流出 京都府警巡査のPCから」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040329-00000109-kyodo-soci
「警部補が水着女性盗撮 京都府警」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040521-00000033-san-soci
「警視が女性記者にセクハラ 京都府警減給処分に」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040319-00000010-kyodo-soci
「不倫相手3人にストーカー 京都府警、巡査長を懲戒免職」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040423-00000091-kyodo-soci
「取調室で暴行、けがさせる 人権侵害と京都府警に警告」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040423-00000138-kyodo-soci
「京都府警、領収書の25%仮名 捜査協力謝礼」
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/2004mar/23/W20040323MWA1K000000055.html
「スーパーで元署長万引 京都」
http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/20040218/news006.html
京都府警現職巡査がシャブ中で逮捕→精神的苦痛と提訴。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040527-00000206-kyodo-soci


警察の不祥事を集めたサイト「日々是不祥事」
 ttp://mentanpin.com/police/

250 :前スレ349-358:04/06/02 13:13 ID:Gu3iPxR2
あーもうやだやだ。なんでまず著作権法ありきなんだ。
一度でいいから、まずインターネットありきで考えるということをしてくれ。

分かるか?まずインターネットを日常当たり前に使っている世の中。
著作権のようなものは無い。そういう世界を想像してくれ。
それでもなおかつ著作権法を作るべきと考えるのか?
インターネットの利便性を犠牲にしてまで。
それでも著作権法を作ってネットを縛るというのなら、それも立派な意見だが、
それ以前の書き込みがほとんどに見えてしかたがない。

251 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 13:17 ID:yvq/ismr
>>244
>今ある全ての楽曲がwinny上に存在したとして
>まったく無作為からその楽曲を聞くことで期待できる宣伝効果ってのはどれぐらい

 純粋な検索から得られる効果は、ほとんど期待できないと思う。すでに好きな
アーティストの情報は、雑誌やサイトで収集済みだから。

 Winnyがもたらす宣伝効果は、他のメディア、映画やドラマ、アニメその他の二次利用
されたものから聞いて興味を持つという流れがあると思う。
 基本的には音楽が二次利用されているかが鍵なんだけど、不況が原因でマイナーな
アーティストを意欲的に採用する雰囲気は希薄だろうし、CM自体の本数も減ってるん
じゃないかと予想します。産業全体で言えば新商品が少なくなっているのかもしれないし
されに掛ける宣伝費も削減されているんだと思う。

 

252 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 13:27 ID:f6nmltQc
まぁ、現状のままで著作権を残すのは難しいだろうね。いくらコピーガードしてもまた破られてコピーされるだけだし。


253 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 13:37 ID:LE7SK3Zr
250
じゃあ、どうして物を作った側が嫌がっている無断放流を認められるの?
「ご自由にお使いください」というものは作った側がちゃんと明確に意思表示して公開しているはずなのに。
それを認めていないってことは、されると困ることじゃないの?

254 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 13:53 ID:7Z6LP1CP
>>250
俺は小説家ではないからそういうバーチャルな世界を空想するのは苦手だw
そもそも著作権法がなかったら現在のような映画や音楽は生まれてないと思うし。

「もしも著作権がなかったら・・・」
ってなスレでも作ったらどう?

255 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 14:29 ID:yvq/ismr
>>250
 現状分析や法解釈のスレがないから混じっちゃってるわけで。

 インターネットが変わるとすれば、承認コードが無いデータはネットワークには流せ
なくなる…かな。ルーターでポップする際、コードが無いデータは破棄すると。で、自ら
のデータを流すときは、自身のコードを承認コードとして付加する。

 通常のp2p(送受信が一回限り)は、送信者から受信者へいくつかのルーターを介して
届けられて、それで終了。Winny型のようなキャッシュ付の場合は、承認コードを含んだ
データが蓄積され、ぐるぐる巡ると。
 受信利用の匿名性は確保されるけど、Winny型p2pネットワークへの登録送信時は
匿名は保たれない、となるのかも。

256 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 15:05 ID:xzqfC8/R
>>250
なにいってんの?
著作権という考え方はインターネットが無い時代、ずっと以前からある。
インターネットが出来てから作られたものじゃない。
流通手段が出来ただけで、その考え方まで変える必要はない。
ビジネスの手段を変えるだけで十分。

インターネットの利便性なら現在の著作権法のままで問題ない。
シェアウェアや広告ウェアやフリーソフトなど既に実現されている。
著作権法を変えたり無くすべき根拠は一つも無い。


はっきり言って、著作権を無くすのは不可能。
著作権が無くなったらフリーソフトなんてのも無くなる。
コピーガードが破られるから著作権法が無くなるという論法も間違い。
監視カメラはくぐりり抜けられるから、万引きが犯罪じゃなくなるのといっているのと同じ。

現状ではP2Pにより売上に影響が出てないから、著作権はなくならないし、ビジネスのやり方も変わらないが、
もしP2Pで売上に影響が出るようになれば、そのときは著作権法が厳しくなるだけ。

257 :【提案】ひろゆきに新板をおねだりしよう:04/06/02 16:07 ID:XAL4SzHW

著作権板の要望を「◆新板をねだるスレ@運用情報◆7」に提出してきました
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1081796016/623

258 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 16:13 ID:GWTrReJA
民主党が著作物を無断でダウンロードすることを許可する法律を作ってくれると俺は信じてるよ。

259 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 16:16 ID:36CYuoo5
>>256
いや、変わらないわけには行かないだろう。
インターネットの普及で、放送を行なうためのハードルは
著しく低くなった。また、PCの進歩でデジタルコンテンツの製作手段が増え、
個人が音楽や映像を二次利用して何かを作ることも容易になった。

それらに対し、従来の物理的限界と同じ状態を法によって作ろうとするか、
それとも法を緩和し技術の進歩を生かすことができるようにするかというのは
著作権法の重要な論点。 今は前者のほうが優勢だが。

260 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 16:20 ID:W1x4iGzd
著作権どうのこうのってのは確かに有るんだが、それ以前に日本では流通屋の都合で選択の幅が狭くなっているって議論はどうよ。
たとえば、DVDがハードケースのキレーなボックス入りで、見た後で「はぁ、時間損した」としか思えないような
コアな香具師しか見ないような製作者インタビューくっ付けて、何万円とかで売ってるわけだが。

こんなもの見たくないからもっと安くしろって思っている当方は思ってるよ。
こんなものは別パッケージにして、見たい香具師だけ金出してみりゃ良いんだよ。

261 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 16:27 ID:7Z6LP1CP
>>260
それに釣られて買う香具師が多いからじゃないか?
販売実績なんかでそういう結果が出てるからだろう。

262 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 16:34 ID:W1x4iGzd
>>261
それしか選択肢が無きゃ買うしか無いだろ。
リージョンコードだの、逆輸入のコンテンツはダメだの、ゴタクぬかして、
結局、イラネー物を売りつけてているんだよ。香具師等は


263 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 16:43 ID:7Z6LP1CP
>>262
選択肢のあるのもあるっしょ。通常版と特殊版で値段差つけて。
片方しか出さないのは売り方の問題だからな。
(メーカー製PCにいらねーソフトがわんさか付いてるようなもんだ)
対抗するには不買するしかないかな。


264 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 16:47 ID:fx75GC8b
レビューなどをチェックしてから買うのが消費者として賢明な行動。
家電だのクルマだののような他の商品だって同じだろう。

265 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 16:51 ID:WZIYjbqP
ジャケ買いするアホな消費者はいつでもいるっつう良い例だな。

266 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 16:55 ID:W1x4iGzd
>>263
その通り>売り方の問題
著作権の問題って藻前ら騒いでいるわけだが、
実は著作物だけに金払っているわけじゃ無くて、
著作物以外の部分にも金払っているわけだ。

「メーカー製PCにいらねーソフトがわんさか付いてるようなもんだ」の例えで行くとコンテンツにもBTOって有っても良いんじゃないのか?
とか、そんな話があっても良いわけだろう。

それが無いから皆nyやっているとは言わないが、何に対して自分は金を払っているのか。
何が欲しくて(見たくて)金出しているかが、もっと議論されないと「著作権」の話だけやったって実効が伴わないんじゃないのかと思うぞ。
だって、結局は「金出すか、出さないか」なんだろ?


267 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 16:58 ID:UG7K/oXs
パソコンのソフトについて
>>217
>Photoshopとかのすごさを実際に使ってみて知って
>安心して使いたいから実際に買ったという人

DLしたら買う必要が無くなる。
元々コピーされまくりだったら、nyでばら撒いていいのか?
高いソフトというのはもともと個人向けではない(Adobe製品など)。
それでもPhotoshopなんかは個人のために廉価版が出ている。

>データに目を通すまでは口コミや評判でしかわからない

パソコンのソフトには体験版というものがあります。

268 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 17:01 ID:xzqfC8/R
>>259
だから、あんたが言っているのはビジネスの方法であって著作権法じゃないんだよ。
法を緩和しろって? どの部分を緩和するの?
緩和するまでも無く、著作権者が望めばフリーで流通させられるし
二次利用を可能にすることもできる。

著作権法では著作物は有料、二次利用は禁止などとは決まっていない。
どうするかは著作権者が決める。有料や二次利用禁止と決めているのは
法律ではなく著作権者。

もっとも著作権法は変わる可能性はある。ただしそのときはもっと規制が多くなる形だろうな。
おっと、勘違いするなよ。規制があっても著作権者が自由に使用する権利を決められる。
フリーで流そうと思えば流せる。この部分は変わらないだろう。

269 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 17:03 ID:CPuo9WNa
>>267
Photoshopなんぞ買わんでも、GIMPもあるしなw
ま、体験版ごときを有難がる輩がいること自体、あり得ん!

270 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 17:03 ID:DP3b8hts
>>259
技術の進歩なんて関係ないだろ、
著作権者に無断でやるという所が問題なんだから
なぜコピーしないで欲しい人の権利を守ろうとするとダメなんだ?
別にフリーのものを認めないなんて誰もいってないぞ
>>260
そうだよほしくない奴は買わなければ良い
買ってもらわないと供給側は損だから値下げなり販売方法の検討をする
そうやって需要と供給のバランスが取れてくる。
なんで著作権に関わるものだけが「商品」という一面を否定されつづけなきゃならんのよ

271 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 17:08 ID:Xn9eiySZ
Photoshopの廉価版は同価格帯の他のソフトと比べてもショボイ出来のように感じる。

272 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 17:10 ID:CPuo9WNa
>>271
そう思うなら、CSでも買えよw

273 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 17:11 ID:DP3b8hts
とどのつまり
俺の欲しいコンテンツは高いから違法にコピーしよう
でもそれはお前等が値下げしないからいけないんだぞ
俺は全然悪くないんだよって事でしょ
もうめちゃくちゃな理屈ですな。

274 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 17:13 ID:Xn9eiySZ
すでにアップグレード済みだよ。
CSはメモリ食い過ぎですよ。


275 :259:04/06/02 17:26 ID:Y7IgrzIE
>>270
そんなことどこに書いてある?

276 :259:04/06/02 17:29 ID:Y7IgrzIE
>>268
たとえばWeb閲覧で一時的に閲覧者のPCにデータがコピーされることは
WWWが生まれる前に想定されていたことなのか?

277 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 17:31 ID:W1x4iGzd
>>270
そうではないんだ。>そうだよほしくない奴は買わなければ良い
どうしても欲しいものと欲しくも無いものが、一緒になって売られていたら仕方無しに買うだろ。
そうじゃなくて、欲しい物だけ、適正価格で手に入るようにならないかと、思うわけだよ。



278 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 17:38 ID:Y7IgrzIE
>>277
それも含めてひとつの作品なんじゃないだろうか。

279 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 17:50 ID:dX/IzPqm
>>277
著作権とは関係ない気がする…

280 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 17:53 ID:7Z6LP1CP
>>277
確かにパッケージに魅力を持つ人と持たない人がいるから
そこを選択出来た方がいいよな。
けど現状は二種類の商品を出すってのは余計なコストになってしまい、
価格に反映せざるを得ない場合もある。

例えば豪華パケ一種類のみの販売で
価格が10,000円、パケ分が2,000円だとする。

それを二種類出す場合、
豪華パケ10,000円、通常パケ8,000円ではなく、
豪華パケ11,000円、通常パケ9,000円でなければ
一種類販売した時と同じ利益が出せないっつーかんじかな。(同枚数売れた場合で)

これはやっぱり売り方の問題でどちらを取るか、
もしくはそのコストを被るかっつーのは販売元次第だよ。


281 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 17:53 ID:W1x4iGzd
>>278
オープニングテーマとエンディングテーマの間以外の部分で作品を語らなきゃならん物ってのは、どうかと思うが当方は今それを問題にはしていないんだ。
ドーデもいい物に金は払いたくない。それだけなのよ。
>278が金出したいなら、払ってやればいいんだよ。

282 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:04 ID:7Z6LP1CP
>>281
>>280のはパッケージの例だけど特典DVDとかにも当てはまるからな。
もしコスト増になって相対的にちょい高くなるのと選べるのはどっちがいいと思う?

283 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:14 ID:xzqfC8/R
>>277
ようするにレンタルで良いって事だろ?

284 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:15 ID:W1x4iGzd
>>282-280
スマソ、流通ってのはパッケージが無いと成りたたんって話で、280の話が出てきたのは理解できるが、
「今後の著作権のあり方について考える」スレだし、47氏がつかまったから立ったスレだろ。
だったら、パケ無し流通の話に流れて欲しいんだな当方は。

とか、書きながら気持ち的には豪華パケだったりしてな。

285 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:20 ID:xzqfC8/R
> 「今後の著作権のあり方について考える」スレだし、
そうだね。

> だったら、パケ無し流通の話に流れて欲しいんだな当方は。
著作権と関係ない話じゃん。


286 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:23 ID:W1x4iGzd
>>283
あーレンタルと、ストリーミングだがな、甲乙つけがたいほど拮抗しているな。
DRMがもっと緩くならんもんかな。

287 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:26 ID:W1x4iGzd
>>285
著作権ってのはだな、コンテンツを流通させるために有るんだよ。
だから、流通の話をしているのだよ。

288 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:30 ID:xzqfC8/R
> 著作権ってのはだな、コンテンツを流通させるために有るんだよ。
著作権ってのはコンテンツを流通させたときに発生する問題を
解決するためであって、コンテンツを流通させるためにあるわけじゃない。


289 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:33 ID:WZIYjbqP
バーチャルネット法律娘 真紀奈17歳 http://homepage3.nifty.com/machina/
知的財産権(特許・商標・著作権)の基礎講座 http://www.furutani.co.jp/kiso/kiso.html

290 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:33 ID:W1x4iGzd
>>288
あーそだな。
まぁ、言い方だ。
でも、流通と著作権ってのは切り離して論議しても意味無いだろ。
当方は、それが言いたいんだがな。

291 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:37 ID:xzqfC8/R
>>290
意味無いわけじゃないぞ。著作権では流通させろとは決まっていない。
ついでに有料にしろとかコピー不可にしろとも決まっていない。
それに流通しなくても著作権は発生する。
もし流通しないものに著作権が発生しないとしたら、
個人のものとして作ったものを勝手に流通させられる。

流通(ビジネス)と著作権は切り離して考えるべきだ。

292 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:41 ID:nLBPRP7p
流通方法によって変わってくるのは著作権の管理方法だな。

293 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:43 ID:W1x4iGzd
>個人のものとして作ったものを勝手に流通させられる。

おい、流通した時点で「流通」の話に入ってきているぞ。(笑い)

まぁ、法律家同士の話なら話を厳密にするために「流通(ビジネス)と著作権は切り離して考えるべきだ」ってのはありだろう。
確かに、金銭の授受が発生しない著作権もあるよ。
だがなぁ、当方はそんな話をしているわけじゃないんだよ。
たとえば、「DRMもっと緩くしてよ。」とかね、そんな話。

294 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:44 ID:60Oiqkx6
今の著作権を語ってる人が多いな。
法学部の学生さん?

295 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:47 ID:W1x4iGzd
>>292
おー、それだ「変わってくるのは著作権の管理方法」
著作権と著作権管理方法は切り離して考えるべきだというなら、
確かに、スレ違いかも知れんな。



296 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:49 ID:nLBPRP7p
著作権法とビジネスは一緒に考えてはいけない。
だが著作権とビジネスは一緒に考えてなければいけない。






↑いいこと言った

297 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:49 ID:W1x4iGzd
でも、実効の無い(管理方法の無い)著作権法ってのはどうよ。

298 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:51 ID:W1x4iGzd
× でも、実効の無い(管理方法の無い)著作権法ってのはどうよ。

○ でも、実効の無い(管理方法の無い)著作権の議論ってのはどうよ。


299 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:53 ID:XAL4SzHW
著作権板の要望を「◆新板をねだるスレ@運用情報◆7」に提出してきました
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1081796016/623

どうか新板に賛成の意見を書き込んでください。


300 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:54 ID:W1x4iGzd
>>296
そだね。
結局Download板で話になっているのもビジネスが成り立たないようなnyの使い方が問題だからだろ。

301 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 18:57 ID:yvq/ismr
>>276
 今は常時接続が一般的で、キャッシュしない、繋げながらの閲覧は可能だけど…。

 それ以前のまだ草の根ネット等が一般的だったころは、電話代が大変なことになるか
らデータの取得即保存、通信切断後して閲覧が常識だった。
 と言うより、本来インターネットは接続先のデータ(リーソス)が見れればいいという前提
だったから、むしろキャッシュとか保存というのは後付けな機能だったりします。ほら、
リソースの在り処を示すリンク機能がWWWでは主体でそ。

302 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 19:12 ID:60Oiqkx6
そもそも著作権の概念がうまれたのは印刷術の普及のせいであるから
テクノロジーの発達によって著作権のありかたは変わらざるを得ない。
注:変わる方向としてWinny合法化などの特定のことを言うつもりは無い。

http://www.ladio.net/corrupt/corrupt_rights.html
ここにさまざまな権利が挙げられているが、これらはどれもが特定の産業や
特定の技術に対応している。
たとえば翻訳を生業とする人が出現したから翻訳権が定められ、放送という技術が
生まれたから公衆送信権が定められた。
インターネットの数々の特性に対応する権利は、旧来の権利を拡大解釈して
対処しているものが多いが、たとえば大資本のテレビ会社に適応した概念を
そのまま個人HPに適応することが果たして良いのか、考える必要がある。


303 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 19:16 ID:y7ptrfNb
違法だとしても組織に貢献するものあったらスルーされる


304 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 19:20 ID:5VDs6Y99
とりあえず民事でいっぱい訴えていけばいいのにな。

305 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 19:26 ID:iURHlk0m
>>303
JASRACは著作権者だからな。著作権者がいいと言えばOKだろう。

306 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 19:44 ID:yvq/ismr
>>305
 JASRACは取立てや配分等を行うことを信託された団体であって、著作権者ではなく。

307 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 20:19 ID:W1x4iGzd
>>286
でレンタルとDRM付ストリーミングは拮抗していると書いたが、これは、故意に使い勝手や条件を拮抗させていると思うのだが、どうよ。

308 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 20:21 ID:ZbD24zya
常識的に考えて商標をとって
著作権を得て販売してるものを盗んでおいて
開き直ってるおまえらは思考停止してると思うぞ
常識以前の問題、親がろくでもないやつなんだろうな

309 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 20:23 ID:XPppQk1c
藻前等法律板で書いたら鼻で笑われるレベルの議論してるな
真剣に議論したけりゃパソオタクの集まりの中じゃなく
法律畑の人間のいる場所で語ってこいよ

それじゃ金子と一緒だぞ
ドンキホーテとか言われるぞ


310 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 20:29 ID:iURHlk0m
>>306
こんなこと言い争うことではないけど、
信託契約というのは財産権としての著作権を預けるということだよ。
だからJASRACも著作権者になる。


311 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 20:31 ID:U4CqNBQG
同意。どんな理屈をつけようと著作権利保持者が許していないところで勝手に流通させるのは納得できない。
もしかして究極的には財産の公平分配なんて昔の共産主義みたいな思想で生きているのか?


312 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 20:35 ID:1NuQX6ka
>>302
> インターネットの数々の特性に対応する権利は、旧来の権利を拡大解釈して
> 対処しているものが多いが、たとえば大資本のテレビ会社に適応した概念を
> そのまま個人HPに適応することが果たして良いのか、考える必要がある。

大資本のテレビ会社と同じような事が個人サイトでも出来るようになっただけ
時代の進歩だよ

313 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 20:36 ID:1NuQX6ka
>>289
> バーチャルネット法律娘 真紀奈17歳 http://homepage3.nifty.com/machina/

世の中の全ての創作物は二次的著作物と言う考えには馴染めない

314 :[名無し]さん(bin+cue).rar :04/06/02 20:48 ID:hVZeRiYR
著作権のありかたは今まで通りでいいと思う。
問題は著作権保護を語る団体の在り方だな
全人類の共有財産の保護を名目に非営利団体として
活動しなければならないのだが、実態はピンハネ実行部隊
CDやDVDの横並び価格や日本のオンラインミュージックサイトが
少ないのもこの団体のくだらないシステムのせい。
闇金多すぎ、天下り多すぎ、利権の奪い合いでレコード会社も巻き込んでもうウダウダ
最後は消費者の事を何も考えずに勝手に規制を作る始末
本当にこの類いの団体は必要あるのか?

315 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 20:49 ID:SsxJT8df
>>312
>大資本のテレビ会社と同じような事が個人サイトでも出来るようになっただけ
>時代の進歩だよ

考えてみりゃそうだな。
つまり個人サイトの管理者だからって甘い考えは許されないって事だね。
JASRACに改革を求めるのならば当然自分たちも単なるか弱い情報消費者ではなく
発信者でもあるという自覚を持つべきじゃないかな。


316 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 20:56 ID:xzqfC8/R
>>314
そのくだらない団体がない
アニメやゲームやソフトウェアは
問題ないということでいいのかな?

317 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 21:04 ID:xzqfC8/R
> つまり個人サイトの管理者だからって甘い考えは許されないって事だね。
なにが甘い考えか良く分からないが、ようするに情報発信しているのだから
ちゃんと著作権管理をしろってことかな?

318 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 21:13 ID:0x//Sx1I
>>316
ACCS自体は利権団体じゃないからね。
JASRACは某右翼団体の徒弟組織。

319 :前スレ349-358:04/06/02 21:26 ID:z8ZrC6B5
そろそろ話す価値がないと感じるので俺はもう降りるが、最後に技術的なこと
をちょっと教えてくれないか。
なんだかんだ言って結局最後の決め手は技術だと思う。技術のありようで、
今後の著作権のあり方も変わると思う。
そこで俺が素人なりに考えたんだが、こんなの可能かね?

P2Pだろうがフリーネットだろうが多段串刺そうが、DLすれば必ず最後は契約した
ISPのサーバを通る。そこで通過をチェックできればいいんでねえの?
CDでもDVDでも写真でもCGでも著作権を主張したいなら、著作者の電子署名(?)
と商品番号を埋め込んでおく。
で、それがDLされたらISPが料金を徴収する。これならネットワークがどんな形であれ、
全く問題ない。アップロードも自由。ダウンロードされた分だけ著作者に金が入る。
著作権を主張しなくてよければ署名を入れなければ良い。
間違ってダウンロードしないように課金ファイルであることを示す印も必要だな。

どうよ?技術的にクリアできれば最高のシステムだろ?


320 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 21:30 ID:W1x4iGzd
>>319
DRMだろ。
それって。

321 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 21:39 ID:xzqfC8/R
>>319
こんなののことだろ?
http://shop.frontierworks.jp/digital/web_anime/index.html

322 :前スレ349-358:04/06/02 21:51 ID:z8ZrC6B5
>>320
ぐぐってみた。なんだかよく分からんが、ライセンスが必要とかコピー不可とか
なんとか書いてあるね。ちょっと違うみたい。
俺が考えたのは、コピーもアップも誰でも好きにできる。
まあどどどどどどど素人の俺には何とも言えんな・・・。w

>>321
なんかアニメのサイト出たぞ???


323 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 21:56 ID:XPppQk1c
>>319
それって要するに
ISPに通信内容の傍受の権利を
正式に与えるって事だよな

…全部の通信を管理出来るかっての


324 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 21:59 ID:W1x4iGzd
>>321


325 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 22:01 ID:4qS7YPr2
電子署名って単に「なりすまし」防止策だと思ったが

326 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 22:52 ID:i4lEfjOa
あれ?

327 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 22:53 ID:NgcN2+SG
書き込めない

328 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 22:55 ID:ptDLiGus
?

329 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 22:57 ID:7kMB3b8y
test

330 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 22:57 ID:S8aYy1xq
今は俺の独占上か

331 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 22:59 ID:S8aYy1xq
はっはっは〜
どうしたどうした乞食どもよー

332 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 23:02 ID:S8aYy1xq
さぁ俺様パーティの御開幕ーー(゚∀゚)

333 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 23:07 ID:iURHlk0m
(=゚ω゚)ノぃょぅ

334 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/02 23:21 ID:4qS7YPr2
著作権フリーのモザイク激薄AVを作り、流す

募金を集める

集めたお金で新作を作る、流す

募金を集める


これで生活できるじゃん!!!

335 :前スレ349-358:04/06/02 23:29 ID:z8ZrC6B5
あ、復活した。

>>323
そうなんだよな。課金ファイルの印だけに反応するようにできないかな?
ウイルススキャンするようなもんでしょ。

まああれだ。DRMてのは知らなかったが、俺が考えなくてもちゃんと技術者は
考えてるわけで・・・。将来は課金ファイルと普通のファイルに分かれるのかな。
ま、なるようになるでしょ。w

336 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 00:47 ID:0YpGrpPs
>>334
お前の粗チンじゃ無理

337 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 01:51 ID:+3dNrWMb
>>335
> そうなんだよな。課金ファイルの印だけに反応するようにできないかな?
> ウイルススキャンするようなもんでしょ。

全てのファイルをスキャンしないと、印は探せないよ

338 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 06:35 ID:JKsqR6Ay
つーか、コストを下げることができるかもしれない技術が出来ただけで
著作権法がかわるわけ無いじゃん。

339 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 07:42 ID:8vdrvz/K
そのコストを下げるためには今の著作権法では障害ありまくりなわけなんですが・・・・
そしてそもそも現行著作権法では権利の正当化根拠にくらべて過剰に保護しすぎ

この点の議論がすすめばいかようにも変わる

340 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 08:00 ID:8vdrvz/K
>>314
ピンハネ実行部隊が活動できるのは現行著作権法のせいだぞ
法律規定に許諾料についてなんにもかかれてないから
適切な許諾料をめぐって裁判をおこすことすらできない
これは現行著作権法が著作物のコントロール権として
定めているから

俺は価値を付加する行為として著作物に対する報酬請求権
としての著作権あると考え、それを認めるが、それ以上の権利を与える必要はない
、つまりコントロールとしての権利はないと考えている
それは著作とは過去の文化に対して自身を付加させる
という行為の評価からだ

341 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 08:04 ID:KjUOZUQg
>>340
原因が法にあるという意見はあまりにも短絡的すぎだ。

342 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 08:15 ID:8vdrvz/K
>>341
JASRACの行為が法に基づいて行っていないとでもいうのかい?
JASRACの行為は法に認められた範囲でおこなっているにすぎないんだぞ
実用的な運用面において請求しないこともかんがえられるが
それは単なるJASRACのお目こぼしか、JASRAC側からみての
判断にしかすぎない

法による確証がみこめないことがどれほどの不安定さをもたらすかは
輸入権の騒動一つとってみてもあきらかだろう

343 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 08:21 ID:KjUOZUQg
>>342
デメリットの部分しか見ないで、「法を変えればよいよ」っていうのが短絡的というわけ。
お前の言っていることは輸入権を導入したレコ協やJASRACと同じなんだよ。

344 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 08:46 ID:yqOm0F0A
京都腐警はwinnyが著作権法違反幇助でバトルロワイヤルが殺人幇助じゃない理由を言ってみろ
京都腐警はwinnyが著作権法違反幇助でバトルロワイヤルが殺人幇助じゃない理由を言ってみろ
京都腐警はwinnyが著作権法違反幇助でバトルロワイヤルが殺人幇助じゃない理由を言ってみろ
京都腐警はwinnyが著作権法違反幇助でバトルロワイヤルが殺人幇助じゃない理由を言ってみろ
京都腐警はwinnyが著作権法違反幇助でバトルロワイヤルが殺人幇助じゃない理由を言ってみろ
京都腐警はwinnyが著作権法違反幇助でバトルロワイヤルが殺人幇助じゃない理由を言ってみろ

345 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 09:04 ID:KzZ4BQNn
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/12/chosaku/gijiroku/001/001012.htm

少しは進展してるみたいだが。

346 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 09:13 ID:KzZ4BQNn
貸借対照表表上および利益確定表上 著作権は如何に換価しうるのか
問題がある、作者より僅少に購入し明確に莫大に評価してるのか?
きわめてオ粗末なものせはないのか?  ーーー疑問にかんじる。

347 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 09:37 ID:1aB83Df/
>>345
なんのことだかサッパリ・・・・
出席者がこんなやりとりしたなんて、信じられないな

ワケのワカラン奴らが密室で取り決める構図

348 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 09:43 ID:E21oRrl4
>>346
著作権は自然発生的なものだから
資産計上すべきもんではないだろう。

349 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 09:56 ID:KxkUbAqR
相変わらずJASRACを叩いて、それを隠れ蓑にしながらコピーを手に入れようとしてる連中は
JASRACに対抗しうる組織を立ち上げるという真っ当で誰にも文句が言えない方法は無視するよな。

350 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 10:19 ID:spk0MO+P
【設立】著作権管理団体【2ch】
http://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/download/1085064837/l50


351 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 10:27 ID:pMiSVAVH
しばらく見ないうちに糞スレだか役に立つスレだかわからんスレになったな



352 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 10:34 ID:paZsyMQO
  ∩___∩
   | ノ_   _ ヽ
  /  ▼   ▼ | クマ──!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)





353 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 10:36 ID:gHp7umj7
音楽CDが書籍と比べて、高くて値段がだいたい一律ってのはなんでなの?

