2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

戦後の日本を支えたものの正体は?

1 :日出づる処の名無し:04/04/29 15:28 ID:zI+6FFIE
ミスチルの99年夏の沖縄にこんな歌詞がある。
戦後の日本を支えたものの正体が〜♪
なんとなく透けて見えるこの頃は〜♪

実際の所一体なんだったんだろうね?

398 :日出づる処の名無し:04/06/22 10:43 ID:NkTpVFzA
そのうえで
>道具として扱うことが目的化し(特攻など最たるもの)戦局への寄与という
>大前提がしばしば無視された
ことに旧日本帝国の馬鹿さ加減をみるわけです。
旧軍は悪くない!と言いたいが為に覚せい剤すら肯定してみせる馬鹿なウヨクの態度など、
本来の前提を忘れ旧軍を擁護することだけが目的化したものといえ
イデオロギーは人間を腐らせる見事な例を示してくれていますww。

348 日出づる処の名無し 04/06/19 14:14 ID:8tVo/uRC
なお、特攻隊をはじめとして戦争遂行のため覚せい剤を服用させたことで
非難されるべき理由は、前述のように国民を人間性無視で道具として扱ったこと、
また道具として扱うことが目的化し(特攻など最たるもの)戦局への寄与という
大前提がしばしば無視されたファシズム国家のゆがみからです。

399 :日出づる処の名無し:04/06/22 11:08 ID:NkTpVFzA
学術論文等で覚せい剤の評価がガラリと変わったのは
終戦直後、21年から22年とされています。
それ以前と以後、の違いはもちろん日本帝国の敗北であり
国策に異義はゆるさないというファシズム国家のプレッシャーが
研究を阻害していたと考えるのが自然です。

400 :日出づる処の名無し:04/06/22 11:12 ID:NkTpVFzA
それゆえ馬鹿なウヨクが引用してきた一節のような記述がみられるのでしょう。
ここの意味をよく考えてみることが馬鹿からのステップアップに重要かもしれませんよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%AD%E3%83%9D%E3%83%B3
>製薬会社と一部の研究者や官僚が結託し、非加熱血液製剤の販売
>を続けさせたことによりエイズが蔓延した事件が過去にあったが、覚醒剤に関しても
>同様の構図が読み取れると指摘する者もいる。

401 :日出づる処の名無し:04/06/22 11:53 ID:1ulvyBvf
>>396
オヤオヤ、世界で規制されてないって嘘がばれたら今度は日本でも規制されてるってかww
まさに馬鹿サヨって感じで最高に狂ってますね。

>なおカフェインには依存性はほとんどないとされています。

「ほとんどない」ってのが笑う所ですか(プゲラ

>>397
>第一次覚せい剤ブームを牽引したのは帰還兵さん達ですよ。

戦後の事をいくら言っても戦前の使われ方に影響を与えないってのが解らないのww
つーか時間の流れって事さえ理解できないまさに馬鹿サヨって感じで最高に狂ってますね。

>>398
>旧軍は悪くない!と言いたいが為に覚せい剤すら肯定してみせる馬鹿なウヨクの態度など、
>本来の前提を忘れ旧軍を擁護することだけが目的化したものといえ

「旧軍は覚醒剤を使って特攻させていた」というお前の目的にもならない妄想は
日本軍だけが使っていたワケではないし特攻隊員のみに使われたモノでもない
という俺のコピペに見事に打ち砕かれたワケだww

>>348
しかしこのコピペあらためて見るといいなあ、
顔を真っ赤にしてキーボード打ってる姿が目に浮かんでくるよ(プゲラ

402 :日出づる処の名無し:04/06/22 12:54 ID:k3L+OOlW
>「旧軍は覚醒剤を使って特攻させていた」
うんうん、こういうことは誰もいっていないんだよね。
正しくは、特攻隊は覚せい剤を使っていたとそういうこと。
脳内妄想相手にシャドーボクシング、楽しいですかww?

