2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

教育現場での教育勅語奉読を復活させませう。

1 :日出づる処の名無し:03/12/19 14:11 ID:gRpsk4y9
教育勅語は明治23年10月30日、明治天皇によってわが国の教育方針を明らかにするため渙発されました。
日本が大東亜戦争に敗れるまでは小学校に修身の学課があり、児童は入学から卒業までの六年間、
道徳教育を受けました。しかし戦後、占領軍は修身も禁止し、
国民精神の脊梁をなしていた明治天皇の教育勅語をも没収して捨ってしまいました。
それ以来わが国の義務教育は、共産革命集団である日教組の左翼偏向教育にゆだねられて今日に至っています。
日の丸国旗にも、君が代国歌にも反対する赤い教師の偏向教育によって洗脳汚染された子供達は思想が悪化しています。
教育勅語には、日本人が祖先から受け継いできた豊かな感性と美徳が表され、人が生きていくべき上で心がけるべき徳目が
簡潔に述べられていましたが、戦後に教育勅語が排除された結果、我が国の倫理道徳観は著しく低下し、
極端な個人主義が横溢し、教育現場はもとより、地域社会、家庭においても深刻な問題が多発しています。
今こそ、私たちは教育勅語の精神を再認識し、道義の国日本再生のために、精進努力しなければなりません。


教育勅語
http://www.sun-inet.or.jp/~hba7615n/tyokugo02.htm





2 :日出づる処の名無し:03/12/19 14:11 ID:FDJsBC4m


3 :日出づる処の名無し:03/12/19 14:40 ID:Z9M9KTne
とりあえず賛成しとくか

4 :名スレの予感君(ごくとう) ◆593GOKUTOU :03/12/19 14:55 ID:Rqz7bgCg
賛成ノ

5 :たれ ◆TAREurn8FE :03/12/19 15:08 ID:JcXoYObm
賛成はともかく、こっから先どうすんの?w

6 :abc:03/12/19 15:34 ID:xur+3iEB
賛成。の4連発

7 :abc:03/12/19 15:38 ID:xur+3iEB
>>5 こっから先どうすんの。

が問題やな。取り敢えず古今東西の教訓を集大成し
平成の教育勅語を創るべきだろうな。



8 :abc:03/12/19 15:55 ID:xur+3iEB
>>7 続き

取り敢えず名言集
http://www.eee.co.jp/yamato101/meigen1.html


9 :日出づる処の名無し:03/12/19 17:47 ID:sUFpEA93
賛成。
あと改憲法もな

10 :陸奥 ◆Mutsu.Oznc :03/12/19 19:42 ID:nwN0HA56
>>1
すごくもっともな事ばかりなんだよな。

その正反対をやってるから今の教育はクソなわけで。


11 :パピヨン ◆tQ.hdNBCT2 :03/12/19 21:02 ID:DDgX9rsm
教育勅語なんか始めて見た。
面白くも何とも無いな。必要なし。

12 :日出づる処の名無し:03/12/19 21:47 ID:O90Q+w7M
>>11
おまえは教科書も「すっげぇ面白ぇ!」とか言って読むんだろうな。

13 :abc:03/12/19 22:49 ID:xur+3iEB
>>11 面白くも何とも無いな。必要なし。

教育勅語は家族愛・隣人愛・公共心・愛国心を養い
共同生活を送る上で皆が不愉快な思いをしないよう
にとの目的があるように思う。面白くはないかも知
れないが必要ないとは思わないぞ。

一体お前は誰の御陰で安逸な生活が送れていると
思うのか考えたことがあるのか。終戦還暦60年下
手すれば産業は崩壊し喰うや喰わずの生活から
抜け出られなかった可能性もあるのだ。

しかしその状態から抜け出たのは教育勅語をベースに
博愛心に富んだ日本人が多くいて自己の利益より
国家全体の利益を目指して頑張ったからだ。


14 :日出づる処の名無し:03/12/19 22:52 ID:O90Q+w7M
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 | ちょ、ちょっと待って!!
                 | 今、>>13が良いこといった
     , ,-;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,.  ヽ─y──────────────   ,-v-、
    /;:;:;:;:;:;:ミミ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`、                          / _ノ_ノ:^)
    /;:;:;:;:彡―ー-、_;:;:;:;:;:;:;:;|                           / _ノ_ノ_ノ /)
    |;:;:;:ノ、     `、;;:;:;:;:;:i                        / ノ ノノ//
    |;:/_ヽ ,,,,,,,,,,  |;:;:;:;:;:;!                      ____/  ______ ノ
    | ' ゚ ''/ ┌。-、  |;:;:;:;:/                     _.. r("  `ー" 、 ノ
    |` ノ(  ヽ  ソ  |ノ|/               _. -‐ '"´  l l-、    ゙ ノ
_,-ー| /_` ”'  \  ノ   __       . -‐ ' "´        l ヽ`ー''"ー'"
 | :  | )ヾ三ニヽ   /ヽ ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´         ヽ、`ー /ノ
 ヽ  `、___,.-ー' |   /   /                __.. -'-'"
  |    | \   / |   l   /            . -‐ '"´
  \   |___>< / ヽ

15 :西村真悟衆院議員と銃撃:03/12/19 23:22 ID:5ORr2+PN
「国賊征伐隊」による一連の銃撃や脅迫事件
19日朝に逮捕された「刀剣友の会」会長、村上一郎容疑者(54)
http://www.asahi.com/national/update/1219/023.html
http://www.workers-net.org/wk240item.html
http://www.zakzak.co.jp/top/t-2003_12/1t2003120306.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20031219-00000264-kyodo-soci
消えた金賢姫…先月中旬から家族とともに 金賢姫さん ZAKZAK 2003/12/03
 【ソウル2日共同】韓国の通信社、聯合ニュースは2日、
北朝鮮の元工作員で1987年に大韓航空機爆破事件を起こした金賢姫さん(41)とその家族が、
先月中旬から姿を消していると報じた。韓国では最近同事件への関心が再び高まっており、
聯合ニュースは、金さん一家はこれが負担になり行方をくらましたとの見方を伝えた。
 金さんは90年3月に死刑判決が確定したが、政府の特別措置で執行を免除された。
97年12月に元国家安全企画部(現在の国家情報院)職員だった男性と結婚、2児をもうけた。
 しかし最近、韓国のテレビ局が事件の疑問点を指摘するドキュメンタリー番組を放送。
また事件が仕組まれたものだったとする小説が出版され、当時の捜査員たちが訴訟を起こすなどしており、
金さんに真相究明を求める声が高まっている。


16 :日出づる処の名無し:03/12/19 23:53 ID:vRLF7U4J
またやるらしいぞ!

◇◆放置していいのか!偏向報道抗議OFF第参◆◇
http://off.2ch.net/test/read.cgi/offevent/1069943611/l50
>都庁に状況を周知するためのビラ配りを実施
※道路使用許可は申請し、法に抵触する行為は一切行いません。

実施日時;12/20(土曜日)1230時〜1600時

チラシ散布実施場所;都庁周辺もしくは最寄駅周辺 

集合場所;水の広場
http://www.mapion.co.jp/c/f?el=139/41/35.651&scl=10000&pnf=1&sfn=all_maps_00&uc=1&grp=all&nl=35/41/13.139&size=500,500&

<チラシ散布チーム;タイムスケール>
1100時 スタッフ(後ほど表記された方のみで結構です)
     水の広場(上記URL)に集合願います
1130時 参加希望者
     水の広場(上記URL)に集合願いますスタッフと一緒です。



17 :abc:03/12/20 19:16 ID:zx49thMw
>>7 古今東西の教訓を集大成し

と言うわけで第一号。

聖徳太子の定めた17条の憲法
第1条 人の和を大切にしなさい。
第2条 仏教をあつくうやまいなさい。
第3条 天皇の命令には必ず従いなさい。(別解↓)
第4条 役人は礼儀を正しくしなさい。
第5条 裁判は公平に行いなさい。
第6条 悪をこらしめ、善を行いなさい。
第7条 その役めにあった人に仕事をさせなさい。
第8条 役人は、朝早くから夕方おそくまで熱心に仕事をしなさい。
第9条 おたがいに信じあいなさい。
第10条 異なる意見に対しても、おこらないようにしなさい。
第11条 功績、過失を明かにし、必ず賞罰をくわえなさい。
第12条 役人は、勝手に税をとってはいけない。
第13条 役人は、他人の役目もよく知っておきなさい。
第14条 役人は、おたがいにしっと心をもってはいけない。
第15条 自分の利益を考えずに、国のことを大事に考えなさい。
第16条 人を使ううときは、その時期をよく考えなさい。
第17条 大事なとは、必ずみんなと相談しなさい。

第3条 詔(みことのり)を承(うけたまわ)りて必ず謹(つつし)め



18 :abc:03/12/20 19:19 ID:zx49thMw
>>17 第二号

上杉鷹山の三つの助
自助…自ずから進んで助けること。
互助…互いに支えあい助け合うこと。
扶助…藩(国)が救いの手を差し伸べること。



19 :日出づる処の名無し:03/12/20 20:20 ID:ii5/QBFj
んじゃ、おれも。

五箇条の御誓文
 明治天皇が誓われた、近代国家のあり方を明瞭に示したもの。

1、廣ク會議ヲ興シ萬機公論ニ決スベシ
2、上下心ヲ一ニシテ盛ニ經綸ヲ行フベシ
3、官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ゲ人心ヲシテ倦ザラシメン事ヲ要ス
4、舊来の陋習ヲ破リ天地ノ公道ニ基クベシ
5、智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スベシ

20 :abc:03/12/20 20:50 ID:zx49thMw
>>19 第4号

二宮金次郎

 一、
  柴刈り、繩なひ、草鞋をつくり、
  親の手を助け、弟を世話し、
  兄弟仲よく孝行つくす、
  手本は二宮金次郎。
 二、
  骨身を惜しまず仕事をはげみ、
  夜なべ濟まして手習讀書、
  せはしい中にも撓まずがく學ぶ
  手本は二宮金次郎。
 三、
  家業大事に、費をはぶき、
  少しの物をも粗末にせずに、
  遂には身を立て、人をもすくふ、
  手本は二宮金次郎。
 



21 :日出づる処の名無し:03/12/20 22:08 ID:l1FWwfg0
教育勅語(・∀・)イイ!
これを廃止しやがったGHQ許すまじ!