354 :342:04/06/03 10:46 ID:YQ9q1Ixm
>>343
では現状のままでどのようなメリットが発生しているというのだ?

355 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 10:48 ID:GlS7hqnF
蓮池さん兄失踪、金銭関係でのトラブルか

拉致被害者の蓮池薫さん(45)の兄透さん(48)が、今日未明より行方が
分からなくなっていることが、家族会の会見により明らかになった。

家族会はこの件に関し、「現時点で言えることは、書き置きが見つかった
ということ。この件に我々を含め家族にも近しい人間にも事前の知らせが
なかったこと。服装・財布・鞄等がなくなっていることだけだ。」と述べた。
また、書き置きの内容に関しては「現時点で一切公表することは
できない。事件に巻き込まれた線も含め、警察に一任する」とした。

蓮池さんをよく知る人物に取材したところ、「前日、寄付金の使途不明に
つき、家族会内部で内紛があったようだ。いくつか悪い噂は聞いているが、
彼はそんなことをする人物ではない。前日の件につけ込んで事件に
巻き込まれた可能性が大きいのではないか。」としている。

家族会への寄附金については、一部マスコミが蓮池さん兄のギャンブル
での使い込みを報じていた。(読売新聞)
[6月3日10時41分更新]

http://choco.lv3.net/test/read.cgi/news23/1086074744/


356 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 10:56 ID:gu+bZnc6
>>338
そもそも著作権という概念は印刷術の普及で書籍複製コストが下がったために
書籍というモノではなく記述内容を独占する権利と作ろうとして生まれたんだが。

357 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 11:20 ID:E21oRrl4
>>354
著作権者にとっては安定的な利益を確保が出来る。
それにより制作活動もやりやすくなり、文化の発展に寄与出来る。
まあそれを悪用してるのがJASRACだろ。

法律を変えるってことはさ、相応の代償を払わなきゃいけないんだよ。
なんでJASRACを潰すためだけにそんなことしなきゃダメなんだ?
それより先にやることがあるだろうと。輸入権と全く同じ。

結局音楽業界も>>342のような消費者も自分勝手で
俺からみたらどっちも同じレベルだ。

358 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 11:23 ID:4T6y+5oj
現在の著作権法に疑問はあるし、有名無実化してるのも分かるけど
いきなり改定しろ(=Winnyでの著作権侵害を合法にしろ)と言うのは非現実的過ぎる
P2Pを活用したビジネスモデルを考える方が建設的な議論になるんでは?
著作権者の収入も今まで通り確保、そして消費者は
今より安く合法的に商品を手に入れられる可能性があるんだから。

359 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 11:34 ID:vh2Y9suW
>>358
漏れはこの板で数週間議論を見てみて
P2Pを活用した著作権料の徴収システムは「無い」と結論付けた
P2Pが行きつくところはアンチビジネスモデルあるいは超ビジネスモデル
だと思う。



360 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 12:07 ID:KxkUbAqR
そもそも今の技術で著作権者と消費者を直結、
もしくはそれに限りなく近くすることは幾らでも可能なわけで
著作権者が直接消費者から金をもらってコンテンツを販売するタイプの商品に
今更P2Pを持ち出す意味が無い。
これからPxP技術が支えるとすれば今テレビでやっているような
民法テレビ放送みたいな受けてが直接金を払うことが無いビジネスモデルだけだろ。
しかもそれをするために今商品として流通してるものを流す必要は無い
というかそんなことをすれば新しい道が閉ざされるだけ

361 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 12:45 ID:YQ9q1Ixm
>>357
それはわかるが私が言っていることはそもそも論からして
もう間違っているということだ
そして結果として法が現在の行為にお墨付きを与えている
以上どうしろと?
JASRACに要望の手紙でも出すとかか?
それとも組織変更の要望か?
それすらまったく強制力もなんにもないんだぞ
今の著作権法に利用者としての交渉がない以上
権利者はどうとでもいえるんだ
>>358
改正しろという論議とWinny合法化の論議を
一緒にすることは飛躍、もしくは無茶がありすぎる

362 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 13:15 ID:JvMa3+dE
金子氏もダウン専用Winnyを使ってたらしいが
著作権法違反の正犯としては起訴されてない
…ってことは「ダウソは合法」と言う言葉は本当だったって事だな

クラックバージョン入れてDOMに徹してる奴は
逮捕されないってこった


363 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 13:48 ID:krD/QNSS
>>359
P2Pってのは、コンテンツの配布方法だろ。
DRMやNTTの「わざアリ」なんか結構現行の技術で
出来てたり、出来そうだと思うぞ。

要は勝手に流通されても、著作者に金が行く方法があれば
OKじゃないのか。

まぁ、それと同時に現状のコンテンツの流通のしくみは不透明で
わけわかめな所に金がかかっていたりして、新しい流通方法を使っても
結局その辺りの図式が変わらないとどうにもならんな。ってのは有るのだがな。

まぁ、当方の意見は
「技術的にはP2Pで流通ってのは有る。
でも、運用する時のやり方で今の悪い所をそのまま引きずるのはやめてくれ。」
ということだ。


364 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 14:16 ID:OfpFVqZt
>>362
キャッシュも駄目って悪祖が言ってたが。


365 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 14:16 ID:KxkUbAqR
著作権法にJASRAC以外の管理団体は認めないとかかれているかのような
考え方が多く見受けられるんだけど、そこらへん勘違いしてるんじゃないか

366 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 14:22 ID:TZCStXsC
>>362
ツール作成者の起訴ってのがメインだから邪魔なのは無視した可能性もある

367 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 14:24 ID:jwVqS9Id
>>312
>>315
大規模事業所を想定した法律を個人に適用することになれば
本来想定したものとは変わってくる。

自動車用エアバッグの採用に合わせて火薬取締法が改正された例もあるように、
従来想定していなかった状況が生じれば法も変わらざるを得ない。。

368 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 14:25 ID:KxkUbAqR
変わらざる得ないが、コピー容認なのか?

369 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 14:25 ID:jZWkZVZR
>>343
意味がわからないんだが

370 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 14:40 ID:paZsyMQO
>>369
悔しいなら悔しいって叫んどけ


371 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 14:58 ID:jZWkZVZR
作家 佐々木敏氏が、CD輸入権反対運動に対し「中途採用捜査官」名で寄せたコメントは
このスレの人の「共感」を得るんじゃないだろうか
http://blog.melma.com/00089025/20040603112022

こういうページも作ってる
http://www.akashic-record.com/admin/legal.html

372 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 15:02 ID:JKsqR6Ay
コストを下げるために今の著作権法では障害はないからね。
フリーにしようと思えばフリーにだってできる。
ようするに変えるべき理由はなにももないと。

373 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 15:27 ID:reMKTREI
ttp://www.uploda.net/
ここの1号の5551にて

47氏んぼ発見(`・ω・´)シャキーン━━━!!

374 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 15:30 ID:cuvIkLha
>>361
>今の著作権法に利用者としての交渉がない以上
あー、これだね。まさしくこの問題の一番根っこはここだと思う。

利用者からの交渉手段が全くないんだよね。
ただひとつあるとすれば、それは「不買」しかない。
CDが売れなくなったというのも(実際はそうでもないんだっけ?)、
それは言うなれば、暗黙の不買運動なんだよな。

これは、ふつうの不買運動とは違う。不買運動は、本当は欲しいからこそ
抗議行動として行うわけだけど、暗黙の不買運動は利用者自ら降りてくと言うか、
あきらめてくというか、興味を失っていくことなわけで、業界としては、より
危機的状況にあると思う。

P2Pだって、利用者側からの1つの意思表示ともとれるわけで、ちゃんと満足のいく
サービスが行われていれば、誰もこんな危ない橋渡らねーっつーの(いやわかんないけどw)。
それをコピーが悪いだの、輸入権がどうしただの、自分の利益を妨げる利用者の行動を全て
不正行為に押し込めていく限り、暗黙の不買運動はますます加速していくだろうな。


そういや前に、国内線の飛行機会社でメチャクチャ安い値段設定のとこができて、
それによって大手も大幅の値下げをおこなったことがあったけど、そんなふうに
同じ業界内から価格破壊おこすようなやつがでてこないとダメなんだろうなー。


375 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 15:32 ID:UjhKDFyA
今後の著作権

著作物を私的利用を超えて複製したり放送する行為は罰せられます、
著作物を私的利用を超えて貸し借りすることも処罰の対象となるの
で注意してください。

尚、違法複製物と知らずに行った過失による複製や、コンピュータプロ
グラムが管理するキャッシュは違反にはなりません、前記の私的利用法
違反者を特定できない著作物の販売は認められていません、これにより
2次被害以降についての被害額を著作者が申し出ることはできません。

著作者自身が有償著作物を主張して広く公開することは違反となります、
放送など不特定多数に向かって有償著作物内容を公開することは、その
流出データは複製許諾とみなされます、録音され放流されることを前提
に今後の宣伝活動は著作権者及び協会の責任にて行ってください。

376 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 15:42 ID:E21oRrl4
つーか消費者に被害のある法改正は×で
著作権者に被害のある法改正は○というのは
あまりにも自分勝手すぎるんじゃないだろうか。

消費者は弱い立場ってのも間違いだ。
不買というもっとも強い抗議が出来るんだからな。

377 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 15:43 ID:KxkUbAqR
>>374
不買なのにデータをコピーして現物は手に入れるという矛盾
手に入れちゃった時点で不買ではなく窃盗だろw
これを屁理屈とは言わずに堂々といっちゃう所がお前等の凄いところだよ

後段ではジャスラック様生き残ってくださいみたいな事もいってるし屁理屈ばっかり

378 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 16:04 ID:cuvIkLha
>>376
強い抗議、かー…
ま、なんつーか業界VS消費者のガマン比べって感じだな…
それでなにか好転すればいいけど。

>>377
ん、不買運動のところと、コピーのところは分けて読んでチョ。
あくまで「意思表示」ってことが言いたかっただけ。別にコピーすることを
正当化するつもりはないよ。そう読めたらスマソ。

あと、利用者にとって(あと、著作者にとっても)プラスであれば、JASRACが
生き残ってもモウマンタイじゃないの。


379 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 16:11 ID:KxkUbAqR
ガマン比べって大丈夫か?
その値段で欲しいと思ってるなら買う
いらないと思ったら買わない、これはどんな商品でもやってることですが
なんでCDやコンテンツ関連のものはやっちゃいけないの?

生き残ってもいいなら現状で問題無いという事だろ
コピー擁護できてませんが

380 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 16:17 ID:UjhKDFyA
■ 平等が一番 今後の著作権 Ver0.2 ■ 

まず、これまでの著作権法は有償著作権法と無償著作権法に分けられま
した。

有償著作物を私的利用を超えて複製したり放送する行為は罰せられます、
有償著作物を私的利用を超えて貸し借りすることも処罰の対象となるので
注意しましょう。

尚、違法複製物とは知らずに行う過失による複製や、コンピュータプログラ
ムが管理するキャッシュデータは違反にはなりません、前記の私的利用法
違反者を特定できない有償著作物の販売は認められていません、これによ
り2次被害以降についての根拠の無い被害額を著作者が申し出ることはで
きなくなりました、これからは有償著作物の購入者を追跡管理し、そこでの
被害額を正確に割り出すことが義務付けられます。

著作権利保有者自身でも有償著作物を広く公開すると例外なく違反行為と
なります、放送など不特定多数に向かって有償著作物内容を公開すること
は国民生活に混乱を引き起こすことになるため完全に認められなくなりまし
た、過失により流失させた場合は無償著作権法に従うことで罰則は免除さ
れます。(故意の場合は商法違反として厳罰となります)

今後の宣伝活動は著作権者及び協会の責任において、無償著作権法に
定める「広告の為の有償著作物の公開」を参照ください。

381 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 16:31 ID:Am/Llc4D
>>371
なかなか面白い

ネット環境にあるのなら、nyしているしていないにかかわらず
「nyができるか、できないのか」と聞かれたら、「できる」と答えるしかない

反対運動するなら、ネット環境から離れて
「自分は音楽を手に入れる為には、買うしかない。だから反対!」
と言うしかないということだね

消費者側のモラルを見せないといけないということか

382 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 16:35 ID:4WGfSsCe
泥棒がものすごく簡単になったから財産権のあり方を変えるべきだ
ってことが言いたいのか

結局Winnyで出回ってたほとんどのソフトが違法ファイルで利用者も
違法ファイルを手に入れることが目的なんだから、
金子を捕まえるべきかはともかくwinnyはきえるべきだろ

勘違いも甚だしいな

383 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 16:52 ID:E21oRrl4
>>382
まあそうなんだけど、
時代によって著作権のあり方も変わるから
必然的に著作権法も変えていかざるを得ないだろう。

でも消費者が自分の都合に合わせて法律変えろなんていうのは
本末転倒もいいとこ。著作権者のための法律なんだからな。

384 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 16:59 ID:UH+21ize
違法かどうかだけで論議するからおかしいんですよ。
「悪法も法」ではなく、本来国民の手で悪法はつぶしていくべきもの。

>>383
国民の一員として、消費者がわの立場で思うままの意見をいったり、
また実際に法律改正に向けて動くことは正当行為。

385 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 16:59 ID:JKsqR6Ay
昔は著作権なんてのはなかった時代の流れはいろんなものに
著作権を認めるように進んでいるからね。
時代を逆行するような方向には変わらないでしょう。

昔は今よりもコピーが難しかった。コピーにコストがかかった。
その時代でさえコピーされると損をするってことで
コピーに対して制限が加えられたんだから、
コピーが簡単になった時代、コピーの制限が
強くなるか弱くなるかちょっと考えれば分かること。

386 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 17:01 ID:JKsqR6Ay
>>384
その行動が、違法コピーなどという犯罪行為だと、
犯罪行為だってことで逆効果にしか
ならないってことを理解した方が良いよね。

まあフリーで配布することもできる著作権が悪法だとは思えないけど。

387 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 17:04 ID:E21oRrl4
>>384
>国民の一員として、消費者がわの立場で思うままの意見をいったり、
>また実際に法律改正に向けて動くことは正当行為。

そういうことじゃなくて、心構えな。
そもそもそこらへんわかってない香具師多すぎ。
消費者と著作権者の両方納得できる形での道を模索していくべきなのに
消費者も業界も自分の都合ばかりで議論してるところが問題なんだよ。


388 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 17:08 ID:JKsqR6Ay
> 消費者と著作権者の両方納得できる形での道を模索していくべきなのに
そのとおり。

注意すべきなのは著作権法じゃなくて著作権者ね。
著作権法を変えるまでも無く、消費者が望むことはすべて実現可能だから。
コピーし放題だって著作権法を変えるまでも無く実現可能。
もっとも、どこまで許すかは、消費者と著作権者で考えるべきこと。
違法行為をしないで合法な手段でね。

389 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 17:11 ID:4WGfSsCe
つーか、結局違法ファイルの共有以外でWinnyにニーズなんか無かった分けで
そのWinnyを認めろ、って話はイコール著作者の権利を無視することを認めろ、
って事だろ

>>386の言うとおり、著作者が自由な配布を認めることが出来る以上、今の著作権を
悪法とみなす理由は無いだろ

390 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 17:14 ID:krD/QNSS
>>387
禿同

いつ警告がくるか知れんようなヤバイ方法使ってコンテンツ見るより
納得の行く金額なら払って楽しんだほうが良いってヤツも多いと思うぞ。

391 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 17:26 ID:KxkUbAqR
消費者が納得するためには
まず不正を働くものには相応の処罰があるとしないと何処まで行っても納得できないでしょ

392 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 17:29 ID:UH+21ize
いっぺんCDにパッケージ化して売ったり、TV放送などやれば、
それをデータ化されて友人間で多少やりとりされるのは「当たり前」で
あることを、考慮に入れるべき。

高額で多くを買えないから貸し借りするCD、ソフトウェア、書籍。
見逃したり放送地域の関係で手に入らないから借りるTV番組。
消費者としてごく普通に行われることであり、とがめられるべき理由を
そこに見出せない。

貸し借り、中古販売、レンタルはよくてコピーのみだめというのは、
単に法律上で分けられているに過ぎず、本質的にどこまで違うかは
疑問である。その矛盾を解決せず、違法だからという理由のみで
恫喝的に取り締まりの姿勢を見せるのは経済的庶民に対する弾圧で
ある。

著作権者がとるべき正当な対策手段は、法に訴えるよりも先に(せめて
同時)「完全なコピーガード(一般消費者が納得できる形ができれば
なおよい)を模索する」「手軽にDL購入できる魅力的な音楽コンテンツ
の提供」「TV番組を放送後に売れるシステムの法整備」などである。

P2Pは「手軽さレベル」の違いでしかない(もちろんそれを無視する
つもりもないが)

393 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 17:37 ID:JKsqR6Ay
>>392
当たり前と考えるのは単に頭が固いだけ。
ごく普通に行われるから問題ないと考えるのもおかしい。

本来、友人間での貸し借りもだめ。
だが、それじゃあまりにもひどすぎる。
だからごく小さい範囲。大きな被害にならない程度なら見逃そう。
それだけの話。

本質的には、被害の大きさ。範囲の問題であり、
手軽さが一番重要な部分。

394 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 17:43 ID:krD/QNSS
>>392
前半部分は事実誤認(友人間の貸し借り以上の状態になっているから問題になってんだろ。)
があると思うが、後半の

>著作権者がとるべき正当な対策手段は、法に訴えるよりも先に(せめて
同時)「完全なコピーガード(一般消費者が納得できる形ができれば
なおよい)を模索する」「手軽にDL購入できる魅力的な音楽コンテンツ
の提供」「TV番組を放送後に売れるシステムの法整備」などである。

の辺りは同感だ。


395 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 17:45 ID:UH+21ize
>>393
実は貴殿の意見に賛成でありWinnyは話が別だと思う。

現実に「ある」ものに対応した策というのも考えてほしいなあと思う。
音楽CDに限定して言えば、CCCDにしてうまくいかなかったのだから、
次は「状況が変わったのでレンタル料金を上げてください」と提議した
ほうが建設的であるはず。

リッピングソフトで吸われる現状があるのだから、シングルだったら
楽曲パックで500円でいいので、「WAVファイル」で販売しろと。
(曲の真ん中にひそかに認証IDを刷り込み、エンコードで放流しても
バレるしくみは技術的にできないだろうか?)
レンタルは250円にしろと。

北風と太陽ではないが、やれることをやってほしいし、譲歩する精神を
みせてほしい。

396 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 17:46 ID:E21oRrl4
>>391
そうだね。
けど消費者の不正もちゃんと処罰しないと、
結局いつまでたっても著作権の不正スパイラルは抜け出せないと思われ。

397 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 17:50 ID:JKsqR6Ay
>>394
それはやっていると思うけどな。
ちょっと前まではネットワークで音楽配信なんてのは無かったが、
今ではネットワークでの音楽配信はできてる。
DRMなんてのでコピーガード機能も作り出されている。

まだ満足できないかもしれないが、大きな進歩だよ。
まさか、完璧で双方が満足できるシステムが
できるまでネットワーク配信をやるなとは言わないよね?
技術的課題はまだまだのこっている。

あと
>「TV番組を放送後に売れるシステムの法整備」
法律でやる問題じゃないと思うが。

398 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 17:52 ID:KxkUbAqR
>>395
はっきりいってコピーする事にたいするリスクがもっと大きくなければ
0円になるまでやり続けるだろ。
値下げすれば買うようになるというのは単なる幻想だよ
値下げだけで買うようになる人は鼻からコピーしない。

究極のコピーガードはやはり民事訴訟だろうな
コピーした人間ダウンロードして不正に使用している人間に対しての
措置がそれなりに取られるようになればいい。

その上で高すぎるから買わないという人間が多ければ
かってに値下げするだろ

399 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 17:56 ID:krD/QNSS
>>397
そう、有るのは知っている。
でもな例えばだ、DRMの入ったネットワーク配信もレンタルビデオを超えない範囲内でサービスが行われているだろ。
その辺りだよ、問題は。

技術的な課題はもちろん有るだろうが、それ以前に「流通業界の戦略的な発想で出来るサービスをやっていない。」ってことよ。


400 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 17:56 ID:JKsqR6Ay
>>398
> 究極のコピーガードはやはり民事訴訟だろうな
だろうね。

犯罪を抑制する方法は技術的な方法と法律的な方法の二つがあるが、
技術的方法で完璧に防げる犯罪は一つも無い。(ある程度は可能)
コピーガードやプロテクトだけに限った話じゃない。
殺人だって銀行強盗だって技術的方法じゃ限界がある。

401 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 17:58 ID:R9RhcKo2
すべてをCDからテープにすればコピーは大幅に減ると思う。

402 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 17:59 ID:JKsqR6Ay
>>399
好きなときに見れる。レンタル中が無い。家にいるだけで見れる。
十分ネットワークを活用したレンタルビデオを超えるサービスだと思うが?

403 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 18:00 ID:JKsqR6Ay
>>401 そうすると消費者の反発にあうよ。

404 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 18:04 ID:krD/QNSS
>>402
あー当方もそりゃ思ったがな。
でもな、ネットワーク回線は要る、コンピュータは要る、ダウンロードしたPCじゃないと見れない、タイトルが少ない。300円で3日間聴視可能。
やっぱりレンタルを意識しているとしか思えなかったんだよ。

405 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 18:12 ID:JKsqR6Ay
>>404
おいおい。ネットワーク回線が無い状態でもやれと言うのか?
タイトルが少ないのは店の問題だとして、
300円で3日間が200円で一ヶ月間ならレンタルじゃないのか?

安い金額で、期間限定。
中ぐらいの金額で、サービスに加入しているとき限定。
高い金額で、半永久的。

どちらにしろ、この三種類しかないと思うぞ。

406 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 18:26 ID:krD/QNSS
>>405
レンタル業界から反発が出ないように意図的にサービスの質を落としているとしか思えないと言っているのだがな。
通じないか?

407 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 18:57 ID:KxkUbAqR
儲かるという核心があれば誰かがやるよ、それが資本主義ってもんだ

408 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 19:05 ID:JMUXhaOl
アダム・スミスふうの解釈だと、コンテンツの内容だけでなく
消費者の利便性を図るという方法で商品の価値を上げても
市場で優位となる。
しかし現状では一定以上の販売力のあるところはすべて横並びの
カルテル的状態。

409 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 19:08 ID:krD/QNSS
当方は、コンテンツ業界は談合をやっているとしか思えんぞ。

410 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 20:07 ID:JKsqR6Ay
単につりあいが取れたところで価格が安定しただけ。
談合ではない。

411 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 20:09 ID:3LehfBQs
>>410
つりあい? 価格競争も無いのに?

412 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 20:25 ID:KxkUbAqR
まったく同じモノを売ってるわけではない上に
生活必需品で無い以上談合が成り立たない。

413 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 20:30 ID:JKsqR6Ay
>>411
需要と供給のつりあいのことだよ?
需要と供給がつりあうところで価格が決定する。
神の見えざる手。アダムスミスの言葉だ。

414 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 20:38 ID:ebJLH6nW
>>413
CDを作りすぎて価格を下げたなどという話は聞かないが

415 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 20:40 ID:NfQQbm0V
>>414
同じものを作っているわけではないからな。
そもそも日本のCDが3000円なんてのはメジャーがやってるだけだし。
いやならインディー買え。2000円のアルバムなんてザラにあるぞ。

416 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:04 ID:8vdrvz/K
>>410
再販制度あるのにつりあいとはいえんよ
需要側の価格決定能力が無さ過ぎる
あと嗜好品でも外形上価格が硬直化している例はある
ビールとかが代表例
ビールに再販制度があったら比較としておもしろいかもしれんかったがな
>>413
需要と供給のほかに財の希少性も勘案にいれとけ
著作権法は財の希少性を法政策的にうみだす技術だ
この決定権はこれが善か悪かの議論はおいとくとして
著作権者がもっている

つまり著作物の価格は2重の作為的価格のたまものである

417 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:11 ID:NfQQbm0V
再販制度なくしても、CD屋の品揃えが格段に悪くなるだけっぽい。
元々小売としては利益少なすぎのCDでは下げるにも限界があるし。

418 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:14 ID:8vdrvz/K

あと希少性の部分で合理的な人間ならそれでも儲けを最大
する点をえらぶはずだというレスはかんべんな

儲かる点の算出に対して、希少性に対するコントロール
が絶対的に著作権者にあること(代替性がない
たとえば工業製品なら高コストの材料をつかわないために
低コストの材料を探すことは可能。だがそれはできない)
全員に合理的な考えを持つことは期待できない
ことを勘案する必要がある

それがいいわるい、そうすることに正当性がある、ない
市場性をできるだけ導入すべき、すべきでないは別の話

419 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:17 ID:0G0TCb+a
>>397
> >「TV番組を放送後に売れるシステムの法整備」
> 法律でやる問題じゃないと思うが。

契約の問題だよね

テレビ局は売れるものなら売りたいに決まってるんだろうけど
著作隣接権をクリアーするのが難しいんだよね
テレビ局に責任があるんだが

420 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:18 ID:0G0TCb+a
>>395
> 音楽CDに限定して言えば、CCCDにしてうまくいかなかったのだから、
> 次は「状況が変わったのでレンタル料金を上げてください」と提議した

レンタルCDでコピーしない奴に不公平だな

421 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:20 ID:8vdrvz/K
>>417
再販制度がなくても商売として成り立つのは
再販制度が無い国が存在している以上あきらか
そしてそれらの国で品揃えが悪くなったと言う話もない
競争が生じた結果CD屋としてなりたつことがなくなる可能性はある
(というか現にアメリカのタワーレコードは倒産)
しかし、従来にはない販路の拡充から結果として消費者の選択
は狭められていない

ま、再販制度はネット配信等により形骸化するほうが先っぽいが

422 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:25 ID:NfQQbm0V
>>421
>品揃えが悪くなったと言う話もない
品揃えが悪い店は潰れるからそういうことになるのか。
というかCD屋は潰れた方がいいのか?
俺は好きだから潰れて欲しくないんだが。

423 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:27 ID:8vdrvz/K
>>421
自己レス

形骸化という表現はあんま正しくないな
流通と小売の一体化により事実上の再販制度が常態化するといったほうが適切かも
しれん

424 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:30 ID:0G0TCb+a
>>422
品揃えの悪い店は、良い店よりは潰れる可能性が高いとは言えるだろうね
他の点でカバー出来るかも知れないが

425 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:34 ID:8vdrvz/K
>>422
消費者のニーズに答えられないような小売は潰れたほうがいい

品揃えを良くすることで期待にこたえるのか
価格を安くすることで期待にこたえるのか
特典をつけるといった付加価値により期待にこたえるのは
小売の自由

その小売の競争が再販制度のもとでは完全に機能してないことは
書店でのPOSの導入が最近のことというのが如実にあらわしている

426 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:37 ID:8vdrvz/K
まぁ再販制度の問題は小売の問題として捉えるより
業界全体の問題として捉えたほうが適切な捉え方ができるだろう

公称何万部とかやってるのは出版業界くらいなもんだからな

427 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:41 ID:NfQQbm0V
>>426
再販撤廃は小売が被害食らうだけだからさ。
まあ著作権のあり方とは関係のない話か。

つーか、時限再販期間を1ヶ月にしても再販つづけると思うよ。音楽業界。
仕組み作り直す体力ないから。


428 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:42 ID:0G0TCb+a
再販制度はいずれ撤廃されるんだろうな。遠くないうちに。
で、それを見越して出来たのが輸入権なのではないかと推測。

429 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:43 ID:NfQQbm0V
>>428
俺と意見違うなw

430 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:52 ID:8vdrvz/K
あと著作権制度にある一点で言及すればそろそろ公示制度を設けるべきだろう
音源のマスター所持者がわからんとかそういったことを解決するためにもね
ある業界に複数の管理団体があって、かつ著作権の信託業務が他業者にも
解禁になったりして誰が権利者なのか複雑になりすぎた
あと著作隣接権がこれに拍車をかける
また二次利用の促進にもなる

たしかにこれまで著作物には作ったというだけで権利が発生するといった
ことに合理性あがった(書類が膨大で煩雑になる)
しかし情報技術の発達で検索が容易になりこの前提はくずれた
そして著作権法が法律上は物権的排他的独占権類似のものとして規定されており、
保護要件として登記を要求しても法構成上、問題はない
あと登記するかしないかで保護される権利に差異を設けるといった
法政策も具体的になる

この制度の維持には著作権という特別の保護を望む者たちの登記
費用で維持することが望ましい(無用の登記を避けるため:特許類似の制度)

431 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:53 ID:/b66SU8V
今の著作権がいつ施行されたのかは知らないが
保護の期間が死後50年又は公表後50年というのは
いかにも長い。
50年つったら何回OSのバージョン変わるんだ?
50年前どころか10年前のアプリだって存在価値無い。
ソフトウェアを現行の著作権で裁くのはナンセンスじゃないか。

432 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:53 ID:0G0TCb+a
>>430
要するにJASRACの事だな

433 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:55 ID:0G0TCb+a
>>431
ソフトウェアはそもそも著作権で裁くべきではないのだが
著作権の本質とはずれたものを著作権で保護しているから、かなり違和感がある

アメリカのごり押しなんだけど

434 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 21:56 ID:8vdrvz/K
>>432
登記先と管理団体は別物で全く違う


435 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:00 ID:0G0TCb+a
>>434
登記先が自然と管理団体みたいな役割を果たすと思うんだけど

436 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:00 ID:8vdrvz/K
>>431
著作物の保護期間が死後50年まで保護してるのは
著作権の本質からいって全く説明がつかない
本人が生み出したものの性質から本人の生存期間以上の保護を
あたえる正当性、必然性は全く無い
この規定は著作権が本人保護というより出版社、業界保護であること
を如実に示してる(出版後すぐ本人が死んだら費用が回収できない)
それを勘案しても50年はながすぎ

437 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:01 ID:/b66SU8V
ていうか空気読めてなかった。

音楽もアレだ、保護の期間は10年くらいが妥当じゃないか?
演歌歌手だけ50年でいいよ、ジジババ困るからな。

438 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:02 ID:8vdrvz/K
>>435
特許制度を想像してくれ・・・・

439 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:06 ID:NfQQbm0V
>>437
ストーンズやクラプトンのような息の長いアーティストの初期作くらいまでは
保護しないとダメなのでは?