しかし一部だけ取り出して批判して自己満足にひたるという
馬鹿なウヨクさんのオナニー癖は直りませんねぇ。
例えば戦前からの戦後の流れの中で
>第一次覚せい剤ブームを牽引したのは帰還兵さん達ですよ。
>戦時中から中毒であった人も多数いたでしょうし、
>そういう人達をそばで見ていたからこそ、
>行政の規制と前後して覚せい剤撲滅の国民運動が進展したのです
このように書いてるのですが
キチガイウヨクに言わせると
>戦後の事をいくら言っても
とこうなるわけです。頭おかしいですね。


403 :日出づる処の名無し:04/06/22 12:56 ID:GdryPtTx
戦後の日本を支えたものの正体は戦前教育を受けた人達
と竹村健一が言うてました

404 :日出づる処の名無し:04/06/22 12:57 ID:k3L+OOlW
裏付けあるいは傍証としてこのようなことも書きましたが
こちらはきれいにスルーww。
反論できないのですから当然ですが。

399 日出づる処の名無し 04/06/22 11:08 ID:NkTpVFzA
学術論文等で覚せい剤の評価がガラリと変わったのは
終戦直後、21年から22年とされています。
それ以前と以後、の違いはもちろん日本帝国の敗北であり
国策に異義はゆるさないというファシズム国家のプレッシャーが
研究を阻害していたと考えるのが自然です。

405 :日出づる処の名無し:04/06/22 13:09 ID:k3L+OOlW
医薬品としての規制ではなく、使えば懲役刑がかせられる
麻薬としての規制の話しをしているのに
「タイでは規制されてる!」、
それは医薬品としてでしょうと突っ込まれると馬鹿サヨ扱い、
どちらが狂ってるかは明白です。

>なおカフェインには依存性はほとんどないとされています
「ほとんど」が気にくわないなら「ない」と言いきってもいいですよ。
すべての文献や研究に目を通してるわけではないので
表現を控えめにしただけです。

馬鹿ウヨさんが、カフェインの依存性について肯定する研究成果を
持ってきてくれればいいだけで。
ついでに、旧日本軍が国民に服用させていた覚せい剤と
比較できるレベルのものであるのか否かも考えてほしいですねww。

406 :日出づる処の名無し:04/06/22 13:41 ID:Q/q1nLa2
ふと思ったが、医学の学術論文って1年2年で上がるものなんだろうか。
特に薬物の身体に対する影響なんてものだと、1年2年はデータ蓄積で終わってしまうのではないだろうか。

もし、この仮説が当てはまるのなら、「ファシズム国家のプレッシャー」は無いのではないか、と。
(ただし、「公開させない、発表させない」方向の圧力はあったかもしれない。それは、むしろどちらかと言えば
戦時体制そのものに付随する問題であって、日本固有の問題ではないが)

407 :日出づる処の名無し:04/06/22 13:42 ID:6WapBXQd
>>402
>正しくは、特攻隊は覚せい剤を使っていたとそういうこと。

馬鹿なりに多少の進歩はあるようですねww
正しくは特攻隊以外にも使っていたし、日本だけではなく外国も使っていた。
更に言えば>>372のコピペが示すようにドリンク剤の様に飲んだ。
兵士をポン中にした「ファシズム国家のゆがみ」なんてのは妄想にも
ならないデマ、まさに馬鹿サヨって感じで最高に狂ってますね。

>>399
>国策に異義はゆるさないというファシズム国家のプレッシャーが
>研究を阻害していたと考えるのが自然です。

あれ、午前中にも顔真っ赤にして5レスも書いてくれたんですねww
国策上は日本だけではなく外国でも禁止してなかった事が理解出来ませんか?
こりゃまた、まさに馬鹿サヨって感じで最高に狂ってますね。

>>402
>第一次覚せい剤ブームを牽引したのは帰還兵さん達ですよ。
>戦時中から中毒であった人も多数いたでしょうし、
>そういう人達をそばで見ていたからこそ、
>行政の規制と前後して覚せい剤撲滅の国民運動が進展したのです

しかし時間の流れという基本的な事は理解出来ない馬鹿ですねww
いいですか、戦後もある時期までは「疲労回復薬」という意識で
使われていたのですよ、それとも戦後も特攻は行われていたという
デマでも考えついたのですかww

時の流れを考える、これが馬鹿サヨからのステップアップに重要かもしれませんよww

408 :日出づる処の名無し:04/06/22 13:48 ID:gdfSp7ZH
>>403
なるほど!