22 :abc:03/12/21 00:26 ID:4a1+krsG
>>20 第五号
  
http://www.nda.ac.jp/ad/boudaitimes/btms200206/reflect.htm
【五 省(昭和7年以降)】
一、 至誠(しせい)に悖(もと)るなかりしか
一、 言行に恥ずるなかりしか
一、 気力に欠くるなかりしか
一、 努力に憾(うら)みなかりしか
一、 不精に亘るなかりしか


23 :KeRoG:03/12/21 02:25 ID:toh6egXS
諸外国の評価といつもセットで解説すると普及の一助になるかも〜
敗戦後のドイツで首相だかが国家復興の指針にしたとか
日清日露戦後あたりにアメ公が参考にしたとか
探すといろいろあるし
資料は実家でうろ覚え〜なんですが

24 :日出づる処の名無し:03/12/21 02:27 ID:Ckpq93nA
優れた民、国民、国を崩壊するには
個人主義を奨励助長し、形成している国を悪の権化とし非難する。
それがよくわかる事例だな。

25 :日出づる処の名無し:03/12/21 04:44 ID:U01fFU9B
天皇が強調されすぎ>教育勅語

26 :日出づる処の名無し:03/12/21 05:32 ID:X30/YJyo
右翼団体「日本青年社」の母体は、住吉会系暴力団。
中川秀直が「右翼とつきあっていた」ということがスキャンダルになった。
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/article/nakagawa/200010/18-1.html
http://www.zenmei.gr.jp/kokkai/situmon/2000/2000-10-26.html
http://www.jcp.or.jp/diet/KOKKAIGIIN/SYUGIIN/FUWA/fuwa-file/201102_huwa_toushu.htm

27 :abc:03/12/21 07:41 ID:4a1+krsG
>>25 天皇が強調されすぎ>教育勅語

だから今日の価値観に見合う教育勅語を考えようと言っている。
「温故知新」この考え方が日本と大陸の文化文明の差である。
「天皇が強調されすぎ>教育勅語 」と言って思考を停止してしまっては
還暦化石と笑われるぞ。

28 :日出づる処の名無し:03/12/21 07:59 ID:7YbvEuhX
教育勅語じゃなくても、人生の指針というか、正しい人間とは何か?
ってのを書いた文を小学生中学生全員に読ませるのは良いと思う。
毎週月曜とか、毎月の一日とかに10分間ほど。

家族を大切に。
友人を大切に。
人を愛する心を。
約束を破らない。
一所懸命勉強する。
公共の為に働こう。
礼儀を守る。
法を守る。

みたいなんを1文にしてさ。
日本の歴史を織り交ぜたりして。

29 :日出づる処の名無し:03/12/21 09:58 ID:ide6aDvh
世界は一家、人類はみな兄弟
日本船舶振興会の笹川良一かとオモタ

30 :日出づる処の名無し:03/12/21 10:29 ID:16BeQGYq
教育勅語の一節

>御先祖たちは身を慎み、国民を大切にして、後の徳政のお手本を示された。

>この教えに従うことは、まさしく我が天皇の御始祖たちが残されたおさとしで、皇室の子孫も臣民も
>共に守るべきものであり、昔から今に至る何時の時代に実践しても間違いなく、


31 :日出づる処の名無し:03/12/21 10:29 ID:16BeQGYq
やっていることは

手研耳命(てぎしみみのみこと)は、兄弟の長兄で長らく朝政の経験があった。そこで自由に任せられて
いたが彼は心ばえがもともと仁義に背いていた。ついに先帝の服喪の期間に、その権力をほしいままに
した。邪な心を包み隠して、二人の弟を殺そうと図った。時に、太歳(たいさい)己卯(つちのとう)。

治世30年秋9月11日、皇后は紀国へ行き熊野岬に着いた。そこで、三つ柏をとって帰った。
仁徳天皇は皇后の不在を伺って、八田皇女を召して大宮の中に入れた。皇后は難波の渡りについ
たときに、天皇が八田皇女を召したことを聞いて大変恨んだ。


32 :日出づる処の名無し:03/12/21 10:30 ID:16BeQGYq
冬10月に葬礼が終わった。このときに皇太子である木梨軽皇子が同母妹の軽大娘皇女を犯したこと
で、国人達は皇太子を蔑み、群臣は従わず、すべての人が弟の穴穂皇子についた。

大泊瀬皇子は瑞歯別天皇の娘達を我がものにしようとした。このとき娘達は皆、大泊瀬皇子は日頃
から乱暴で、機嫌が悪くなると朝に会った者でも夕方にはもう殺されている。自分たちは容姿も美しく
なく、気もきかぬ者。もし振る舞いや言葉使いが毛の末ほどでも皇子の心に適わなければ可愛がって
もらえる道理がないと言って承知せず、身を隠してしまった。

33 :日出づる処の名無し:03/12/21 10:30 ID:doYAWIXW
『世界人類が平和でありますように』

田舎では玄関先に張ってる家があるけど,どこの団体が配ってるの?

34 :日出づる処の名無し:03/12/21 10:34 ID:16BeQGYq
大泊瀬皇子は穴穂天皇が、かつて従兄弟の市辺押磐(いちのべのおしいわ)
皇子に皇位を継がそうと思われていたのを恨んでいた。
あるとき、市辺押磐皇子に使いを次のように送り狩に誘った。
大泊瀬皇子> 近江の佐々貴山(ささきやま)の君韓袋(きみからふくろ)
が言うには「いま近江の来田綿の蚊屋野(かやの)に、猪や鹿が沢山います。
その角は枯れ木の枝に似ています。そのそろえた脚は灌木のようで、吐く
息は朝霧に似ています」と。できれば皇子と初冬の風があまり冷たくない
ときに、野で遊んで楽しく薪狩りなどしようではないか。
市辺押磐皇子は誘われるままに狩に出向いた。このとき大泊瀬皇子は弓を
構えて馬を走らせ「鹿がいる」と嘘を言って市辺押磐皇子を射殺した


35 :日出づる処の名無し:03/12/21 10:36 ID:16BeQGYq
雄略天皇> 猟場の楽しみは、料理人に取れたての獲物を料理さすことだが、
      自分で料理するのとどちらが楽しいであろうか。

群臣たちは天皇の真意をはかりかねて即答することが出来なかった。すると
天皇は、怒り太刀を抜いて御者の大津馬飼(おおつのうまかい)を斬ってし
まった。この日、天皇は吉野宮から帰ってきたが、国の民達はことごとく
震え恐れた。それで皇太子と皇后はこれを聞いて大いに心配した


36 :日出づる処の名無し:03/12/21 10:38 ID:16BeQGYq
この月、史戸(ふみひとべ)、河上舎人部(かわかみのとねりべ)を設けた。
雄略天皇は自分の考えだけで専決するところがあり、誤って人を殺すことも多か
った。天下の人々はこれを誹謗した。可愛がられたのは史戸の身狭村主青
(むさのすぐりあお)と桧隈民使博徳(ひのくまのたみつかいはかとこ)
らだけであった。


37 :日出づる処の名無し:03/12/21 10:47 ID:16BeQGYq
武烈天皇

治世元年春3月2日、春日娘子を立てて皇后とした。この年、太歳の己卯
(つちのとう)。

治世2年秋9月、天皇は妊婦の腹を割いてその胎児を見た。

治世3年冬10月、人の生爪を剥いで、山芋を掘らせた。


38 :日出づる処の名無し:03/12/21 10:50 ID:16BeQGYq
治世5年夏6月、人を池の堤の樋の中に入れて、外に流れ出るのを三つ刃
の矛で刺殺して喜んだ。

治世7年春2月、人を木に登らせて、弓で射落として笑った

治世8年3月、女達を裸にして平板の上に座らせ、馬を引き出してきて
面前で馬に交尾させた。女の陰部を調べ、潤っている者は殺し、そうで
ない者は、官婢として召し上げた。これが楽しみであった。

その頃、池を掘り、苑を造って鳥や獣で満たした。そして狩りを好み、
犬に追わせて馬を試した。大風や大雨も避けることがなく、出入りが気まま
で、自らは暖衣をまとい、百姓のことは意に介さず、美食を食して天下の
民の飢えを忘れた。

大いに侏儒(ひきひと)や俳優(わざおぎ)を集めて淫らな音楽を奏し、
奇怪な遊び事をさせて、ふしだらな騒ぎをし欲しいままにした。日夜後宮
の女達と酒に溺れ、錦の織物を褥とした。綾や白衣を着た者も多かった。




39 :へえ・・:03/12/21 10:51 ID:16BeQGYq
教育勅語の一節

>御先祖たちは身を慎み、国民を大切にして、後の徳政のお手本を示された。



40 :日出づる処の名無し:03/12/21 11:20 ID:3mUOduvO
>>39
長々と乙。
それであなたは、結局何が言いたいの?

41 :へえ・・:03/12/21 12:08 ID:16BeQGYq
トンデモなお手本ですな。
ろくなもんじゃねえ ということ。

42 :日出づる処の名無し:03/12/21 12:23 ID:s3xrgmzf
>>41
>>27

43 :日出づる処の名無し:03/12/21 13:25 ID:aXUBvOXO
>>38
それは古事記か日本書紀の記述の要約だが
ブサヨの言う「記紀は『皇国史観』のパンフレット」というセリフが
完全に嘘であることを証明している部分だな

44 :abc:03/12/21 19:53 ID:4a1+krsG
>>28 教育勅語じゃなくても、人生の指針というか、正しい人間とは何か?