440 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:09 ID:0G0TCb+a
>>438
審議会だとある程度は議論されているみたいだね
いずれ本格的に議論されるんでないの?

441 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:09 ID:/b66SU8V
>>439
こうも考えられる。
昔の名曲が手に入りやすい環境があれば
第2第3の名曲が生まれやすくなる。

442 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:13 ID:0G0TCb+a
>>441
こうも考えられる
名曲が手に入りにくい環境なら、音楽が好きな人は自分で作るしかないと思いこむ
したがって名曲が生まれやすくなる

443 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:15 ID:/b66SU8V
>>442
ふふん、なるほど。
こうも考えられる。
名曲が手に入りにくい環境=音楽離れ
したがって名曲は生まれにくくなる。

444 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:25 ID:NwEV/tez
>>443
こうも考えられる。
輸入権は正にそれを体現しようとしている。

445 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:27 ID:8vdrvz/K
>>440
そうなんだ
でもこういうこと(公示制度)が本当に協議されるべき議題なんでないかい?
副作用が強い(と考えられる)権利強化を話すよりは

446 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:29 ID:8vdrvz/K
>>442
小説に全く触れたことが無い人間が名作をつくれるとは思わない
音楽も同様だろう

447 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:35 ID:0G0TCb+a
>>445
今年の一月に一応協議されている
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/bunka/gijiroku/010/03120801/004/003.htm

448 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:37 ID:0G0TCb+a
ただ、よく読んだら公示制度とはちょっと違うみたいだな
あくまでも登録に関してだけだな

449 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:41 ID:0G0TCb+a
>>446
全く触れた事がないのなら、確かに名作は作りにくかろうが
ある程度の飢えは創作の原動力になるような気もするぞ

450 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:49 ID:w1jvY8+U
>>449
いや、まずは数吸収していかないと、いいものはできないっしょ。


451 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:51 ID:8vdrvz/K
>>448
ざっと読んだが保護を望む者に相応の義務を課すという原則からはなれてるな
>>449
原動力と評価されるものをうみだすという力量とは違う
そして小説という表現をするのは小説という表現を知っているから
音楽という表現をしようとするなら音楽という表現を知っているから
という面が強い、というよりたぶん必然といっていい

452 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:52 ID:8vdrvz/K
もっといい言葉がある
「芸術は模倣から始まる」

453 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 22:56 ID:/b66SU8V
でもま、なんだろね。
単におまえ安くしてほしいだけだろ、って言われるとそれまでなわけで。
企業は金銭的にもろに影響うけるから規制強化に必死&説得力あるし。
不利だな。

ただがんばってかなりがんばって客観視しても、やっぱり音楽業界全体を考えれば
規制緩和する方が良いと思うんだけどなぁ

454 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:00 ID:fBrh9MOR
TEST

455 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:00 ID:0G0TCb+a
まあ死後五十年は長すぎるよね
ベルヌ条約で決まっている以上しょうがないけど

456 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:01 ID:7JYEYfPL
winny 英語 version.1
http://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/download/1086270124/

著作権を変えていこうってスレ。
考える前に動いてしまえば壊れるんじゃないか?<著作権
で、壊れた後でそれに見合った形で新しい著作権のありかたが自然と生まれる。

457 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:02 ID:0G0TCb+a
>>453
> ただがんばってかなりがんばって客観視しても、やっぱり音楽業界全体を考えれば
> 規制緩和する方が良いと思うんだけどなぁ

それは音楽業界とユーザーとの間で決める事だね
ユーザーの力が弱いのは確かなんで、消費者団体を作るべきだろうね
数が多ければ業界も無視出来なくなるよ

458 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:03 ID:0G0TCb+a
>>456
> 考える前に動いてしまえば壊れるんじゃないか?<著作権
> で、壊れた後でそれに見合った形で新しい著作権のありかたが自然と生まれる。

テロを起こせば世界は変わると言っているようなもので、非常に拙い戦術だと思う
それに見合った新しい著作権とは何ぞや?

459 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:04 ID:0G0TCb+a
>>451
ところで何で小説やら音楽に「全く」触れた事がないと言う話になってるの?
俺はそんな事を言った覚えはないんだが

460 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:05 ID:8vdrvz/K
>>453
規制強化してその後に誰もいなくなっては元も子もないわけで・・・
権利強化がいかに文化のサイクルを破壊するかアピールするしかないね

しかも輸入権みてると得をするのは版元で
消費者が離れると一番被害をうけるのは小売・・・・
しかも小売は権利創設に反対してたところがある

いったいこういった権利って何なんだろうね
というのが正直な感想

消費者として行動するならばやはり声をあげるしかないんだろうね
知財戦略本部も常時意見受け付けているようだし
パブコメとかで言うことからはじめるべきだろうね
(反映されないからといってあきらめずに継続することが一番重要
それは権力の監視にもつながる)

461 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:12 ID:8vdrvz/K
>>458
先に「テロ」ありきで作られた権利があって、その代表格が労働権だったりする
認められるかどうかは、議論次第だな

462 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:14 ID:/b66SU8V
現実的には、輸入盤をあつかう小売店連合+有名著名人とかがタッグで
発言するのが効果的じゃないかな。やはり当事者じゃないと。
所詮おれたち(消費者)ができることは祈ることと愚痴ることだけさ

463 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:14 ID:KxkUbAqR
もしかして考える前に動くってwinnyをつかうみたいな低レベルの話だったの?

464 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:16 ID:0G0TCb+a
>>462
なら愚痴を言ってればいい
満足するまでね

465 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:18 ID:KxkUbAqR
消費者が一番簡単に出来て一番効果があるのは買わないって事だよ
これは何者にも勝る、これとコピーするを履き違えてる馬鹿が居るからごちゃごちゃしてくるんだけど

466 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:18 ID:8vdrvz/K
もっともその前いは先にこれはおかしいんじゃないか?という意識があった
のはいうまでもない

テロっていうのは起こされる側に責任がないわけじゃないんだ
意見が届かなかったり、黙殺されたりする状況がテロを生む一因
つまり治者と被治者の意識のズレがあることが問題なんだ
民主主義というのはこのズレがないように制度運用(選挙とか)すべきなんだが
例として果たして今の日本の選挙制度がそうなっているだろうか?


467 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:19 ID:/b66SU8V
>>464
どこかの闘士ですか?たくましいですね

468 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:20 ID:8vdrvz/K
>>465
不買運動だと小売が一番被害をうけるからなぁ
版元じゃないのが問題なんだよな・・・

音楽買わないってテレビ買いませんっていってるも同じだからな・・・

469 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:23 ID:8vdrvz/K
テレビじゃないな
家電製品だな

470 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:24 ID:0G0TCb+a
>>466
> 意見が届かなかったり、黙殺されたりする状況がテロを生む一因

政治家が選挙で選ばれる以上、数をそろえれば意見が無視されるはずはないと思うけどね
若年層の投票率が低く、有権者の力が足りないだけの話じゃない?

471 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:25 ID:0G0TCb+a
>>468
不買運動以外に効果的な抗議活動はないと思うんだけど

472 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:27 ID:KxkUbAqR
>>468
小売が瞑れて何か問題でもあるのか?
不正コピーが蔓延した結果としてつぶれるなら大いに問題があるが
消費者が欲しいものをおかない結果つぶれるのは何一つ問題無いだろ

473 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:46 ID:8vdrvz/K
>>470
一票の格差や与党優位のための選挙制度
制度が政治意識を削いでる面は多分にある
戸別訪問も禁止もそうだったりする
(つまり政治について議論しない環境を作出している)
ちなみに戸別訪問の禁止に合理的な理由はない

>>471
>>472
怠慢の結果つぶれるのはかまわんが、制度上努力しても仕方ない
ところでつぶれるのはどうもなぁと思うわけ
再販制度って安く売りたいと思っていても売れない制度だからな
輸入権でアマゾンの態度みててもそうだし
そのへん間接的にしか声が届かない版元より小売のほうが
わかってるわけで、そういった小売と努力しない残りを一くくりに
してしまうことに抵抗があるわけ

474 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:52 ID:JijWw9Ij
小売以外は努力していませんか、そうですか。

475 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:55 ID:8vdrvz/K
>>474
あー悪い
訂正します
努力している人たちと制度にのっかって努力しない奴らに

476 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:56 ID:0G0TCb+a
>しかし、違法コピー(著作権侵害)問題は、裁判がどのような形で決着しても根本的な
>解決にはならない。同種ソフトは国内外で複数作られ、特に欧米では同種ソフト開発に
>合法判決も出た。ネット時代の著作権保護は、日本の一ソフトを取り締まるだけでは
>意味がないのだ。
>
>ウィニーが爆発的に普及した理由は、ソフトが無料で入手できる以外に、その優れた
>利便性が受け入れられたからだろう。ジャンルを問わず各種ファイルの検索・入手が
>容易なウィニーのようなソフトは、正規の有料サービスではまだ見あたらない。
>例えば音楽では国内の大手レコード会社が個々にダウンロード販売を始めているが、
>使い勝手が良いとは言い難い。

読売のwinny解説だが、結構バランスを取って報道してるな
ちょっと驚いた

477 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/03 23:57 ID:JfMMc+ZO
まぁ、著作権を残すのはかまわんがとにかく期間を今より短く欲しいね。死後50年なんてほぼ永遠に続くようなものだし、根拠も皆無。l

478 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 00:07 ID:aT/6iBBR
>>473
別に後付けで出来た制度でつぶれる訳じゃあるまいし
その制度内でつぶれるなら自己責任だろ
大体他に何か方法あるか?
必要の無いものを買えか?

479 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 00:24 ID:zg4VQGkP
>>473
でも、再販制度によって小売は守られてるっていう点もあるんじゃない?

480 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 05:07 ID:RCEqHLKh
>>476
 読売って、昔から著作権関連で「おぉ」という記事書く人がいるんですよ。
他紙はベタ記事なのに一歩踏み込んで書いてるという感じで。

481 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 05:10 ID:RCEqHLKh
>>479
 本の場合も再販制度なんですが、委託制度も合わせて実施されてるんですよ。
つまり買い切り商品以外は返品可。雑誌は3ヶ月、コミックや文庫はいつでもokみたく。

 音楽はこういう処置はあるんですか?

482 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 07:38 ID:UrmqWSIr
著作者死後50年って、著作者の権利をまもるというより、著作者の子や孫の権利守ってるって感じだもんなぁ。
文化発展という点では疑問だ。
著作者生前に権利守って、あるべき収入を得られてるならば、遺産は相続できるわけだし。

483 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 08:00 ID:XTrpFwc1
JASRACってそのうち口笛とか鼻歌でもライセンス料払えっていいそう

484 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 08:38 ID:xCoR6d+K
著作権法もJASRACも、大きく変わるには外的要因が必要だとおもうが、
P2Pの蔓延は取締りやコピーガードとのいたちごっこで、私的複製が非常に窮屈になったり
CCCD問題のようにマトモに聴けるCDが無くなったり、あるいは逆に違法コピーが増えて
業界がつぶれたり、いいことは無い。
また、不買運動は、やはり音楽を必要としている人は多いし効果は薄いだろう。

そこで、現在ある程度自由な条件でコンテンツを発表している人たちをまとめた
ポータルサイトを作ってみてはどうだろうか。
2chがその利用者の多さから更なる利用者を呼び寄せているように、現在特定のファンしか
訪れないようなそういう主にインディーズの人のサイトのリンク集を作り、レビューへの
トラックバックとか、イベントカレンダーとか、BBSとかをまとめて魅力あるページにして
一定の客を集める。
それでもし著作権主張をある程度抑えた音源/映像が勢力を伸ばせれば既存のメジャーも
対抗上ライセンスをゆるくするだろうし、将来的には著作権法に二次利用権や閲覧権の保障
という概念がはいってくるかもしれない。

485 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 10:12 ID:zg4VQGkP
>>481
もちろん、返品制度ありますよ。

486 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 13:06 ID:RXfJJjRx
モノを売る発想からの脱却
http://s03.2log.net/home/yohaku/

487 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 13:26 ID:A6mSudfR
>>486
いいね。

488 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 13:35 ID:UcreMrzj
>>486
結局、北風環境におかれていた消費者、
権益にまもられて自己努力を怠った業界、
という環境により発生した至極必然的状況というわけか?

489 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 13:46 ID:espn9ybR
ウイルス対策ソフトなんかも、コピーで被害出てるの?
あんまり聞かないけど

490 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 13:56 ID:aT/6iBBR
不正コピーはどうあがいても
まじめに金払ってる消費者がケツを拭くハメになるんだよな
幾ら理屈を重ねてみてもそれは代えられない

491 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 14:17 ID:vu75im7e
>>484
>それでもし著作権主張をある程度抑えた音源/映像が勢力を伸ばせれば既存のメジャーも
>対抗上ライセンスをゆるくするだろうし、

既存メジャーがライセンスを緩くするとは、思えない。
逆に人気の出てきたコンテンツは、大手メジャーが取り込んでライセンスを強化するはず。
日本ブレイク工業社歌が良い例。強大な権力を保持している団体がそう簡単に権利を放棄
することは無い。



492 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 14:40 ID:CnbwyRzz
>>491
ならどうする? Winnyに代わる複製ばら撒きシステムの開発でいたちごっこを続け、
正規購入者が馬鹿を見続ける一方で、ネットランナーを見て手を出した子供が
ある日突然逮捕されるという状態を続けるか?
それとも完全な著作権保護とやらの登場で、マイベストも作れずiPodも使えない、
カセットテープ普及前にまで時計の針を戻すのか?

493 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 15:09 ID:P78ZHZxo
>>492
著作権保護の観点から見れば時計の針を戻したほうがいいかも
分かりやすいし

494 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 15:11 ID:nDvyVg8Q
>>493
現実離れしたことを言ってもしょうがない

495 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 16:18 ID:PiSXB2oD
現在のCDはこれ以上コスト削減できないと言っていた人たちへ

http://www013.upp.so-net.ne.jp/tadhomma/AnarchoMusic.htm
62. 日本のレコード産業では、管理・営業などの間接費が経費の70%を占める(BMGファンハウス社長
田代英彦氏談、日経 03-12-1)。日本の音楽産業は、レコード会社、プロダクション、音楽出版社、音プロ、
CM制作会社、放送局、映画会社、商社、出版社、金貸しなどが入り乱れて「権利ころがし」に参入しており、
それらが水平・垂直に結びついた重厚長大構造を呈している。それぞれが営業(接待)部門を抱え、
取引コストが高い。その上、二次使用料、貸与報酬、私的録音録画補償金など人工的に創出した
超過利潤の奪取をめぐって合法(官製)・非合法カルテルがひしめき、それぞれが「著作権意識普及のため」
などと称して巨額のロビイング予算と人員を擁し、政治の一角に食い入っている。1円の原価低減のために
死ぬ思いをしている製造業からみたら気が遠くなるようなビザンチン的世界である。こんな古い芸能界の
体質のままで、あたらしいディジタル・コンテンツ革命の主役が演じられるのだろうか。

496 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 16:43 ID:2jLV0z8R
>>495
そんなこと著作権の規定見れば容易にわかる
権利の数だけころがす球ができるわけで転がすほど
利益が入ってくるからな。合法的に保障された高圧さでな

となると整理するのは難しすぎ
法定されてない道路公団でさえもめにもれてあれだからな
法定既得権益になってるならいわずもがなだな
専制政治にでもなれば楽なんだろうけど・・・
(副作用が巨大すぎるが・・・)

となるとこれ以上権利をつくらせないようにするのが以下に肝要か
わかるんだが、輸入権とかみてるともうね・・・

497 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 16:44 ID:fmkzbAde
>>495
CDは安く出来ないと言っていた一人だが、
そこまで話広げちゃうと収集つかないんじゃないか?
広告のコストが高いのは電通に文句言え、って話になっちゃうし。

498 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 16:46 ID:2jLV0z8R
となると荒野ができるまでテロとレジスタンスするしかないのかねぇ
やっぱ

逮捕者=殉教者、戦死者か?

笑い話にもならんな。醜悪さここにきわまれりだな

499 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 16:58 ID:KweyWU0V
>>497
君がレコード会社の社員なら、自分の狭い権限の中で「できましぇんできましぇん」
とわめいていればいいよ。でもそうじゃないんだろ?
だったら495程度のことには言及していいんじゃないか?
なにも、君にやれと言ってるわけじゃないんだから。

500 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 17:16 ID:aT/6iBBR
コスト削減できるなら、そしてそうして欲しいなら自分でやればいいんじゃないのかね
それで儲かるという確信があるんでしょ?
これをやってみたが潰されましたというのなら納得も出来るんだが
やりもせんと悪だ悪だってわめいてみても説得力無いよ

501 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 17:22 ID:fmkzbAde
>>499
そうだな。じゃまずテレビ業界の問題点から議論する?
なぜテレビ広告は高価なのか。不当ではないかと。
もっと安くすればいろんなモノのコストが下がるのにさ。

502 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 17:29 ID:UrmqWSIr
コスト削減できないのは、不正競争の構造だからじゃないの?

503 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 17:33 ID:aT/6iBBR
不正競争の構造ってどのあたりが?
インディーズレーベルだっていくらでもあるじゃん。
不正競争に見えるのは大手がタイアップつけて
CMバンバン打って金をかけて大量に売るみたいな
似たような構造の商品を好んで買ってるからじゃないのか?

504 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 17:52 ID:fmkzbAde
結局さ、利権なんか消費者に関係ないところで行われているモノは
消費者は気づかないんだよな。
BtoBは叩かれない、BtoCは標的にされると。
ま、それはしょうがないか。

505 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 18:51 ID:+OT41TDI
テレビ業界ほどザル勘定なところもないしな。
消費者はテレビ見るのはタダだと思っている。
間接的に搾取されていることも知らずに。。
音楽業界もそういうモデル作った方がウマーだな。

506 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 20:48 ID:CoWBdqO3
>>371
>>381
中途採用捜査官とやらは、スパム野郎なんだが


507 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 21:07 ID:VHT49Idi
>>505
そうだよな。テレビが無料で放送できるのは、
スポンサーが広告費を払っているせい。
スポンサーはCMをしなければ、広告費を削減でき、
その分商品を安くできる。CMなんか止めるべきだ。

508 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 21:08 ID:CoWBdqO3
著作権法改悪を推進した議員を落選させるスレ
http://society2.2ch.net/test/read.cgi/giin/1086338742/


509 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 21:14 ID:MD+czzVt
>>507
俺はやめろとまでは思わないんだけど、
テレビ業界にコスト意識がもっとあれば広告料は絶対安く出来る。
今と同じ状態で、広告料だけが下がるわけだ。
そうすれば、その分企業も広告費を削減出来て安く商品を供給出来るでしょ。

でもこういう問題に消費者は声をあげない。
テレビが無料なことには変わりないから、人事だと思ってしまっている。

510 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 21:14 ID:RfBkXJOu
>505
> 間接的に搾取されていることも知らずに。。
> 音楽業界もそういうモデル作った方がウマーだな。
黙殺されている携帯着信音源はこのビジネスの典型。
CDの売上が減っていると言っても著作権料ベースで考えるとどうなることやら。

511 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 21:17 ID:VHT49Idi
>>509
テレビ業界に企業のコスト意識を要求するのはおかしい。
コスト意識が必要なのは企業のほう。
テレビで放送しているCMを止めれば
確実に商品のコストは下がる。

512 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 21:18 ID:MD+czzVt
>>510
二次使用料は著作権者にとってもおいしいみたいだ。
一定枚数以上売れて知名度さえ獲得出来れば、下手するとCD売上以上の金が入ってくる。

513 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 21:20 ID:MD+czzVt
>>511
放送局も株式会社じゃないか。立派な企業だよw
なんでテレビだけ特別なんだ?

514 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 21:21 ID:VHT49Idi
>>513
ちがうちがう。
テレビ局にスポンサーのコスト意識を要求するのではなく、
スポンサー自身がコスト意識をもつ。
当たり前のことじゃん。

515 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 21:29 ID:MD+czzVt
>>514
でもテレビ業界ってありえないような金の使い方してるぞ。俺元ADなんだけどなw
それをちょっとでも普通の企業としての意識があれば広告料ぼったくらんでもやってけるだろ、って思ったわけ。
今の広告価値の異常な高騰は元を直さんかぎり変わらんよ。
まあ多チャンネル化によって変わるかもしれんが。


516 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 21:31 ID:VHT49Idi
正直ってテレビなんぞ見ないので
有料でかまわない。

それよりか普段買っている日用品、食料、電化製品、に
広告料としてテレビ局に支払っている代金が
含まれていることが気に食わん。
幾ら広告料として取られているか不透明。
CMをやめれば、もっと商品は安くなるはず。

517 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 21:33 ID:VHT49Idi
逆に、テレビ局からCM料を取って
日用品の方をタダにして欲しいくらいだ。
逆転の発想。

518 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 21:37 ID:MD+czzVt
>>516
今はテレビの影響力って絶大だからな。
広告料払って大量販売、大量生産でコスト下げられる面もあるし。
広告なしだとそれが出来ないからな。

519 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 21:41 ID:VHT49Idi
インターネットの時代でテレビCMで広告なんて
もはや過去のもの。
いつまでも既存のやり方をやっているとそのうち潰れる。
もっと効率のいい広告方法を模索するべき。

520 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 21:49 ID:MD+czzVt
現状のネットの広告効果のいかにしょぼいことか・・・。
あれじゃ出しても意味ないよ。離れていった企業も多い。
そこらへんのモデルがうまくいく時代になればいいけどね。


521 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 21:50 ID:2nta28Tq
インターネット上での広告がTVCMの替わりになるならどんなに楽だろうな。
新しいから優れているって勘違いしている香具師、大杉。

522 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 22:02 ID:Vknhav6r
一定時間視野を独占するTVCMと、記事の端にあって無視されるバナーは
かなり違うからな。そういうのに近いのは週刊誌や新聞の広告。
ネット上でTVCMにあたるのは公式サイトだと言えるか。

523 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 22:06 ID:aT/6iBBR
大体ネットではアクセスしようと思ってはじめてアクセス出来るわけで
かなりハードルが高いよ

524 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 22:08 ID:b5aRvUiE
単に、衛星からの電波やケーブルの変わりに
インターネットを使えばいいんだよ。
チューナーを用意してだな。
PCへは広告入りでストリーミングデータを流す。

525 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 22:31 ID:LfDDHLFO
個々人の頭に直接電波送って、広告流せばいいんじゃないか?

526 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 22:32 ID:uJGf5NYx
希望したものだけを見られるというWWWの利便性は、希望しない人に
無理やり商品を印象付けようとするには不利になるから、TVCMと同じ効果は
はなから期待できない。
ネットが全てを担うのではなく、TVとの役割分担を考えるべきかも。
TVはプッシュ型のメディアで、CMは否応無しに見せられる。
そうやって最初のとっかかりを作った後で、検索エンジンで公式ページや
製品レビューを探してもらうというふうに。

527 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 22:40 ID:7G1qnMBT
ttp://up.2chan.net/x/src/1086355309655.jpg

528 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/04 23:48 ID:/3IdLb07
つぅか、そもそもなんで芸能人だの歌手だのが何億も稼いでるんだ?
河原乞食という言葉もあるようにもともと賎職だったんだろ?いつの間にエラくなったよ
それともテレビCMみたいにどうでもいい物をさもスゴい物に見せかけるように、世間を騙してるのか?

529 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 00:07 ID:vQhA5yqK
売れてるから稼いでる。
というか芸能人で稼いでる人ってのは
自動車産業とか不動産業界とかと同列に芸能界があって
その中でトップで稼いでる企業なわけだからそんなもんだろ

530 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 00:22 ID:OSMq5HrI
何億も稼いでいるのは、芸能人の中のほんの一部だろ。

531 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 00:23 ID:gt2QdQzR
CDの値下げ加速、ファイル交換が一因?
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0406/04/news009.html
恩を仇で返す
http://benli.cocolog-nifty.com/benli/2004/05/post_2.html


532 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 00:28 ID:vQhA5yqK
少なくとも今の日本では幾ら値段を下げても不正コピーは減らない

533 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 00:29 ID:OSMq5HrI
CDの値下げ加速、ファイル交換が一因?

おや? ファイル交換は売上に影響はなかったんじゃなかったですかな?w

534 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 00:45 ID:1yM63eJb
>>531
>これでは、日本の消費者は、P2Pファイル交換ソフトなどを活用して大量に
>音楽ファイルの交換を行ったりしなかったことによって、却って自分たちの首を絞めた
>ということができてしまいます。

そーなんだ


それはそれとして

>中国等の人民は、平気で海賊版を製作し、購入する
>         ↓
>中国等の人民に対しては低価格で真正品を提供する

ことのはの中の人はこのくだりに噛みつくと思ってたんだがなぁ

535 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 01:57 ID:2Pi/GHJQ
>>531
>>534
現象論からしてみればまったくもってその通りなのが問題なんだよね
Appleの配信サービスもファイル交換する人がなぜするのかをふまえて
妥協できる点でサービスをはかったといえる

これのいきつくところは不当に高いサービスを受けていると感じ
違法行為に走る人に大義名分をあたえてしまうことになる

権利や再販制度という制度によって競争による効果を低減させてしまうこと
がなぜ悪であるのかということは、社会における競争によるメリットは
合法的行為によるものでなく違法行為(しかも作為的創出による権利に対する違法)
によって進むようになるということである

>>532
理由は?

というか最近理由もなしにぽっと出で結論だけだす相手にはレスしないほうが
いいのかね

536 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 02:11 ID:gt2QdQzR
>>535
大義名分という言葉の使い方がおかしい。
大義名分が(いちおう)あるのは権利者側で
利用者にあるのが利用動機。


537 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 02:13 ID:2Pi/GHJQ
もっとも質の面で競争がおきることは十分あるが
価格面で通常の経済学が期待するような競争は見込めないことになる
(スーパーファミコン時代のゲームソフト定価の高止まり等、あれは再販制度
がなかったからまだよかったが・・・)

538 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 02:15 ID:Rl+gXFLI
>>535
iTunes Music Storeの楽曲までP2Pに流すアホはアメリカにもいるようで
結構問題になってるぞ。

539 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 02:16 ID:2Pi/GHJQ
>>536
利他的動機、名分に言い直す

540 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 02:20 ID:2Pi/GHJQ
>>538
そういうアホのせいで価格低下がおこるということを
説明付けることになってしまうということが問題なんだ
しかも輸入権はこの理論を法的に承認したことにつながる

541 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 02:21 ID:OSMq5HrI
>>538
こんなやつのことだな。
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20054712,00.htm
アップル、iTunesでの音楽ファイル共有に制限
>  Appleは、iTunesの新機能を、見ず知らずの他人との音楽ファイル交換に
> 利用したユーザーの行動に「落胆した」と述べている。



542 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 02:23 ID:OSMq5HrI
これもだな。

http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000047674,20065765,00.htm
アップル、iTunes楽曲交換ヘルパーアプリを無効に

543 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 03:05 ID:1yM63eJb
>>541
あれ、価格で勝負するんじゃなかったの?