409 :日出づる処の名無し:04/06/22 14:12 ID:6WapBXQd
>>405
>医薬品としての規制ではなく、使えば懲役刑がかせられる
>麻薬としての規制の話しをしているのに

ハイハイ、嘘つかないでねww
>>388で何故かカフェインではなくコーヒーは規制されてないと言う話にしたのは
まさに馬鹿サヨって感じで最高に狂ってるお前だよww

>「ほとんど」が気にくわないなら「ない」と言いきってもいいですよ。

ナイス、墓穴ww
●カフェイン依存性頭痛
http://homepage2.nifty.com/uoh/gakubu/kaseigakubu.htm#コーヒーと頭痛
依存性が全くない訳でないのだなww

>ついでに、旧日本軍が国民に服用させていた覚せい剤と

そして旧日本軍は国民をポン中にした歪んだファシズム国家というオナニーに逃げる訳ねww
ヒロポン使ったのは日本だけなんだww
イイヨー最高に馬鹿サヨって感じで狂ってるねお前、

410 :日出づる処の名無し:04/06/23 00:58 ID:uym3W6WI
別に覚せい剤だろうと目薬だろうと使っていいじゃん
良い猫は良く鼠を取る猫だ

411 :日出づる処の名無し:04/06/23 13:30 ID:4pSfFyPT
あまりスレタイと関係ない話題で盛り上がるとスレストかけられるぞ

412 :日出づる処の名無し:04/06/27 00:46 ID:ruEic7oa
>>403
だよね。当たり前だと思う。
やっぱこれしかない。このスレのFAってことで、いいね?

>>259 それは三島由紀夫も分かっていたはずですね。このスレと関係ある事を
西村幸祐さんが書いていたので、貼ります。

■2004/06/05 (土) なぜ、ここまで日本人が劣化したのか?
だが、それ以上に日本人が当時よりあらゆる点で劣化して来たからではないかと
いう仮説も成り立つ。大東亜戦争を総力を挙げて戦い、無残にもアメリカやソ連
に大虐殺されて本土を燃やし尽くされ、人体実験が目的の原爆まで投下され、
戦前の日本は全て悪というGHQの洗脳工作に操られながらも、日本人は懸命
に戦後の復興に一致団結した。三国人による都市部の土地の不法占拠や暴
行、朝鮮半島からの密入国者の流入にも耐えながら高度経済成長を準備した。
戦後復興を果たした日本人は全てが戦前生まれの日本人であり、その中核を
担ったのは戦争で特攻隊などで散華した世代の戦中派の生き残りの人たちだ。
私の父親の世代であるが、彼らは明らかに戦死して行った仲間への弔い合戦の
意味があった。敗戦した日本を復興させてアメリカを見返したいという強いモチベ
ーションは総力戦を戦った日本人だから保持できたもので、現在の日本人なら
不可能な戦後復興だったのかも知れない。

学生時代に購入した本を資料として見る時驚くのは活字の小ささであり、当時
誰でもあの凝縮された書籍をハードカバーであろうと文庫であろうと読みこなせて
いた。アイロニカルな事に情報量が少なかった時の人間の方が情報処理能力が
高かったからだ。高度情報化と同時に日本の特殊事情が加わってここまで日本
人を劣化させて来た。

http://www4.diary.ne.jp/user/401628/


413 :日出づる処の名無し:04/06/27 00:54 ID:lB1pY2F2
民族劣化って割と最近のはやりことばみたいだけど,歴史のなかで変遷
をつづければ不振の時期だってあるだろうし,劣化の指標がなんかある
わけでもなかろう.なんか感情的な煽りことば以外のなにものでもないね.

414 :日出づる処の名無し:04/06/27 00:57 ID:ruEic7oa
>>413
日本人じゃないと理解できないのでは?

415 : ◆I8NA0FaViA :04/06/27 16:53 ID:MPKnMrNw
>>413
>劣化
学校や地域で「基礎」を徹底させなくなったからでしょ。
九九・漢字ドリル・作文・逆上がりとか、あいさつ・敬語・
食事時のマナーといったものは、この時期にきちんと
マスターしておかないと、成長してから取り返そうとしても
絶対にできない。
これらのことが一通り出来ない人間が、年齢だけオトナに
なったところで、いったいどれだけの事ができるのやら!