と言うわけで教育勅語20の徳目を見てみよう。


教育勅語「20の徳目」
孝行 第一、忠節 第二、和順 第三、友愛 第四、信義 第五、
勤学 第六、立志 第七、誠実 第八、仁慈 第九、礼譲 第十、
倹素 第十一、忍耐 第十二、貞操 第十三、廉潔 第十四、敏智 第十五、
剛勇 第十六、公平 第十七、度量 第十八、識断 第十九、勉職 第二十。

この20の徳目から取捨選択するとともに新しい徳目を加えて平成の教育勅語を
考えてみたらどうだろう。徳目には現代風な解説がないと理解し難いであろうが
それは各人が試してみてはどうでしょう。

45 :abc:03/12/21 20:01 ID:4a1+krsG
>>44 補遺

之は12の徳目です。>>44より徳目が8個減ってますね。

http://www.meijijingu.or.jp/intro/education/
教育勅語 十二の徳目
孝行(こうこう) 親に孝養をつくしましょう
友愛(ゆうあい) 兄弟・姉妹は仲良くしましょう
夫婦(ふうふ)ノ(の)和(わ) 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
朋友(ほうゆう)ノ(の)信(しん) 友だちはお互いに信じあって付き合いましょう
謙遜(けんそん) 自分の言動をつつしみましょう
博愛(はくあい) 広く全ての人に愛の手をさしのべましょう
修学(しゅうがく)習業(しゅうぎょう) 勉学に励み職業を身につけましょう
智能(ちのう)啓発(けいはつ) 知識を養い才能を伸ばしましょう
徳器(とくき)成就(じょうじゅ) 人格の向上につとめましょう
公益(こうえき)世務(せいむ) 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
遵法(じゅんぽう) 法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう
義勇(ぎゆう) 正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう



46 :abc:03/12/21 20:06 ID:4a1+krsG
>>45 続き

教育勅語の口語文訳
 私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、
日本の国をおはじめになったものと信じます。そして、国民は忠孝両全の
道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見
事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物と
いわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。
 国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせ
て助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そ
して自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、
職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために
貢献し、また、法律や,秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場
合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。そして
、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、
私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっ
そう明らかにすることでもあります。
 このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなけ
ればならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道で
あり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、
私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となる
ように、心から念願するものであります。
〜国民道徳協会訳文による〜






47 :abc:03/12/21 20:13 ID:4a1+krsG
>>44 補遺

これは10の徳目です。
http://shupla.hiho.jp/datas/theImperialTermOfEducation.html
…前略…
それであるからお前たち臣民は、

(1)父母に孝行をし、
(2)兄弟姉妹(きやうだい)は仲良くし、
(3)夫婦はむつまじくし、
(4)友達は互に助け合い、
(5)すべての行(おこなひ)を慎み、
(6)博く人と生物(いきもの)とを愛し、
(7)学問を修め、仕事を習ひ、そうして知識と技術(わざ)とを進めて立派な人になり、
(8)進んで一般の利益をはかり、世のためになる仕事をし、
(9)常に憲法を守り、法律命令にしたがひ、
(10)もし國に一大事が起こつたならば、勇進んである限(かぎり)の力をつくし、

そうして天地と共に窮(はてし)のない皇室の御運を助けるやうにせよ。
…後略…



48 :日出づる処の名無し:03/12/21 20:27 ID:A4XhbRb+
日本が日露戦争に勝利出来た理由を当時の外国人は、
日本の教育にあると考えた。
各々の外国人が日本軍に、
日本はどのような教育を行っているのかと尋ねた。
ある日本人は各国の外国人に教育勅語を訳して見せた。
それを見た外国人達は非常に感銘を受け、共感したという。

49 :abc:03/12/21 22:37 ID:4a1+krsG
クリスチャンでもない日本人はどの様にして道徳教育をしているかが
問題になり、その結果教育勅語が聖書の代わりをしていたと考えた
マッカーサは宣教師を日本に派遣するよう手配をして教育勅語を禁止した。
そうすれば日本人はクリスチャンになりコントロールしやすいと考えたのです。

しかし多方面から物事を監察するように訓練されている日本人は偽善的に
一方向から正義を振りかざすキリスト教になじめずキリシタンは全然増えな
かった。しかし朝鮮は何故か知らないがキリスト教にひれ伏してしまい
日本と全然違う道を歩き出したのです。


50 :日出づる処の名無し:03/12/21 22:45 ID:A4XhbRb+
そういえば韓国ってクリスチャン多いんだよね。
日本人ならば神道を信仰しよう。

51 :abc:03/12/21 22:50 ID:4a1+krsG
>>48 補遺

【教育勅語に対する評価】
http://www.sun-inet.or.jp/~hba7615n/tyokugo07.htm

日露戦争の開戦直前に元老伊藤博文の命を受けて、あらかじめ戦争終結の斡旋を工作するために米国へ派遣されていた金子堅太郎という人物がいる。金子によれば、大方の
予想に反して日本軍が連戦連勝するのを見て驚いた米国人に、「日本の勝利は国民の教育が必ず然らしめるところであろう。日本
の教育はどうなっているか、伺いたい」と質問された。

そこで金子は、軍人勅諭を挙げるとともに、まず一般教育において教育勅語がその根底を成していることを指摘し、求めに応じて前もっ
て翻訳しておいた教育勅語の英訳を披露したところ、多くの米国人から共感と称賛の声が寄せられたという。

その後、明治四十年に英訳本が公にされ、次いで漢訳がなり、四十二年に至って仏訳・独訳が完成し、在外公館を通じて世界各国に配
布された。四十一年にロンドンで開催された国際道徳会議においては、その要請に応じて菊池大麓が教育勅語について講演し、好評を博した。こうした事例はほかにもあり、欧
米の識者の間での教育勅語の評価は高かった。

また現代においても教育勅語を高く評価し、学校の教育理念としている人がいる。意外にもその人は台湾人で、東方工商専科学校を
創立した許国雄氏である。氏はことのほか日本文化を大切にし、「新世紀綜合大楼」というビルの十階に日本間をつくった。床の間には
、伊勢神宮の神棚と「天照皇大神」の掛軸があり、その向かいの壁に「教育勅語」が掲げられている。
氏曰く「ここに掲げているのは、日本語の教育勅語ですが、他に漢文、英語、フランス語、ドイツ語の教育勅語もあります。日本には教
育勅語がないから、夫婦相和さず、離婚率が高いのです。朋友が信じないから「いじめ」が絶えないのです。「一旦緩急アレバ義勇公ニ
奉」ずる精神が失われたから「陸軍記念日」も祝われず、国会で謝罪決議さえ行うのです。台湾には、大和魂があるから、選挙の時に中
共(中華人民共和国)から台湾沖にミサイルを三発撃ち込まれても、ビクともしませんでした。能登半島沖に北朝鮮からノドン一号が打
ち込まれましたが、日本の反応はいかがでしたか」。

日本でも三重県の私立皇學館高校が教育勅語を教育綱領としている。
 


52 :abc:03/12/21 22:52 ID:4a1+krsG
>>51 軍人勅諭

軍人勅諭 五条
一 軍人は忠節を尽すを本分とすへし
一 軍人は礼儀を正くすへし
一 軍人は武勇を尚(たふと)ふへし
一 軍人は信義を重んすへし
一 軍人は質素を旨とすへし


53 :abc:03/12/21 23:03 ID:4a1+krsG
【教育勅語】 総覧
http://www.sun-inet.or.jp/~hba7615n/tyokugo02.htm
教育勅語(教育に関する詔勅)は、井上毅・元田永孚によって起草され、
明治二十三年十月三十日発布されました。戦前・戦中と日本国民の精
神的支柱でありましたが、昭和二十三年の国会決議により失効しました。
最近の青少年による悪質な犯罪の増加など、教育勅語のような精神的
支柱を失った影響は大きいと言われています。ここでは、教育勅語の
果たした役割について、もう一度考え直したいと思います。

1.教育勅語の歴史     http://www.sun-inet.or.jp/~hba7615n/tyokugo03.htm

2.教育勅語とは       http://www.sun-inet.or.jp/~hba7615n/tyokugo04.htm

3.教育勅語の原文     http://www.sun-inet.or.jp/~hba7615n/tyokugo05.htm

4.教育勅語の訳文     http://www.sun-inet.or.jp/~hba7615n/tyokugo06.htm

5.教育勅語に対する評価 http://www.sun-inet.or.jp/~hba7615n/tyokugo07.htm

6.私論・教育勅語      http://www.sun-inet.or.jp/~hba7615n/tyokugo08.htm

7.参考文献         http://www.sun-inet.or.jp/~hba7615n/tyokugo09.htm 

 



54 :日出づる処の名無し:03/12/21 23:13 ID:byOS/MV1
>>50
スペインに統治されたフィリピンとかならわかるけど、なぜ韓国で?