544 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 03:10 ID:1yM63eJb
>iTunesを利用して自分の音楽コレクションを交換しているユーザーが存在するものの、
>Appleでは同社オンラインストアで販売した音楽ファイルに使われている暗号を破った者は
>いないと説明した。

破られたときのアップルの対応が見物だな

545 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 03:16 ID:OSMq5HrI
最初は便利だったのに一部の腐れ外道のせいで
どんどん不便になっていく。自分の首をしめているよね。
まあ破る人は破ることが楽しくてやっているだけなんだろうけど。
こいつらといい、47氏といい、

546 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 03:26 ID:2Pi/GHJQ
というか根本的な解決になってないことのほうが問題かと
つまり意図したことを完全に実現できるようなシステムに
近づけることで解決を図るべきであって
悪用されたからその機能は削除するということは
結局またはじめの不便だから違法行為をし、
それによる相手の譲歩を得るということを繰り返すことになるだけ

行為者に責任を求めるのはある意味簡単ではあるが
それが根本の解決にならないことによりおおきな問題があり
それこそ論じられねばならないことである

547 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 05:04 ID:OSMq5HrI
そもそも、悪用されないだろうと言う性善説では上手くいかない。
すでにP2Pが悪用されていることからも明らか。
性悪説を基準にシステムを作らなければいけない。
悪用されてから対応するのではなく始めから悪用されないように作るべき。
そうしないから、悪用されたときに最後の手段(機能削除)しか手が無くなる。

548 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 09:22 ID:oOT+UvEu
>>545
どう不便になったの?

549 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 10:53 ID:vQhA5yqK
>>535
不正コピーを手に入れることのデメリットがあまりにも少ないから
もう少し逮捕なり民事訴訟なりの負荷がかからなければ
天秤にかかるのは今よりも値段が低い商品と、まったく同じでタダのものだから
何処までいってもタダのものが勝ちつづける
よって現状で著作権側が出来るのはコピーを出来なくするのか
撤退するのか(部分的にだろうけど)、金を払う消費者に上乗せするかの三者択一であって
値段を下げるという選択肢は選べない。
>>548
そりゃコピーガードとか今まで黙認されていたものがダメになった事だろう
これからP2Pで自分の楽曲を配布しようと思っている人達にしり込みさせるかもしれない
そもそも性善説が本当に正しいならネット配信なんてとっくに始まってる

550 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 11:47 ID:2Pi/GHJQ
>>549
それは消費者心情や個々の可処分所得の限界という
点を無視しすぎ

551 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 12:35 ID:bMvVXL7r
>>534
ことのはってどこ?

552 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 12:44 ID:zflr1MZi
てか物として見てる、扱ってるのがおかしいんだよね。
著作権はあくまでサービス産業であるはずだ。
なにしろ生産してるわけでもない。肉体労働してるわけでもない。
サービス業としての体制に著作権を切り替えれば解決すると思うけどね

553 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 12:44 ID:vQhA5yqK
それってただの誤魔化しだよね
心情ということは正直者が馬鹿を見る構造に何の変化もおきてないよ
それに逮捕や訴訟リスクが無いのに金を払ってる人は今でも払ってる
心情論を展開させるにもまずは不正コピーなんかをするとしっぺ返しを食らうよ
という大前提が絶対必要。
まえにも可処分所得の限界が出てきたが具体的にどういう事?
俺の理解だとコピーで手に入れる奴は買わないよって言うトンデモ論にしか・・・

554 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 12:48 ID:vQhA5yqK
>>553>>550に対するレスでした
アンカー打たなくてすみません

>>552
それをすると今あるコンテンツの大半は消滅するよ
それでもいいからそうしましょうって人はほとんど居ないでしょ

555 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 13:01 ID:zflr1MZi
>>554
そうか?例として映画館を考えてくれ

556 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 13:03 ID:zflr1MZi
今のデジタル著作権の現状は、映画館に行くことを物としてみているですよ
サービス業として見て法改正しないと今後破綻は目に見えてる

557 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 13:04 ID:NUEHZoI8
>>554
君の理想とする世界は、ソニーが実現してくれるよ。
つまり、完全に管理され課金されるコンテンツ鑑賞しか存在しない世界。

ttp://www.sonymusic.co.jp/cccd/lgcd2/help/faq.html#q26
Q26 私的に録音することは、法律で決められた権利ではないのですか?

A 私的複製は、「法律で認められた権利」ではありません。
1970年に制定された現行著作権法では、個人的に楽しむために家庭内で零細に行われる
複製について、
1)その複製実態の把握が不可能であったこと。
2)その程度の零細な複製が著作権者の利益を侵害しないであろうこと。
以上2つの理由で、本来与えられるべき著作権者の「権利行使を制限した」ものに過ぎません。
現在、上記2)はご存じの通り明らかに著作権者の利益を侵害しはじめておりますし、
上記1)は、レーベルゲートCD2の技術により、PCによる複製実態の把握が可能となりました。
従いまして、当社は1回目から複製権を行使するものです。
また、レーベルゲートCD2に関しては著作権法を管理する関係省庁らからも、
著作権法に違反するものではないとのご理解をいただいております。



558 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 13:19 ID:vQhA5yqK
>>555
映画館だけじゃペイ出来ないからDVDやらなんやらやってる訳で
制作費がほとんどかからない作品しか生き残れないよ
それに著作権がなくなったら映画館で流すデータをかってにコピーして販売しても良い訳だよね
そうするとデータが一度流出したら映画公開収入自体が無くなる
更には映画館で公開できないような作品
例えばドラマみたいなモノは消え去る。
生き残れるのはコストがほとんどかからずに視聴率が稼げるものだけ。
例えば漫画なんかはどう生き残る?不可能でしょ。
>>557
全然意味がわからん。
管理されることと課金されないコンテンツが存在できなくなることはまったく別の話だぞ。
もしかして、一般に流通してる商品を盗めなくなる世界といいたいなら
それでいいじゃんとしか言えないが

559 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 13:19 ID:zflr1MZi
コンテンツ製作者サイドだからOK

最近勘違いしてる人おおいが
ここの掲示板は、元は割れなどの違法物ではないが限りなく製品に近い
物をメインに取り扱っていたのだが、おまは、現物その物を取引するのが当たり前だという
風潮があるね。ばかか?

560 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 13:20 ID:zflr1MZi
おまわ>最近は、  誤字

561 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 13:22 ID:B0BhW7Mf
誰か翻訳頼む。

562 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 13:24 ID:zflr1MZi
>>558
わたしが言ってるのは完全なコピーデーターの話で
劣化したデターではない。

漫画とデジタルデータは根本から違う。
漫画の複製の作成 VS デジタルデターの複製を考えろ
混在するな。

意味がわからないとあるが、古い映画が映画館で上映されるが
わたしは、その映画のDVDを定価で買って、持っているが
家のテレビが小さいので、映画館で金を払って見に行こうという
サービス的リベートが定着した著作権がいいといっている。
DVDを持っているから映画ただで見せろとは根本に違う。

563 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 13:26 ID:zflr1MZi
>>561
電波だから翻訳むりかと
各個人で考え方が相違するのはあたりまえ
それを踏まえて書き込まないと自滅しますよ

564 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 13:35 ID:vQhA5yqK
>>562
更に意味がわからなくなったんだけど
切り貼りするうちに文節がおかしくなってるんじゃないのか?
俺も結論を先に書いて書き足すから良くあるけど

あるタイトルのDVDも定価で勝って映画館でも金を払う
これは今のやり方と一緒に見えるよ
これをDVDは無料で配って映画館で見たい人だけ金を取ろう
というようなシステムと理解していいのかどうか

565 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 14:02 ID:Y0G40kH/
最終的にはデジタル化可能な媒体の著作物の権利は消滅するしかないと思うけどな。
それを避ける為には全体的なネット監視と非合法取り引きの取り締まり強化しか
思い浮かばないし、それはあまりに代償が大きすぎる。



566 :557:04/06/05 14:03 ID:VsykoaaM
>>558
そんな瑣末なことじゃない。>>492の前者を採るか後者を採るかということ。

567 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 14:08 ID:SZDKUXPT
>>565
デジタル化可能な媒体の著作物の権利は消滅と
全体的なネット監視と非合法取り引きの取り締まり強化を比べると、
前者の方が代償が大きいと思う。

568 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 14:14 ID:Y0G40kH/
>>567
そうか?
でもあえて言えばたかが娯楽産業のために
管理社会を招くのは割に合わないと思わないか?

Winnyマンセー厨の中にはかなりサヨクっぽい人も多いと思うんだけれども
この辺の見解を聴きたいな。

569 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 14:22 ID:SZDKUXPT
>>568
つーか>>567の全体的なネット監視は問題だな。あれ削除で。

違法P2Pを規制するなんてことはネット監視なんかしなくても法整備で簡単に出来ると思うからさ。
デジタルの著作権を消滅させる必要はないんじゃないかなと思う。


570 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 14:25 ID:qXqZIOI/
>>565
RIAAの召喚状なんかは効果があるなんていう報道もあるし、
ttp://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20063858,00.htm
別に100%を求めているわけじゃないんだろ。

大体、デジタルな媒体の著作権が消滅するなら、誰もデジタルで「有償な」著作物を作ろうとしなくなるだろうな。
まぁ、「有償」だから優れているとは言わないが、でも「有償だから実現している」著作物も有ると思うんだが、そうなって欲しいのか?

571 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 14:26 ID:65rdpxNR
>>568
サヨ・ウヨで語るもんかこれw
権利消滅は乱暴過ぎるだろうってのと、技術と経済面で割れ物が割に合わない状況が
可能だと個人的に思うんだよねぇ。。
不正流通は0には出来ないが、正規物との格差を広げる方向で、商業的には無視できる
って所かな?

572 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 14:26 ID:vQhA5yqK
>>566
ネットランナーを見て手を出した人間の何割かがそれなりの処罰(のようなもの)
を受けるようになればかなり減るだろ?
いたちごっこの構造自体はかわらないが
正直者が馬鹿を見る状態はかなり改善されると思う。
今は処罰が無いからいたちごっこにもなってない
やり得みたいな状態だと認識してる。
そしてこのままやり得の状態を放置しているとそれこそ後者になる

573 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 14:37 ID:VsykoaaM
鈴木亜美セールス第2弾はネットで配信!?
http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_06/g2004060502.html

574 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 14:39 ID:dI3pzs5M
>>570
その程度の効果でいいなら・・・って話だけど。喉元過ぎれば熱さを忘れるってやつなわけで。
この問題に決着をつけたいのなら最終的には、
どんな事をしてでも100%を求めなくてはいけないと思うけどね。
確実に課金できる方法が見つからない限りは。
まあそんな事をしても割に合わんし、現状のまま当分は行くだろうけど。

575 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 14:40 ID:2Pi/GHJQ
>>568
ウヨサヨの2極だけじゃ説明できないので
自身の中での左翼の定義を言ってからじゃないと話ができないよ

例えば戦時中のウヨは権威主義という全体主義だったし
サヨの代表格の社会主義だって結局は全体主義
また自由主義は一般にはサヨのなかにはいるとされているとおもうが
サヨ的全体主義と自由主義は相容れない
だから初歩のリバタリアニズムの教科書では経済的自由の度合いと
個人的自由の度合いの2次元で主義を把握する
ウヨサヨという一元的理解では分類としてははなはだ不十分なのである

ちなみに自由主義の一つのリバタリアニズムでは
著作権は法政策的権利であるから認められる権利は
少ないというのが主流だそうだ

576 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 14:40 ID:VsykoaaM
>>572
どちらにせよ暗黒の未来だ。
自分は>>101の方法が何らかの結果を生むことを期待したい。

577 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 14:42 ID:2Pi/GHJQ
処罰されても暗黒の未来で
処罰されなくても暗黒の未来か・・・・

578 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 14:43 ID:SZDKUXPT
>>577
処罰されても暗黒にはならない規制の仕方は可能だと思うぞ。

579 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 14:50 ID:qXqZIOI/
まぁ、当然訴訟費用や事務経費なんかはコンテンツの代金に含まれるわけだから、そこは釈然としないところではあるけどな。

580 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 14:58 ID:SZDKUXPT
キャッシュ管理機能を実装していないP2Pの作者に責任を問える法律を作ればいいだけだからな。
これだけでかなりアングラ化すると思われ。


581 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 15:00 ID:2Pi/GHJQ
しかし結局まっとうに買っても値段さがったりする見込みはないんだろ?

例えばアニメの動画マンの給料って悲惨そのものだから金払うべきだとはおもうが
業界の内情かんがえるとまっとうに買っても一番金をわたしたい
わたすべきと考える人たちに金が渡る構造にはなってないのよね

アニメつくるときってスポンサーとかから30分一本につき1億円ちかくでるらしい
んだが土建業界の中間搾取よろしく、下のスタジオにわたされるお金(制作費)は2000万
から1000万程度だという
しかもDVDがでたからといってもスタジオにはいる金はかなり少ない

とかんがえると一旦不毛の荒野になってもいいかなーと正直思う

582 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 15:46 ID:vQhA5yqK
>>576
どのあたりが暗黒なんだ?
不正コピーが手に入らなくなること?
>>581
そういう構造で商売をすることが可能ならば
自分でやればいいだけ。
リスクが高い、コケたときに自分達で責任を取らなきゃいけない、
金が集まらない、理由はいろいろあるんだろうけど
値段を下げたりって事はなんどかあったし
少なくとも今までは上手くいかなかったという事でしょ。
儲かるなら自分でやればいいし
儲かる商品なら金出して儲けたい人は幾らだっているでしょ
コケてもある程度は支えがある今出来ないって事は
一度不毛にしたところで出来ないのがオチだよ

583 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 15:59 ID:2Pi/GHJQ
>>582
言っている意味が全くわからん
著作権の本来趣旨からはずれたところしか基本的に儲からなくなってる
といいたいのに、”自分でやれ”とは?


584 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 16:05 ID:KTzyidF7
>業界の内情かんがえるとまっとうに買っても一番金をわたしたい
>わたすべきと考える人たちに金が渡る構造にはなってないのよね

まるで北朝鮮そのものだな

585 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 16:15 ID:SZDKUXPT
>>583
クリエイター自身が利権を避ける手段もあると言いたいんだろ。

586 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 16:15 ID:vQhA5yqK
>>583
著作権とずれた所しか儲からなくなってるというのは
儲かるようにする方法があるって事だろ?
あなたのレスを借りれば
>業界の内情かんがえるとまっとうに買っても一番金をわたしたい
>わたすべきと考える人たちに金が渡る構造にはなってないのよね
わたすべきと考える人達に金が渡る構造にして商売が成り立つなら
自分でかえろという事。

具体的に言うと>>581の内容を
端的にいってしまえば下のスタジオが金の調達、企画から販売まで
自分達だけでやればいいという事になるんだから
本当に出来るなら自分でやれ、という事だよ。
今出来ないのに壊してしまえば出来るようになるなんて幻想

587 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 16:22 ID:Wu386tOT
>>586
規制を強化してもスタジオは貧乏なままという事ですね。
これで新しいコンテンツなんて生まれるのかね。

588 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 16:24 ID:SZDKUXPT
>>587
自分で全部やって成功すれば搾取がない分莫大な利益が得られるぞ。

589 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 16:31 ID:KTzyidF7
レコード会社が手を回して自分でやらせないでしょ。鈴木網の例もあるし


590 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 16:35 ID:vQhA5yqK
>>587
話を反らしたがってるようだけど
広告代理店がボリ過ぎなら広告代理店が担ってる部分を
自社や他社と提携して補えばいいだけだといってるんだよ。
自分達は努力しないけどお金入って来ないよーじゃ興行が成り立たなくて当然
広告代理店が本当にボッタクリであるという事なら
単に下請けがのほほんとし過ぎていたという事なんだろ

もう一つ大事な事として、不正コピーを許すと
広告代理店みたいな大きな所と手を切って
自前で販路を開くのがどんどん難しくなってくる。
例えば会社立ち上げてネットを使って売りましょうという場合に
不正コピーされたらそれこそ倒産だからね

アメリカには映画証券みたいのもあるらしいけど
投資としてみた場合かなり割に合わない商品だそうで
リスクが高い商品なら多く金を貰うのは仕方のないことだよ

591 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 16:42 ID:SZDKUXPT
>>589
あれは鈴木あみがレコ会社とかを訴えていたわけで。
歌がやりたいのにバラエティなんか出たくない、でもメジャーではやりたいよっつーわがままだろ。

さっさと契約切って自分でやろうと思えばいつでも出来た話。

592 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 16:43 ID:Wu386tOT
>>590
話をそらすなんて勝手に決めつけないでほしい。
クリエイターが現在落ち込みつつある苦境を根本的に改善するには
やっぱり著作権のあり方に踏み込まないとならないんじゃないかってことだ。
広告代理店がビルを建てようがつぶれようがどうでもいい話。
著作権について考えるとスレ違いなのか。


593 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 16:48 ID:SZDKUXPT
>>592
>クリエイターが現在落ち込みつつある苦境を根本的に改善する
そのために著作権をなくしてしまえなどと言う人が多いのが問題。
クリエイターを救いたいって思うならそんな発想は出てこないはずなのに。

594 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 16:49 ID:xnX6h5iS
>>586
業界にリセットがかかって構造改革が起こるなんて歴史上いくらでも
起こってることなんじゃ?
現状でも出来るけど、結局ゆっくり自分で壊しつつ再構成すると
いうことだし、それはとても抵抗があるだろうし体力も必要。
いままでのルートはずして仕事したら猛烈に妨害受けるだろうしなあ。
外圧なりなんなりで業界にリセットがかかっちゃえば抵抗勢力と戦わなくて
すむ分、自分たちで商売の道筋つけんのは大変だろうけどまだ難易度は
低くなってる、っていう読みじゃないのかな
業界の底辺で金がなくて困ってるやつ自身が自分でなんとかしろ、
というのは大正論だけど
ttp://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1064132463/501#tag501
みたいな状況らしいし、ジワジワ死滅よりも一気に破壊再生のほうが
望みがあるかもとする考えはわかるな。

595 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 16:50 ID:Wu386tOT
>>593
なくせっていうのは著作権を知らない人たちだろう。
そのあり方に問題があるからこんなスレだって建つんじゃないのか。


596 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 16:59 ID:SZDKUXPT
>>594
破壊はもう日本だけの問題じゃないから無理だろ。
著作権にかかわるあらゆるものを一気に破壊してしまったら
下手すると世界恐慌が起こるぞ。リスクがでかすぎる。



597 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 17:14 ID:vQhA5yqK
>>592
さっきからキミは著作権のあり方よりも
ビジネスモデルの方にたいして文句を言ってるように聞こえるけど違うのか?
著作権法そのものにかぎっていえば別段かえる必要も無いし
必要性を訴えてる人も極々少数だと思えるけど
>>594
例えば?構造改革とか最近出来た造語を使われても真意を取りづらいのだが
それはやらない人間の逃げを構築するための理論だと思うよ
法律で縛られているというのならそういう考え方も十分あるんだけど
今は法律に縛られている訳じゃないからね。
それに業界全体を壊してしまった結果として何が起こるのかといえば
今より大きな組織に庇護してもらいながら作品を作るという事になると思うよ
それとももう作品は作られないかも

598 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 17:17 ID:0o++uccM
>>582
 >>492の2つの未来のいずれかに、君は明るい希望を感じるのか?

599 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 17:23 ID:vQhA5yqK
アニメを作るのに人がどれだけ必要なのか俺にはわからないんだけど
それこそアニメが作りたいが薄給に耐えられず諦めた
何人か〜何十人か少数のチームで製作し
ネット上で販売するようなカタチはできんのかね。
大量に売れるものを作るためには金をかけたCMとか
マーケティングリサーチとかも必要だろうから
素人集団が作っても儲からないのかな。

600 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 17:27 ID:Q20l/M46
>>598
ソフト自体を規制する、って道もあるからね。それが一番希望があるな。

601 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 18:24 ID:gt2QdQzR
規制対象となるソフトウェアの定義で大もめになり
マイクロソフト制のソフトウェアが規制対象とならないような
外圧を受けて、骨抜きな規制案しか盛り込めず
穴だらけの規制に対して事実上やりたい放題
という構図が見え透いてるな。

そうならないアイデアもあるんだが、アンチny厨に餌を与える
ことになるので教えない。

602 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 19:18 ID:gt2QdQzR
>>547
性悪説を基準にシステムを作るといいながら
悪を排除するということは、市場を縮小させることこそが
アーティストの利益につながるという根本的な矛盾を
その主張に含んでいる。

性悪説を基準とするなら、悪を許容しなくては商売は成立しない。
なぜなら顧客はみな悪党だからだ。そして売る側も悪党だ。
悪党が作るコピーガードなど悪党によって破られる。
削除する悪党がいれば、バックアップをする悪党もいる。
悪党と悪党の果て無きコピースパイラルだ(意味不明)。


603 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 19:23 ID:2Pi/GHJQ
http://d.hatena.ne.jp/tairada/20040604

604 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 19:37 ID:OSMq5HrI
>>602
何を屁理屈言っているんだ?
悪を許容するんじゃなくて悪党を許容するんだろ。
悪さを出来ないようにして悪党に使わせる。

605 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 20:18 ID:gt2QdQzR
悪党は、悪さができないサービスに魅力を感じないから悪党なのだ。

606 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 21:57 ID:Az11zRTd
>>592
> クリエイターが現在落ち込みつつある苦境を根本的に改善するには

クリエイターが団結して組合作って権利を主張するしかないわな
権利はみずから勝ち取る者なのです

声優は現に待遇改善されたよね

607 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 23:21 ID:kQ1eV5JF
同人誌で生活してる人もいるし
必ずしも素人集団が儲からないってことは無いけど
全体的に見たら圧倒的にプロのほうが儲かるシステムで営業するのは間違いない。

608 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/05 23:51 ID:2Pi/GHJQ
>>607
そうか?マンガ業界みてると必ずしもプロが儲かるとも思えないが・・・・

システムにのるプロにしろ、のらないアマにしろ巨大なピラミッドの上のほうしか
人がうらやむほどの収益をあげていないことは確かだな


609 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/06 00:03 ID:ixKs15hj
>>608
それはクリエイターに限らずどんな仕事でもそうだろ。

610 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/06 00:18 ID:GoIOJneP
>>606
声優のアレ、うまみが発生するのはヒエラルキーの上の方だけで
下のほうは全然関係ないっていうか、再放送分の権利も今までの
ギャラと同じ額にコミ、って事で処理されてるから全然改善なんかされてないよ

611 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/06 00:19 ID:4dDWNy/n
>>608
プロダクションの社長や従業員のほうがそれに属する人たちよりも
高収入なんだがな
そしてこれは一社における関係ではなく業界という垂直関係
でもおなじことがおきている

612 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/06 00:25 ID:4dDWNy/n
>>610
声優のアレはピラミッドの上のほうだととても制作費からペイできなくて(特にアニメ)
中間や下のほうに仕事がいくだけになったらしい
仕事をするとランクがあがってギャラが増えるが
アニメ自体の制作費が全然あがってない状況なので
ギャラがあがると今度は仕事が減るという環境らしい

613 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/06 00:44 ID:vB3a2B1T
>>610
下の方って、組合に所属してない人?

614 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/06 00:46 ID:vB3a2B1T
ヒエラルキーの上だけでも権利が認められているのは、俳優さんにとっては羨ましいみたいだが

>声優のストライキ
>・ 1980年・81年に声優が団結しストライキで協議を勝ち取った。
>(庄司)30年前の24時間ストではギャラが3.14倍になった、
>91年のストでは再放送からもギャラが入るようになった、、、等の情報あり。
>・ 多数の俳優で声優と同じことができればいいと思うが、難しい。

615 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/06 02:01 ID:kFNL1J02
結局手塚治が死んだ後は金勘定をやろうと人がいなかったって事?
手塚はそういう所リアリストだったらしいけど

616 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/06 02:17 ID:4dDWNy/n
手塚治は週一アニメがどうしてもやりたいってところだけつっぱしって
金勘定や契約書がなおざりになった面がなきにしもあらず
その後その悪弊が正されずす〜っときたらしい
金勘定がまずかったというのは当時週一アニメは採算があわず
できないっていわれてたところを制作費を3分の1近くにダンピング
することによりテレビ局側にねじこんだらしい
その後テレビ局との力関係が固定化して何もいえなくなると・・・

617 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/06 06:59 ID:fcg8zsCf
まあまあ、これでも見てマターリ汁。
(・∀・)つ 
http://www.geocities.jp/akira1256/disc.html

618 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/06 18:57 ID:BdSKyZz0
俺は最近レンタルビデオ店にめっきり行かないからわからんのだけど・・・
アニメのレンタルDVDっておいてるの?
やっぱコピーとか気にしてVHSのレンタルになってるのかな?


619 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/06 19:15 ID:nOct/hDI
ツタヤとかにならあるよ。
それでも映画と比べてアニメDVDの扱いは小さいかな。

620 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/06 19:16 ID:puXZhnYp
とりあえず

小 林 亜 星 に 聞 け !

621 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/06 19:45 ID:ARKgYICK
米国で音楽CDの価格下落が加速、原因はファイル交換だけではない?
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/06/04/3363.html

622 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/06 21:02 ID:Dxfh4TK9

「ウィニー事件」記事(2004/5/29) 園田寿 甲南大学法科大学院教授(刑法)
 ファイル共有ソフトWinny(ウィニー)の開発者が、違法コピーを手助けしたとして、
著作権法違反幇助の容疑で逮捕された。
 報道によると、開発者は、実際に著作権法違反を犯した者とは面識もなく、共謀も
ない。不特定の者に著作権の侵害行為に使われるのを未必的にせよ認識した上で
開発し、配布し、改良を加えて誰でも利用できる状況を作ったとして、著作権法違反
行為を助長したと判断されたようだ。だが、開発者の行為は、一般的なソフト開発
業務の枠内に収まるものである。誰かが自分の作ったソフトを悪用する可能性がある
という認識を、幇助の故意としてしまってもよいのだろうか。
 この場合、幇助が成立するには確定的な故意の存在を必要とすべきだ。確かに従来
の判例では、幇助の成立には、犯罪行為をした者(正犯)の反抗を容易にする行為で
あれば足り、その手段方法は限定されない。正犯に気づかれずに援助する場合も
幇助となり、正犯を具体的に認識する必要もない。しかし、このように限定せずに
広範囲に幇助を処罰するのは、社会的に有用な活動を過度に制約する可能性がある。
日常的な業務活動の成果であっても、それが悪用されるかもしれないとの未必的な
認識で幇助が成立するとなると、プログラマーは常に処罰の可能性を意識せざるをえ
ない。ソフトウェア産業全体に萎縮効果を及ぼすことになり、国の将来にもマイナスとなる。
 犯罪に対する責任は、そのソフトを使用して直接、法益を侵害した正犯が負い、
開発者は、たとえ悪用されるかもしれないという認識があっても、通常の開発行為の
枠内であれば、その犯罪性を否定されるべきである。さもなければ、ソフトの開発者
ばかりでなく、ウィニーの解説書などの執筆者や出版社まで著作権法違反の共犯に
問われてしまうだろう。ソフト開発といった活動は、憲法が保障する基本的人権の
範囲何にとどまるものである。そこから生じる危険性は、法益を侵害した者を直接、
処罰することによって刑法的にコントロールすべきである。

623 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/06 21:21 ID:PxSoqvI3
俺らの救世主は鈴木亜美かもしれないなw

http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_06/g2004060502.html

624 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/06 21:39 ID:ARKgYICK
鈴木亜美が日本のレーベルではなく
海外のレーベルから日本向けに輸入盤という形で発売したら
輸入権騒動に一石を投じる形になるんだが・・・やらないか

625 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 00:05 ID:86r6sgL/
>>622
>  犯罪に対する責任は、そのソフトを使用して直接、法益を侵害した正犯が負い、
> 開発者は、たとえ悪用されるかもしれないという認識があっても、通常の開発行為の
> 枠内であれば、その犯罪性を否定されるべきである。

通常の開発行為を、どう規定するんだろ

626 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 02:23 ID:XuQ6bVBC
   /⌒~~~⌒\
 / ( ゚?д?゚ )y─┛~~
(_ ノγ U  ∩_∩) 大変長らく御愛顧頂きました ┌───────┐
  α___J _J      このスレッドも       (|●        ● |
  / ̄ ̄ ̄ ̄\   とうとう終了となりました。  /.| ┌▽▽▽▽┐ |
 /     ●  ●                    ( ┤ |      |  |
 |Y  Y       \誠にありがとうございました。\.└△△△△┘   \
 | |   |       ▼ |                  | \あ\      |\ \
 | \/        _人| ∧∧∩゛    ∧_∧     |     \り\     | (_)
 |       _/)/)/( ゚Д゚)/     (´∀` )   __ n    \が\.  |
 \    / 〔/\〕 U  / ∩∩ (    )o/  \ ヽ    \と\ |
  | | | c(*・_・)  |  |ヽ(´ー`)ノ_|  |  | (__丿    |.  /\ \う | (-_-)
  (__)_) UUUU /∪∪ (___)(_(__) ⊆_    ヽ_┘  └──┘(∩∩)



627 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 04:13 ID:tgxwF3gM
ちょっと話かわるけどさ
ちょっと前にサザエボンって流行っただろ。
あれ、赤塚不二夫氏本人は気に入ってたらしいが
なぜか赤塚氏名義で裁判起こしてるんだよな。

http://diary.hatena.ne.jp/dokusha/20040522
http://www.kanshin.com/index.php3?mode=keyword&id=42073


628 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 05:57 ID:cEs4TzLW
>>618
アニメDVDのレンタルと商品は全く以て違う。


何故なら、アニメDVDのレンタルには「初回限定」が付いていないし、
なおかつ、「ケース」も付いていない。

さらには、「DVDボックス」まで付いていないと言う有様。



従って、レンタルによるDVD購買率の低下は あ り え な い。

629 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 06:00 ID:cEs4TzLW
正確には「ぶっちゃけ、ありえない」

630 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 11:18 ID:ZBvREQj9
>>624
んなことない。
そもそも輸入版騒動だって、日本の代理店が付いたCCCD化された馬鹿高いのなら入って来る。

ただ、変な改竄されていない純粋なものや、日本での販売予定が無いものの入手が絶望的になると言う話で
(輸入版を仕入れたが、それが日本語発売されれば、一気にその仕入れたのがゴミになるから、恐くて店は仕入れられない)

631 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 13:00 ID:KTcdDrXF
>>628
要するに、コンテンツ業界は話し合ってお互いの取扱商品の棲み分けを図っているってことでしょ。

632 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 14:03 ID:DkDoslcn
>>631
いや 彼の結論は「アニメファンは変人だ」って事でしょ

ついでに言うとアニメファンは買っても外装のセロハンさえ開けない事もある
これもWinnyじゃ不可能

633 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 15:32 ID:KTcdDrXF
・・・はっ、反論できん

634 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 16:27 ID:gOv72iKV
みんな輸入権問題に気を取られてたようだけど(俺も)、
いつのまにかコンテンツ法なるものも制定されていたようだ。
http://www.rbbtoday.com/news/20040531/16815.html

635 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 18:05 ID:pd5xpEVa
元々アニメなんて特定少数に販売してるものなんだから値段が高くなるのは必然なんだよな。
むしろ大して視聴率も高くないドラマなんかが民法でいい時間帯を取っている方が
視聴率至上主義というか民法のビジネスモデルから見たら異常な事態。

636 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 18:17 ID:2QRC7Ao8
要するにアニメをゴールデンでやれということですか?

