2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

【国是】栄誉ある孤立化主義【鎖国】<W>

1 :変なおやじ ◆Pvi4QlUs6E :04/04/04 02:14 ID:9LPbVVzK
<< 栄誉ある孤立化主義の基本理念 >>

@《貿易至上主義の限界》
  自由貿易体制による輸出至上主義は余剰ドルによる輸入品の氾濫により国内
 製造業の空洞化を招き、日本の宝「匠の気質」を喪失させている。
A《産業資源国家日本という視点》
  エネルギー・原材料・食料は現在日本特産の高度工業製品・部品原材料を用
 い貿易バーター主義(2国間貿易拮抗主義)で調達可能である。
B《市場原理主義(欧米近代主義)の虚妄》
  国際金融システム・自由貿易体制は欧米近代合理主義を全世界人類に適用し
 そのルールの下で競争させる適者生存(弱肉強食)を基本原理とする。
  これに従えば結局人類の多様性は失われ、貧困や飢餓、テロや戦争が発生し
 人類滅亡を招来する可能性が高い。
C《市場主義から生存主義への理念転換指針》
  すでに地球環境は大きく破壊され、気候ジャンプの可能性が高い。
  気候激変から多くの国々では飢餓が襲い、国内問題を海外に振り向け、侵略
 的国家間戦争がおこる可能性大である。
D《日本文明マクロ生命体存続戦略》
  人類種の貴重なる一種、日本民族をその文化文明と共に保存するには、以上
 のような修羅場的世界からできうる限り生存の場を遠ざけ、関係性を持たない
 ようにする事が賢明である。
E《自立循環社会建設こそが解決策》
  資源・食料に乏しい日本人がその英知と努力とで自立循環社会を構築する事
 は、全人類にとっての手本であり、各民族生存の希望となる。
-------------------------------------------------------
【国是】栄誉ある孤立化こそが日本を救う【鎖国】
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1029598912/l50
【国是】栄誉ある孤立化主義【鎖国】<U>
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1043324027/l50
【国是】栄誉ある孤立化主義【鎖国】<V>
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1056631690/l50
-------------------------------------------------------

464 :日出づる処の名無し:04/06/12 12:21 ID:H/KRv58C
>>459
カルトだと思われるのは、おやじ氏では無く
突然、財政破綻や預金封鎖を唱える馬鹿の事だよ。

おやじ氏は信じる/信じないではなく
論理の積み重ねでしょう?おやじ氏は
ここで信仰の告白をしてる訳ではない。
破綻厨とは一線を画してる訳で・・・・

で、君は頭にキノコが生えてなきゃ、破綻について
説明してね。無理だろうがw

465 :正義の見方:04/06/13 13:52 ID:2GKzWvR/
>>460
>以下は私の愛聴するCDです。 柄にも無くと笑わないで下さいネ。
いやいや百の論よりCD一枚です。乙女チックなどとはいいません。共感するところ大
です。西郷隆盛も武士階級の没落は抗うべくもないことは熟知していたはずで、それを
承知で若い武士(郷士)に自分の命を預けた、なるようにしかならないことを身をもって
示したのでしょう。大東亜戦争もさまざまにいわれますが、当時の時代背景では所詮
遅れてきた帝国主義国家同士、の本と米国は戦う運命にあった、避けられなかった、そ
れが事実だと思ってます。
ここ数年北海道は梅雨を経験しています。昨夏紋別に行ったら26℃で暑いと大騒ぎし
てました。今年の米国はUSPGAのゴルフトーナメントが雨で中止、中断が続発してい
ます。ヨーロッパでは真夏の寒冷化が進んでいます。今年はインドではやくも50℃の日
が数日ありました、異常といえば異常です。
しかし、地球の歴史からみればこの程度のデータは誤差のうちにも入りません。仏陀も
雨季には雨安居、夏季には夏安居していました。気象はなるようにしかならない、地震、
火山の噴火も止められないのです。そういうことに捉われる心から開放することが解脱
だと仏陀は説いています。人間生まれたときから死に向かっています。死ぬために生ま
れてきたともいえます。この不条理にくらべれば異常気象など問題外です。
『生存現実主義』を否定するつもりもありません。人生いろいろですから。ただ、心配して
どうにもならないことは心配しないほうがいい、与えられた「とき」を精一杯生きる、ガンを
心配するより、今日の健康に感謝する、そういう生き方をしたいのです。

466 :日出づる処の名無し:04/06/13 15:54 ID:jDNP7Vz9
>>465
あなたの書き込みからは、「為るようにしか為らない」、だから
「何もしない方が良い」という考えしか見えて来ません。
仏教に深く傾斜されているようですが、仏陀もせいぜい2500年前の
人間であり、1万年前の気候ジャンプのことは知らないのです。
仏教の真理も結局、穏やかな間氷期の真理に過ぎません。
果たして1万年前に仏陀が生きていたら、今のような仏教思想を
持つに至ったでしょうか?

日本の縄文人の持つ森の思想は、気候ジャンプを生き抜いた
その経験から生まれたものではないでしょうか?
確かに人間の存在は小さく、大自然の力の前には無力です。
これは縄文思想も仏教思想と重なる思想ですが、だからこそ、
自然を畏れ森を守り、その結果として人間とその文化を永続させる、
その努力が大切なのではないのでしょうか?