55 :日出づる処の名無し:03/12/21 23:30 ID:A4XhbRb+
>>54
わからないけど、韓国では皆
何らかの宗教を信仰してるって聞いたことがある。
クリスチャンも結構な割合でいるらしい。
無信教がほとんどの日本人の方が、世界的に見たら変なのかもしれない。

56 :日出づる処の名無し:03/12/21 23:31 ID:dirFEvLR
>>54
>>49にあるように、キリスト教、ひいてはアメリカに事大しただけだ。

57 :日出づる処の名無し:03/12/22 09:57 ID:eX4w1iPa
>>55
>>無信教がほとんどの日本人の方が、世界的に見たら変なのかもしれない。

めちゃめちゃ変だよ。
信仰のない人が宗教について質問されたら、
I'm an Atheist. ではなく I'm not religious. と答えた方がいいよ。

58 :abc:03/12/22 10:18 ID:pPTsx1nW
自然環境の厳しいところでは一神教。
自然の恵みが豊かなところは多神教。
と言うか人と神は友達づきあいで恋も
すれば喧嘩もする維新教の神は人を
制御するが多神教の神は祭られ恐れ
られる。しかし天満宮や神田明神など
時代を経るとお友達のなり祭られます。



59 :abc:03/12/22 10:18 ID:pPTsx1nW
>>58 誤字訂正
維新教 ×
一神教 ○

60 :abc:03/12/22 11:13 ID:pPTsx1nW
>>58 補遺

代替一神教なるもの偶像崇拝を禁止しているはず。
と言うことは世にあるキリシタンは全て似非信徒か。




61 :日出づる処の名無し:03/12/22 11:28 ID:7dCCvP/g
貧乏人どもが、自分達が今の社会で活躍できないことを
現在の社会のせいであるとして、軍国主義を復活させようと
妄想を吐いているスレはここですか?

62 :日出づる処の名無し:03/12/22 11:29 ID:oElxSddQ
岩波新書だったと思うが、『西園寺公望』の最後、付録として教育勅語改訂版
原案が載ってるぞ。
西園寺が文部大臣だった時に「教育勅語といえども完璧ではないからまずい部分は
改めよう」とゆう意図で原案を構想していたもの。
文案自体は教育勅語よりも厳かさに欠けるが女子教育の充実など、結構見るべき物は
多い。
それ以上に、教育勅語を金科玉条にせず、流動的なものと考える思想は貴重だ。
結局明治憲法を変えられなかった大日本帝国やGHQが1週間ででっち上げた
日本国憲法を「不磨の大典」扱いしてる日本人にとっては。


63 :abc:03/12/22 11:35 ID:pPTsx1nW
>>60 誤字訂正

代替 ×
大体、 ○


64 :abc:03/12/22 11:39 ID:pPTsx1nW
>>61 貧乏人どもが、自分達が今の社会で活躍できないことを

自慢しなくても良いぞ。金持ちで有ることを自慢するより貧乏を
自慢するのは鮮人だけで沢山だ。ン!お前は鮮人か?






65 :abc:03/12/22 11:41 ID:pPTsx1nW
>>64 補遺

このスレは国家百年の計を語るスレだ。>>61の愚痴を聞いている暇はない。


66 :日出づる処の名無し:03/12/22 13:05 ID:xNVUSx9M
教育勅語の帰結は、
「モラルの焦土」(小熊「民主と愛国」第一章)
だったらしい。


67 :日出づる処の名無し:03/12/22 13:31 ID:2AL3UR7B
母親は教育勅語世代でつが「いいこといってるんだよねぇ。今でも言えるよ」
と唱え出す。よっぽど叩きこまれたんだと思う。

でも口にしたあと、「中味はいいんだけど、教わった頃のこと思い出すのイヤ」
と欝に。それなら唱えなきゃいいのに

68 :日出づる処の名無し:03/12/22 13:37 ID:8UzJmY9p
やっぱネトウヨっていい年したオヤジでしょ?

69 :日出づる処の名無し:03/12/22 13:38 ID:8UzJmY9p
そうじゃないかと思ってたんだ!

70 :abc:03/12/22 15:40 ID:pPTsx1nW
>>68-69 …

お前ら「いっこく堂」か

71 :たれ ◆TAREurn8FE :03/12/22 17:34 ID:tSeIG5zv
いっこく堂キターw

72 :日出づる処の名無し:03/12/22 17:54 ID:sc2BI4yY
いっこく堂とかいうなw。

でもよ、いまざっくり計算してみたんだけど
親が教育勅語暗唱できる年齢ってことは>>67は40前後つーことだぜ。
40でネトウヨってどうよ皆さん?

73 :たれ ◆TAREurn8FE :03/12/22 18:37 ID:tSeIG5zv
>>72
他にも40台いるしねぇ。
年齢なんてケンチャナヨ(w

74 :日出づる処の名無し:03/12/22 18:58 ID:H5QZ7V+D
>>72
言うことないからって個人攻撃イクナイ(・ A ・)

75 :日出づる処の名無し:03/12/22 19:26 ID:DuXnQGNy
ネット上で論文等を公開している自由史観主義者には、50代以上が沢山いると思われ。

76 :日出づる処の名無し:03/12/22 21:49 ID:sOrMY7sS
今から自主的に教育勅語暗記しようとしてる漏れはバカですか?

77 :日出づる処の名無し:03/12/22 21:52 ID:pPV8yGbV
>>72
人をどうこう言うのなら、自分の事も明かしてからにしる。

78 :日出づる処の名無し:03/12/23 00:15 ID:NpQKMvJ6
勅語は必要ない その内ある特定の宗派が 主権を握るそんな時に勅語は無意味に感じる別な物にスリかわる はがらしい やめろ

79 :日出づる処の名無し:03/12/23 00:29 ID:EvOs+Wjr
>>78
意味不明

80 :へえ・・:03/12/23 00:46 ID:GnvcL8lL
勅語  という時点で


   終わっている・・・

81 :abc:03/12/23 03:25 ID:QgGJT+Bk
>>80 勅語  という時点で 終わっている・・・

と思考停止しては発展は望めません。温故知新で参りましょう。



82 :abc:03/12/23 18:19 ID:QgGJT+Bk
>>81 と言うわけで本命だ。

修身教科書
http://www.konan-wu.ac.jp/~kikuchi/siso/shushin.html


尋常小学修身書 巻四 大正9年11月発行。
尋常小学修身書 巻五 昭和3年1月発行。
尋常小学修身書 巻六 昭和2年11月発行。


83 :日出づる処の名無し:03/12/23 18:30 ID:YbiC1LF+
>>81
いや、民主国家となった日本で、
なんで教育という部分で勅語(天皇のお言葉)を教え込まなきゃいけないだよ・・
明らかにオカシイだろ。

84 :日出づる処の名無し:03/12/23 18:36 ID:smkl3R3I
>>83
教師の言葉と天皇の言葉で何が違うんだ?

85 :日出づる処の名無し:03/12/23 18:38 ID:KzbSzz9A
この国は立憲君主制民主主義国家なので勅語問題ないよ?
よその国の政治的な信条を覚え込ますなら問題あるけど。


86 :日出づる処の名無し:03/12/23 18:48 ID:smkl3R3I
>>85
立憲君主制は君主が政治を行う制度。
天皇陛下は政治を行ってないから違うのでは?

87 :日出づる処の名無し:03/12/23 18:51 ID:gnfMbTNn
他の国が警戒するようなことを復活させるのは、
和を尊び、一歩身を引くという美徳と矛盾するので反対。

88 :日出づる処の名無し:03/12/23 18:52 ID:smkl3R3I
他の国が警戒するだけなら、和は崩れないから無問題だね。

89 :日出づる処の名無し:03/12/23 18:55 ID:gnfMbTNn
>>88

バーカバーカ
他の国が警戒した時点で和にならんだろう。しねやボケ。

90 :日出づる処の名無し:03/12/23 18:56 ID:smkl3R3I
>>89
警戒:あらかじめ予測されるような被害・損失などに対処し得る態勢をとること。
じゃあまず、どこの国がどのような事を予測するのか定義してねw

91 :abc:03/12/23 19:05 ID:QgGJT+Bk
>>82 補遺
【尋常小学修身書 巻四 大正9年11月発行】
http://www.konan-wu.ac.jp/~kikuchi/siso/syushin4.html
第一 明治天皇
第二 能久親王
第三 靖国神社
第四 志を立てよ
第五 皇室を尊べ
第六 孝行
第七 兄弟
第八 勉強
第九 規律
第十 克己
第十一 忠実
第十ニ 身体
第十三 自立自営
第十四 自律自営(つゞき)
第十五 志を堅くせよ
第十六 仕事にはげめ
第十七 迷信におちいるな
第十八 礼儀
第十九 よい習慣を造れ
第二十 生き物をあはれめ
第二十一 博愛
第二十二 国旗
第二十三 祝日・大祭日
第二十四 法令を重んぜよ
第二十五 公益
第二十六 人の名誉を重んぜよ
第二十七 よい日本人

92 :abc:03/12/23 19:08 ID:QgGJT+Bk
>>83 明らかにオカシイだろ。

お前温故知新を知らないのか。まるで半万年の文明文化が進歩しなかった
高崎山の猿の末裔のような物言いだな。




93 :日出づる処の名無し:03/12/23 19:17 ID:YbiC1LF+
>>92
ハア?
民主国家でなんて天皇の言葉を教育という形で教えるのか、
説明しろよ。

94 :abc:03/12/23 19:22 ID:QgGJT+Bk
例えば>>91の第一から第二十七を学習して、どうして

>>87 他の国が警戒するようなことを復活させる

といえるのだ。当時の日本国民の理想像を生き生きと
感じさせ他国にどうのこうのと言われる筋合いはないだろう。

よしんば今日に置いて第一〜第三が馴染まなければ削除すれば
宜しい。之は>>27で今日の価値観に見合う教育勅語を考えようと
言っている。

兎に角反論があるならば中身を良く吟味して過去のスレを読むこ
とですな。

95 :abc:03/12/23 19:24 ID:QgGJT+Bk
>>93 説明しろよ。

>>27から逐一読むことだな。きっと回答が見つかるだろう。



96 :日出づる処の名無し:03/12/23 19:33 ID:gnfMbTNn
>>94

天皇を崇拝する->選民思想->軍国主義->侵略戦争、と連想させるから

国際政治とか国際的な歴史観とかもっと学べ。
日本国内だけで地球は回ってるわけじゃない。


97 :日出づる処の名無し:03/12/23 20:03 ID:smkl3R3I
>>96
韓国やアメリカは教育で国に忠誠を誓う事を取り入れてるんだよ。
つまり、「崇拝→選民思想」の連想は日本に限った話じゃない。

何にしても、私は極一部の国が警戒するだけだと思うが・・・。

98 :日出づる処の名無し:03/12/23 20:17 ID:YbiC1LF+
>>95
自分の言葉で説明できないヤツ。

99 :日出づる処の名無し:03/12/23 20:51 ID:smkl3R3I
>>98
abc氏は賛成派のレスの大半占めてるぞw

100 :日出づる処の名無し:03/12/23 21:31 ID:gnfMbTNn
国に忠誠誓うなんてのは20世紀の発想。

これからは、いかに他国と強調して地球を運営していくかを考えなくてはいけない。
そういう事を教えるなら賛成だけどな。


101 :日出づる処の名無し:03/12/23 21:34 ID:gnfMbTNn
>>100
強調−>協調

あと、天皇を国連(国際組織)に読み替えて、
国連の権威を高めるというなら賛成。

バカ右翼は賛同しないんだろうがな。



102 :日出づる処の名無し:03/12/23 21:39 ID:smkl3R3I
>>97で書いた実状は無視か?