637 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 18:22 ID:KTcdDrXF
>>635
それは、想定しているビジネスモデルが違うよ。
あの辺の番組は、25分間のキャラクターグッズのCMだから成り立っているんだよ。

638 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 18:37 ID:pd5xpEVa
>>636

>>637
理屈自体はわかるんだが
どのぐらいテレビ局にインセンティブ入るの?

639 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 18:37 ID:/gR2M+ue
なんか著作権について認識がワケワカメになっちゃってるんだけどさー
個人利用のみとしても
レンタルしてきたビデオ&DVDってダビングorコピーってしちゃいけないんだよね?
ガードかかってんのをはずしてコピーなんてのはダメなんだろうなーと予測できるんだけど

あとこの辺の認識って音楽と異なるのかな?
昔は借りてきたCDは普通にコピーして保存してたんだけど。
今はCCCDとかでて技術的に無理にさせようとしてるっぽいんだけど・・・つーことは元々ダメだったことをやってたのかな
法律的には何が白で黒なのかイマイチはっきりしなくて消費者として混乱するばかり

640 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 19:20 ID:tgxwF3gM
>>630
いや、鈴木亜美サイドはこういうことやらないだろうなと言っただけなので
おまえの「んなことない。」以降の文章が全く反論になってなくてワラタ

641 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 19:25 ID:KTcdDrXF
>>638
インセンティブ自体は視聴率によって決まるんだろうから、何を放映したって同じじゃないの。

あ、そんなのは当然としてイクラ入るかって話は当方も知らないから、誰か当方にも教えてくれ。

642 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 20:40 ID:tN6t1Txm
618 名前:名無しさん@4周年 本日のレス 投稿日:04/06/07 01:08 PyzZlL6f
すでにアマゾンは輸入ルートを断たれて、洋楽CD輸入がストップしてるんだが...

【族議員暗躍?】AMAZONがCDを輸入できなくなった【通関業者を恫喝?】

著作権法改定に反対の意思表示をしたAMAZON.COMだが、CD輸入ルートの
各取引先に対してAMAZONと取引を行わぬよう恐るべき政治圧力がかかり、
6/1以降、同社はCD輸入が出来ない状況にある。

同社から顧客に対しては
「(輸入盤が)入荷出来る予定でしたが、入荷できる業者がないことが判明しました」
との説明が行われている模様。

輸入禁止状態が発生して6日間が経過しているが、大手マスメディアは
この事件を一切取り上げようとせず、黙殺をきめこんでいる。
2chとしては、いったい誰が、何の目的で、どのようにして圧力をかけているのか
内部告発も含めて、緊急フォローしていきたい。

http://news13.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1086226798/618

643 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 21:09 ID:Gm0logue
最高裁判決破棄を要求する大臣
http://blog.melma.com/00089025/20040607185946

644 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 21:33 ID:QPhH3ArO
>>643
ゲームソフトの中古問題でうちの大学の著作権法の教授が
「ゲーム産業の発展のためには頒布権を認めない判決(中古合法判決)はよろしくない」
と言っていたのをおもいだすなぁ
授業終わったあと質問しにいって
「そういった流通のコントロール権をなぜこういった著作権業界には
特権的に認めるんですか?自動車とかほかの産業にも中古流通
はありますよね?なぜこういった産業は認めなくてゲーム業界は
認めるんですか?そういった権利はどこの業界でもほしいんじゃないですか?」
と訊いたら
「ゲーム産業は若い業界だから保護する必要がある」
というわけのわからん返答かえしてきたな
ならいつまで若くていつから成熟産業なんだか・・・・
なら頒布権のある映画産業は永遠に若い産業か?
成熟したとき(いつ確定するんだ?)にその権利は
きちんとなくせるのか?

中古流通による消費者の市場流通からの入手の担保性の確保とか
消費者利益とかち〜〜〜っとも言ってなかったな
じゃ中古なくすかわりに価格さげたり絶版なくしたりするのかねぇ?


645 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 21:34 ID:pgX50w2M
>>642
また+廚か・・・。
確証もなく騒ぐと墓穴掘ることになるからやめとけ。
駆け込み需要だっつーの。

646 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 21:46 ID:tgxwF3gM
>>644
それどこの大学だよ
教授の名前ともども晒せ

647 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 21:53 ID:QPhH3ArO
>>646
名誉毀損で訴えられることとか考えるとガクブルだからそれは言えない


648 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 21:56 ID:pgX50w2M
>>644
コンテンツ産業は中古でも、そのものは劣化しないからという理由じゃないのか?
パッケージなどはぼろくなるが、あくまで主体は中身だから。
車とかは中古だと性能が劣るわけだし。


649 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 22:07 ID:tgxwF3gM
>>647
(゚Д゚)ハァ?
「○○大学の○○という教授が□□□と発言した」
という事実を言っただけで名誉毀損?

悪いが、おまえ、高卒の俺より頭悪いぞ。


650 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 22:08 ID:tgxwF3gM
>>648
ROMカセットの接触が悪くなったり
CD-ROMの読み取りが悪くなったりします

つまり、劣化はあります。

651 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 22:11 ID:QPhH3ArO
>>649
まだ大学に籍あるし、大学自体に愛着がないわけじゃないしな
その辺は「大人」の判断というやつだ


652 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 22:16 ID:pgX50w2M
>>650
コンテンツに金を払っているわけで、ROMなどは容器にすぎないという見方だよ。
その容器を基準に考えるか、そうではないか、それだけ。

容器にも金払っているとかいう下らない反論はやめてな。
あくまで、見方の問題だから。

653 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 22:26 ID:tgxwF3gM
>>652
くだらない反論だとバッサリ切るのは間違ってるだろ。
現実に容器に多大なコストがかかってるのも事実だし
(任天堂のROMは容器に特許料まで含まれてるんだぜ)
容器がなければ中身は機能しないのは事実だろ。


654 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 22:33 ID:QPhH3ArO
>>648
それだと頒布権の根拠にはならない
認めることが出来るのは中古流通から一定の売り上げを
還付してもらえるという程度だ(報酬請求権)
流通形態として有体物の形をとっている以上破損はありうるから
多くは取れないという条件もつく
車だってデザインもあるし、建物にだってデザインとして著作権の保護を受ける

頒布権という権利は流通に対するコントロール権そのものだから
権利者が中古を許可しないといえば不可になる権利
そもそも映画のフィルムによる上映がおなじフィルムを映画館同士
で使いまわすからという業界特殊性により認められた権利で
他の著作物にも適用するなんて暴挙以外のなにものでもない

いくらなんでもアメリカ、ヨーロッパでもこんな議論していない
なぜなら消費者の自身の保有する権利処分に重大な影響をおよぼすから
(ゲームソフトの所有権売却ができなくなる)

再販制度の護持といい、あまりに身勝手だから一介の学生にもつっこまれるんだよ

655 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 22:38 ID:tgxwF3gM
あまりに身勝手だから高卒中年DQNの俺様にも突っ込まれる

656 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 22:47 ID:QPhH3ArO
追記しておくと
アップルの音楽配信サイトで買った楽曲を他人に売れるのか
ということが問題になった
これだとデータという無体物だけで頒布権を認める余地もでようが
それでも個人の保有する権利処分の自由という観点から
認められるかはかなり疑問

657 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 22:55 ID:pgX50w2M
>>654
>認めることが出来るのは中古流通から一定の売り上げを
>還付してもらえるという程度だ(報酬請求権)
中古市場からの還付が実質不可能だから(出来てもやるだけのメリットがないから)、
許諾権を与えているという見方は出来ないか?

なんて思ってないんだが論調がアレだから反論したくなってきたw
ちょっと消費者主導で考えすぎ。




658 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 22:58 ID:tgxwF3gM
データ配信はコピーだから、新たに著作権者に頒布権が発生する
と考えるのが道理。
したがってユーザーが第三者に譲渡または売却することはできない
と解するのが常識的な見解では?


659 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:02 ID:tgxwF3gM
固体メディアによる著作物の頒布
⇒固体メディアにすでにコピーされている
⇒コピーされたものの頒布権は消尽している

データ配信による著作物の頒布
⇒新たにHDD等にコピーが行われる
⇒著作権者に新たに頒布権が発生する(利用者による頒布は不可)
⇒利用者が他のHDDやCD-Rにコピーするのは私的複製の範囲なので除外


660 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:07 ID:QPhH3ArO
>>657
いやだからもともと頒布権自体が業界特殊の要因から
認められた権利であるということがあるわけ

それに許諾権うんぬん、還付不可はどの中古市場見ても
普遍に該当する話だからゲームだけを
特別に保護する理由にはならない

661 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:16 ID:pd5xpEVa
>>650
自分でも屁理屈だって思うだろ?
>>641
例えば日曜日にやってるこち亀の視聴率が1%だったとして
他の視聴率10%とれるバラエティ放送するより儲かるのかなと

662 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:21 ID:QPhH3ArO
>>659
ただそれをやると中古売買不可になるから
売却という消費者のダメージ最小化行動がとれない
すると大胆に値切りとかしないと地雷回避のために
積極的に消費しないという行動がおこることが予想される

特に体験してみないとわからないゲーム、書籍等は
副作用が大きすぎると思う
TV放送として一回はタダで見ることが出来る
アニメはそれほど影響ないかもしれんが・・・

ゲームでシリーズ物しか売れないという消費者の守りの行動
の遠因が中古ゲーム撲滅キャンペーンにあるとみるのは
うがちすぎだろうか?

663 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:24 ID:QPhH3ArO
>>661
俺は>>650は屁理屈じゃないと思う
人の心理として適切だとおもうぞ
人の手垢ついた本が新品と等価だと思えないし

664 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:32 ID:tgxwF3gM
>>662
> ただそれをやると中古売買不可になるから
???
固形メディアの中古販売はできますよ。
だって頒布権は消尽してるのだから。

データ配信の中古販売もみとめろってこと?
そりゃ無茶だ。


665 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:32 ID:pgX50w2M
コンテンツ産業ってのは実態がないモノを扱ってるわけで
普通の製造業などと同列で並べてしまうのはちょっとどうかと思う。
ビジネスとして初めからハンデをしょってるんだよ。
ま、それがなくなれっつー考えならしょうがないけど。
ゲームなんてほんとヤバいよ今。もう質云々で解決できるもんではない。

666 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:35 ID:tgxwF3gM
>>663
それは当然の話ですね。
よって>>661は首吊って芯でね。


667 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:39 ID:tgxwF3gM
>>665
ゲームのアイデアはほぼ出尽くしたということでしょう。
べつに中古のせいで売れないわけじゃない。
そこんとこ勘違いしないように。
需要がないのだから適切に淘汰されるべき。

668 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:44 ID:pgX50w2M
>>667
中古も一因ではあることは確か。
損失の原因を取り除こうとするのはビジネスとして
当然の行動だと思うけど?


669 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:44 ID:QPhH3ArO
>>664
ああ
今話題になっているゲームの中古販売をなんとかしろ
っていうのはゲームに頒布権をみとめろってことだから
今の中古販売はできなくなるという話

データ配信においても価格が変わらなかったら
消費者にメリットがなくデメリットが大きすぎるから
はやんないよというお話

>>665
たしかに複製が容易になるとデッドコピーが大量に生じ利益が
減るから禁止にするのはわかるが
流通をコントロールしたり、価格を統制したりする権利を認める
必然性、正当性はどこにある?

また現状の苦しさもそれはゲーム会社のほうにおいて解決すべき問題であって
苦しいから法律にすがろうってほうが問題じゃないか?
ゲームの楽しさ=画面の綺麗さじゃないし
かけた費用の総和で決定されるものじゃない
重厚長大の発想から抜けきれないとかな
あとヤバイのは下町の町工場のほうがヤバいんじゃねぇの?
精密技術の宝庫なんだろ?
不況なんだからどこもヤバイのはおんなじ


670 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:44 ID:Hml2RTAO
>667
どのみちゲーム業界みたいな構造不況業種は淘汰されるしかないような気がするんだな。
まあ造船とか石炭とか、そういう衰退産業に限って過剰な規制の末にさらなる衰退を招く
ものだが。


671 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:46 ID:tgxwF3gM
>>650に付け加えると
・説明書の汚れや破損、不備など
・箱の汚れや破損、不備など
・その他特典(ステッカーなど)がついてた場合、それがついてない場合もある
・ユーザーサポートのハガキの不備など


672 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:46 ID:QPhH3ArO
>>668
本来中立的立場の法律に庇護を求めようとするところが
大問題
ビジネス上の損失ならビジネス上で解決しろや

673 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:48 ID:QPhH3ArO
>>671
情報内容そのものが時間がたつにつれて劣化することも
あるけどな

674 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:48 ID:pgX50w2M
>>672
それは奇麗事にすぎないよ。
業界が潰れそうならあらゆる手段を使ってでも生き残ろうとするのが
そんなに悪いか?

675 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:50 ID:No01ltkT
>>639

平たく云えば、
・私的使用目的のコピーは問題ない
・私的使用目的のコピーは権利ではないので、発売元がコピーガードをかけるのは自由
・コピーガードを外してのコピーは違法
・スクランブルが掛かっているDVDの場合、スクランブルを解除するのは無問題

676 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:50 ID:tgxwF3gM
>>668
> 中古も一因ではあることは確か。
確かかどうかちゃんとした統計は取れてるのかな?
消費者の可処分所得には限りがありますが。
中古に売却できないことで可処分所得が減り
新品の売上が落ちることは十分に考えられる。

> 損失の原因を取り除こうとするのはビジネスとして
> 当然の行動だと思うけど?
法的根拠のない主張は認められません。


677 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:52 ID:tgxwF3gM
>>669
> データ配信においても価格が変わらなかったら
> 消費者にメリットがなくデメリットが大きすぎるから
> はやんないよというお話
流行らなければ淘汰されるだけ。
なにも問題ない。
理論的にデータ配信の中古販売は認められないという話とは
根本的に繋がらない。


678 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:54 ID:tgxwF3gM
>>674
> 業界が潰れそうならあらゆる手段を使ってでも生き残ろうとするのが
> そんなに悪いか?

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□
□□□□□■□■□□□□□■□□□□□□□□□□
□□■■■■■■■■■□□■□□□□□□□■□□
□□■□□■□■□□■□□■□□□□□□□■□□
□□■■■■■■■■■□□■□□□□□□□□■□
□□□□□■□■□□□□□■□□□□□□□□■□
□■■■■■■■■■■■□■□□□□□□□□■□
□□□□□□■□□□□□□■□□□□□□□□■□
□□■□■□□■□□■□□□■□■□□□□□■□
□□■□■□□□□■□■□□■□■□□□□□□□
□■□□■■■■■■□□□□□■□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


679 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:54 ID:pgX50w2M
本来コンテンツ産業は自由競争に晒すべきではないと思うんだよ。
モノがない分弱すぎる。有形物にしか価値を見出せないような人もいるんだし。

680 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:56 ID:pgX50w2M
>>678
それは自分が損をするから悪いと言っているわけで、
自分が損しきゃいいわけだろ?広告代理店の搾取モデルとかさ。
消費者も業界も自分勝手なのは同じ。

681 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:58 ID:QPhH3ArO
>>674
法律に権利として規定する=既得権化する
もとの状態にもどすことが容易ではない、というかほぼ不可
という現状、状態があるなかでいろいろな立場の者の利益
を比較衡量をするという結果の産物である法律で、ある者に権利
を特権的に付与し、保護しようとすることは大問題

端的にいうと悪い

>>677
まぁそうなんだろうけど

でもその方法だとデータ配信のうまみが業者としては勝るわけなんだから
業者がどのような行動をとるかはわかるよな?
(著作物の唯一性から入手方法がそれしかないということに着目する)

682 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/07 23:59 ID:tgxwF3gM
>>679
ならば北朝鮮にでも住めば?

>>680
消費者が企業や商品を選ぶのは権利であり
企業が消費者に商品を選んでもらうように努力するのは義務
努力を放棄した企業は即座に死すべし


683 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 00:01 ID:3OccWy21
>>682
消費者には買わない権利があるというのも忘れないでw

684 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 00:01 ID:0npBXHn6
>>680
自分勝手がそんなに悪いか?
いま存在する自身の権利を主張するのは当たり前だろ?
一人で自分勝手って言って第三者にたった気分で傍観して思考停止してろよ

業界は「ない権利」を「ある権利」にしようとして
現に「ある権利」を侵害しようとしているんだぞ

685 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 00:02 ID:eecndWsG
>>681
著作物の唯一性はほとんど問題にならない。
高ければ買わないだけだから。
あるいは海賊盤がはびこるだけ。

686 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 00:04 ID:eecndWsG
>>684
たとえば、A君が1000円持ってたとする。
B君は「俺はいまにも飢え死にしそうなのに、おまえが100万円もってるのは
自分勝手だ。俺に1000円よこせ」

A君=消費者
B君=頒布権の消尽を認めようとしない人たち

687 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 00:05 ID:eecndWsG
×おまえが100万円
○おまえが1000円

ごめそ

688 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 00:05 ID:0npBXHn6
>>685
だからwinnyが問題になってるんだろw

>>683
代替物があればそれも有効なんだがなぁ・・・

689 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 00:07 ID:eecndWsG
>>688
代替物=海賊盤

消費者にとって、それが違法かどうかはさほど重要ではない。
そして、需要がある以上、訴訟リスクを犯してでも供給するやつが
必ずいる。


690 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 00:09 ID:0npBXHn6
>>689
俺もそう思う

コントロールされた著作物の競争相手は海賊版なんだよな

691 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 00:14 ID:HGw3uRlF
ttp://www.brain-labo.net/


超ワラタ

692 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 00:15 ID:0npBXHn6
すると鞭だけでは対応出来ない
なぜならコントロールの強化(鞭)は海賊版の価値の上昇につながるからな
海賊版がwinnyで無料で出回ろうともアキバの路上で売られようとも
コントロール分だけ値段をさげないことには
海賊版の実質上の価値下落にはつながらない

693 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 02:39 ID:kaSZNtj/
また理屈こねくりまわしてny擁護しちゃってるよ。
しょうがねえなny廚はw

694 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 06:49 ID:eecndWsG
反論できなくなると必ずny厨よばわりして逃げるんだね

695 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 07:57 ID:aKXPrk4Q
>>694
nyさえ黙認してくれたら何の不満もないんだろww

696 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 09:08 ID:0npBXHn6
>>693
>>695
どこをどう読んだらny擁護につながるんだか・・・
もしかして日本語の不自由な方ですか?

697 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 09:35 ID:4vMIKfjD
生活必需品でもないのに代替なんて必要ねーだろw
嫌なら買うな。代替物として海賊盤(ny)を有効な手段とか考えるなよ。犯罪者www


698 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 09:41 ID:FN3GBapi
↑100円ショップが何故流行るか分からないアフォ

699 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 09:53 ID:0npBXHn6
>>697
合理的な手段として経済的側面とコントロールの権利がどのような結果をもたらすか
を説明しただけだろ?

それにどんなことをしても入手しようと考える者
(海賊版でもいいから入手しようと考える者)
には刑法の一般予防効果が効果的に見込めないことも
知らんのか?

嗜好品ということはあるものにとっては究極の生活必需品
でもあるんだしな

生活必需品でしか経済がまわってないと永遠に思ってたまえ
あといいかげんその犯罪者とか低レベルなレッテル貼りには
飽き飽きしたからもっと効果的な反論してくれたまえ

700 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 09:54 ID:/KIE4GwC
複製や二次利用を認めることによる需要喚起は、実際にやってみて示すしかないだろう。
法改正など待っていては永久に無理だ。
たとえばLinuxは、ソースコード公開を強制する法律の成立を待っていては永久に登場しなかっただろうし、
法によって全てのソフトウェアのソース公開が強制されていたなら、マイクロソフトに対する強みは
持ち得なかっただろう。

701 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 09:56 ID:4vMIKfjD
>>698
説明してから言ってね☆

>>699
>嗜好品ということはあるものにとっては究極の生活必需品
あいかわらず詭弁大好きですね。
そちらこそ勝手にレッテルを貼らないでくれたまえ

702 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 10:00 ID:0npBXHn6
>>701
たんなるwinnyがはやる理由を説明しただけから
犯罪者よばわりするという大レッテル貼りをして
議論を誘導しようとする

大 詭 弁 を

弄したのはあなた自身なんですがwWw
自分が言ったことを数分もおぼえてられませんか?wWw
鳥並みの知能や脳の大きさで人の言葉さえずらないでください
人間のほうが恥ずかしくなるからな

703 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 10:48 ID:cwJxW4om
レスが伸びてると思ったら、ガキの罵り合いか・・・・

704 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 11:44 ID:8TtU8aKi
>>700
「複製や二次利用を認めることによる需要喚起」とあるが二次利用はまぁわかるが、複製じゃぁ需要は喚起されないんじゃないか。
あと、法律で禁じられているのは「著作権者に無断」の「複製や二次利用」だろう。
現行法でもLinuxのソースコード公開は実現されるんじゃないのか。

?なんか良くわからんぞ。
法律によるソースコードの公開は義務付けられるべきじゃないと言っているのか?



705 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 11:52 ID:jMj9qkFf
そりゃ義務づけられるべきじゃないな。
というかソースコードを特別視するのはおかしい。
ソースコードを法律で公開を義務付けるべきというのなら、
同じ理由でハードウェアの設計図とか、食料を加工する技術とか、
企業秘密といわれるもの全ての公開を義務付けるべきと言うことになる。

706 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 12:07 ID:CTPw6b3i
>>704
確かにJASRACは「聴きたきゃ見たきゃ金を払え」って言ってるだけで
聴くなとも見るなとも言ってない。
それでWinny厨に「文化の破壊者」呼ばわりされる謂われはないよな。

ただこれは無形物である情報物の特性と、同一著作物であってもメディアに
よって価格差(セル・レンタル・TVラジオ等)をつけてきた事によって
著作物観賞=有償という観念は育ちにくくなってるし、おそらくこれからも
そうだろう。
これは課税の観念に似ているね。

707 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 12:13 ID:jMj9qkFf
> 著作物観賞=有償という観念は育ちにくくなってるし
そうでもないよ。

著作物を好きなときに好きなだけ見たいと思った場合は
有償という概念は誰でも持っている。

公開直後に大画面でみたけりゃ有償で映画を見るし、
映画を見逃したり後でいいとか家でじっくりみたいと思えば有償のレンタル借りるし。

708 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 12:22 ID:nWDFb0T8
>>707
エミュについても言えるな。

漏れの場合だが、エミュでやっていて持ち運びが出来ないことに嫌気が差し(ノートでもなぁ…)
実機の方を手に入れているわけだ。
#はまったのがポケモンだってのが…姙転銅に金やるなんて…orz

所詮エミュレータはあくまでエミュレーションであって本物ではないということだね。


709 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 12:35 ID:Vzjmatvi
何でも時代に合わないものは淘汰されろ、っつーのはちょっと暴挙ではないのか。

例えばCD屋の原価は7割5分なんだけど、
ちょっと商売やってた人ならわかると思うが
3000円なんていう単価では基本的に商売は成り立たない。
在庫もそれなりに抱える必要があるし。
それがなんで成り立っているかというと保護のおかげなわけで。
原価のみで判断すると、CDは5000円くらいが適性価格なのではないだろうか。

そこで原価を下げろと言う話になるわけだけど、
下げるとしたら今と同質なものを期待してはいけないと思う。
消費者は質より値段、業界は質重視、というギャップが生じているんだと思う。

710 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 12:49 ID:w2kevdAr
>>709
小売と元売を混同して考えないほうがいいよ

あと業界が質重視ならDVD−Audioの
販売割合ふやすはずと考えられるが
本当に質重視か?

711 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 12:57 ID:Vzjmatvi
>>710
小売価格と原価決めているのは元売りなわけで。
普通の小売ならこんなムチャクチャな条件(原価7割5分)を受けるわけないんだが
保護により成り立つようにしてると言いたいわけ。

質と言うのはメディアの話ではなくて全ての面の話ね。
広告も現在のように打つことが出来ず発売を知るのはネットで調べるしかなくなる、エトセトラ。

712 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 13:52 ID:jMj9qkFf
>>708
ここで言っているのは著作物鑑賞=有償という観念が育ちにくいかどうか。
エミュレータ(ゲーム)は鑑賞といわないと言うのは抜きにしても、
ゲームの場合は著作権鑑賞と違い無料でやれる場合が少ない
(友達から借りるか店頭のデモで遊ぶくらい)ので
著作物=有償という観念は普通に有る。

さっきも書いたけど別に著作物鑑賞=有償という観念が
育ちにくくはなってないんだよな。
無料なのは地上波放送ぐらいだし、それでも
WOWWOWやCSなんて有償の放送も受け入れられている。

713 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 15:11 ID:lvbsUo8x
50年間一時的に全ての制限を取っ払ってみたらどうか。
新しいビジネスモデルが産まれるかもしれないし、ビデオデッキみたいに
かえってメーカーの利益になる事もあろう。

714 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 15:14 ID:jMj9qkFf
>>713
面白いかもしれないけど、まあムリだね。

715 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 15:49 ID:jc1fi321
著作権取っ払うのは既存のメーカーが反対するから絶対に無理。それどころかいまの50年よりもっと延長しろとか言い出しそうだし。

716 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 15:53 ID:XYUKTphL
著作権をとっぱらったらそのあたりのビジネス崩壊以外無いだろ
どっかの貴族みたいのがせっせと金をつぎ込むような事がおきると思ってるのか

717 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 16:01 ID:8TtU8aKi
そだね。
著作権てのは、著作者と流通者と消費者のルールだから、それを無くすってのはどうかと思うな。

718 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 16:08 ID:jc1fi321
ただ、いまよりも著作権を短くするのは問題ないと思うんだが。今の50年から10年ぐらいにしてみたらどうだろう?10年前の著作物なんてほとんど価値ないし。

719 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 16:13 ID:jMj9qkFf
価値があるから著作権の保護に期限をつけて
それ以降は自由に使えるようにしているんだと思うが?