さらに最近では、そういった教育を受けていない世代が
親になっているものだから、自分の子供にどういうしつけを
すればいいのかさえ分からず、やたらとモノを与えてみたり
逆にしつけの範囲を超えた体罰・虐待を与えてしまったりと
極端な傾向が見られる。

416 :日出づる処の名無し:04/06/28 00:40 ID:JjQhn7ev
>>415
逆上がりは、さすがにどうかわからんけど、
出来損ないが親になって、養育することの怖さだけは
激しく同意するよ。

417 :日出づる処の名無し:04/06/28 00:52 ID:0dJqezbL
>>413
流行り言葉なのか?俺はその西村さんの文章読むまで知らなかった。
きついけど鋭き言葉だと思ったよ。

>>415>>416
同意だね。

>>412
確かに日本が誇るべき国だった頃に教育を受けた人が亡くなって行き、
後世に伝えられないのは痛いわ。

418 :日出づる処の名無し:04/06/28 00:58 ID:J+vSZSTv
戦前に教育を受け戦争をくぐりぬけてきた人達がつくったのが
戦後民主主義社会であることを考えられない馬鹿ウヨク。
その人達がほぼ死に絶えた今になって観念的オナニー的な
たわごとを繰り返す馬鹿なウヨクが2chで幅を利かせてるのは
偶然ではない。

419 :日出づる処の名無し:04/06/28 01:02 ID:J+vSZSTv
戦前日本がまったく誇るべき国でなかったこと
それゆえに戦後棚ぼた的に得ることのできた
自由で平等な体制を育てていくというモチべーションが
戦後の復興に一役買ったことなど、狂信カルトウヨには
思い浮かぶまい。

420 :日出づる処の名無し:04/06/28 01:06 ID:9qssiYb+
日本は強かった。
そして欧米と同じように列強国であった。
それだけ。

421 :日出づる処の名無し:04/06/28 01:06 ID:J+vSZSTv
戦後を支えたものは「希望」であった。
糞のような日本帝国から解放され自由で平等な社会を
実現しようという希望。
社会から希望が失われ個人的にも底辺なキモヲタなどが
現在ネットウヨクをやっているのと表裏の関係にあるだろう。

422 :日出づる処の名無し:04/06/28 01:34 ID:0dJqezbL
>>421
オナニーして浮いてし、誰からも相手にされないね。
可哀相だから、レスして上げる。

団塊世代の馬鹿サヨジジーは、早く死ね。おまえたちが滅茶苦茶にした
日本を再建するのは、新世代だ。
ウヨというレッテル貼でしか安心できない思考停止のファシストは日本の癌さ。
妄想を書き連ねても説得力がないんだよ。ゲラゲラ

423 :日出づる処の名無し:04/06/28 01:44 ID:4oIPqDOb
戦後を支えたのは、飢餓の記憶だ。モノがなくて戦争に負け、負けたのでますますモノが
なくなった。だから、「モノさえあれば」と、みんな必死に働いたのだ。
おかげで今では、モノが溢れる時代になった。この次は、モノを使う時代、勝ちに行く時代だ。

424 :日出づる処の名無し:04/06/28 02:27 ID:gvbOL95e
うーむ。
サヨクが反対する戦中戦前の教育だろうな。

そろそろ、日本の道徳観をもった世代が鬼籍に入るので、ダメかもしれないね。


425 :日出づる処の名無し:04/06/28 02:28 ID:ifC+S+9K
>>424
諦めちゃ、だめ!!

426 :日出づる処の名無し:04/06/28 23:42 ID:D5LU8l/i
>425
>諦めちゃ、だめ!!

同意。
この二、三年で、サヨ一辺倒の空気が無くなって来たと思う。

武士道に関する本や、宝島社の「・・・利権の研究」やら、
ヒトムカシ前なら書店に並ばなかった本が出て来たじゃないか。

>421
>戦後を支えたものは「希望」であった。

その希望を胸に、戦後、頑張って来たが、何かかがオカシイと感じてきてるんじゃないか?