103 :日出づる処の名無し:03/12/23 21:57 ID:gnfMbTNn
>>102

その実情が日本に悪影響でもあるのか?




104 :abc:03/12/23 22:17 ID:QgGJT+Bk
>>100 これからは、いかに他国と強調して地球を運営していくかを考えなくてはいけない。
     そういう事を教えるなら賛成だけどな

そういう目的もあってユネスコが設立されたが実態は利権団体に落ちている。
他国と仲良くするにしても当方がしっかりした考え方を有していないと逆に
慣習風習の違いでもめ事が起こるわけで之をどの様に解決していくかは
実体験の中で少し宛進め低くっほかは無いでしょうな。

と言うか現在に青少年を他国と協調してそれぞれの祖国の繁栄と平和を
創り上げる為の資質をどの様にして練り上げていくのかと言う目的で
平成の教育勅語を創ろうというわけです。

兎に角還暦化石の思考停止した何もしようとしない者の言うことはアポーン
せざるを得ませんな。それでは少し宛でも前進すべく頑張りましょう。


105 :日出づる処の名無し:03/12/23 22:26 ID:gnfMbTNn
国の立場や利権ばかり主張していては、まとまるものもまとまらない。

明治維新がどのように成功したか、ということを考え直すべきだな。

106 :日出づる処の名無し:03/12/23 22:38 ID:virvkFwJ
>>105
薩長藩閥って言葉を知ってっか?

107 :日出づる処の名無し:03/12/23 22:53 ID:gnfMbTNn
>>106
負け犬の遠吠え?

108 :日出づる処の名無し:03/12/23 23:02 ID:virvkFwJ
>>107
                     △△____
                  / ̄\ XXXX \
                 /     |XXXXXXヽ
                /⌒\   |XXXXX∧
              /_____\___|XXXX/ |
               ̄ ̄|●  ●  | ̄ ̄ ̄|
                 /       /   / |
                /|▼     ./  /  |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ______       |___|┴―   /__/ |  丿 < 自分で調べたまえ。ワトンソくん。
      λ 了 ノフ     |  ̄        |  /    \_________
     ( つ /ニ/    <\___ 厂 ̄ ̄ ̄ ̄/
      ( つ⊂ \      \_____|__/___    /
       (つ/ \  /|()   () |  ̄ ̄ ̄\
         < ヘ.  \/   ̄八 ̄ ̄      ヽ\


109 :abc:03/12/23 23:19 ID:QgGJT+Bk
>>104 補遺

「ワルシャワの秋」をみながら発言しています。
昔に日本人はこんなに立派であったと誇れる内容だ。

教育勅語で育った日本人はこんなに素晴らしかったぞ。






110 :日出づる処の名無し:03/12/23 23:31 ID:gnfMbTNn


「ワルシャワの秋」の子供は、
着物をきて、日本食をたべ、日本語の歌をおぼえていたが、
あの子供たちこそ、ポーランド人の誇りを忘れないためにも、
ポーランド式の扱いをしてあげるべきじゃないのか。
あの子供は、けして日本人に帰化したいわけじゃないし、
日本文化の押し付けがましさを感じたな。


111 :abc:03/12/23 23:32 ID:QgGJT+Bk
>>98 自分の言葉で説明できないヤツ。

何を言っているか判らなかったが

>>99 abc氏は賛成派のレスの大半占めてるぞ

で意味が通じたぞ。

>>93 民主国家でなんて天皇の言葉を教育という形で教えるのか
    説明しろよ

>>27から逐一読むこと

>>27 >>25 天皇が強調されすぎ>教育勅語
    だから今日の価値観に見合う教育勅語を考えようと言っている。
    「温故知新」この考え方が日本と大陸の文化文明の差である。
    「天皇が強調されすぎ>教育勅語 」と言って思考を停止してしまっては
    還暦化石と笑われるぞ。

と整理している内に馬鹿馬鹿しくなったぞ。後はabcでフィルターでもして読んでくれ。


112 :日出づる処の名無し:03/12/23 23:36 ID:UWOO2yd4
>>110
釣りか?

113 :日出づる処の名無し:03/12/23 23:37 ID:smkl3R3I
>>103
おいおい。
国家への忠誠は「崇拝→選民思想→軍国主義→侵略戦争」と連想させるんじゃないのか?
で、他国が国家に忠誠を誓っても、日本に悪影響を与えないから無問題ですか。
じゃあ、教育勅語も他国に影響を与えないから無問題ですね。

114 :日出づる処の名無し:03/12/23 23:37 ID:gnfMbTNn
教育勅語で育った世代でも、所詮、同和問題も解決できないでいる。

こういう現実には目を向けないのかね?

115 :日出づる処の名無し:03/12/23 23:41 ID:smkl3R3I
>>114
大東亜共栄圏は教育勅語世代の発想ですが。
教育勅語世代が悪い→教育勅語が悪いは極論だと思いますが。

116 :日出づる処の名無し:03/12/23 23:42 ID:gnfMbTNn
>>113

連想するのは、連想するほうが、民度が低いという現実があるのだから仕方が無い。
民度の低い民族の真似をして、外国に敵対心を抱くのはおかしい。
日本人に誇りがあるのなら、理由も無く差別をしたり、他民族に敵対するべきではない。
しかし、教育勅語は、それらを解決できなかった。

117 :日出づる処の名無し:03/12/23 23:44 ID:gnfMbTNn
>>115

言い方がまずいのなら、「教育勅語は正しく機能しなかった」ということだな。
改定や教え方を変えべきだろう。


118 :日出づる処の名無し:03/12/23 23:47 ID:3ePWiXvl
>114
同和問題は利権問題と化している。
俺の育った北陸では全く聞いたことも無いようなことが、
西日本には未だ存在するということが信じられん。

119 :日出づる処の名無し:03/12/23 23:54 ID:smkl3R3I
>>116
>日本人に誇りがあるのなら、理由も無く差別をしたり、他民族に敵対するべきではない。
どこからそういう話になった?

>>117
>改定や教え方を変えべきだろう。
修正頼む。

120 :日出づる処の名無し:03/12/24 00:06 ID:N+VWkbUO
教育勅語は、日本人と同じ民族、意識、階級の隣人を敬う、ということしか教えていない。
だから、外人が日本に同化すると、とても喜ぶし、とても親切になる。
しかし今後は、そういう意識のままでは通用しない。

違う民族、習慣、文化を尊重するということを第一に教えるべきだ。
そこから、グローバル社会において本当の礼儀正しさというものが生まれるのだ。


121 :日出づる処の名無し:03/12/24 00:09 ID:/5ZSFjeU
子供の頃、教育勅語の中で育った連中が戦後要職につき国土の乱開発、アメリカ追従
中国賛美、朝鮮土下座、汚職賄賂選挙違反などを繰り返してきたわけだが。
金丸も中曽根も古賀も野中も田中(父)もみんな教育勅語を学んだわけだが。

魔法の言葉と勘違いしている人が多いね。

122 :日出づる処の名無し:03/12/24 00:24 ID:GhYa9aPe
>>120
> 教育勅語は、日本人と同じ民族、意識、階級の隣人を敬う、ということしか教えていない。

それで小学生向けには十分だと思うが。
小学生にいきなりグローバルゆうても、まだ英語が必修なわけではない。
中学生用に新たに「グローバル教育勅語」を作ればええだけでしょう。

「日本人」をいきなりすっとばして「国際人」になろうなんて、ちゃんちゃらおかしい。

123 :日出づる処の名無し:03/12/24 00:26 ID:5hTJ2RrS
>>120
教育勅語を教えるべき=そういう事を教えない、というわけではない。

>>121
「〜もみんな教育勅語を学んでないわけだが」ってバージョンも作れるねw

124 :日出づる処の名無し:03/12/24 00:33 ID:N+VWkbUO
>>122

そういう教え方すると、自分の学校の子供とだけ仲良くして、
隣町の学校の子供とは喧嘩ばかり、ということになるのではないかな?
子供だって派閥をつくる。派閥はいじめにも発展する。

だいたい、同族の中で敬うか、同族以外でも敬うかでは、価値観が大きく違う。

125 :abc:03/12/24 00:36 ID:Y5Wp00YT
>>116 日本人に誇りがあるのなら、理由も無く差別をしたり、他民族に敵対するべきではない。

日本人は理由もなく差別したり他民族に敵対しません。日本人のスタンスは来る者は拒まず。
猿モンは追わず。土足でずけずけ踏み込んでくる者に対しては嫌悪を感じるだけで彼らに対し
て優しく対応しようと言う気にならないだけです。鮮人は何故差別されるのか敵対されるのか
を考えるべきですぞ。あっこの発言は日本人ではなくベトナム人やタイ人の話ですぞ。