あなたのように、生存のための努力さえ放棄するのは、単なる
破滅思想にしか見えません。

467 :日出づる処の名無し:04/06/14 00:42 ID:ikHDgy3I
>>465
およそおやじ氏の考えとは噛み合ってない。
どちらが正しく誤っているというのではなく、
視点が根本で違っている。
あなたはこのスレでは場違いだろう。

468 :日出づる処の名無し:04/06/14 12:02 ID:u7cLem85
20億人が洪水の危険に直面 国連大の研究所が予測

世界的に急増している洪水の被害が今後さらに深刻化し、2050年には現在の2倍に当たる約20億人が
大洪水の危険にさらされるという予測を国連大学「環境と人間の安全保障研究所」(ドイツ・ボン)がまとめ、13日発表した。

異常気象の増加や海面上昇など今後予想される自然環境の変化に加え、
発展途上国で土地や水を入手しやすい河川敷などの低地に人口集中が続くとみられることが大きな要因。
同研究所は、洪水の予測や警報システムに資金を振り向けることが急務だと指摘している。

予測によると、特に深刻な被害が懸念されるのは中国やインド、インドネシアなど以前から洪水が多発しているアジアの途上国。
アジアでは1987−97年に約22万8000人が洪水で死亡、世界の洪水による死者の9割以上を占めた。

ヤノシュ・ボガルディ研究所長は「洪水の予測など事前対策費用は現在、洪水後の救済費用の1%程度しかない。
早急に予防策中心に切り替えなければ、被害の拡大は避けられない」と警告している。(共同)


469 :日出づる処の名無し:04/06/14 13:41 ID:Xa8HuyoI
ソース忘れてるよ
ttp://flash24.kyodo.co.jp/?MID=NGK&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2004061401000472

470 :日出づる処の名無し:04/06/14 18:00 ID:1h/ngQ5e
おやじ氏の言ってることは日本人としてこれから
どのように生きなければならないということを言っている。
正義の見方氏は人間は個人としてどのように生きなければ
ならないということを言っている。
視点が違う。
よっていくら議論しても噛み合わない。
しかし両立しないものではない。


471 :変なおやじ ◆Pvi4QlUs6E :04/06/18 00:15 ID:HeDYDpja
>>all

 久しぶりに日本に帰ってきました。
 かの地の雑踏の中から祖国の町中に身を移してみて当り前のように自分が日本人である
事を実感し、日本人である事に最高の幸福感を感じております。
 今月末にはまた外地に出稼ぎに行かねばなりませんが。。。

 今週の土曜日には息子と「デイアフタトゥモロウ」を観てこようと思います。
 http://www.foxjapan.com/movies/dayaftertomorrow/  ←にBBSがありますが、
 まだまだ一般の人には知識情報が行き渡っておらず、勿論ペンタゴンレポートの存在を
知らないようです。
 我々が生きるとは何なのか、自分が生きる事だけが生きる事の本質なのか、をこの映画を
ご覧になって多くの方々に考えていただきたいです。
 そして、先祖から引き継ぐ日本社会の存続こそが最高価値である事にはやくはやく気が付
いてもらいたいのです。

472 :日出づる処の名無し:04/06/18 13:35 ID:lOVDCL56
>>466
>あなたのように、生存のための努力さえ放棄するのは、単なる
>破滅思想にしか見えません。
どうも舌足らずで誤解されているようです。「成るようにしかならない」というのは
努力もしないで怠惰を貪ることではありません。「人事を尽くして天命を俟つ」と
いうことです。人事とは人間が行うことです。天命とは真理のことでしょう。天然
自然の摂理は人間の力の及ぶところではありません。努力はするがその先(未
知)は天の理に従うほかはない、そういうことです。長生きしょうと努力し節制す
ることも大切ですが寿命というものがあって、これは本人がいくら努力してもどう
することもできないのです。寿命が尽きたら死ぬしかない、それをいってるのです。
70歳になったら、80歳になったら死ぬしかないのかどうか誰にもわからない、そ
んなわからないことで怯えたり心配するより、今日を精一杯生きることが大切なの
です。これは刹那主義ではありません、明日の命は誰にもわからないのです。
変なおやじさんがいうように氷河期が来るかも知れません、そんなことはどうだっ
ていいのです。来たら人類は死滅するでしょうが、来なくても疫病で死滅するかも
しれません。そんなことで心配しても仕方ないでしょう?
ひところ核兵器戦争を心配して核の時計というのが世界中の関心を集めましたが
いまは誰もいいません、あの時計はどうなったのでしょうか?
毎年台風がやってきますが、いくら備えても被害を避けることはできません。フィリ
ピン沖で発生した台風が日本に上陸するかどうか、いくらコンピュータを駆使しても
人間にはわかりません。
第一、われわれが秒速500メートルという超高速で地球と一緒に回っていることすら
実感できないでいます。自転でこのスピードですから、これに公転のスピードを加え
たらどうなるか、計算してみて下さい。