720 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 16:15 ID:8TtU8aKi
>>718
昨日ふと50年の根拠について思ったのだが、たとえばサザエさんや手塚治とか死んでからも価値のあるコンテンツはあるわけだし、
また、その著作権を糧に生活している人もいるわけだ。
そんな理由で50年じゃないのかな。

まぁ、調べたわけじゃなくて勝手な想像なのだがな。

721 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 16:17 ID:8TtU8aKi
× サザエさん
○ 長谷川町子

722 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 16:42 ID:XYUKTphL
>>718
長いか短いかはおいといて
価値が無いのもなら保護されてようが保護されなかろうが関係無いだろ?

723 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 18:41 ID:qGT/q0uQ
JASRACはネットのMIDI文化は破壊したなぁ。。。

724 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 18:43 ID:qGT/q0uQ
>>720
著作者じゃないのに、著作権で糧にしてるって理由がよくわからないんだな。
まあ、10年20年くらいならいいけど、50年となると、著作者との関わりが、かなり遠いのに著作収入を得てるし。

725 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 18:49 ID:qGT/q0uQ
古い時代の著作物は、著作者の生前にしっかりとした収入得てないケースもあるだろうから、相続者が50年の間
利益を得るってのもわからなくもない。
でも、著作者がきっちり収入得られる仕組みが出来てる時代ならば、著作収入で儲けた金は遺産相続されるんだから、
著作者死後50年とか70年の保護って、誰の何のためのものか、よくわからん。

726 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 18:55 ID:ChEh/V/D
まあ10年経っても経済的価値のある著作物なんてものは
いちど商業ルートに乗った著作物のうち1割もないだろ。
その1割にも満たない経済的価値を保護するために
残りのどうでもいい9割まで保護されてしまっているのが現状。


727 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 19:02 ID:XYUKTphL
で、経済的価値の無いものが保護されることで何か困るのか?

728 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 19:10 ID:ChEh/V/D
どんなマイナーな作品にも、ファンはいるんだよ。

729 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 19:12 ID:jMj9qkFf
お前の作品は経済的価値がないから保護しない。

こんなこと言われたら普通はむかつく。

730 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 19:15 ID:XYUKTphL
>>728
で?ファンがいるとなんで保護されちゃいけないの?
むしろファンが居るという事はそこに商品価値があるわけで
価値も無いようなものであるという前提が崩壊する

731 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 19:21 ID:8TtU8aKi
著作物で利益を得ているのは、作者だけではなくてアニメ化されたらアニメの製作会社、コンテンツが流通すれば流通会社も利益を得ているってことだよ。
「原作者氏にました、明日からこの作品のコピーは誰でもOK」じゃ困る人も多いのではって事。

(あくまで調べたわけじゃないぞ。当方の想像だ)

732 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 19:22 ID:19LopUpE
マイナーという時点で経済価値はあるよな。
タワレコ渋谷に置いてあるCDでも
世に出ているCDのほんの一部にすぎないわけで。

733 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 19:43 ID:qGT/q0uQ
>>731
死んだ直後じゃ困る事多いのはわかる、10年20年くらいの準備期間はあったほうがいいかもしれない。
でも、50年70年ってのは、文化停滞にしかならないきがするんだよね。

734 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 19:48 ID:ChEh/V/D
>>730
ファンがいるのに生産コストや管理コストなどのほうが高くついてしまうため
商品化できないものがたっっっっっっくさんあるってこと。


735 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 19:50 ID:qGT/q0uQ
>>727
保護が切れると、たとえばWEBなどで自由に公開されてたら、再び日の目を見やすくなったり、
MIDIなんかのアレンジ素材として発展したり、ゲームなんかだと版権元がわからなくなって遊べないものが遊べたり
リメイクとして活用したり、いくらでも価値はあると思う。

736 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 19:56 ID:5m3rgt+L
もうこの話はどーでもいいや


737 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 19:58 ID:8TtU8aKi
>>731
あー、確かに期間が長いのではっていうのは解るし、フリーになって日の目を見たりってのもある罠。
製品寿命が短くなった昨今、50年ってのは確かに長いかもしれないな。


738 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 19:59 ID:8TtU8aKi
>>731 じゃなくて >>733


739 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 20:04 ID:8TtU8aKi
学者サンの論文って引用されたら引用されただけ価値が高いと見なされるって所があるだろ。
そんな感じでフリーになっても金銭以外の価値が見えるような仕組みってないかね。

740 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 20:05 ID:XYUKTphL
>>734
本人が望めばフリーに出来るんだからそれでいいんじゃないの?
他人が権利を決めていいもんじゃないだろ
>>735
それは経済的価値があるって事じゃん。
間が悪くて売れなかった商品を横取りして使おうってのはなんだかね

741 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 20:07 ID:kC0ZyCaT
http://www.ipsj.or.jp/01kyotsu/workshop/winny/winny_workshop.html

Winny事件を契機に情報処理技術の発展と社会的利益について考えるワークショップ
共 催:社団法人 情報処理学会 / 情報ネットワーク法学会  

開催日時:平成16年6月28日(月) 13:00〜17:00

開催会場:東京電機大学 神田キャンパス11号館17F 大会議室 (東京都千代田区神田錦町2-2)
        会場へのアクセス: http://www.dendai.ac.jp/d2_guide/access_index.html

参加費:無 料

定  員:100名(定員になり次第〆切り)

【ワークショップ概要】
Winnyについての事件を契機に, P2P技術の現状や、著作権法の運用の現状を知り、情報処理技術の発展を阻害せずに、不正コピーの横行という社会的問題を生じさせないために、何をすればよいかと考える。

【プログラム】

■第1部 司会:佐々木 良一(東京電機大学)  
13:00-13:20 講演1 P2P技術の動向とWinnyの機能と構成 宇田 隆哉(東京工科大学)        
13:20-13:40 講演2 ネットワーク管理者からみたP2P技術 岡村 耕二(九州大学)        
13:40-14:00 講演3 P2Pにおいて不正コピー防止は可能か 丸山 宏(IBMビジネスコンサルティングサービス)

■第2部 司会:落合 洋司(弁護士/イージス法律事務所)  
14:10-14:30 講演4 ネットを用いたP2Pファイル交換をめぐる日米における従来の裁判の動向 岡村 久道(弁護士/近畿大学)        
14:30-14:50 講演5 P2Pソフトウエア(winny)開発者の刑事責任に関する問題点について 壇 俊光(弁護士/大阪弁護士会)
14:50-15:10 講演6 検討中 検討中

■パネル討論  
15:30-17:00 司   会:佐々木 良一
パネリスト:岡村 耕二,丸山 宏,岡村 久道,壇 俊光,検討中、瀬川 典久(岩手県大)

742 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 20:12 ID:ChEh/V/D
>>740
残念ですが、仮に本人が望んでもフリーにすることは不可能です。
一つの作品にはいろんな権利が数多くあり、それぞれの権利がバラバラに
いろんな人に分け与えられています。
普通の人が、すべての権利者から確認を得るということは事実上不可能です。

また、その作品が完全にフリーであることを証明する手段がないため
(たとえば新聞広告などによって、その作品を完全フリーとする旨の宣言でもあれば別だが)
たとえばA氏がすべての権利者に、当該作品がフリー化されたことを確認した上で
その作品を使用した頒布物を作ったとしても、別のB氏がその作品を頒布するためには
やはり同様にすべての権利者から確認を取らなくてはいけません。


743 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 20:26 ID:jMj9qkFf
>>742
所詮言い訳だな。
本人が望んでいるのにフリーに出来ないってのは
単に本人がまともな著作権管理をしてなかったせいだ。
権利を分け与えのは本人自身。
自業自得なだけ。それ以上でもそれ以下でもない。

744 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 20:30 ID:8TtU8aKi
>>740 735が言っているのは、価値はあるけど販売や流通に載せるにはコストの問題で出来ないようなものは、著作権者がOK出せばフリーでも良いんじゃないのって事だと思うが、実際にあるだろそんな例は。
X68kのOSとかそんなんじゃなかったっけ。

>>742
確かにそれはあるな。
DRMも必要だが、そっちのほうも何とかならないものかな。
XMLを使った著作権DTDみたいなのがあった気もするんだが、機能しているのかな?

745 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 20:40 ID:ChEh/V/D
>>743
論点ずれまくり

746 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 20:55 ID:qGT/q0uQ
>>740
間が悪くてってのがよくわからないんだけど、著作者自体にはちゃんと正当な利益は与えられるべきだと思うけど
死後50年だと長すぎて、著作者と直接関係ない人たちの権利を守ってるだけじゃないかってこと。

747 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 21:02 ID:19LopUpE
>>742
既得権との衝突ってことだろ?レッシングですら答えが出せてない問題だっけ?
ただ再利用価値するものは基本的に経済的価値があるものだから、
その権利をなるべく短くしろっつーのはあんまり個人的には同意できない。
50年はちょっと長いかな?くらいだな俺は。

748 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 21:08 ID:ChEh/V/D
>>746
著作権を持つ人は建前上、著作者から権利を譲渡されてるので
「直接関係ない」とは言えない。

まあ建前がどうあれ現実は著作者からの搾取であることに
変わりはないのだが。

あと「死後」という保護期間の設定方法にも問題あるな。
たとえば死後50年のところを10年に改めた場合
共同著作物などで権利を独占したい香具師が
もう一方の著作者を殺害する可能性だってある。
相方が死ねば10年後には権利を独占できることになるからね。

個人的には、権利保護期間は生前死後とは無関係に設定されるべき
だと思う。


749 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 21:18 ID:ChEh/V/D
>>747
たとえ著作者が生存していたとしても
何十年も前に作った作品が突然、商業的価値をもつようになる場合
というのは、ほぼ例外なく著作者と無関係な第三者の功績による。
「蒲田行進曲」がヒットしたのは映画のおかげ
「ぼくたちの失敗」がヒットしたのはドラマのおかげ
そこに著作者の意図など、ほとんど介在してないわけだ。

中古レコードを何年も大事に保存していたら
ものすごいプレミア価値がついていた、ということはよくあるが
保存への努力がなければそのプレミアの恩恵にも預かれない。
著作者は著作権を持つというだけで、その著作物の保存への
努力はなにもしてないのに勝手に価値が向上したというだけで
あぶく銭を頂戴するのは、ちょっと虫がよすぎるようにも思える。




750 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 21:22 ID:jMj9qkFf
>>745
そもそもあんたが論点ずれてんだろ。
本人が望めばフリーにできる。
これは間違いじゃない。
その本人に不手際があった場合はその不手際が問題なだけ。

751 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 21:41 ID:ChEh/V/D

こういう現実離れした空論しか言えないバカとは議論したくないなあ。

752 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 21:43 ID:ocAUrqI0
死ぬ前に遺言書いとかないとな。

753 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 22:43 ID:XYUKTphL
大した問題もない著作権法そのものにケチつけてるほうが空論だろ。
具体的に商品名をあげてどれが問題なのか指摘してみ?

754 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 23:06 ID:Di7P/OUY
>>720
たとえば建築物のように、労働によって製作されたものが収益を生み出し続けるのに
その労働の対価は製作作業に対してしか支払われないというものもある。

755 :700:04/06/08 23:26 ID:xuag9oET
>>704
つまり、>>101を言いたい。
それに加え、現行法のもとで既存のメジャーが漫然とガチガチの著作権を主張していることは、
ゆるい著作権を主張するマイナー作家がそのゆるさによってメジャーと差別化できるという点で
利点でさえあるということもある。

そして、消費者に「ゆるい著作権」の快適さが広く知られ、不便な世界が忌避されるようになれば
そのとき、メジャーも何らかの決断をくだすことになるだろう。

756 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/08 23:30 ID:19LopUpE
ジミヘンは死後34年経ったわけだけど、
著作権持ってるのがおかしいとは思わないな。

757 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 13:30 ID:WMICpGLX
>>755
それはOpenSorcの動きは広っていくんじゃないって見解って解釈で良いかな。



758 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 13:58 ID:t2Ojsxgx
>>ACCS
>Winnyは「技術的なテロ」――ACCS久保田専務理事
> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040608-00000024-zdn_n-sci
>久保田氏は、著作権法は関係省庁・団体などが真摯(しんし)な議論を重ねた上で法改正などを行っており、
>それをWinnyという道具を使って強引に改正を企てるのは「技術的なテロであり、非民主主義的行為だ」と非難した。

ハハハ                             イキデキネーヨ
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ハライテ-       ゲラゲラ
   ( ´∀`) < わははは         ∧_∧       〃´⌒ヽ       モウ カンベン
.  ( つ ⊂ )  \_______   (´∀` ,,)、      ( _ ;)        シテクダサイ
   .)  ) )   ○   ∧_∧      ,, へ,, へ⊂),     _(∨ ∨ )_     ∧_∧ ○,
  (__)_)  ⊂ ´⌒つ´∀`)つ    (_(__)_丿      し ̄ ̄し     ⊂(´∀`⊂ ⌒ヽつ
          タッテ ラレネーヨ


759 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 14:07 ID:yhjh4DEW
>758
ACCSの久保田はわかってないね。議論されて法律などが制定されてから世の中が動くわけじゃない。世の中が動いてそれに適応出来るように法律や制度が整備される。本末転倒もはなはだしいし。


760 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 14:11 ID:WMICpGLX
えらい人はそんなモンだよね。

まぁ、テロって表現が「弱者が強者に抵抗する方法」って意味ならその通りだ。
あと、テロが生まれる背景には「強者の論理しか通らない世の中」って事があるって意味でもそうだな。


761 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 14:37 ID:sZvpc0bv
やれやれテロ正当化の連中はほんとアホだらけだな、
というか法改正を必要としてる人間なんてほとんどいない
=善良な大多数の市民に負担を強いるだけという理論をちゃんと話せばよかったのになぁ
タダで欲しいだけのバカを勢いづかせるだけだ

762 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 14:41 ID:WMICpGLX
それが通ればテロなんか起きないぞ。>善良な大多数の市民に負担を強いるだけという理論をちゃんと話せばよかったのになぁ

「法改正を必要としてる人間なんてほとんどいない 」てのは、まぁ当方もそう思うがな。
だからと言って、現状がベストだなんていい切れる香具師はどうかしていると思うぞ。

763 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 14:45 ID:JuyvFRp7
>>750-751
これが答え
http://chiaki.st/


764 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 15:08 ID:t2Ojsxgx
645 名前: 番組の途中ですが名無しです [sage] 投稿日: 04/06/09 14:56 ID:jeolAi+j
>>635
ソフトバンクも会員だ。
http://www.accsjp.or.jp/member.html


646 名前: ネジ神 ◆.xtkFvmjiE [sage] 投稿日: 04/06/09 14:56 ID:hCbx65/S
>ソフトウエア著作物も個人情報も、デジタルデータという点では同じ。
>使っているソフトウエアが正規版かどうか管理できていない企業や団体は、
>まず個人情報も管理できていない。

 ネ ト ラ ン じ ゃ な い か !

765 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 15:50 ID:sZvpc0bv
>>762
ベストだとはいってないがwinnyが出来てよかったことなど一つも無い。
winnyみたいなものが一般化すればするほど
著作権者が生き抜くために大企業とか既存の組織に頼らざるを得なくなって
新たなビジネスモデルが立ち上がらない

766 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 16:12 ID:WMICpGLX
>>765
言わんとするところはわかったぞ。
でだ、当方が>>760で言わんとするところはだ、「テロだ、取り締まれ」と一方的に抜かす香具師がテロの元凶になっていることに気づけよ。ってことだ。

別にボランティアでコンテンツ流せとか言うつもりはないがな、でも現在の有償の著作物の流通方法に疑問を持っている香具師は多いと思うぞ。
それが、引き金になっていることに目をつぶるのはどうかと思うということだ。


767 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 16:23 ID:sZvpc0bv
>>766
それはおかしな理屈だよ
具体的に何がテロの元凶なんだ?
もっと値下げしろとかそんなアホの理屈は言わないと願うけど
既存の方法に疑問をもっているなら疑問をもっている人達が新しい方法を試せばよい
これが合法的な革命だよ、
やろうと思ったら潰されてしまったということならテロの元凶の理屈も成り立つんだが
そうじゃないだろ、やりもせずに言ってる

768 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 17:08 ID:nzjQpeOH
朝日の朝刊オピニオン欄に、Winny 関連の解説記事が大きく載っている。
名和小太郎先生が「著作権は、われわれの文明や文化のあり方と深いかかわりを持つ。
単純な利害で結論は出ないが、権利者、利用者をはじめ様々な立場の人たちを巻き込んで、
今後の制度設計を考える時期が来ている。」と結んでいるよ。

禿堂



769 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 17:31 ID:9Zcc3tBf
Winnyで著作権の侵害が当然のように行われるし、止めることは難しい。
→著作権保護に関する法律が時代遅れ。

Winnyでプライバシーの侵害が当然のように行われるし、止めることは難しい。
→プライバシー保護に関する法律が時代遅れ。

他に時代遅れになる法律はないかなあ?

770 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 18:20 ID:DbVBKM8x
>>768
不法入国、一時滞在の外国人によって強盗が当然のように行なわれるし、止めることは難しい。
→強盗を罰する法律が時代遅れ。

不法入国、一時滞在の外国人によって殺人が当然のように行なわれるし、止めることは難しい。
→殺人を罰する法律が時代遅れ。

解決法は、現行法に基づき一層厳しく検挙を行なうか、
新しく法制化して外国人の入国、滞在を厳しく管理するかどちらか。

強盗、殺人が合法化されるなどありえない。

771 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 18:31 ID:IPM6/31s
>強盗、殺人が合法化されるなどありえない。

で?合法化ってどういうことか分かってる?著作権との関連は?

772 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 19:37 ID:XM4Bm5G7
>>767
そもそもこれまでの歴史で「合法的」におこされた革命ってあったかな・・・・

というか革命って旧体制の打破だから旧体制からみたら革命後の
世界ってほぼ違法な世界になる
そこでは試すこと=行動すること=方法が規制されている=即違法なわけだしね

言論に訴えるというのが合法なんだけど
治者(広義での意)の意識と被治者の意識が乖離している場合
効果的じゃないしな
(責任の所在はまた別の問題
例えば選挙にいかないほうも問題だし、選挙制度その他を改善しないほうも問題)

773 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 19:48 ID:gjAi7FTL
>>772
これが革命になるかテロになるかは今後次第なんだけどな。
そのためには、著作権者と消費者が両方納得のいくような著作権モデルを作らねばならない。
消費者側も今の著作権制度を否定するだけでは何も変わらないことは確かだ。
とりあえず、現状ではむずかしいかなw




774 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 19:56 ID:dNRUPv5/
>>763
そこのサイトの曲はなかなかよかった。

>>773
それを作れるのは、話し合いとかじゃなくて
後先考えずに突っ走れる行動力と、聴衆を惹きつけるパワーを
兼ね備えたアーティストじゃないかな。
今はそういうアーティストがいなくて、業界が後先考えずに
消費者潰しに突っ走ってるわけだが。

775 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 20:30 ID:sZvpc0bv
>>772
それは革命が法規制や一部の権力者との戦いだったからだろ?
現行著作権法に大きな不備は無い
もし、著作権法なんていらないよ、考えた事や考える事に対価を払うなんておかしいよ
という意見であれば俺とは根本的に意見が違ってきちゃうんだけど
著作物には価値(商業的価値含め)や権利が存在するというやり方自体に
異論がある人は極々少数だと思うよ。

ビジネスモデルの不備であれば前述したように
望む人が新たなビジネスモデルを立ち上げればいいだけだし
winnyはそれを妨害している。

著作権そのものを認めたくない人にとってwinnyは有益
著作物でメシを食っていこうとする人にとっては有害
その人達が生み出すものを金を払っても見たり聞いたりしたい人にとっても有害

話をわざとすり替えてwinnyが新しいビジネスモデルを生み出す為に必要とか
言い出す奴はどういう思考をすればそうなるのか教えて欲しい

776 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 20:32 ID:DbVBKM8x
>>772
>治者(広義での意)の意識と被治者の意識が乖離している場合
>効果的じゃないしな
ご自身でも触れておられるが、民主主義体制であるのだから治者=被治者。
要は大多数の国民は、現行の著作権法に不合理を覚えていないということ。喫緊の問題と見られていない。


現行の著作物頒布体制に異議を持っているなら、
消費者としてはフリーで頒布されるもののみを使用すればよい。
また、著作者ならフリーで頒布すればよい。
音楽業なら収入はコンサートやライブのみ。レコードはP2Pで完全フリーというように。
収入が格段に減るとしても、時代を動かす情熱があればやれるだろう。

それが大きな流れになり、著作権に関して不当な権益を握る者が著作物の頒布によって利益を得られないとなれば、
状況はがらりと変わる。公正な競争によって、彼らは駆逐される。


大多数の国民の無知と無関心を置いてきぼりにして、
モラルの欠如した人々が恣意的な大義を掲げて法の横紙破りを行なうなら、それは決して支持は得られまい。

777 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 20:38 ID:dNRUPv5/
>>776
> ご自身でも触れておられるが、民主主義体制であるのだから治者=被治者。
心の底から言ってますか?


778 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 20:40 ID:dNRUPv5/
>>775
> 話をわざとすり替えてwinnyが新しいビジネスモデルを生み出す為に必要とか
> 言い出す奴はどういう思考をすればそうなるのか教えて欲しい
Winnyは必要ではないが、新しいビジネスモデルのヒント程度は教示してるよ。
思考停止はやめよう。


779 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 20:50 ID:DbVBKM8x
>>777
心の底からの発言です。
ただ、民主主義を担う国民は殆どがwinnyで著作物を共有する人々
(あるいは合法物しか共有していないと強弁する人々)と同レベルとも考えていますよ。

780 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 20:52 ID:sZvpc0bv
著作権について考えるというが
とどのつまりは不正コピーをどう防ぐかという問題でしか無い。

781 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 20:52 ID:7lf3a3hj
>>775
個々のPCで走るプログラムを止められない限り、Winnyのようなプログラムが走ることを止めるすべはない。
どんなに口で言おうとも、実際に保護できる仕組みを持ってこない限り侵害されっぱなし。
「可能である」ことを止める方法を早く探すべきでしょう。

782 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 21:11 ID:XM4Bm5G7
>>775
一物一価の押し付けに対して逆説的に金払って買っている人に有益
あくまで逆説的にだからな(輸入権はこれを認めたともいえるのがミソ)
需要側の表面上の価格決定力がかなり弱いので業界側が
態度硬化だとどうにもならんが
譲歩引き出すためのレジスタンス(持ち上げすぎ?)
のようなもんか?ほめられたことでないにしても
再販制度があるようじゃどっちもどっちという気がしてるな
あとは過去ログ読め
あとは分散管理によるリスクヘッジ(喪失の可能性を減らす)とかw

あと妨害うんぬんは結局「卵が先か鶏が先か」みたいな
話になるので有益性というか議論する価値はあんまないと思うな
ビデオテープやカセットレコーダーときにも同じような議論あったし
(生物学上は決着するらしいが、どっちが先かは忘れた)

ああ、あとアンチコピーライトとアンチ”プロ”コピーライトは全然違うので
そこんとこおさえといてくれ
ちなみに俺はアンチ”プロ”コピーライトだけど
今の保護でも行き過ぎてると思ってるよ
あげるなら市場コントロール権として定めている点と保護期間の点と
同一性保持権の点
複製権は著作権のキモなのでなくすことは絶対にできないが
コントロール権ではなく報酬請求権として規定すべき
(報酬を著作者にいかせるためにはこれで十分だから)



783 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 21:13 ID:XM4Bm5G7
>>776
プロコピーライトに向かうほうはファシズムを進め
アンチコピーライトはアナーキーを進てるからどっちもどっちだな
もっとも議論の場が提供されていなかったり、カウンターとしての
効果も期待できるが、態度硬化されちゃどうにもならんけどな

著作権は実体経済に与える影響が大きい法律
(一部に特権的独占を認める)だから慎重な議論
(複数の学問分野に精通している人が多数で議論しなければならない)
が必要なんだが日本はこういうことヘタクソだからなぁ・・・
(日本だと一つの学問分野に特に精通していることがエライとされている
特に学者の世界。法律と経済やったり、憲法と民法やったりするのは
大抵高い評価を与えられない)

特にこういった分野みてると試行錯誤しながら進める総体としての
アメリカのシステムはすごいと感心してるよ

ワーナーの会長が海賊版の撲滅のためにDCの価格引き下げたり
することととか経済わかってるなぁとおもう
(海賊版の価値をさげるには一定の購買力水準までの価格引下げが有効
日本もCCCDとかで利便性を減らした分価格を下げるとかしてほしいね
そうすれば反発も少しは減ったろうに・・・)
そのぶん儲けに寄与しないアーティストがクビ切られたけどアメリカのシステム
みてるとこういう人たちあつめてそれでも利益だせる会社つくるんだろうなぁ
となぜか思えるんだよなぁ・・・


784 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 21:13 ID:dNRUPv5/
>>779
質問のしかたが悪かった。すまそ。
日本は本当に民主主義が機能してると思うか?
ちなみに政治家は選挙で選べても官僚は選べないからね。


785 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 21:15 ID:XM4Bm5G7
>>779
>心の底からの発言です

すいません。みたときマジで「おめでたいですね」
という感想しかもちえません。
選挙制度(投票制度や選挙活動制度)とか一票の格差とか考えたことあります?

786 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 21:19 ID:gjAi7FTL
>>782
再販制度って本来は小売価格と原価を近づけられる、
つまり中間搾取を極力減らすことの出来る結構優れたモデルなんだけどな。

787 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 21:26 ID:gjAi7FTL
>>782
それと
>コントロール権ではなく報酬請求権として規定すべき
>(報酬を著作者にいかせるためにはこれで十分だから)
この判断は消費者ではなく著作者自身がするものだ。
著作者の合意が数多く得られるならそう変わっていくだろう。

788 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 21:27 ID:CaioDVLo
http://jijiigaku2.hp.infoseek.co.jp/

これって著作権違反じゃないの?UPされてるけど。

789 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 21:46 ID:35GJlHs4
>>786

?

直接費の割合が極端に低く間接費の比率が極端に高い
著作物の原価に関して適正な原価計算なんて出来ません。

仕入値の決定はエイヤのドンブリで、どういう価格なら小さな
小売り店でも生きていけるかという販売者側の都合で
価格が決定されています。



790 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 21:53 ID:sZvpc0bv
>>782
結局は大掛かりなビジネスモデルを作った企業に対して
高いから安くしろというだけじゃん
新しいモデルという話にはなってない
お代官と農民みたいな構造だと勘違いしてるんじゃないのか?

現行モデルやら企業にケチつけてる人達は
徹底的に 新しいビジネスモデルで参入できる、
そして消費者の判断を仰げるという所を無視しつづけてる
現行のやり方にケチをつけているのに
自らがリスク背負って改善しようとしない所がなんとも・・・
結局は成り立たないかリスクが大きすぎるという事がわかっちゃってるから
そのフラストレーションを現行のシステムにぶつけてるように見える

> あとは分散管理によるリスクヘッジ(喪失の可能性を減らす)とかw
それはwinnyとは別の問題の気がするな
シェアウエアのようなデータを見聞きする時に課金されるような
システムがあれば良いわけだし
> あと妨害うんぬんは結局「卵が先か鶏が先か」みたいな
> 話になるので有益性というか議論する価値はあんまないと思うな
全然違うだろw
>ああ、あとアンチコピーライトとアンチ”プロ”コピーライトは全然違うので
長すぎるから切る
>コントロール権ではなく報酬請求権として規定すべき
それでwinnyがなんかの役にたったのか?
結局企業の論理に組み込まれないと生活できないという状況を
悪化させただけにしか見えないのだが

791 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 21:58 ID:dNRUPv5/
>>790
> それでwinnyがなんかの役にたったのか?
>>782の文中のどこに「Winnyが役に立った」などと書いてある?
Winnyを逆恨みするのはキサマの勝手だが
相手の主張をなんでもかんでもWinny擁護と結びつけようとすれば
仮にキサマがどんな正論を吐いていようが狂人扱いされてお終い。


792 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 22:00 ID:gjAi7FTL
>>789



直接費と間接費って意味わかってて使ってる?
音楽業界は宣伝広告費も著作権印税もプレス代も直接費だぞ。



793 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 22:00 ID:DbVBKM8x
>>784
>>779に書いているとおりです。
機能しているかどうかは評価が分かれるのでは。
国民全体の民度は限りなく低く、自らの利益を追い求めるのに汲々としているのは政治家・官僚だけではない。
官僚の弊害に関して言えば、田中角栄などは官僚組織を縦横に使いこなし、様々な施策を実現させた。
しかるべき人が立候補し、国民が支持すれば政治は動く。民度の問題。

>>785
そう思うなら何もせず唯々諾々と従うか、テロによって叛意を明らかにし、血ののぼった国家権力に圧殺されるがいい。

スレ違いぽいのでこれらへのレスはここまで。

>>783
本質ではなく、様式、表層の美に重きを置く日本人。自ら新しいシステムを作り出すのには向いてないのかもね。

794 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 22:02 ID:35GJlHs4
>>792

会計の勉強一からやりなおしてください。


795 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 22:05 ID:sZvpc0bv
例えば新しいビジネスモデルとして著作者と消費者がほとんど直結させる
いってみれば同人化みたいなやり方もそれもwinnyやMXはぶっ壊してるでしょ

>>791
winnyはテロなのかどうかというのがスタートなんだが。
それに終始そこの話だろwinnyという強行的な方法で
なんか良いことがあったのかという話。
それに対して強行的な方法でも一応改善を促しているというなレスだと理解したが?