126 :日出づる処の名無し:03/12/24 00:38 ID:5hTJ2RrS
>>124
>父母に孝行し、兄弟は仲良く、夫婦も仲睦まじく、友人とは信頼しあい、
>礼儀を守り、自らは身を慎み、人々には博愛の心で親切にし
これを教えたら敬意が閉鎖的になるのか?
それにもう一度言うが、教育勅語を教えるべき=そういう事を教えない、というわけではない。

>>125
台湾人の発言もありますw

127 :日出づる処の名無し:03/12/24 00:41 ID:u72ri2L9
>>124
身のまわりの人々の間に生まれる派閥の、どこが悪いのでしょうか。
人と人とのつながりの希薄な社会のほうがよほど危険でしょう。

ちなみに「いじめ」という言葉は戦後教育の中で生まれたものですが何か。

>だいたい、同族の中で敬うか、同族以外でも敬うかでは、価値観が大きく違う

日露戦争時におけるロシア人捕虜、WW1でのドイツ人捕虜への日本人の接し方は
捕虜たちにそりゃ絶賛されたものだそうですよ。
逸話もよく残っています。

自国民と「協調」する精神が、他国民との間柄にも生かされていた好例だと思います。

128 :日出づる処の名無し:03/12/24 00:54 ID:5hTJ2RrS
補遺
WW1の時のドイツ捕虜は、日本文化を押し付けられたどころか、逆にドイツ文化を日本に伝えている。
日本がイギリス流に染まっている事を憂い、ドイツ人の考え方を日本に浸透させようとさえしていた。

129 :日出づる処の名無し:03/12/24 00:58 ID:N+VWkbUO
「ワルシャワの秋」を観ると、日本人の親切さがよく描かれていると思うが、
祖国を失った子供達の誇りを取り戻すという視点がスッポリ抜けている。

たとえば、子供から、祖国の歌や言葉や遊びを教えてもらったりなど、
子供の祖国への敬意という部分がまったくない。

そういうところに、気がついた人はいるのか?
外国人に気くばりもできないで、教育勅語もないものだ。

130 :日出づる処の名無し:03/12/24 01:03 ID:5hTJ2RrS
>>129
で、それは教育勅語を批判してるの?
それとも、ポーランド人を救った当時の日本人を批判してるの?

131 :日出づる処の名無し:03/12/24 01:12 ID:N+VWkbUO
批判じゃない。君らが気がついてくれればよろしい。

132 :日出づる処の名無し:03/12/24 01:21 ID:u72ri2L9
>>131
結局、教育勅語の意義を否定してるわけではないのですね。
足りないところを補えばよいと。

ところで斎藤孝が言ってるように
「繰り返し音読させること」「暗記させること」は
幼少期における精神形成においてとても重要だと思われます。

こういう点からも、
新型教育勅語はぜひ作ってほしいところですね。

133 :日出づる処の名無し:03/12/24 02:17 ID:y/GPgW3z
>121

たしかに教育勅語で育ってきた人間が戦後日本で何をしてきたかと
検証すべきだろうな。
教育勅語が存在しなかった時代に、この国に道徳心や年上を敬う精
神が無かったとでも言えないしね。
「ゆとり教育の施行で児童にゆとりが与えられる」
と、うすらバカな妄想を実証して失敗してる現実の中で教育勅語まで
持ち出しますかw

134 :日出づる処の名無し:03/12/24 02:45 ID:fD6GMixE
>>129
マスコミなんて都合のいい部分はすぐ省くぞ。

135 :日出づる処の名無し:03/12/24 02:46 ID:fD6GMixE
「都合のわるい」だった、スマソ

136 :abc:03/12/24 06:47 ID:Y5Wp00YT
>>132 「繰り返し音読させること」「暗記させること

と、子供同士が適切な言葉で相互チェックが出来る。
と言うことも大きいと思う。大人が子供に注意するよ
り効果は大きいぞ。特に憎からずと思っている異性
からのは山葵以上に良く聞きますぞ。




137 :abc:03/12/24 06:51 ID:Y5Wp00YT
>>127 捕虜たちにそりゃ絶賛されたものだそうですよ

特に松山は良かったようで、温泉にも入れ行動も割と自由だったらしい。
このことは評判になり投降する兵士は松山、松山と叫びながら投降
したらしい。残念ながらソース見あたらず。



138 :abc:03/12/24 08:24 ID:mCzDvXTN
>>86 立憲君主制は君主が政治を行う制度

小学生でもそんなことは言わないぞ。



139 :日出づる処の名無し:03/12/24 08:26 ID:ExOpEc/l
んー復活させて義勇軍みたいなdqnウヨ大量発生

140 :abc:03/12/24 08:29 ID:mCzDvXTN
>>129 そういうところに、気がついた人はいるのか

あの汚れ方、所持品がシアンか化合物のみと言う状況下で
そのようなシーンは考えられないだろう。
日本へ来て彼らはやっと遊技や童謡を楽しめたものと思える。


141 :日出づる処の名無し:03/12/24 08:32 ID:5hTJ2RrS
>>138
あのさ・・・今まで補遺をしてきた人間に対してどんな戯言ですか・・・。

りっけん-くんしゅせい 【立憲君主制】

憲法に従って君主が政治を行う制度。
君主の権力が憲法によって制限されている君主制。
近代市民階級の擡頭により絶対君主制が崩壊し、君主権が議会などの制限をうけることにより成立した。
ttp://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%CE%A9%B7%FB%B7%AF%BC%E7&kind=jn&mode=0&base=1&row=1

142 :abc:03/12/24 08:53 ID:mCzDvXTN
>>122 「日本人」をいきなりすっとばして「国際人」になろうなんて、ちゃんちゃらおかしい

そうです。幼児には幼児の行儀作法、児童には児童の行儀作法
少年には少年の行儀作法、少女には少女の行儀作法、
青年には青年の行儀作法、娘には娘のの行儀作法、
若人には若人の行儀作法、大人には大人の行儀作法、
そして老人には老人の行儀作法と言う者があります。

行儀作法といえど一通りというわけではありません。
この辺を似非人道主義者は理解していないようだ。
つまり彼らはあらゆる事象を固定されて一方向からだけ眺めているのだ。

行儀作法は歴史的時間軸と個人の成長的時間軸を絡み合わせ
その時々の年齢別的二次元的要素で考察していく必要があります。
17条憲法は古代にあっては優れた規範でも今日の複雑な時代には
なかなか沿いがたい。三助も江戸時代の規範としては簡明で理解しやすい。
勿論五箇条のご誓文も明治時代における(多分)行政・立法・司法を
司る者への指針としては非常に解りやすい。そして何と言っても秀逸は
教育勅語である。一体教育勅語を非難する者はその内容を知っているの
かと言いたい。彼らは只戦前のものだから良かろうはずがないという
固定観念から拒絶しているように思える。この教育勅語を核にして
軍人勅諭・五省・修身教育などを学んだ日本人が廃墟の日本を世界に冠たる
経済立国に復興せしめたのです。

まずは良き夫であり良き妻であり、良き親であり、良き子であり、良き隣人である事から
始めるのが筋でしょう。






143 :abc:03/12/24 09:02 ID:mCzDvXTN
>>141 と >>86 が同じ事を意味しているように思えませんが。




144 :へえ・・:03/12/24 09:34 ID:LCVPhXkQ
勅語という時点で

  終わっている。

145 :日出づる処の名無し:03/12/24 09:35 ID:fiytRT+9
>>140

>日本へ来て彼らはやっと遊技や童謡を楽しめたものと思える。

おまえはマジ市ね。
童謡を楽しむなら、祖国の童謡を皆で歌ったほうが勇気付けられるというもの。
違うか?
自国を崇めるなら、他の国も対等に敬意を表すべきだと言っているのだ。

俺はもし日本が滅んでアメリカに身寄りするようになったら、
「君が代」を歌って奮起すると思うね。
なんで「ゴッド・ブレス・アメリカ」を覚えねばならんのだ。ふざけるなと言いたい。


146 :へえ・・:03/12/24 09:46 ID:LCVPhXkQ
日本国憲法を暗唱しましょう。

それが一番です。

147 :abc:03/12/24 09:46 ID:mCzDvXTN
>>145 童謡を楽しむなら、祖国の童謡を皆で歌ったほうが勇気付けられるというもの

本当にドラマを見たのか。そんなことが出来るような環境有るとは思えなかったぞ。
少し平和呆けしていないか。



148 :abc:03/12/24 09:48 ID:mCzDvXTN
>>144 勅語という時点で終わっている

ネーミングにやけに拘るね。「心のノート」なら良いのかね。



149 :日出づる処の名無し:03/12/24 09:54 ID:fiytRT+9
>>147

俺は、海で楽しげに遊ぶ子供達の映像を見た記憶があるが?

150 :日出づる処の名無し:03/12/24 10:01 ID:fD6GMixE
>>148 心のノートw

いかにもクサそうな文章が並んでいたなぁ。
まぁ、内容自体は悪くなかったと思う。

151 :日出づる処の名無し:03/12/24 11:12 ID:zI2lELm7
>>150
心のノート 中学生版(PDF)
http://cgi.psn.ne.jp/~jhc-cebc/s-data/education/gov/jp/konote/cyu/

うーん・・・なんか甘ったるさ全開な文章ですねえ・・・

もっと簡潔にせんと。暗誦できるような「和歌」の要素を加えてほしい。

152 :abc:03/12/24 16:40 ID:mCzDvXTN
>>149 俺は、海で楽しげに遊ぶ子供達の映像を見た記憶があるが

それは終盤で子供達もうち解けて明るい笑顔を取り戻した後のことだ。
日本に来るまでは三人の兄弟の長男は母親からシアン化化合物を渡され
苦しいときは弟達にのませ、そして最後にお前がのむのだと言って死んで
いったし、二人姉妹の姉は兵隊さんに食べ物をあげると言われついて行って
帰ってこなかったなどの悲惨な状況が前半は展開する。


153 :abc:03/12/24 16:43 ID:mCzDvXTN
>>151 もっと簡潔にせんと。暗誦できるような「和歌」の要素を加えてほしい。

大いに賛成。また低学年には考えさせるより教え込んだ方が早いような気もするが
そうすると極左極右思想の教師の洗脳が怖いね。






154 :日出づる処の名無し:03/12/24 17:36 ID:cjQwM/pT
>>152

そのわりには、子供達に「さくらさくら」を歌わせたシーンがあったけどな。

極限状態で、アイディンティティを喪失させ、
新しい思考を植え込むという行為を、どう呼ぶか知ってるか?