473 :正義の見方:04/06/18 14:06 ID:lOVDCL56
>>466
>仏教に深く傾斜されているようですが、仏陀もせいぜい2500年前の
>人間であり、1万年前の気候ジャンプのことは知らないのです。
>仏教の真理も結局、穏やかな間氷期の真理に過ぎません。
仏陀の思想は「諸行無常」であり「諸法無我」です。宇宙というものは常に変化し続けており
永遠不滅なものはない、すべては現象であり不変な実体はない、そういう真理です。だから
宇宙も地球も一瞬たりとも停止したりするものではなく、常に変化し続け、恒久的なものでは
ない、そう説いたのです。だから宇宙の始まりまりから終末まで、いかなる時代にも通用する
真理なのです。
一見当たり前のようですが、これが簡単には理解できないのです。自分だけはガンに罹らな
いと思っていたり、彼女の愛は永遠だなんて勘違いするからトラブルが起きるのです。霊魂
という実体があると思うからイラクの自爆テロが起きるのです。アッラーに殉じれば天国で人
間として再生でき楽しく暮らせる、そう思っているからです。
私は仏教徒ではありません、仏教思想に興味があり研究しているだけです。本当のところは
修行をしなければわからないでしょう。
でも、親鸞がすべてをほとけの力に委ね(他力本願)何も願わずひたすら南無阿弥陀仏と唱
えた生き方は真似できるものではありません。それは人事などは所詮小さなもの、仏の力に
すがることしかない、そうさとったのです。これはなにも努力を否定するものではありません。
生きる努力を放棄して信仰にすべてを委ねた、そういうことです。

474 :正義の見方:04/06/18 14:07 ID:lOVDCL56
>>472
は正義の見方です。すいません。

475 :日出づる処の名無し:04/06/18 22:11 ID:ZtcMfQGa
>>472
>変なおやじさんがいうように氷河期が来るかも知れません、そんなことはどうだっ
>ていいのです。来たら人類は死滅するでしょうが、来なくても疫病で死滅するかも
>しれません。そんなことで心配しても仕方ないでしょう?

ずれまくっていることに自分で気がつかないのですか?
おやじ氏は「人事を尽くす」ことを言っているのであり、当然人事を尽くした後は天命
を待つのである。
あなたのおっしゃることとなんら矛盾してはいない。
傍からみていてあまりにずれた意見をいっているので見苦しい。
あなたの書き込みこのスレの本筋からはずれていて無駄なばかりですよ。

476 :変なおやじ ◆Pvi4QlUs6E :04/06/19 00:40 ID:tpC4Nz10
>>正義のみかたさんへ

 申し訳ありませんが私のスレを深読されてからカキコしていただけないでしょうか。
 あなたは >>291 の投稿において『おやじさんのスレは全部読んでません。
あまりにデータ偏重というか、被害妄想というかとてもついていけないからです。』
と投稿されました。
 私は以前のスレでも彼方の投稿に幾度かご返事いたしましたが、その意見交換が上記の
偏見に基づくものであった事を思うときその偽善欺瞞さに深く心を痛めたのです。
 以上ご配慮の上よろしく深意をお汲み取りください。


477 :正義の見方:04/06/20 15:57 ID:bnkeE6op
>>475
>おやじ氏は「人事を尽くす」ことを言っているのであり、当然人事を尽くした後は天命
>を待つのである。
あなたにお答えしてもいかたありませんが、自然現象に対して人事を尽くすことが無駄
だといっているのです。地球温暖化が二酸化炭素の増加が原因だといわれています。
しかし、そうではないという意見のほうが多いのです。二酸化炭素を減らそうが、窒素酸
化物を減らそうが、それはそれで人間や地球に住む生物には幾分かいいことかも知れ
ませんが、地球にとっては痛くも痒くもありません。
台風に備えると簡単にいいますが、あなたにどんなことができますか、せいぜい雨戸に
サンでもして台風情報を聞くぐらいなことでしょう。人事をつくすどころじゃないでしょう。
天然自然に対しては畏れ、無事を祈ることぐらいです。台風の目が自分の住んでいると
ころの真上を通過するか、少し逸れるか、誰にもわかりません。そんなこと心配するより
運を天に任せる、そういう生き方が大切だといってるんです。
現代人は思い上がっているのです。科学万能だと錯覚し、天を畏れません、昔の人たち
はもっと謙虚だったのです。
自我が肥大化し、権利ばかり主張する風潮こそ氷河期以上の危機なのです。テレビ、ク
ーラー、パソコンなどの電化生活を満喫しながら、一方で原発反対を唱える矛盾に全く
気づいてない、平和ととなえれば平和になると思っている太平楽にこそ危機があるのです。
原発反対なら文明生活を捨て、山で畑仕事でもすればいいのです。そうすれば、温暖化に
も少しは役立つはずです。人事を尽くすとは」そういうことです。

478 :日出づる処の名無し:04/06/20 16:25 ID:hfL+XUVV
>>477
おやじ氏は自然現象などと言ってないだろ?