796 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 22:11 ID:dNRUPv5/
>>795
では答える。
Winnyがテロだというならインターネットそのものがテロ。
Winnyは特別に特殊な技術を使っているの訳ではない。
Winnyがあろうがなかろうが、早かれ遅かれ同じ問題が起きた
っつーかすでにNapster以降、世界的にこういう問題が起きてた。
47氏の言葉を借りるなら「時代の流れを後押しした」だけ。

ベルリンの壁をぶっ壊した連中は、なぜ器物損壊罪で逮捕されなかったの?



797 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 22:14 ID:gjAi7FTL
>>794
工簿でも勉強したのか?おつかれ。

あのさ、直接費ってのは、その製品に対して直接かかった金ってことで
その基準は業界によってさまざまなんだぞw

スレ違いだな。スマソ。

つーかnyがテロかどうかなんつーのはこれから決まることでしょ。
結論出すのは早すぎだと思われ。




798 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 22:28 ID:sZvpc0bv
>>796
司法判断で製作者がどうなるかはしらんが
著作権で食ってこうとする人達、特にこれから食っていこうという人達に対して
物凄い逆風を吹かせたのは覆しようの無い現実だろ
いづれおきる事なら何をしても良いというのは
何の理屈にもなってない、いつか死ぬから人殺ししていいのか?
んで、キミは何者なんだ

799 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 22:37 ID:35GJlHs4
>>797

とにかくキチンと勉強してね。

800 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 22:52 ID:gjAi7FTL
ny自体が原因で売上が落ちたとはそんなに思わないんだけど、
著作権という権利を軽視する風潮が出来てしまうことには嫌悪感があるな。

801 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 23:39 ID:56mL38c4
>>798
いつか起こることを先にすることと、
いつか死ぬ人を先に殺すこととは、
同じことですか。そうですか。


802 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/09 23:40 ID:1Ath4ROM
>>796
> Winnyがテロだというならインターネットそのものがテロ。
> Winnyは特別に特殊な技術を使っているの訳ではない。
全然理屈になっていない。
特別な技術を使えばテロになるわけじゃない。
単に火をつけただけでもテロになることもある。

> 47氏の言葉を借りるなら「時代の流れを後押しした」だけ。
残念ながら時代の流れを後押ししたわけじゃない。
言うならば「時代の流れを逆行した」たけ。

> っつーかすでにNapster以降、世界的にこういう問題が起きてた。
Napsterで分かったように管理されていないP2Pではで著作権違反が多く発生する。
そのNapsterが歩んだ「時代の流れ」は著作権保護機能を取り入れること。
そして新しくなったNapsterはWindowsの基本サービスに取り入れられようとしている。

Winnyがやったことは所詮旧Napsterの著作権問題を悪化させただけ。
旧Napsterの二の舞であって、数年前から何も進歩していない。

803 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:06 ID:f3Lx6zpA
>>798
> 著作権で食ってこうとする人達、特にこれから食っていこうという人達に対して
> 物凄い逆風を吹かせたのは覆しようの無い現実だろ

逆風??物凄い??そういうデータはあるのかな?
たとえばWinnyユーザー1000人くらいをサンプリング調査して
使用前と使用後でCD、DVD、ソフトウェア等に対して払うお金が減ったとか。
まあ、たぶんないよね。ないからこんな論文まで出てくるしまつだし。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/20000620206.html
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/03/30/2603.html
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/06/04/3363.html
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/ex01/308622
# Rhapsodyなど、会員制デジタル音楽配信サービスのユーザーは平均11枚、
# iTunes Music Storeのようにダウンロードごとに支払うデジタル音楽配信サイトのユーザーは平均10枚、
# ピア・ツー・ピア(PtoP)型のファイル共有サイトのユーザーは平均8枚、
# Webからデジタル音楽をダウンロードしていないユーザーは平均6枚のCDを購入していた。

物凄い逆風が吹いてるのかどうか、それがファイル共有ソフトのせいなのかどうか
まともな論証もなく決め付けるのでは「脳内妄想」と批判されても仕方がないな。

で、何者なのかと尋ねられても、ただの名無しさんですとしか答えようがないが。
だいたい匿名掲示板でなぜ相手の身分を訊ねるのだ。
それならお前から身分をまず明かすのが筋だろ。

ちなみに、いつか死ぬから殺してもいいという理屈は成り立たないが
危篤状態で、命が助かる見込みが全くない重症を負った患者を
安楽死させることが殺人かどうかは議論の余地がある。




804 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:07 ID:y+6zMttW
http://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/download/1086788015/

ダウソ板の伝統的なループスレが激しく荒らされています
皆もこの3つをコピペして応援してください

@巨乳お姉さんトイレでオナニー
Aロシア峰不二子
Bウブな中学生大胆フェラ

805 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:09 ID:n7bjrefc
流通(共有)だけどサポートするのではなく、課金、宣伝までサポートする枠組み

806 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:14 ID:AA7Rag1z
>>802
Napsterは現行の著作権法に合わせる道を選んだ。ただそれだけのこと。

それにWinnyの元になったのは、NapsterじゃなくてFreenetだし。
Freenetは「表現の自由」をコンセプトとしてるから、
ある程度の著作権侵害は仕方ないとしている。
通信が自由である以上、
究極的には、著作権は侵害される運命にあるわけだ。
それをどうするかと言ったら、通信の自由か、著作権のどちらかを
取るしかない。

さて、どうするかな。。

807 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:15 ID:OC6H12p1
>>803
もはや屁理屈しか積み重ねられなくてワラタ
現実に同じ状況が作れない以上トンデモ理論でしかないが
現実的に考えて同じものが手に入るのに金を出す奴はほとんど居ない
そもそもそんなモラルが守られてるなら
ネット上に断りも無くコピーが流通する事そのものが無いぞw
それに金さえ入ってくれば勝手にコピーして良いってもんじゃない

808 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:19 ID:GsWZOhTa
http://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/download/1086788015/

ダウソ板のマンネリスレに新しい風を
この動画を応援してください

@G-cup Teacher Rei
A奥様は女子高生
B終ノ空

809 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:19 ID:O463Q2ya
問題が大きい方が規制されるだろうね。

810 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:21 ID:f3Lx6zpA
>>807
> 現実的に考えて同じものが手に入るのに金を出す奴はほとんど居ない

形のない「ファイル」と「パッケージ商品」が果たして同じモノといえますか?
http://www.faireal.net/articles/9/05/#dvd

まあ、どうせリンク貼っても読まずに脊髄レス返してくるんだろうが。

百歩譲って、同じモノだとしましょう。
# Rhapsodyなど、会員制デジタル音楽配信サービスのユーザーは平均11枚、
# iTunes Music Storeのようにダウンロードごとに支払うデジタル音楽配信サイトのユーザーは平均10枚、
# ピア・ツー・ピア(PtoP)型のファイル共有サイトのユーザーは平均8枚、
# Webからデジタル音楽をダウンロードしていないユーザーは平均6枚のCDを購入していた。

違法・合法を問わずネット配信を利用している人のほうが
してない人よりも平均購入枚数が多いのはどういうことかな?

まともな論証ができないクセに相手の反論を屁理屈だと断定して
言うに事欠いてモラルなどと言ってるようでは思考停止の謗りは免れない。


811 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:23 ID:O463Q2ya
>>810
金を出して買う合法なネット配信と
金を出して買わない違法なコピー。

手に入るものは同じだと思いますが?

812 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:27 ID:f3Lx6zpA
>>811
なぜネット配信を利用してる人はCDを買うのですか?
この時点で、すでに「ファイル=パッケージCD」の理論は崩れてますが。

そして、(違法・合法を問わず)ダウンロードをしない客よりも、
違法ダウンロードをする客のほうがCD購入枚数が多いのはなぜですか?



813 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:28 ID:f3Lx6zpA
まあ、どうせリンク貼っても読まずに脊髄レス返してくるんだろうが。
まあ、どうせリンク貼っても読まずに脊髄レス返してくるんだろうが。
まあ、どうせリンク貼っても読まずに脊髄レス返してくるんだろうが。


814 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:29 ID:CtI1AFSV
はたから見ていてどっちもどっちなのがウケル。まあせいぜい頑張れや

815 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:33 ID:O463Q2ya
>>812
なんか勘違いしているだろw
「ファイル=パッケージCD」ではない、
「違法ファイル=ネット配信の合法なファイル」なのだ。

あんたが出してきたデータからも明らかだよな。
違法なファイル共有をしている人は、
合法なネット配信を購入している人の方よりも
CD購入数が少ない。

Webからデジタル音楽をダウンロードしていないという人は単に音楽を聞かないだけ。

816 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:35 ID:ajz8YsnC
http://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/download/1086788015/

ダウソ板の伝統的なループスレが激しく荒らされています
皆もこの3つをコピペして応援してください

@巨乳お姉さんトイレでオナニー
Aロシア峰不二子
Bウブな中学生大胆フェラ

817 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:40 ID:f3Lx6zpA
>>815
話をすりかえるのはやめなさい。

> Webからデジタル音楽をダウンロードしていないという人は単に音楽を聞かないだけ。
根拠がありませんね。
それではNapster以前にCDを買っていた人は全員ネット配信に乗り換えた
とでもいうつもり?

> 「違法ファイル=ネット配信の合法なファイル」なのだ。
いやむしろ
 違法ファイル > 合法配信ファイル
だろ。不便で余計なDRMもついてないし、
音質も違法ファイルのほうがいいものが多い。



818 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:43 ID:GXP0qPuB
http://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/download/1086788015/

ダウソ板のマンネリスレに新しい風を
この動画を応援してください

@G-cup Teacher Rei
A奥様は女子高生
B終ノ空

819 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:46 ID:BT2SVfVp
結局、ID:f3Lx6zpAの主張を要約すると、
winnyで著作権侵害が横行してもパッケージCDの売上はたいして変わらないから、
著作権法はこのままでいいし、CDの値段を下げる必要もなくて、
ジャスラックは安心していいよってことだね。

820 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:46 ID:OC6H12p1
現実に日本のコンテンツ産業どれもは二極化が進んでるが
それでも違法ファイルがなんかいいことしてるのか?w

821 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 00:54 ID:jrEg0+EE
なんでも技術に合わせろ、ってのはどうかと。

時速500キロ出せるエンジンを普通乗用車に積むことがないのと同じだ。

822 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 01:05 ID:f3Lx6zpA
>>819
これは著作権法の問題ではない。
そして、ファイル交換がCD売上に与える影響はいまのところどの論説も
妄想の域を出ておらず、ポジティヴともネガティヴともいいきれない状態。

しかも、日本に200万人いると言われているファイル交換ソフトのユーザー数のうち
音楽ファイルをやりとりするヘビーユーザーの数など高が知れている。
日本の総消費者数の数から見れば、ほんの一部だといえる。

しかも、レッシグ教授の言葉を借りれば、売上の減少は「たった5%」でしかない
(レッシグ教授は、5%すべてがファイル交換の影響とは言ってない)
# レッシグ教授の話はアメリカの話なので、

乱暴に言えばファイル交換が音楽ソフトの販売枚数に与える影響など
ほとんど誤差の範囲と考えられ、ポジティブな要因が上回っているのか
ネガティヴな要因が上回っているのかを検証するほどの価値もないということ。

だがしかし、そういった事情とは無関係に、音楽ソフトの価値を下落させる要因がある。
1つは不況の長期化、1つは娯楽の多様化
特に後者はDVDが売上を伸ばし、携帯電話のパケット使用料が急増するなど
明らかにCDの相対的価値を下落させている。
電話が普及すれば電報への需要は下がり、電子メールが普及すれば電話への需要は下がる。
トータルで考えれば売上が減少するのは当たり前。

アメリカでもITMSなどが成功しているように、ネット配信への需要は高いが
日本の現状は値段が高いうえにカタログが少なく、ガチガチのDRMをかけて
ユーザーの利便性を徹底的に無視していて、しかも音質も悪い。
これではネット配信は普及しないし、ネット配信の需要は違法ファイル交換で
しか満たされないのも当然。

再販維持で高値安定策を取り、ネット配信に消極的な態度を示して
ビジネスチャンスをみすみす逸してるバカはどこのどいつだ、という話だ。

823 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 01:12 ID:OC6H12p1
権威にだまされるタイプだよなw
今後ネット配信されるようになって
Aというサイトにいくと一曲100円で手に入る
Bというサイトにいくとタダで手に入る
こんな状況がいとも簡単に出来る、というか出来ている訳だが
これでもBというサイトの影響は検証する価値も無い誤差なのか?
そんな訳ない

824 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 01:17 ID:AAd7w+Tb
>>802
おまえみたいな時代遅れの人間がいるからいつまで
たっても世の中前にすすまねえんだよー

825 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 01:18 ID:OC6H12p1
まぁ都合の悪い部分はことごとく無視してるD:f3Lx6zpA君にゃ答えられないだろうが

826 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 01:25 ID:jrEg0+EE
ny擁護派は

時速500キロ出せるエンジンを普通乗用車に積むことは可能なのだから、

法廷速度を400キロまでにしろ、と言っているように聞こえる。

そしてそうしないことを時代遅れとまで言う。

827 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 01:40 ID:kxgu65pc
テロ云々の件で書き逃げみたいになっていた者だが、仕事が忙しくなって遅れてしまった。スマソ
でだ、テロを肯定する、しないだが、当方は当然、肯定しない。これは前提。
だけどな、理由はどうあれテロはマズイが、ただ単に「違法だ」と言っているだけでは、
問題は解決しないだろうがといいたいわけだ。
特に、著作権の問題は買う側と売る側の問題で、双方の妥協点を見出さないとだめだろう。
だから、ただ単に「違法だ」だけ言わずに、何が問題かを考えろよってこどだ。

あとな、高いなら買うなとか、金出すのが嫌なら自分で作れとか、まぁ解らないではないが、
売るほうも商売でやっているわけだろ。買う側が高いって言ってるんだから、もう少し考えろよ。
商売ってのは「これだけ経費が掛かったからこれだけ払いなさい」だけじゃなくて、
そこに「今までの経費を安くする工夫をして金額下げました」とかあってしかるべきだと思うぞ
今のコンテンツ業界は硬直化していてそれが無いんじゃないのか?

828 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 01:48 ID:TBkNcuEO
>>827
>そこに「今までの経費を安くする工夫をして金額下げました」とかあってしかるべきだと思うぞ
>今のコンテンツ業界は硬直化していてそれが無いんじゃないのか?
今は結構あるよ。
音楽でいったらインディーズなんかは3000円という値段付けているCDは皆無だし、
ソフトウェアで言ったらソースネクストなんかがそうだろ。
でも多くの人は大手メーカーの大々的に広告をうったモノが欲しいわけだ。
そして大手がやっていること=業界、とみなして業界自体を叩いている。
これじゃ努力している人たちは報われないな、と思う。

829 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 01:49 ID:YYS/0HY7
********** ダウソ板因縁の対決 **********

ダウソ板長きに渡ってコピヘを繰り返してきた
保守派に真っ向から挑む新機軸!

      改革派

    -VS-

 保守派

最強のお気に入り動画はどっちだ!?
戦いの決着は君の手でつけろ!!
http://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/download/1086788015/

[改革派]
@G-cup Teacher Rei
A奥様は女子高生
B終ノ空

[保守派]
@巨乳お姉さんトイレでオナニー
Aロシア峰不二子
Bウブな中学生大胆フェラ

830 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 01:56 ID:kxgu65pc
>>828
あー、小さいところはな、そうかもしれない。
まぁ、当方が言っているのは資本を持っていて、やれば安く出来るのに談合体質で、
競争無いんで安くしない大手のことだと思ってくれ。
安くて良質なコンテンツは中間マージンも取らずに頑張っているんだろうと思うよ。
そう言うのは、金出して買って応援したいと思うぞ。

831 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 01:56 ID:RAjcpI2H
どっちもどっちだ

イカスミダ タコスミダ

832 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 02:10 ID:TBkNcuEO
>>830
でもさ、実際そういう類のコンテンツは好きじゃない人は発売されていることすら知らないんだよ。
広告も極力抑えているわけだから、消費者側からアクセスしないとなかなか知る術がない。
それに加えて、業界不信により新規需要も掴みにくくなってる。
業界不信による業界自体の売上低下は、資本の少ないがんばってる会社・アーティストから潰してしまう。
もう完全な悪循環だ。orz

833 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 02:26 ID:kxgu65pc
「好きじゃないと」ってのはよっぽど気をつけてチェックしていないとって事だな。

自分で自分の首絞めていることに気付いていないんだと思うな。>業界不振
だから、硬直化していると思うのだがな。

834 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 02:34 ID:TBkNcuEO
>>833
大手は価格破壊を仕掛けてくる中小なんてうざったい存在だからな。
大手の行動によって煽りをまず受けるのは中小なのに・・・。


835 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 02:39 ID:kxgu65pc
じゃ仕事に戻る
乙>834

836 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 02:50 ID:CtI1AFSV
http://www.softbankbb.co.jp/company/book/index.html

これの本文抜粋でも読んで新しい世界とやらを創造してみなよ

837 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 02:57 ID:4/8bfZX2
孫正義か。ネトランでさんざんwinny宣伝しておきながらwinnyを批判する矛盾野郎。
個人情報が漏れたときも法律が整備されてないせいだとか見苦しい言い訳してたし、救いようのないアホだな。

838 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 03:54 ID:O463Q2ya
>>815
> 話をすりかえるのはやめなさい。
はぁ? なんくせつけているのですか?

> Webからデジタル音楽をダウンロードしていないという人は単に音楽を聞かないだけ。
> 根拠がありませんね。
逆に全員が音楽を聞く人だという根拠もありませんね。
というか、全員が音楽を聞く人だという仮定の方が無理があります。

> それではNapster以前にCDを買っていた人は全員ネット配信に乗り換えた
> とでもいうつもり?
全員じゃない。完全にネット配信だけ利用してCDを買っていないわけでもない。
だからCDも売れている。だがCDを買うのを止めてネット配信に乗りかえた人はいるだろう。


> いやむしろ
>  違法ファイル > 合法配信ファイル
> だろ。不便で余計なDRMもついてないし、
> 音質も違法ファイルのほうがいいものが多い。
そうだね。
で君が出したデータをみれば分かるように、
合法なネット販売を利用している人は平均11枚、平均10枚のCDを買っているが
違法ファイルのユーザは平均8枚しか買っていない。
明らかに違法ファイルによってCDの売上が減少している。

いいかい、これは君が出したデータだよ。

839 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 06:11 ID:f3Lx6zpA
>>838
だから、なんでITMSやRhapsodyのユーザーとKazaa等のユーザー
(※これはアメリカの調査なので当然Winnyは入ってない)の平均購入枚数を比べるんだよ。
ITMSにしろRhapsodyにしろ、できたのはここ1、2年だぞ。
このデータだけでは、減ってるのか増えてるのかなんか、わかるわけないだろ。

ここは比べるところじゃないんだよ 低 脳 !

ITMSにしろRhapsodyにしろKazaaにしろ、平均購入枚数が一般より多い
ということは、むしろヘビーリスナーがこっちに含まれるってことだ。
Kazaaの場合、交換されるのは音楽ファイルとは限らないからな。
音楽なんて全く聴かなくて、ポルノ目的の香具師だって多いだろ。
その意味じゃ、ファイル交換をやらない香具師とKazaaのユーザーの
条件は互角。
ITMSやRhapsodyは音楽配信専門だから、ヘビーリスナーが多いのは当たり前。

ITMS、Rhapsody、Kazaa、あるいは以前のNapster等が
ヘビーリスナーを多数輩出したのは間違いない。
俺もNapster〜初期WinMXの頃に大量に音楽ファイルを集めたが
そのおかげで年間数枚程度しかCDを買わなかったのに
今では部屋中にCDが溢れてる。数えたことはないが数百枚〜千枚近くある。


840 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 06:13 ID:f3Lx6zpA
念のために言っておくが、日本にはITMSもRhapsodyもない。
よってヘビーリスナーの需要を満たせるのは残念ながらファイル交換だけだ。

>>838
だから、なんでITMSやRhapsodyのユーザーとKazaa等のユーザー
(※これはアメリカの調査なので当然Winnyは入ってない)の平均購入枚数を比べるんだよ。
ITMSにしろRhapsodyにしろ、できたのはここ1、2年だぞ。
このデータだけでは、減ってるのか増えてるのかなんか、わかるわけないだろ。

ここは比べるところじゃないんだよ 低 脳 !
ここは比べるところじゃないんだよ 低 脳 !
ここは比べるところじゃないんだよ 低 脳 !


841 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 10:38 ID:CtI1AFSV
>837
ソフトバンクBBは新規雇用3000人採用するというのだからお前よりはよっぽど社会貢献してるけどな。

842 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 13:58 ID:O463Q2ya
>>839-840
はぁ。言ったよね。それは君が出したデータだって。

> このデータだけでは、減ってるのか増えてるのかなんか、わかるわけないだろ。
じゃあ何で君はそのデータを出したの?

> ここは比べるところじゃないんだよ 低 脳 !
じゃあ何で君はそのデータを出したの?

自分が出したデータで逆に追い詰められブチぎれるくらいなら
最初っからださないこった。

843 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 15:38 ID:Ual3HqIl
おい喪前ら
今ACCSから「ソフトウェア管理御担当者様」という宛で
「コンピュータソフトウェアの管理に関する調査」というのが送られてきてすいません
担当:戦略法務室だそうだw
P2P関係のことは書いてないな
なんだろう
無作為に送ってんのか?

844 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 18:17 ID:pZhWJ5+R
無駄なことを延々と話してるスレはここでつか?

845 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 18:45 ID:qk4kxu7C
>>844
日本語がわからないから煽ってるのはおまいさんですか?

>>845
オマエモナー

846 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 19:56 ID:f3Lx6zpA
>>842
おまえがデータをわざと曲解してるのが問題。


847 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/10 23:23 ID:1T/aWLEr
つーかネット配信が日本にないわけじゃないし。糞仕様で配布してないところもある。
要するに、オリコンチャートのような腐った商業的音楽を安く欲しいだけなんじゃないかと。

848 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/11 01:00 ID:k3KTVllJ
まるで前350みたいな人だな

849 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/11 14:04 ID:31mRRgC/
f3Lx6zpAの頭の悪さにワロタw
もっと自爆キボン

850 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/11 16:55 ID:k3KTVllJ
ただ煽ってるだけの人だし

851 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/11 16:56 ID:k3KTVllJ
オレIDにてんな

852 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/11 20:09 ID:uVEJKu8N
>837
大企業のトップが末端の暴走なんか知るわけねえだろ
町工場の社長じゃあるまいし社員何人居ると思ってんだよ
そもそも企業がある程度大きくなったらどこかで必ず食い合う部門が出るのは必然
そうじゃなきゃコケた時に立ち直れないからな

853 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/11 22:40 ID:+MKzBsqg
age


854 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/11 22:50 ID:gfKqCGL1
********** 最強の名を賭けた因縁の対決 *********************

数で圧倒的優位に立っている保守派が
ダウソ板全域にわたって宣伝戦術を展開。
それに対し、数で劣る改革派はスレッド内で
死に物狂いのコピペを繰り返し応戦中
改革派に勝機はあるのか!?
http://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/download/1086788015/


[改革派]                 [保守派]
@G-cup Teacher Rei         @巨乳お姉さんトイレでオナニー   
A奥様は女子高生    <∨S>    Aロシア峰不二子
B終ノ空                 Bウブな中学生大胆フェラ

-= 挑戦者求む!!=-
応援するだけではなくて君もお気に入り動画を晒して最強を目指せ!

**********************************************************

855 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/11 23:32 ID:0nXuZej/
>>852
知らねえなら黙ってろ

856 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 01:23 ID:R1hxEKvD
基地外二人のせいで廃れてしまったな・・・

857 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 11:40 ID:jzY9rN7T
>>826
時速500キロ出せるエンジンを普通乗用車に積むことは可能なのだから、
400キロで走れる高速道路を作らないと時代遅れだといってるんじゃないかな。

858 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 12:01 ID:SXln7Acz
>857
というか、時速500キロ出せるエンジンを積んだ自動車を売っておいて時速400キロで走れる
高速道路が出来たのに、そこに「最高時速30キロ」という標識を立ててるのは間違いだろ。

859 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 12:23 ID:+Sn+9AO+
>>857
時速500キロが可能な車を開発したのなら
当然それに対応した制御装置を同時に開発してから発表しないと
何の意義もあるまい。
それが技術者の常識であり倫理であるはずだ。


860 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 12:26 ID:9323hg8i
>>857
原子爆弾を開発したのなら
当然それに対応した医療技術を同時に開発してから発表しないと
何の意義もあるまい。
それが技術者の常識であり倫理であるはずだ。

861 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 12:59 ID:X+50mbX9
クラスター爆弾を開発したなら、当然不発の子爆弾の処理技術を開発してから
保有しないと何の異議もあるまい。
それが技術者の常識であり倫理であるはずだ。

862 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 13:00 ID:19S7jHgK
奴等はP2Pが如何に有用かを分かってない。

炉だにアクセスが集中して落ちてこないのを経験すると
nyが如何に優れてるかが実感できる。

863 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 13:32 ID:wFOX4el4
地雷を開発したなら、当然地雷の処理、回収技術を開発してから
保有しないと何の意義もあるまい。
それが技術者の常識であり倫理であるはずだ。

つーかいくらでも応用できるな

864 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 13:55 ID:yb4leIH6
>>862
ビジネス用途ではメリットよりデメリットの方が大きいからでしょ。

865 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 13:57 ID:HbSJTySz
>>864
ようは消費者から毟り取れないんでしょ?
今までサーバー維持に使ってた金をなんとかすればいいのに

866 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 14:36 ID:GcN7a7QQ
>>862
有用

867 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 14:38 ID:wQmxWhd/
>>862
> nyが如何に優れてるかが実感できる。
nyが優れているだって?
落ちるまでマターリ待たなきゃいけなくて、
人が多く集まったらすぐコネクション限界エラーになるような
システムは今時時代遅れ。

BitTorrentならコネクション限界エラーはなくてすぐに落ちる。
それどころか人が多くなればなるほど落ちる速度があがる。
ビジネス用途ではBitTorrentが採用されてもnyが採用されることは無い。

868 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 15:09 ID:5zi5e4eo
他スレを巻き込むのはアンチ。
俺達が勝つのは決まってるからな
改革派必死だな(w
http://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/download/1086788015/

@巨乳お姉さんトイレでオナニー
Aロシア峰不二子
Bウブな中学生大胆フ

869 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 15:49 ID:dcLG0N03
元気ハツラツ?(・∇・??)

870 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 17:44 ID:XB1wUd7m
著作権のあり方なんて別にかわる必要ないしねー

871 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 18:03 ID:suyrTzoa
著作権に限らず特許なんかでも思うことだけど。
違法コピーに対して著作権(特許)を守れとか言うくせに、売れると営業のおかげとか言って
製作者を過小評価する会社がうぜえ

872 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 19:00 ID:wsd3Uli4
2ch Download Winny合法支援から、ガイドライン案の、お伝えにきました、
ポプコン世代の方々、あるいはその2世、3世の方々へ、ご協力願います。

アプロダを利用してますので、更新する度にこのリンク切になります
http://www8.tok2.com/home2/wgr/cgi-bin/up/src/up0035.lzh

お知らせ用のコピペですので、情報はこちらへ願いします デス。m(_ _)m

合法ファイル流してみない?
http://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/download/1084597537/l50

873 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 19:29 ID:yb4leIH6
>>871
所詮製作者は飼い犬。
はじめにそんな条件で契約結んじゃうのかいけないんだよ。
ろくに契約書も読まないでなw
文句言うなら自分でやれば?ってかんじか。

874 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 19:34 ID:XB1wUd7m
いや、契約書読んでそれで納得して契約結んでると思うよ

875 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 19:35 ID:7SyexHQy
今後の著作権は準占有という物権より債権しかも集合債権化の方向へ
向かうであろう。

876 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 20:14 ID:WrkPyj7H
>>875
はいはい

877 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/12 23:27 ID:7Qu7ciHK
所詮、違法板、このスレの意義も失せたな

878 :Seisei_Yamaguchi:04/06/13 14:58 ID:ESMylziu
ポニーキャニオンの屋台骨 ( の一つ ) はAiko , 他の大物の場合は売れる程に事務所に持って行かれる .
らしい .