それを「洗脳」と呼ぶんだ。

たとえ、親切心であっても、日本式の対応をすることで、
子供達の祖国への思いは断ち切られ、
祖国復興への意気込みも失われるだろう。

そういう事に思いがおよばないのは、無知という罪だ。おぼえておくんだな。

155 :日出づる処の名無し:03/12/24 19:28 ID:zI2lELm7
>>154
中帰連かなんかと勘違いしてないかい?
助けてくれた人への感謝の心すら、あなたは「洗脳の結果」と言いそうですね。

156 :日出づる処の名無し:03/12/24 20:31 ID:py8ghweL
>>155
なんでそうなる?

違う民族の相手の文化をもっと尊重すべきということだ。
あのテレビでは、ポーランドの文化の良い所は一つも描かれてなかった。
ポーランド孤児は可愛そうだから、優しい日本人が保護したというだけの一面的な薄っぺらさ。

兄弟からシアン化合物を取り上げたのは正しい行為だが、
一方で、たったひとつの母親の形見という視点が欠けている。
容器だけでも洗ってすぐに返してあげるべきだった。
右も左もわからない異国の地で、兄弟の心のよりどころだったはずだからな。

おしつけがましい思いやりはいらない。
相手の文化や生活習慣を尊重することこそが、お互いの心の交流に必要なことなんだ。


157 :日出づる処の名無し:03/12/24 20:54 ID:q/X+GmSR

朝鮮人は、人種的にはモンゴル系の黄色人種で、形質的には日本人に
もっともよく似ている。身長、頭形、顔形、血液型、指紋などでは、
日本人と満州族とにもっとも関係が密で、中国人とはそれほど類似して
いない。北部の朝鮮人は満州族に、南部は日本人に似ているが、
例外として、モンゴル帝国の占領下にあった済州島人の頭形は満州族に
近く、平安南道・南北黄海道人の頭形はもっとも華北型に近い。
ツングース族に属する満州族や東部シベリアの古アジア諸族などが、
前40世紀ごろから朝鮮半島に移住し、これより前に南方から移住してきた
人々と共存していたとも考えられている。(世界大百科事典/平凡社)

北部の朝鮮人は満州族に、南部は日本人に似ている
これより前に南方から移住してきた人々=縄文人
北部の朝鮮人は満州族に、南部は日本人に似ている
これより前に南方から移住してきた人々=縄文人

158 :abc:03/12/24 21:10 ID:Y5Wp00YT
>>154 子供達に「さくらさくら」を歌わせたシーンがあったけどな

之も終盤の話。



159 :日出づる処の名無し:03/12/24 21:16 ID:py8ghweL
>158

ああ、そうかい。
お前は、あくまで他国の文化は尊重しなくてよいと言うわけだな?
せいぜい教育勅語が広まるといいな。



160 :日出づる処の名無し:03/12/24 21:32 ID:zI2lELm7
>>159

>違う民族の相手の文化をもっと尊重すべきということだ。
>あのテレビでは、ポーランドの文化の良い所は一つも描かれてなかった。
>ポーランド孤児は可愛そうだから、優しい日本人が保護したというだけの一面的な薄っぺらさ。

それは「演出」の問題でしょ。脚本家を批判するならわかりますが。

日本は明治時代にさまざまな英訳熟語を生み出しました。(自由、科学、民族など)
違う民族の文化を尊重し自らに取り入れてきた結果だとは言えませんか?

一面的にしか物事を見てないのはあなたではありませんか?



161 :日出づる処の名無し:03/12/24 21:42 ID:py8ghweL
>>160

そういう演出の「おかしさ」に気がつかない人間は、
もっと国際感覚を身に着けろといっているのだ。

日本が他国の文化を取り入れてる話をしているのではない。
他国の文化を尊重しようとしない日本の(ある意味傲慢な)姿勢に気づけというのだ。

ポーランドの孤児に、着物をきせ、和食をたべさせ、さくらさくらを歌わせてる演出をテレビで見て
日本は良い事をしていると、感動する人間が多いとしたら実に情けないことだ。
そんなものはただの自己満足に酔っているだけだ。
教育勅語には、そういう陶酔感がある。

俺なら、ポーランドの孤児が目の前にいたら、元気を出させるために、
着慣れた洋服を探し、ポーランド式の食事をつくり、ポーランド民謡を歌わせるだろう。
どちらのほうが、子供はよろこぶかな? 俺は何か間違ってるかな?



162 :日出づる処の名無し:03/12/24 21:46 ID:py8ghweL
ポーランド孤児は、日本に観光に来たわけじゃない。
彼らは身のより所をさがしているのだ。
彼らの求める物は、けして、日本の文化習慣ではなく、ポーランドという祖国なのだ。

そこのところを勘違いするなよ。

163 :日出づる処の名無し:03/12/24 21:56 ID:zI2lELm7
>>161

陶酔感ってのは「自分が良いことをしている」という陶酔感、すなわち
独善的な姿勢のことでしょうか?
それならば、布教に努めるある宗教の信者のようであり、傲慢であるといえましょう。

だが、教育勅語が述べているのは「良いこと」ではなく
「社会の中で生きていくうえでの当たり前のこと」です。
陶酔させるために書かれたものではないことぐらい読み取れませんか?

あと、史実とフィクションごっちゃにするのはどうかと。
劣悪な環境下にあったポーランド人孤児を日本赤十字社がかくまい、
本国に送り返したというのは事実でしょう。
しかし、竹内祐子が演じた看護婦の子供たちへの接しかたについて、
あのドラマで詳細まで事実を反映して描かれたと本気で思ってるのですか?

それは脚本家の思想が出てくる部分だと思うのです。

164 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:02 ID:izFJLvme
>>143
>立憲君主制は君主が政治を行う制度。

>りっけん-くんしゅせい 【立憲君主制】
>憲法に従って君主が政治を行う制度。

同じだよね?

>>154
>子供達の祖国への思いは断ち切られ、
>祖国復興への意気込みも失われるだろう。
この出来事は仮想では無く、実際に起こった事なのに、何で推測なんだ?
ポーランドの子供達が日本の洗脳によって祖国復興への意気込みを失ったと言うのなら、そのソースでも見つけてきたら?

>>161
>そういう演出の「おかしさ」に気がつかない人間は〜
何で教育勅語じゃなくて、個人を批判してるんだ?

>着慣れた洋服を探し
他の事にも資金を回さなければならないだろう。
洋服を後回しにした事が、そんなに責められるべき事なのか?
あと、実際には日本出発前に洋服とチョッキを貰ってるんだが。

>ポーランド式の食事をつくり
日本はポーランド食なんて知ってたのか・・・?

>ポーランド民謡を歌わせる
別にポーランドの民謡を歌わせなかったわけじゃないだろう。
自国の文化を教えた=他国の文化を軽視した、なのか?

あと、ポーランドとの交流にこだわってるようだけど、ドイツ人捕虜との交流についても調べてみる事をお勧めする。

165 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:02 ID:py8ghweL
>>163

>それは脚本家の思想が出てくる部分だと思うのです。
わかりきったことだ。

だから、そういうテレビの演出の「おかしさ」に気がつけと言っているわけだ。
お前は、感動したクチか?
このドラマがポーランドで放映されて、それでポーランド人が感動して喜ぶと思っているのか?
そう思ってるなら、はっきりいってお前は「陶酔している」。


166 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:06 ID:zI2lELm7
>>162
> ポーランド孤児は、日本に観光に来たわけじゃない。
> 彼らは身のより所をさがしているのだ。
> 彼らの求める物は、けして、日本の文化習慣ではなく、ポーランドという祖国なのだ。
> そこのところを勘違いするなよ。

http://www.city.naruto.tokushima.jp/daiku/kizuna_frame.html

決して日本へ観光に来たわけでないドイツ人捕虜によって
「バター」・「チーズ」・「交響楽」・「園芸農業」などさまざまな文化習慣が
もたらされた例です。
まあ、子供じゃないけどね。

>俺なら、ポーランドの孤児が目の前にいたら、元気を出させるために、
>着慣れた洋服を探し、ポーランド式の食事をつくり、ポーランド民謡を歌わせるだろう。
>どちらのほうが、子供はよろこぶかな? 俺は何か間違ってるかな?

今ならそれは可能でしょうし、相互の文化を伝え合うのが最良であることは間違いありません。
ただ、当時が、ヨーロッパに達するのに1ヶ月以上もかかった時代であり、
彼らの祖国の情報も、
彼らの慣習を再現するための物資も手に入れにくかったということをお忘れなく。

何度も言いますが、独善的な姿勢を責めるのであればその相手はテレビ局です。
当時の人々ではありません。

167 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:07 ID:py8ghweL
>>164

おまえも、このドラマがポーランドで放映されて、
それでポーランド人が感動して喜ぶと思っているのか?
まるで日本の観光案内ビデオのようだったがな。

ポーランド人はあくまで惨めったらしく、日本の優しさにつつまれ同化されるままだった。
ポーランド人の気高さ、誇りを感じさせるシーンがどこかにあったか?