>現代人は思い上がっているのです。科学万能だと錯覚し、天を畏れません、昔の人たち
>はもっと謙虚だったのです。
>自我が肥大化し、権利ばかり主張する風潮こそ氷河期以上の危機なのです。テレビ、ク
>ーラー、パソコンなどの電化生活を満喫しながら、一方で原発反対を唱える矛盾に全く
>気づいてない、平和ととなえれば平和になると思っている太平楽にこそ危機があるのです。
>原発反対なら文明生活を捨て、山で畑仕事でもすればいいのです。そうすれば、温暖化に
>も少しは役立つはずです。

ああ、とんでもない勘違いのお方だ。
おやじ氏の主張が自然に逆えとか自然を支配しろと言っているとでも思っているのか?
ピントはずれにも程がある。
このスレを最初から最後まで精読してから意見を言いなさい。
あなたはアラシとさしてかわりないことをしている。

479 :日出づる処の名無し:04/06/20 17:42 ID:ofPx9ecS
...つうか荒しだろ?相手すんのやめなよ。

480 :変なおやじ ◆Pvi4QlUs6E :04/06/20 22:49 ID:hbKsLGXL
>>all
 私の論の根底は日本古来の日本神道、日本仏教、すなわち父祖から引き継ぐ日本文明
そのものであります。
 そしてまた、それを西欧文明と融合させた西田哲学に由来し、それから発展した京都学派
の学問体系に則り、特に今西錦司の自然哲学を実践の規範とするのであります。

 今西錦司は生き物の世界を、空間的には生物全体社会という、世界に広がっている生物
すべてを一つの全体社会としてとらえました。
 そして、生物全体社会を成り立たせる要素として、種社会という実在を発見したのです。
 種社会は、下位(内部)構造としては種を構成している個体すべてを含み、上位構造として
は生物全体社会の一構成要素として(ちょうど生物個体の細胞に相当するといったアナロジ
ー(たとえ)を用いて位置づけられ)なりたっています。
 種社会同士は、元一つのものから生成した関係を存続し、相対立しながらも相互依存的
に共存しています。
 種個体は、それぞれ属する種を体現する特殊として、種が主体性を発揮した社会形態に
限定され生き、しかしまたそれぞれの個体が種を限定し、種をのせて生活しています。

 時間的には、生物全体社会の起原になる一つの地球的生命が、自己組織的に分化し、
発展してゆく姿を進化ととらえました。
 生命と環境(生物の身体も含む)の、弁証法的発展が、一つの種を分化させ、互いが棲み
わけ、ときに食う食われるの関係を結び、しかしそれぞれの持ち場を維持しつつ、種は共存
してきたと考えます。
 生命が主体性をもち種を形作り、種が主体性をもって自己展開した歴史が、生物進化です。
 生命が、生物全体社会の永遠を志向しながら種を増やし、形態を変化させつつ、移り変
わってゆく様が進化なのです。

481 :変なおやじ ◆Pvi4QlUs6E :04/06/20 22:49 ID:hbKsLGXL
>>続き

 私は上記の『棲み分け原理を踏まえた上で、これからの気候ジャンプに立ち向かおう』
と訴えているのです。
 すなわち、欧米近代主義的・中華覇権主義的・イスラム的・ユダヤ的等々、
遊牧牧畜文明=ダーウィニズム(適者生存・弱肉強食・優勝劣敗)原理文明、
そうではない、非ダーウィニズム原理文明=稲作漁労文明、日本文明の思考と方法論
にて我々日本人は独自性を持って気候ジャンプに立ち向かい、未来を生き抜き、永遠
継続する日本文明社会を発展的に創造しようと訴えているのであります。

 そしてその哲学と実践が、たとえ孤立化しようとも、人類社会全般への憧憬や模範となり、
結果として、人類滅亡を回避するであろう、と信じているのであります。
参照URL:http://www.geocities.co.jp/NatureLand/4270/imanishi/top.html


482 :日出づる処の名無し:04/06/20 23:03 ID:Nbli+e8l
jogwingで江田島がいってることと重なってる気がするんだよな。
と流し読み程度で言ってみるテスト

483 :kimura:04/06/20 23:34 ID:DQ31SR68
>>481
おやじ様、こんばんは。
毎回毎回、洞察の深さに感心するとともに、何故にここまで私自身の考えと重なるのかと驚いています。
あるいは同じ条件からは同じ解しか出ないのかもしれません。
ただ、私の力では一般に伝えることができる内容としてまとめるのが難しく、おやじ様の投稿をまとめるのにも充分ではない状態ですが。
また、「どこまで広めるべきか」という部分もあります。
非情なようですが、生き残る知恵がない者は無理に生き残らなくても良いと私は思うところがありますので。

…「進歩主義」の呪縛を解き日本人の知恵…時間的空間的連続性を持つ経験知の総体としての知恵の継承が重要であるという部分に関しては多くの人に受け入れられる要素があるのではないかと思います。