427 :日出づる処の名無し:04/06/28 23:57 ID:vjForo/Z
なにかがおかしい、で極右に走られたらたまらんな
多くはネットウヨクの個人の資質に原因があるような気がする

428 :日出づる処の名無し:04/06/29 00:12 ID:L4NyhO0P
>>427
意味不明。馬鹿サヨの嘆きか?ゲラゲラ

429 :日出づる処の名無し:04/06/29 00:17 ID:wFKwGHL5
さっそく資質に問題がある糞ウヨ湧いてきたな
わざわざ生き恥晒して楽しいのかね

430 :日出づる処の名無し:04/06/29 00:26 ID:xGOf5ykk
>>429
馬鹿サヨって、質問に答えられないか?
資質ではなく知能に問題があるな。ww

431 :日出づる処の名無し:04/06/29 00:28 ID:1rcZtwc9
おちつけ

茶でものめ
http://pink.jpg-gif.net/bbs/23/img/30641.jpg

432 :日出づる処の名無し:04/06/29 00:28 ID:cR0Clm+G
>>430
糞サヨには、何もない。スルーでいいよ。このスレから浮いてるから。
つーか、反日キチガイは、隔離板に行けばいいのに。

433 :日出づる処の名無し:04/06/29 00:31 ID:mWBTVO/2
>>426
>その希望を胸に、戦後、頑張って来たが、何かかがオカシイと感じてきてるんじゃないか?

希望を達成する事によって予め失う事も無く得るものも無く絶望する事も無い時代が来た訳で
頑張ってきて何かがおかしいと気付いたのではなく
なんで頑張らなければならないのか解らなくなってしまった訳。
終戦から紆余曲折があったことをすっとばしてそのまま現代になった様な事を言うやつは国賊と言ってよい。
多少ズレていても>>381の方が遥かにマシだ。

434 :日出づる処の名無し:04/06/29 00:40 ID:cR0Clm+G
>>433
だから、何が言いたいの?
このスレの答えは、>>412でもう出てるだろ。

戦後の日本を支えたものは戦前生まれの日本人。>>381の仮定が正しいか、
正しくないかは別にして。結論は>>412なんだから、日本人アイデンティティや
国を思う心を再生させなければ、このまま永久にアメリカと支那の属国として
香港みたいになるだろう。生活水準も下がりまくってね。

435 :日出づる処の名無し:04/06/29 00:52 ID:wFKwGHL5
な、歪んだ現実認識しかできないネットウヨの資質にも
大いに問題があることがはっきりしたろ?
434のレスを見れば一目瞭然だ。

436 :日出づる処の名無し:04/06/29 01:07 ID:lDWTtHtT
>424
むしろ逆。
GHQに胎まされ産み落とされた精神的奇形児とも言うべき
団塊サヨク世代の方こそもう年。


437 :日出づる処の名無し:04/06/29 01:21 ID:fUrNpvFG
「大いに問題がある」などと他人をけなすばかりで、ちっとも建設的な提案ができない
>>435 を見れば、サヨごときに肩入れすることがどれほど間違ったことであるか、
当スレを御覧の皆様にも納得していただけるであろう。