>>871
しかも本音で言ってるしな


879 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/13 15:27 ID:klRU2Crv
どんな業界でもモノが売れるのは営業のおかげですが何か?
営業を過小評価する企業ま潰れますよ?

880 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/14 03:34 ID:cG7c1QqS
>>879
まあ嘘八百を並べ立ててどんな物でも売るのが営業の極意だからな。
営業なんていなくたって売れる物は売れる時代になってきているのを
わからない人がいるようだけどね。

881 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/14 08:55 ID:G6+jsK9X
営業無しで売れたもの何かありましたか?w

882 :[名無し]さん(bin+cue).rar :04/06/14 09:30 ID:qrMaSZhK
>>881
という営業の営業

883 :[名無し]さん(bin+cue).rar :04/06/14 09:32 ID:qrMaSZhK
てゆーかぁ

”出荷本数”200万本!

とか言う見出しって何よw

884 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/14 12:19 ID:YDWcILgB
>>880
どんなにいいモノでも発売を世に知らせなければ全く売れないよ?
たとえP2Pで勝手に流すことができるようになったとしてもそれは同じ。

885 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/14 15:06 ID:YCX5vdxA
どんなスゴ腕の営業でも物が無ければ売れないわけで

886 :[名無し]さん(bin+cue).rar :04/06/14 17:15 ID:qrMaSZhK
>>884
>どんなにいいモノでも発売を世に知らせなければ全く売れないよ?
必要なものは探してでも買う。

887 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/14 17:45 ID:02AWt+ea
必要かどうかを喚起するのが営業活動であって。

888 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/14 19:35 ID:+WJ7BQLt
強度の差はあるけど営業がいなきゃ売れないってのは当然のことだな
営業が本当にいらないなら営業なんて使わなきゃいいだけという事になってしまうが

889 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/14 20:48 ID:IZCIgGyt
コンテンツ保護の“日米差”はどこからくるのか
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0406/14/news003.html

いや、なかなか。。。。

890 :[名無し]さん(bin+cue).rar :04/06/14 23:00 ID:qrMaSZhK
>>887
おまいは企業が喚起しないとメシも喰わないのかと

891 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/14 23:05 ID:9hftjask
>>889
この記事インテルとは何も関係ないじゃん。
自説をインテルの主張のようにアジテートしてるだけ。
左翼的でうさん臭すぎ。

892 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/14 23:15 ID:+WJ7BQLt
>>890
食う事と材料や飯を買う事は別だが

893 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 00:04 ID:JrXhEkEe
>>891
日本語読めないようだな

894 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 00:29 ID:rEvciAel
音楽のネット配信ってすすむのかねー。
教授は2004年がCD最後の年って言ってたけど。
P2Pがその流れを阻害しちゃった気がする。

895 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 00:41 ID:DBYoJOlu
P2Pってかwinnyがだな。
ネックは課金だけだから

896 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 02:01 ID:FXAQx8h+
>>891
あ、俺も同感。

使用者側の意見によりすぎているのも気になるね。
権利者側ともっと話してくれよと思った。

897 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 02:11 ID:PQWY6ad2
>>889
Intel も技術ありきで先走ったために、「プロセッサ シリアルナンバー」で
さんざん叩かれたわけだが w

コンセンサスの得られない技術は要らないわな。

898 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 03:48 ID:5Vx4aADc
///////////最重要!!!//////////////////////////////////

Download板の皆様へ

ダウソ民によって長く支えられてきた歴史のあるスレが
リアル厨房のアニメヲタクに荒らされています。
ダウソ民なら一度はこのスレに書き込んだことがあるはず。
そんな伝統あるスレを守るために皆さん手を貸してください
お願いします! m(_ _)m
僕達はマターリと動画のコピペがしたいだけなんです。
何卒荒らし撲滅の手助けをお願いします!m(_ _)m

いつもの場所で定番の3つをコピペして、私達を支援してください。

@ き ょ に ゅ う お ね い さ ん ト イ レ で オ ナ ニ ー
A ロ シ ア み ね ふ じ こ
B ウ ブ な ち ゅ う が く せ い だ い た ん フ ェ ラ

皆さん事なかれ主義はやめて、僕達を助けてください。
お願いします!m(_ _)m


*できる限り多くの人に読んで欲しいのでコピペ推奨*
//////////////////////////////////////////////////////////


899 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 07:15 ID:XJZ9MTyW
>>897
今度のは秘密鍵暗号方式を応用しているので、
以前のプロセッサシリアルナンバーの問題は解決されている。

900 :[名無し]さん(bin+cue).rar :04/06/15 10:42 ID:HGMw/ns+
>>892
というと自分で食料作るか盗むと?

オマイは企業が喚起しないと服も着ないのかと

901 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 11:04 ID:iJjaEi3I
もしどの企業も営業しなくなったとしたら
自分のとこでちょっと営業すれば抜群の効果が得られますね。
ほとんどの消費者は選ぶことを基本的にめんどくさがるものだ。

902 :901:04/06/15 11:05 ID:iJjaEi3I
選ぶことじゃない。探すことだな。スマソ。

903 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 13:43 ID:dykRadDP
営業や広告・宣伝がまったく無意味だとは思わない。たしかに営業や宣伝によって売り上げがアップする効果はあるだろうし。ただ流通コストについては、音楽・動画・ソフトなどの無形固定資産について今までよりも大幅に削減できるはず・・・。

904 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 13:58 ID:hSSPyJ2V
漏れらはあんな円盤が欲しいわけじゃない。中の音楽データが欲しいだけ。
それと同じように、
漏れらはレコード会社に金を払いたいわけじゃない。歌手や作曲家に金を払いたいだけ。

905 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 14:27 ID:XB8RTzgX
>>904
じゃあ歌手や作曲家が全部作っている音楽を買えばいいじゃない。
レコード会社が作ったもの欲しがっといてそれはないんじゃない?

906 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 14:38 ID:hSSPyJ2V
>>905
だからレコード会社が作った円盤は欲しくないの。作曲家が作った曲が欲しいだけ。

907 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 14:50 ID:bX9l2ROn
>>905

お、社員だ(笑)
社員って、どうして暴利を正当化しようとするのかな〜?
あ、そうか。
自分達の儲けだけが大切だからか。

・・・だから売れねぇんだよ。わかんねえのか?


確かに多少の利益は必要かもしれないよ。
最高の環境で録音できるんだからさ。

でもそれは、アーティストが一括後払いすりゃいいだけの話。
一回契約して、それに見合ったサービスして終わり。

サービス業ってことはレコード会社もマッサージ屋も一緒だろ?
自分で出来ることは人に任せなくてもいいってことも一緒だろ?
なら、同じ支払いスタイルでもいいんじゃないの?

売れれば(アーティストは)元が取れるだろ?
(売れなくとも)レコード会社にも適度な利益がいくだろ?

売れれば売れた分金になる。
だから才能のない香具師は淘汰される。
才能のある香具師はもっとたくさん歌う。

理想的なスタイルだと思うのだが、どうだ?

文句あるならお前の理論で一生懸命反論しろ。
宣伝は業者に頼めばレコード会社介さずともできるんだからな。

908 :907:04/06/15 14:51 ID:bX9l2ROn
>>906

でも少しは金払わないと録音設備の使い方がわからんから
歌えん、って人が出るかもしれないよ?
円盤なんかいらないけどね。
けど、録音設備を使った代金ぐらいは払わなきゃ。

で、質問なんだけど、録音ってレコード会社がやるんだよな?
違ったらレコード会社など潰れていいからどんどん潰れて。

909 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 14:51 ID:Zd5ocWvI
>>906 確かに賛成
オーケストラは欲しくないが、音楽は聴きたいということで円盤ができたわけで、
歴史は繰り返すだよね。

910 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 14:51 ID:XJZ9MTyW
>>906
じゃあネット配信を利用すればいいじゃん。

911 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 14:52 ID:XB8RTzgX
>>906
買わなきゃいいだけだから、別にケチつけることじゃないじゃんw
だれかが言ってたけど、ミネラルウォーター買いたくないなら
自分で山奥まで汲みにいけってことと同じだな。
もしP2P主流になっても途中のコストは幾分削減されるかもしれんが、
純粋に全てクリエイターに行くようなモデルにはなり得ないよ。
勘違いしている人多いけど。

912 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 14:53 ID:XJZ9MTyW
要するに、円盤代に含まれていた録音設備やら
なんやらを音楽代に含めて、高く販売すれば解決。

913 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 14:58 ID:XB8RTzgX
>>907
議論できるほど知識がないようだがとりあえず・・・

>でもそれは、アーティストが一括後払いすりゃいいだけの話。
今でもやってるよw



914 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 14:59 ID:Zd5ocWvI
既存産業が足踏みしている間に、新たなビジネスモデル(他業種)が乗っ取って
しまう方向で皆は賛成していくんだろう、円盤は終わり終わり。

915 :907:04/06/15 15:09 ID:bX9l2ROn
ID:XB8RTzgX
ID:XJZ9MTyW

お前らうざいんだけど。
『マリー・アントワネットの理屈』ってのがわからねぇのか。

パンがダメなら(以下略)ってヤツ。
そんな理屈は金持ちにしか通らないのであって、
漏れ達一般人には夢のまた夢。

っていうか香具師は2人だけですか?
どちらにせよ、君達のせいで読み込み遅いんですけど。

>>910

ネット配信はこれから始まるよ。
注意としては、『今始まってるわけじゃない』ってこと。

あんな欠陥品では買いたくてもダメダメだからね。

916 :907:04/06/15 15:10 ID:bX9l2ROn
続き。

>>912

『レンタルの相場』、わかってんの?
相場と商売方式がわかってんなら、そんなに高くならないはずだよ?

さあ、計算してみなさい。

>>913

なら、なぜ解き放たない?
契約は終了だろ?
その後はフリーになってしかるべきだ。

フリーの意味を間違えんなよ?
間違えたら笑ってやっからな。

917 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 15:21 ID:8tD+NGZS
・コピーという行為を無意味にする。
・コピーするという行為にリスクを持たせる
・そもそも売らない

918 :907:04/06/15 15:23 ID:bX9l2ROn
>>917

最後にワロタ。

919 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 15:47 ID:XB8RTzgX
>>916
原盤契約とアーティスト契約がごっちゃになっているようなので
一度ググってみることをおすすめするよ。

920 :907:04/06/15 16:47 ID:bX9l2ROn
>>919

なるほど。よ〜くわかった。

>>913

よし。本当にそうなんだな?


じゃあ、以上の2点を踏まえて質問。
アーティスト契約 ∩ >>913 はありえるのか?

どちらにせよ、レコード会社なんていらねぇって結論は変わらないけど。

921 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 16:52 ID:PQWY6ad2
消費者は、直接、著作権者へ金を払いたいと言うが、肝心の著作権者からは
ほとんどメッセージが無いところが、この問題の根が深いところだね。

922 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 17:54 ID:DBYoJOlu
>>906
違う、レコード会社がCMを打って流行に仕立てたものの中身が欲しいんだよ
少なくとも日本の音楽業界はそういう構造になってる
海外のネット配信会社とかが参入に二の足を踏んでる要因の一つ

923 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 19:39 ID:yo+csETn
>>920
>アーティスト契約 ∩ >>913 はありえるのか?
そりゃありえるといか当然。アーティスト契約をしていなかったらレコード会社とは呼ばないわけで。

細かく説明すると長くなるのでやめるが、
興味があるならでかい本屋でも言ってそれ系の本でも立ち読みしてみることをおすすめする。
ネットはあんま情報ないからな。

あと制作費のに関して厳密に言うと「アーティストが一括後払い」
とは若干違うわけだが、まあ似たようなことは今でもやってるっつーことだ。誤解されそうだから補足で。

924 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 22:41 ID:YXyqM07M
>>921
金を払いたいって、5円とか10円のレベルだろ?
曲を作るとなると、最低でも百万単位のお金は必要なんじゃないかな

925 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 23:09 ID:Zd5ocWvI
>>924
まぁ既に誰かが考えている話しだから、計算より流れ的に合ってる方の言い分
が正しいだろうよ、みんな今使ってるの固定料金のブロードバンド回線だろ?
しかも何人かはフレッツだったりするよな、ほんの数年前まで無理だって言っ
てたあの会社がフレッツADSLねぇ・・、赤字だろうが何だろうが動くんだ
よなこれがさ、それまでの時間稼ぎ論客が現われるのにも飽きた、なるように
なる、もう秒読み段階だろ。

926 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/15 23:38 ID:4VanAos/
なんか根本的な事を見落としてないか?

nyで1円も払ってないヤシがこの先中抜きが消えたからって金払うようになるとでも?
「視聴して良かったら金払う」と言い出すのがオチだと思うがね

927 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 00:26 ID:nB83j7yY
そこで47氏の言う証券化ですよ

928 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 01:37 ID:SSQEeKR4
そりゃ値段次第だな
3000円が2900円になったぐらいじゃかわらんな

929 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 02:06 ID:RWW6UzvF
客がつけた値段で売らなきゃいけないなんて
そんな商売絶対破綻するわな

930 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 04:39 ID:QYCdqG4f
金額だけじゃなく
店まで行くのが面倒とか、CDで言えばカップリングやカラオケは要らないとか
マイナーで手に入りにくいとか、その他諸々、色々と解決しなきゃならん罠。

931 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 05:29 ID:vSVInJE2
諸外国と較べて、音楽CDだけが価格維持されすぎてる気はする。

932 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 07:35 ID:RWW6UzvF
諸外国とちがって楽曲より
タレントを含めた企画そのものを販売してるようなもんだからな

933 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 09:24 ID:nRC/tLjB
>>928
現状でも国内CDアルバムが全部3000円というわけではない。
逆にそんな値付しているのはほんの数社なのだが、
その数社が流通の大半を抑えているため
その部分しか知らない人に3000円しかないと思われてしまう罠。

934 :[名無し]さん(bin+cue).rar :04/06/16 09:35 ID:mpruZhEU
>>901
>もしどの企業も営業しなくなったとしたら
>自分のとこでちょっと営業すれば抜群の効果が得られますね。
>ほとんどの消費者は選ぶことを基本的にめんどくさがるものだ。
>選ぶことじゃない。探すことだな。スマソ。

もしどこの企業も営業をしなくなったら、わざわざ探してまで買わなくなるような
モノを、”不必要”というのではないですか?



935 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 09:39 ID:DQWSOfzS
作者(元売)→中間企業(問屋)→販売店(小売)→消費者

この段階で出版業界ではあまりにも問屋の勢力が強大で問題があるのでは
ないだろうか。業界は著作権(利益の源泉)が一方に集中し、末端の作者
小売、消費者が搾取にくるしんでる。このイビツを是正する為にも著作権
の見直しが必要だ。

936 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 09:44 ID:K8E1s3LS
>>935
本当はインターネットは、この中間業者を省くのに
もっとも適した流通経路なんだけどな


937 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 09:53 ID:HTDDwGTa
>>934
その理屈だと生活必需品以外はすべて不必要ということになりそうだな。

938 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 10:30 ID:vu2Zc7vI
>>936
中間業者は必要だよ。ネットにおいても。

939 :[名無し]さん(bin+cue).rar :04/06/16 12:27 ID:mpruZhEU
>>937
そうだよ。
その生活必需品を決めるのは営業じゃねぇと言ってるだけで。


940 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 12:42 ID:2tTIH0bK
中間業者=人件費だろ?、無駄な人件費はいらないな
営業が大事だって?、そんな過保護な平営はリストラ
されてちょうどいい。

941 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 12:59 ID:HTDDwGTa
デジタルコンテンツだって一人で作れるモノではないから
手助けする人は必要でしょ。
それをムダと言ってしまうのかね。何でも一人でやれと。一人で出来ないなら出すなと。

942 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 14:53 ID:nB83j7yY
>その数社が流通の大半を抑えているため

結局ここが問題なんだな。寡占している上に再販制度で守られてる。

943 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 15:01 ID:2tTIH0bK
>>手助けする人
極論バカが、無駄でない人は生き残る、人減らしはあたりまえ


944 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 15:03 ID:nB83j7yY
47氏の主張とかぶるけど、作品自体はタダで配信してグッズや二次使用権で儲けてはどうだろう?
そうすれば漫画や小説なんかだと、急な打ち切りとか編集部の意向を考えずに作品を作れるしね。
もっともグッズ販売や二次使用権なんかの利益が、作品自体の売上と比べてどの程度を占めるのか知らんけど。

どうせこんなことしても既得権益を持つ団体が妨害するんだけどね

945 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 15:06 ID:IkENP/FW
47氏はそんなこと言っていない。
著作権に関することを言っていたのは47氏になりすました別人。

946 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 17:45 ID:npNFSbyX
グッズなんかは要らないと言う人が多いからムリ。

> そうすれば漫画や小説なんかだと、急な打ち切りとか編集部の意向を考えずに作品を作れるしね。
漫画や小説の作者はグッズのデザインは作れてもグッズ自体を作れるわけじゃないので、
急な打ち切りとか編集部の意向を考えずに作品を作ると、
作れないグッズの収入があてにできなくなるので
作品自体をタダにすると余計苦しくなるだけ。

947 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 17:51 ID:npNFSbyX
思ったが作品を作った作者に直接支払いたいということは、
著作物が有料ということと同じことだよな?


948 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 19:03 ID:3wVYTSCL
>>917 
ちょいと蛇足

>・コピーという行為を無意味にする。
ネットゲーム、特ににMMORPG等
>・コピーするという行為にリスクを持たせる
プロテクト、法改正、その他
>・そもそも売らない
広告収入等、民放に売るとか。

949 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 19:56 ID:RWW6UzvF
>>944
著作物をつくる人間は単なる企業の下請けになれと?


950 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 20:00 ID:RWW6UzvF
中間業者がいらなきゃ自主制作でもなんでもあるんだから
自分でやればいいだけで業者を必要とするタイプの売り出し方をしてる人達に
強制しなければならない理由など一つも無い

951 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 20:22 ID:2pjzk9vQ
それならそれで構わないけどな。高きゃ買わないだけだから。
需要曲線すら分かってないやつが大杉

952 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 20:51 ID:RWW6UzvF
買わなきゃいいのに
モノだけは手に入れる奴がいるから歪になってくる

953 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 21:25 ID:24Xbk3WH
著作権があろうとなかろうと、消費者は
欲しいものは買う、いらないものは買わない
で話が片付くんじゃないの?

現在の著作権法に不満がある人間がでてくれば、
自然となんとかなるのが世の中だと思ってますが何か?

ところで次スレは?


954 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 21:58 ID:vSVInJE2
数社が流通を牛耳ってるために、不正競争になってるのは間違いないわけだな。

955 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 22:20 ID:RWW6UzvF
なんでそうなるのかねw
そもそもインターネットの到来で流通を握ることが既得権益じゃなくなった。
需要さえあればネットと宅配で幾らでも商売ができる

956 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 22:20 ID:npNFSbyX
そうでもないよ。
流通を牛耳っている企業があるわけじゃない
ソフトウェア産業にまでケチをつけているから。
単に金払わないで手に入れたいだけ。

957 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 22:47 ID:p7GRgabS
>>954
牛耳ってはないな。牛耳ってたら、モンパチなんて売れなかったわけだし、新規参入を拒んでいるわけではない。
じゃあなぜ大手数社の流通が大半を占めているのか。
それは、消費者が選んでいるから。そういうものが売れるから。
結局、3000円で売る企業をのさばらせているのは消費者に他ならない。

958 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 22:58 ID:nB83j7yY
んなわけねーだろw新しいの立ち上げたら寄ってたかって潰されるのがオチ
ホントに社員ばっかだな

959 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 23:11 ID:npNFSbyX
おいおい。競争の結果新しいビジネスモデルが通用しなかったら
潰されたって喚くのか?w

それで成功しなかったらやり方が悪かったってだけの話。

960 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 23:29 ID:p7GRgabS
>>958
じゃあモンパチが2000円という価格で全国流通させたのを潰さなかったのはなぜ?
あれ、完全な独立レーベルだったよ。

961 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/16 23:57 ID:3wVYTSCL
○○を潰すという手法ではなく、所謂「飼い殺し」という面で牛耳ってる。

962 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 00:06 ID:+e303Swm
>>961
意味がわからない・・・詳しく。

963 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 00:34 ID:AwKlFcCd
コピペで失礼

良くあるのは、メジャーレーベルが売れそうなインディーズバンドを見つけ、
契約したはいいものの、新譜の流通量が契約数より少ないために彼らを
売り出すことなく契約期間終了まで放置することである。
これをメジャーの順番待ちという。その間、彼らは独自で楽曲をCDなどに
焼いて提供することが契約上できない。
こうして世に出られないアーティストはいっぱいいる。

964 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 00:41 ID:bn/d0EOj
そりゃ契約した奴の責任がかなーーーーーーり大きいと思うが?
自分からそういう構造にはいりたがったわけだろ

965 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 00:44 ID:DIpQ49G+
つまるところ、公取委がJASRACに対し強権発動すれば問題解決するような気がするが。

966 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 03:47 ID:zYMRMABq
バンドやってる人間が契約書読めるとはとても思えない

著作隣接権なんて中間業者が著作者を自身の実質的な下請け
にしようとしてつくりだされた権利だろ
なくしたって困るのは甘い汁を吸えなくなる中間業者だけで
著作者は困らない
なくなってもそれこそ契約書で
「売り上げの何%かはわが社の寄与分としていただきます」
の一文あればすむ
とくにレコード製作者の権利はな
わざわざ独占規定にしなくても製作者と著作者とで
個別契約にすればいい
事実出版社はこんな権利なくてもやっていけてる

出版社も著作隣接権ほしがってるが
音楽業界のように甘い汁吸いたいだけ

967 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 07:43 ID:E+7DcJ39
著作権についての是非はともかく、現行の日本の音楽CD業界って、他の業界や諸外国と比べて
アンフェアな気はする。

968 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 08:34 ID:ikKFSL7t
>>966
アーティストはどうすんだよ。アフォか。

969 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 14:29 ID:plGz5+Ek
消費者だけ義務を押しつけられるのは不公平だよな

どうしても著作権者の権利を強くしたいんなら著作権侵害行為をした法人は
問答無用で晒しあげたた上で刑事責任を追及されるようにしる!

世の中には、弱者が主張するライセンスは無い物として動く法人が結構あるみたいだからな

970 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 15:12 ID:zSKn7+Dq
義務を押し付けられたって、
一体何の義務を押し付けられたんだ?

971 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 15:42 ID:K3bE8noh
出生率もどんどん下がってるしほっときゃ瞑れるから心配しなさんな

972 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 17:37 ID:BqlkhbSR
もっかい聞くけど

 次 ス レ は ?

973 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 19:10 ID:L+ex5bUl
>>972
おまい立てれ。俺立てられないし。

974 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 19:43 ID:TgWto/Ve
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1085414298/735-

735 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:04/06/17 14:38 ID:HVrtZiRz
Winnyでまかれたファイルに対する課金事業は
数社が既に開発していたが、
発表前に捕まって各社保留で頭を抱えている。

738 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:04/06/17 15:55 ID:Ytoyw/mN
>735
むしろそうした造反組に対する先制逮捕なのではと思っている。

弁護団も逮捕根拠や起訴理由の適当ぶりに
攻め手が固まらないのだと思う。

一部著作権業界と治安当局のコネで起きてしまった事件なら
より大きな枠組みを持ち込んで押さえ込もうと言うのだな。
ツボをつき間違えるとやぶへびだが
案外、自動車業界は高級車市場でのP2Pの有用性を見出しているかもしれない。

975 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 20:05 ID:zSKn7+Dq
なぜ頭を抱えるのかわからんな。
Winnyでなけりゃ出来ない課金事業なのか?
その課金技術は自サイトで無料で配るなんて配信方法でも使えるはず。

これはネタ決定。

976 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 20:07 ID:UU9djwq7
所詮中間搾取だのなんだの言ってるのは犯罪行為をごまかすために言ってるだけ
実際nyの逮捕者が出るまでは一次権利者に金を出そうなんて動き自体皆無
逮捕者が出なきゃこんな議論自体行われてないだろうよ

中間業者を無くす?結構、じゃあその結果はどうなるかな?
音楽産業だけ無くなったとしても規模からして数十万(数百万?)が路頭に迷うのは必至
アフォなリア厨は自分が社会に出るとき未曾有の就職難に見まわれましたとさw

別にCDの値段が高すぎるという意見を否定する気は更々無いが、全て無くせと言う
ヴァカは現実が見えていないという事を知るべきだろう
本来なら自然にゆっくりとシフトしたであろう出来事を、過激に煽って既得権益者を刺激して
逆に態度を硬化させる結果となった金子とny厨は氏ねって感じかな

977 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 20:37 ID:TgWto/Ve
リンク先も読まずに脊髄レスでネタ決定とか言うとるアホは逝ね

978 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 20:42 ID:zSKn7+Dq
>>977
悪いが意味のある反論以外はレッテル貼りとみなす。

979 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 20:42 ID:plGz5+Ek
>>975
自サイトでコンテンツ配信できるなんてずいぶん良い身分ですね。

980 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 20:50 ID:zSKn7+Dq
>>979
課金事業にお世話になれるくらいの身分なら当然だろ。

981 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 21:00 ID:+Azv3nxD
>>976
結局、無駄な公共事業の擁護と同じ考え方になるわけだ。
それはもう既に著作権の問題じゃ無くなってるなw

982 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 21:03 ID:TgWto/Ve
>>978
レッテル貼りはおまえだろ。

983 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 21:11 ID:FElgleK7
>981
あくまで極論を言うヤシの結果が公共事業の問題と同じになるだけだろ
それらを回避する新しい形態を模索するのがこのスレの意義じゃないのか?

984 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 21:23 ID:bQFEMZ60
あえてレッテル貼りをしてみるが、
ここで中間搾取と騒いでいる輩は
「あゆのCD高い!中間搾取なくせばもっと安く出来るだろムキー!!」
って言ってるようだ。
それは音楽業界の問題ではなくAVEXの問題だぞw

985 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 21:35 ID:G7TUop47
合法的に安く買える手段であった逆輸入CDを違法にしてしまった罪は重い
発泡酒の税率値上げと同じだ

986 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 21:41 ID:TgWto/Ve
>>985
発泡酒は税率が上がっただけで逮捕されないが
輸入禁止はいままで合法だったことをしただけで逮捕され
23日間の代用監獄という拷問を受けて
さらに拘置所に移送され監禁されつづけ
よしんばどうにか裁判で執行猶予を勝ち取ったとしても
こんどは民事訴訟で一生働いても払えない金をふんだくられる

987 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 21:46 ID:PFQvoFtu
そろそろ1000取りの準備をするか・・・

1000は保守派がいただきますよ( ̄ー ̄)ニヤリッ

988 :プシ:04/06/17 22:31 ID:xPxO1ZeQ
http://www.microsoft.com/japan/legal/enforcement/P2P/Notice.asp
何かこんなんIMで来たが無視したけどみんなどうしてる?

989 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 22:42 ID:SAjtGY+/
>>988
詰まらん脅しは普通にスルーしてる

990 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 22:49 ID:UnIokViV
>>989
詰まらん脅しって・・・
M$ ・ ア○ビ ・ ジoスト ・ 花札屋 等々
は、脅しだけじゃなく・・・(ry

991 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/17 22:53 ID:TgWto/Ve
>>988
俺はそんなIMをもらったことはないからよくわからんが
たぶん検索してひっかかった相手全員に送ってるんだろ。
捏造ファイルでも検索にはひっかかるからな。
日本レコード協会も同じことをやってるらしいが。
どっちにしろ実際に送信しなければ訴えられることはない。


992 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/18 00:03 ID:hqz98fRg
次スレは?

993 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/18 00:04 ID:h4yk4eDz
だいたい日本の消費者は企業が仕立てた音楽を喜んで買ってるんだから
需要と供給のバランスは取れてるんだよなぁ
そういうCD以外は売っちゃダメみたいな事になってるわけでもないし
問題の本質が見えんね。

994 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/18 00:50 ID:y7oVFURl
CD、本が売れなくなったと言われて久しいのに値段も流通体制も変わらない。
そこへ持ってきて輸入阻止権だの中古はダメだの図書館に著作権料を払えだのという姿勢が問題なんだな。

995 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/18 01:03 ID:aIQMA/gl
保守派が1000をゲット瞬間をとくと見れ!!

996 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/18 01:05 ID:aIQMA/gl
保守派が1000をゲット瞬間をとくと見れ!!

カウントダウンスタート



997 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/18 01:06 ID:aIQMA/gl


998 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/18 01:07 ID:aIQMA/gl
漏れのお勧め動画を受け取れ!!

@巨乳お姉さん卜イレでオナニー

999 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/18 01:07 ID:aIQMA/gl
Aロシア峰不ニ子

1000 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/06/18 01:07 ID:cl4C/+eb
ちょしゃく1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

356 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)