484 :正義の見方:04/06/21 14:31 ID:Ux76Yzbg
>>480
>生命が主体性をもち種を形作り、種が主体性をもって自己展開した歴史が、生物進化です。
> 生命が、生物全体社会の永遠を志向しながら種を増やし、形態を変化させつつ、移り変
>わってゆく様が進化なのです。
生命が主体性を持つとは如何なることでしょうか?生命という実体があるのでしょうか?その
生命が種を増やし、形態を変化させることが進化ですか。では昆虫は毎年8000種も絶滅して
いるそうですが、これも進化なのですか、それとも退化なのでしょうか。
人間だってなにか意識した目的があって400万年前にサルと枝分かれしたわけではなく、自然
にそうなっていった、脳が大きくなったから二足歩行になったのか、二足歩行したから脳が大き
くなったのか、そんなことはわかりません。
キリンは太古から首は長く、亀は万年も進化してません。進化してない生物はいくらでもいます。
人間も太古から争いごとをしており、現在のアフリカの内乱、アラブの紛争を見ても、人間は全く
進歩しておりません。古代ローマ帝国のほうが現代よりはるかに民主的な政治が行われていま
した。
一つはっきりしていることは、人間は一度手に入れたものは金輪際手放さないということです。
私も日本の人口を3000〜6000万人にして鎖国すれば、十分自活できる、いまより幸福になれ
ると思ってますが、便利さを手放すことはしないでしょうし、シナだって黙って鎖国させておかない
でしょう。いずれ飲み込まれるでしょう。
地球は他の惑星から見れば奇跡としかいいようがありません。大気圏で宇宙と温度調節しながら
有害な紫外線はカットし、大気温度も適正に保たれている、火星と比べるまでもありません。
あとは天の摂理に任せるのです。時計の針は逆戻しできないのです。天候ジャンプしようがしまい
が、今日を精一杯い生きればいいのです。




485 :壱歳爺 ◆BiueBUQBNg :04/06/24 19:54 ID:daNbqFFh
http://news16.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1088070548/l50
うーむ…

>>484
一度プラトンの『クリトン』(岩波文庫「ソクラテスの弁明」に所収)
を読む事をお勧めする。今までこうして日本という国とシステムの下で
安楽に生きて来た分の借りを、そのシステムが危機に瀕したときに返す
のは国民の義務だ。

486 :同期の桜@極東 ◆DoukiJieKQ :04/06/25 11:46 ID:dEAWzBVs
今日を精一杯生き抜くためには明日が必要だ。

487 :日出づる処の名無し:04/06/25 23:22 ID:5T3Gai0w
正義の見方氏は、独善的な思い込みと小手先の技術で、なんでも出来ると
思い込んでいる、他者(このスレでは自然環境等)への配慮や尊重が欠落
した、ストーカー的文明の傲慢さに憤っているんですかね?

でもこのスレは、そういった独善的文明からの脱却を志向しているのだから、
スレの内容をよく読まずに、自分の意見の押し付けを繰り返してしまってい
る正義の見方氏は、このスレでは独善的になっているのではないですか。

あらゆる意見は、真理の一つの見方に過ぎない、というアイデアは真理だと
思いますが、その一つの見方(観念)に捉われて、より統合され止揚された、
俯瞰的な見解を探求する事をやめてしまっては、本末転倒だと思いますよ。

488 :日出づる処の名無し:04/06/27 08:42 ID:iTKyBirf
だから荒しにレス付けんのやめようよ...。

489 :変なおやじ ◆Pvi4QlUs6E :04/06/27 12:08 ID:AMBznpPe
>>all
 おやじは明日また中国大陸へ出稼ぎに行くます。
 たった2wの帰宅でしたが体重が1Kほど増えました。(^^;
 このまま日本にいて食っていければいいのですがなかなかそれも許されず、また、
中国大陸の工場のおやじ達(台湾人)からは何時戻ってくるのだとのやんやの催促です。
 とりあえずまた中国大陸へと渡ります。 8月15日の靖国参拝には必ず戻ってきます。


>>483 「進歩主義」の呪縛を解き、
>> 日本人の知恵…時間的空間的連続性を持つ経験知の総体としての知恵、
>> の継承が重要である。

 kimuraさん、お世話になってます。 今日明日中に過去スレ[T]をメールしますので、
貴殿が開設された未来を生き抜く為のHP↓に過去スレ[T]のアップをお願いします。
           http://nobuokimura.hp.infoseek.co.jp/index.html
 今少し読み返してますが、日本人一般である私の知的レベルはお恥ずかしい限りであります。
 このようなHPにより公にする事は独善的であるとも思われます。
 しかしながら、地球環境の激変を真摯に受け取るならば、何がしらの議論が社会の至る所で
起こってもよさそうではとも考えられるのです。
 あまりそれが起こってない事とは、私の論が電波論であり、議論する価値の無い内容である
とは私は勿論思いません。 そうではなく、それを真剣に議論してしまっては収拾のつかない
社会的混乱が生じ、社会を永続されると言う根本目的と矛盾してしまう為、あえて議論が起こら
ないようにしているのでしょう。 つまり無知蒙昧にも社会はこの問題を先送りしているのです。