438 :日出づる処の名無し:04/06/29 01:44 ID:1Qe6szPt
>>437
つーか、435って、思考力ゼロの本当の馬鹿サヨ。スルーしよう。

439 :日出づる処の名無し:04/06/29 01:47 ID:iZJQUPY2
>>435は2chでそれなりに有名な、馬鹿サヨ詭弁の特徴15条に入るね。ww
1.事実に対して仮定を持ち出す
  「犬は子供を産むが、もし卵を生む犬がいたらどうだろうか?」
2.ごくまれな反例をとりあげる
  「だが、時として尻尾が2本ある犬が生まれることもある」
3.自分に有利な将来像を予想する
   「何年か後、犬に羽が生えないという保証は誰にもできない」
4.主観で決め付ける
  「犬自身が哺乳類であることを望むわけがない」
5.資料を示さず自論が支持されていると思わせる
  「世界では、犬は哺乳類ではないという見方が一般的だ」
6.一見関係ありそうで関係ない話を始める
  「ところで、カモノハシが卵を産むのは知っているか?」
7.陰謀であると力説する
  「それは、犬を哺乳類と認めると都合の良いアメリカが画策した陰謀だ」
8.知能障害を起こす
  「何、犬ごときにマジになってやんの、バーカバーカ」
9.自分の見解を述べずに人格批判をする
   「犬が哺乳類なんて言う奴は、社会に出てない証拠。現実をみてみろよ」
10.ありえない解決策を図る
  「結局、犬が卵を産めるようになれば良いって事だよね」
11.レッテル貼りをする
  「犬が哺乳類だなんて過去の概念にしがみつく右翼はイタイね」   
12.決着した話を経緯を無視して蒸し返す
   「ところで、犬がどうやったら哺乳類の条件をみたすんだ?」
13.勝利宣言をする
  「犬が哺乳類だという論はすでに何年も前に論破されてる事なのだが」
14.細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
  「犬って言っても大型犬から小型犬までいる。もっと勉強しろよ」
15.新しい概念が全て正しいのだとミスリードする
  「犬が哺乳類ではないと認めない限り生物学に進歩はない」


440 :日出づる処の名無し:04/06/29 02:58 ID:eJB5GG9B
このスレはバカばっかりですね


441 :通りすがり:04/06/29 03:28 ID:fFa1yFCA
>440
ん〜なことは無い。
100スレ位まではまともだった。
やはり、こうゆう類のものは日本人しか理解できない。
変な人種が入り込んで糞スレになった。

442 :日出づる処の名無し:04/06/29 06:32 ID:UjUnXCMM
戦後の日本の復興は、吉田茂の対米追従政策と、外地から本土に帰国してきた元軍人達によって支えられた。
陸海軍が失われ、公職を追放された彼らは産業界に職を求めるしかなかった。これは当時の日本の相当に優秀な頭脳部分が産業界に投入されたことを意味する。
また四つの島を領土とするだけになったとき、これまで外地に拡散していた人材が一点に集約されたことも発展の一因と言える。

443 :日出づる処の名無し:04/06/29 07:12 ID:bHPnZ4bz
日本の復興は偏にGHQの尽力の賜物。
チョコレート、美味しかったよ

444 :日出づる処の名無し:04/06/30 06:32 ID:u42iAAXs
>>421
> 戦後を支えたものは「希望」であった。
> 糞のような日本帝国から解放され自由で平等な社会を
> 実現しようという希望。
> 社会から希望が失われ個人的にも底辺なキモヲタなどが
> 現在ネットウヨクをやっているのと表裏の関係にあるだろう。

というような発言は、反論する者が居ないということが前提のようだ。
そこで祖父さんに聞いた昔話を披露すると原罪より昔の方が夢もあり
希望もあり楽しかった。「末は博士か大将か」と競争意識も激しいが
勉強が出来る奴は博士を目指し、体力がある者は大将を目指した者だ。

今の子供達は何を目指しているのだろう。昔は学校を卒業すると青年
団に入り地域の各種行事に参加したモンじゃ。祭り(年4回)、田植え、
除草、稲刈り、下刈り。何かというと小学校の体育館で合宿して共同
生活を楽しんだ者だ。役割分担もおのおのが得意とすることで自然と
決まり、体力のある者、勉強が出来る者、口が達者な者それぞれの個性
に応じて楽しかったぞ。女。女は寝具・食材・薪の調達。炊事洗濯。
そして、男女間はその様な共同生活を通じて自然と結びついていったな。
勿論女は通いだったがな。まあ昔の方が自由だったし民主的でもあったな。

そして現在は、マスコミ帝国主義だし、中華帝国主義・朝鮮帝国主義の
言いなりになっている奴隷国家だそうだ。独立運動すべしというのが
祖父さんの言い分だったな。


445 :日出づる処の名無し:04/06/30 06:45 ID:fwyHZGn8
靖国神社。

446 :日出づる処の名無し:04/07/01 10:49 ID:DSSVKKri
>>436
GHQのプレッシャーを直接受けてきた団塊世代の精神的ストレスは相当なものがあるだろうな。

447 :日出づる処の名無し:04/07/02 21:20 ID:Sq0FKh6h
>>444
現代はクラブ、バンド、コミケ、等ある。

185 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)