 兎にも角にも、異常気象現象はより頻発し、それに伴い日本社会という一つの生命体は
自己生存本能を顕在化し、結果として日本社会全体の状態変化が必ず起こると思います。

490 :432-433である訳だが⇒ ◆zCmARu3316 :04/06/27 20:14 ID:x0xNgcNI
>>435
 変なおやじ ◆Pvi4QlUs6E殿、>>432-433ではちょっと考えなしで書き込んでしまった。スマソ
 確かに「ソフトエネルギー」で検索すればサヨク連中のページがワンサカと引っかかる。でもマアおやじ殿が言うまでもなく
そ奴らとは異なる、「保守」の立場でのエネルギー議論は必要でありましょう。ここでやりましょう(w
 ところで先日のNews23にて「南極の氷床崩壊」も紹介した環境問題の特集を放送していたのだが・・・
どうでもいいよね。オチは反米だし(w
>>436
>仮に中国が多弾頭核ミサイルを日本に発射した場合、都市部にいるよりか山間部に
>居たほうが生存の可能性が多いに高いことは想像できるでしょう。
> 即ち、放射線にしろ爆風にしろ山間部に居る者には比較的軽微なのです。
激しく同意であります。しかし核武装のスレッド数あれど、核防御に関するレスは(MDを除けば)一つもなかった・・・
「核の刃」と「核の盾」、ふたつ揃わなければ鎖国計画も(つーかそれ以前に自立は)ままならない。
幸い日本は山国、利用しない手はない。(その前に核爆弾の実力についてを勉強しなければ・・・)


491 :実は206でもある⇒ ◆zCmARu3316 :04/06/27 20:15 ID:x0xNgcNI
>>426以降語られている3D-CADの必要性について、自分は製造業の「バーチャル設計」に携わる者として大きな懸念がある。
それはシミュレーション技術の進歩に伴い、「考えない設計者」が目に見えて増えている現状についてであります。
 いくらコンピュータの性能が上がったとしても、シミュレーションの結果はあくまでも「机上の予測」であり、それらは実験等
による「現実」のデータとつき合わせて初めて意味をもつという事を念頭に置かなければならない。
 でもこれについては、要は設計者の意識の問題(すなわち「ものづくり」の感覚を常に持ち続けること)であり、
それさえ忘れなければ3D-CADは強力なツールとして機能するものでありましょう。

 日本には100年以上の近代工業国としての、さらにはそれ以上の永きにわたる「職人文化」の国としての膨大な、
有形無形の蓄積がある。そう簡単に支那人(畜生!一発で変換できない。何故だ?)に取って代わられてたまるかっての。


492 :今日からトリップつけておきます⇒ ◆zCmARu3316 :04/06/27 20:17 ID:x0xNgcNI
>>461
>今の社会をおやじなりに申し上げますと、本当の敵はニヒリズムだと思います。
> ニーチェが100年以上も前に予想したように行き着くところに到ったのでしょう。
 少なくとも日本に居つく「自称ニヒリスト」或いは「世界市民」は義務を果たすのがイヤな甘ったれ連中であり、
世界が硝煙臭くなれば自らの生存の為に、黙って政府の方針に従うのみでありましょう。戦争中そうであった如く・・・

  所 詮  そ の 程 度 の 連 中 で あ る

 むしろ真の敵は「保守」連中の中にあると自分は思っています。例えば現在、「アメ様についていれば無問題」とのたまう人々、
そして核武装できたあかつきに必ず出てくるであろう「大東亜共栄圏アゲイン」を夢見る人々・・・
 ある意味正論である故に、如何にしてその論理をねじ伏せてやろうかと無い智恵絞っている日々であります。



 イツカハ ソウソウタルN極東板ノ論客相手ニ立チ回ル羽目ニナルノカナ・・・


493 :最後に⇒ ◆zCmARu3316 :04/06/27 20:19 ID:x0xNgcNI
>>489
>おやじは明日また中国大陸へ出稼ぎに行くます。
> たった2wの帰宅でしたが体重が1Kほど増えました。(^^;
> このまま日本にいて食っていければいいのですがなかなかそれも許されず、また、
>中国大陸の工場のおやじ達(台湾人)からは何時戻ってくるのだとのやんやの催促です。
> とりあえずまた中国大陸へと渡ります。 8月15日の靖国参拝には必ず戻ってきます。
ご武運を祈ります。どうかお気をつけて行ってらっしゃいませ。

> kimuraさん、お世話になってます。 今日明日中に過去スレ[T]をメールしますので、
>貴殿が開設された未来を生き抜く為のHP↓に過去スレ[T]のアップをお願いします。
>           http://nobuokimura.hp.infoseek.co.jp/index.html
ご苦労様であります。&ありがとうございます。サガシテイタンダヨ・・・


494 :道灌山:04/06/28 01:20 ID:zoC9ZRo5
>>489
しばらく人大杉で見られなかった。

おやじさん、靖国で会おう。

どこかで聞いた言葉だな…(W。

495 :日出づる処の名無し:04/06/28 06:15 ID:tBw2Xm/S
>>492
「地球市民」ことサヨクを甘く見ていますな。
核武装が為ったとき「大東亜共栄圏アゲイン」を言い出すのは、
おそらく突如サヨクから転向する似非右翼の方ですよ。

「保守」は過激を好まぬからこそ「保守」なのです。

496 :kimura:04/06/28 09:13 ID:UU40/cd4
みなさま、どうも。

>おやじ様
早速、アップしました。
http://nobuokimura.hp.infoseek.co.jp/
なお、こういうものも用意していますのでお使い下さい
http://nobuokimura.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload.html

>>495
まさにその通りなのです。
「左翼」のほうが権威主義的なのですよ。
それから、既に言い始めてます
ttp://www.bekkoame.ne.jp/i/ga3129/411syohyou.htm


497 :日出づる処の名無し:04/06/28 11:40 ID:T6W4Id0z
鎖国なんて言ってると痛い目にあうぞ!

http://ad.jp.doubleclick.net/adf/www.hotwired.co.jp/original;ord=779489?

致死性の高い危険な感染症で、新大陸から旧大陸に持ち込まれたものはほとんどなく
あとは全て旧大陸から新大陸に持ち込まれ、ジェノサイドを引き起こした。

旧大陸の人間は新大陸の同胞に比べ、多種多様な病原体に晒されていた分、
免疫的に有利だったのだ

ある一定以上の人口規模をもったコミュニティでないと、孤立した場合には停滞、
衰退はおろかそもそも存続することさえできずに消滅してしまうのではないか


グローバル化のプロセスにいったん乗ってしまえば、そこから降りることは原状復帰
を意味せず、むしろ技術・生活水準の絶対的な低下、衰退を結果する危険が大きい。
これと同様に、いったん経済発展の軌道に乗ってしまえば、それが自然環境に与える
負荷を憂慮して発展を止めようとしても、下手をすると環境破壊は止まるどころかより
ひどい結果を生む可能性がある


498 :正義の見方:04/06/28 16:23 ID:jlKOuyg5
>>487
>でもこのスレは、そういった独善的文明からの脱却を志向しているのだから、
そうじゃないでしょう?気候ジャンプに立ち向かうといってるのでしょう。その論拠
としてアメリカのさまざまなレポートを持ち出して、氷河期到来の危機を叫んでい
る、そうとしか読めません。
氷河期は過去にもあったし、その前は灼熱地獄もあったわけで、そんなこと地球
にとって痛くも痒くもない、地球の生命活動の一つでしかないのです。地球は人間
だけのものではありません。生きとし生けるもの、有機物、無機物を問わず地球を
構成するすべてのもののものです。
あの恐竜でさえ絶滅したのです。人間が絶滅しないと考えるほうが間違っているの
です。地球もいずれは公転軌道から外れ太陽に近づいて溶解し、呑みこまれる運
命にあるのです。誰にも止められません。
人間の寿命など高々百歳程度、そんな短い命を自然現象の心配をして暮らしても
しょうがない、もっと前向きに生きよう!そういうことです。


499 :日出づる処の名無し:04/06/28 18:12 ID:xh9M8rmN
もし気候変動があるとして、悪影響を受けるのは大陸国家に他ならない。
中国大陸で黄巾党の乱が荒れ狂ったのは、やはり気候変動のためだった。
千数百年の時を経て繰り返される可能性は皆無とは言えない。

中国、朝鮮半島、シベリアから溢れ出す流民が日本人の敵になる。
いまのボンクラ政治家では「国際協調」の美名の下で、その実、
アメリカの意向によって何百万単位で流民を受け入れさせられるだろう。
全国各地にスラムが出来て、外国人の地方参政権などあっという間に
国会を通って法制化されるのは目に見えているではないか。

そのとき日本人は、日本は、歴史の継続性を断ち切られて、
今度こそ本当に息の根を止められるだろう。

500 :日出づる処の名無し:04/06/28 18:14 ID:UrsWF6lz
尖閣の石油があれば、100年ちょいは孤立しても大丈夫だな。

501 :日出づる処の名無し:04/06/29 01:49 ID:RVHpq5hU
>>497
鎖国をして痛い目にあうのは、あくまで世界が発展と成長を続けるという前提のもとでの話ですね。
鎖国は世界的発展に取り残されると同時に、世界的破滅からも取り残されるのです。
もし、変なおやじ氏およびペンタゴンレポートが述べているような気候ジャンプが起きたら、
世界は果たして発展を続けられるでしょうか?
まあ、今すぐ鎖国をするのは得策ではなくても、いざというとき鎖国できるような準備は
今からでもしておいて損はないでしょう。

502 :日出づる処の名無し:04/06/29 01:52 ID:hQkNeDYq
鎖国なんて現実的じゃない、少子化対策でも考えろ

503 :日出づる処の名無し:04/06/29 01:58 ID:RVHpq5hU
>>496

> >>495
> まさにその通りなのです。
> 「左翼」のほうが権威主義的なのですよ。
> それから、既に言い始めてます
> ttp://www.bekkoame.ne.jp/i/ga3129/411syohyou.htm

ワラタ なんとわかりやすい人たちだ。

> 著者の提言の政治的ポイントは、「東北アジア共同の家」実現のイニシアチブは、
>日本が取るのではなく朝鮮半島が取るべきだ、その際、日・中・米などの在外コリアン・
>ネットワークが重要な役割を果たしうるという点にある。

504 :日出づる処の名無し:04/06/30 08:16 ID:Cx68RDuk
女医

505 :kimura:04/07/01 07:19 ID:tKuKAdx/
先日、読んだ記事で近世までの都市部においては都市には人口の調整機能としての意味があったと言います。
結婚・育児が困難な都市という環境は人口を吸い取って減らすと言う機能も持っていたのだと言います。
また、中国に於いては周期的な王朝の崩壊とそれに前後する100万単位の凄まじい数の餓死者などが人口の調節をしていたのではないかという説もあります。
安定した維持可能型文明への移行について確かに現時点では人口が多すぎるという観点があるかも知れませんが、「調節機能」が何らかの形で働くと思っています。

歴史に学ぶならば中世から近世にかけてあえて複雑な流通システムやを採っていたりしたのは少ないパイをできるだけ大勢で分け合う知恵でもあったと言われています。
現在のコスト第一の大規模大量生産型社会では、例えば環境問題に対応したサービスに関してもコストが問題となり、市場システムでは対応出来ない部分があるわけですが、こうした市場で対応できないサービスを補完するという意味が行政には求められてきます。

また、現在の社会への観点にはアンペイドワークについての観点が不足しているのではないかと思います。
あらゆるサービスが貨幣経済における商品としてのサービスとなりつつあるわけですが一方で目に見えない部分のサービス供給が低下してきているとも考えることが出来ます。

506 :正義の見方:04/07/01 10:26 ID:CPSj+GDz
>>501
>まあ、今すぐ鎖国をするのは得策ではなくても、いざというとき鎖国できるような準備は
>今からでもしておいて損はないでしょう。
鎖国というのは言葉の遊びであり比喩にしか過ぎません。このインターネット時代にどうやって
国を閉ざせるのか、考えるまでもないでしょう。北朝鮮が崩壊すれば難民が大挙して押し寄せ
てきます。そのボートピープルを海岸で待ち構えて撃ち殺すんですか?ベトナムのボートピー
プルはつい最近のできごとです。いまでも中国や韓国からの不法入国を阻止しきれていないの
です。
鎖国するということは輸出入を禁止することです。江戸時代でさえ長崎の出島を開いてたので、
鎖国していたわけではありません。鎖国すれば餓死者が出て、政府はもちません。暴動が起こ
り無政府状態になるかもしれません。自然災害どころか人災で日本は滅亡します。
鎖国は話としては面白いが、実現性はゼロです。そんなこと議論してもはじまりません。寝てい
るほうがましです。

507 :日出づる処の名無し:04/07/01 10:50 ID:ho7tcGZ3
>>506
そうですね。
といいますか、こういうスレの削除依頼
を管理人側はタイムリーに対応してほしいです。
いくら極東だからといっても、こんなスレは不毛です。
モラルを守ってほしいものです。

508 :kimura:04/07/01 19:17 ID:dUs+arwE
>>506
過去ログ読み直すか、失せろ。
( ´H`)y-~~

509 :日出づる処の名無し:04/07/02 06:45 ID:AkfCarZZ
>>506

> 鎖国するということは輸出入を禁止することです。江戸時代でさえ長崎の出島を開いてたので、
> 鎖国していたわけではありません。鎖国すれば餓死者が出て、政府はもちません。暴動が起こ
> り無政府状態になるかもしれません。自然災害どころか人災で日本は滅亡します。
> 鎖国は話としては面白いが、実現性はゼロです。そんなこと議論してもはじまりません。寝てい
> るほうがましです。

ん〜、別にこのスレでも「鎖国」を完全に輸出入を禁止することとは定義してないんだがなぁ。

> A《産業資源国家日本という視点》
>   エネルギー・原材料・食料は現在日本特産の高度工業製品・部品原材料を用
>  い貿易バーター主義(2国間貿易拮抗主義)で調達可能である。

過去ログ全部読み直すのは面倒でも、せめてこのスレの1ぐらいは読んでから、レスしようね。


それから、
> 北朝鮮が崩壊すれば難民が大挙して押し寄せてきます。

この根拠を教えてくださいね。
燃料もない国の難民船がどうやって日本海を渡るんですか?
少なくとも北朝鮮領土の海岸から漂流したとして、ロシアには行けても余程運が良くなければ
日本には来られません。

510 :日出づる処の名無し:04/07/02 11:42 ID:ZNJ/cAOc
>501
日本は鎖国しても北朝鮮のようにはならないでしょう。
しかし、日本の土地を占領するのは価値があります。
特にロシアや中国にとって太平洋への足がかりは
日本であり。それは日本がこの位置に存在する限り
永遠に変わりません。

そしてこの危険地帯でどうやって生き抜くかを考えたら
ロシア中国が太平洋に侵入してくるのを嫌う、米国等の
アングロサクソン諸国家と同盟を結び、交易をし続ける
ことです。

511 :日出づる処の名無し:04/07/02 11:49 ID:ZNJ/cAOc
外国人とくに東洋人は規制すべき。
朝鮮人は地政学的に日本人の生活水準までは持っていけない。
常に陸軍を大量に維持しなければいけない地勢は
経済発展に大きな負担。
つまり朝鮮からはこれからも継続的に
物価の違いからの犯罪者や難民が一方的にやってくることになる。
これは悲しいけど現実であってどうしようもない。


台湾はまず問題ない。中国におびえてはいるが。
自分らが得ている海洋国家としての特権を
台湾人が簡単に手放すとは思えない。



512 :日出づる処の名無し:04/07/02 11:51 ID:ZNJ/cAOc
>509
北朝鮮から
韓国を経由して
日本にくる可能性があるってことだろ。
今は別々の国だけど
もし一つに統合されるようなことがあったり。
南北の間に緊張の緩和が起これば
そうなる可能性もあるね。

513 :日出づる処の名無し:04/07/02 17:13 ID:o/ifynti
同意

408 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)