168 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:09 ID:py8ghweL
>>166

>当時の人々ではありません。

だから、テレビの演出の「おかしさ」に気がつかないのか?と言ってるわけだが。
気がつかない人間が教育勅語を語ってもらっては困るということだ。



169 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:11 ID:zI2lELm7
>>168
テレビが事実ではなく主張を伝える場所だということくらいは
わかってるつもりですが何か。

170 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:15 ID:py8ghweL
>>169

それで?テレビを見て感動したわけ?
ポーランドで放送されたら、ポーランド人も感動すると思ったかい?

171 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:16 ID:izFJLvme
>>167
あのドラマ自体、ドキュメンタリーとしての価値は皆無だと思っている。
ドラマであってドキュメンタリーでは無いが、それにしてもノンフィクションとしては疑問を感じた。
元々あの出来事を知っている人間には、到底感動できる脚本ではない。

ところで、私はあのドラマを肯定してるんじゃなくて、貴方の主張に反論してるんだが…。

172 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:20 ID:py8ghweL
>>171

なにをトンチンカンなことを言ってる?
お前は、俺の「テレビの演出のおかしさの指摘」に反論していたじゃないか?
当時の出来事にの批判などしていないぞ。よく読め、あほ。



173 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:26 ID:zI2lELm7
>>170

 実はわたしはドラマをまだ見ておりません。
 元々あの出来事を知っていて、ドラマ化されたと聞いて楽しみにしていて
 録画し土曜日あたりに見ようと思っていたのだが、
 極東板の別スレで酷評されていたのをみて、ちょっと見る気ダウンしてます。

 あなたとは、「ポーランド孤児」エピソードをもとに
 大正の日本人と外国人とのかかわりについて話し合ってるつもりだったのだが、
 あなたは「テレビの演出がおかしい」といつのまにか問題をすり変えてますね。
 ご自分で気づかれてます?

>>172
>よく読め、あほ。

これが世に聞くファビョーンですか。いや、まだプチファビョーン程度ですね。

174 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:27 ID:izFJLvme
>>172
>ポーランドの孤児に、着物をきせ、和食をたべさせ、さくらさくらを歌わせてる演出をテレビで見て
>日本は良い事をしていると、感動する人間が多いとしたら実に情けないことだ。

>俺なら、ポーランドの孤児が目の前にいたら、元気を出させるために、
>着慣れた洋服を探し、ポーランド式の食事をつくり、ポーランド民謡を歌わせるだろう。

これを私は「当時の人々が行った事は最善では無い」という主張として受け止めましたが、違うんですか?
当時の人々を批判する気が無いなら、「俺なら〜」なんて主張は必要ありませんよね?

175 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:32 ID:py8ghweL
>>173

>実はわたしはドラマをまだ見ておりません。
だったら最初からくち出すなよ。どうも話がかみ合わないと思った。


>あなたは「テレビの演出がおかしい」といつのまにか問題をすり変えてますね。
いつ、どこですりかえたんだ?
おまえが勝手に勘違いしただけだろう。






176 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:35 ID:izFJLvme
>>173
彼は最初から、ドラマの演出とその演出に疑問を持たない人間を批判している。
逆に>>161のレスが、当時の人々の批判にすりかわってると思われ。

177 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:37 ID:py8ghweL
>>174

そうかい、俺は>>110から、
テレビで放送されていた「ワルシャワの秋」について見解を述べていたのだがな。
当時の日本人の批判など一切していない。
よく読みな。俺の発言は、文体でわかるだろう。

178 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:38 ID:py8ghweL
>>176

>>161は現代人に対する批判だ。念のため。

179 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:39 ID:zI2lELm7
>>175
>>176

 なるほど。>>161でちょっとID:zI2lELm7さんの主張を取り違えていたようですね。
 失礼しました。

 テレビの演出をうのみにしてしまうことは危険でしょうが、
 それと「教育勅語は陶酔させるから危険だ」というのは
 結びつかない気がするんですよね。

180 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:42 ID:zI2lELm7
んじゃあらためて >>161にレス。

> ポーランドの孤児に、着物をきせ、和食をたべさせ、さくらさくらを歌わせてる演出をテレビで見て
> 日本は良い事をしていると、感動する人間が多いとしたら実に情けないことだ。
> そんなものはただの自己満足に酔っているだけだ。

「感動する多数の人間」という仮定を批判して空しくないですか?

> 教育勅語には、そういう陶酔感がある。

この文が前の文とどうしてもつながりません。

181 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:46 ID:py8ghweL
>>179

感じ方は人それぞれかも知れないが、
教育勅語は、天皇を敬い、日本人同士助け合う、礼儀を正すというような感じで、
心地よく耳に入るわけだが、それはそれで良しとしても、
国際化めざましい現代にあわせて、改定や補則が必要だというのが俺の主張。

「外国の異民族の文化や習慣も尊重せよ」というような一文が追加されることが望ましい。

もしも、教育勅語を一字一句変えないで復活させようというなら、
俺はナンセンスだと断罪する。
反論があるかもしれないが、これ以上は平行線だろう。そういうことだ。


182 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:53 ID:zI2lELm7
>>181

 だ か ら 仮 定 を 批 判 す る な っ つ の 。 

いつ一字一句変えないなんて主張を私がしましたか?

>>5 で「新しいのを作ろう」 とabcさんが言っており、
私はそれにほぼ同調する立場なのですが。

つーか一字一句変えないでなんて、いろんな意味で「無理」です。

183 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:55 ID:izFJLvme
>>177
>>178
ようやく意味が分かったよ。
と、同時に爆笑したw

つまり貴方の主張は、
『「ワルシャワの秋」で感動したような人間は、もし今、ポーランドの孤児が目の前にいたら日本文化を押し付けるんだろう。それは間違いであり、ポーランドという祖国を尊重する方が正しい』
という事でOK?

184 :日出づる処の名無し:03/12/24 22:58 ID:l8C5q7WP
>> 「外国の異民族の文化や習慣も尊重せよ」というような一文が追加されることが望ましい。
咀嚼音を派手に立てて食事をする文化を尊重する気にはなれません。

そゆこと

185 :日出づる処の名無し:03/12/24 23:00 ID:zI2lELm7
>>184
たぶんヨーロッパ人に我々のタコ食い文化は理解されまいて。

186 :日出づる処の名無し:03/12/24 23:01 ID:zI2lELm7
>>182

すいません。 abcさんの最初の発言は >>7 でしたね。

187 :日出づる処の名無し:03/12/24 23:03 ID:izFJLvme
>>185
話題から完全に外れるけど、イタリアやギリシャじゃ食べるよw

188 :日出づる処の名無し:03/12/25 02:37 ID:DbfR0aZU
【大阪】卒業式で外国の国歌を流すことを決定【高校】
http://news4.2ch.net/test/read.cgi/news/1072264004/

おい!!
大阪府立天王寺高等学校の今年度の卒業式で、
中国・韓国・北朝鮮の国歌を流すことを決定したそうだな!
こいつら、アタマおかしいのか?
狂ってるのか?
さっさと中止しろ!
ここは日本だろうが!!!
府民を舐めとんのか、糞大阪府関係者!!

「知事への提言」
http://www.pref.osaka.jp/j_message/teigen/tijifmt.html

「教育政策室 総務企画課 教育行政に関する相談窓口」
kyoikuseisaku@sbox.pref.osaka.jp

↑↑ 大量に抗議メールを送れ!!! ↑↑


189 :abc:03/12/25 05:30 ID:k3lBvNqW
>>164 >>143 >>141 と >>86 が同じ事を意味しているように思えませんが。

>>141 りっけん-くんしゅせい 【立憲君主制】
     憲法に従って君主が政治を行う制度。
     君主の権力が憲法によって制限されている君主制。
     近代市民階級の擡頭により絶対君主制が崩壊し、君主権が議会などの制限をうけることにより成立した。  

>>86  立憲君主制は君主が政治を行う制度。
     天皇陛下は政治を行ってないから違うのでは?

>>86 は天皇陛下は政治を行ってないから君主ではないのでは?と解釈しました。
続いてと言うか遡って立憲君主制は君主が政治を行う制度だから天皇陛下は君主じゃないから
日本は立憲君主制ではないと読みとったのです。主張のポイントを「立憲君主制」の解釈ではなく
「天皇陛下は政治を行ってないから違うのでは?」に置きました。だからそれは違うんじゃないか
と言いました。そして>>143は誤解を招くような物言いだったかなと反省しています。



190 :abc:03/12/25 06:05 ID:k3lBvNqW
. JOG(142) 大和心とポーランド魂
 20世紀初頭、765名の孤児をシベリアから救出した
日本の恩をポーランド人は今も忘れない。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog142.html

を先に見ていたので若干イメージが合わないところがあったけれど
概ね賛同できました。1919年と言えば日本は恐慌の真っ最中
第一次世界大戦の前夜で物不足、資金不足の中良くやったと言いたい。
現在のような物あまりの時代ではないし平和呆けでもないし日露戦争に
辛勝して国民は貧しいながらも一流国との矜持を有し、浴衣などは
民間からの寄付でまかなったのではないかと思う。当然料理なども和食であり
例えばポーランド食などは銀座の一流料亭にでも行かなければ
食べられなかった思う。現在の状態で90年前の状況を評論するのは良いが
実態を見極めないとピントはずれの評論に陥ると思います。



【日本の恐慌は1900年から1929年】
http://www.tcat.ne.jp/~eden/Hst/dic/great_depression.html

191 :日出づる処の名無し:03/12/25 06:10 ID:MLrbbnwa
「立憲君主制国家」constitutional monarchyにおける、君主が
行う「政治」には

「元首(や象徴)として君臨する」

というものも含まれますので、日本の天皇は政治をおこなっています。
イギリスの女王は「イギリスの内政を取り仕切っている」わけでは
ありませんが、イギリスはconstitutional monarchyですし、彼女が
「政治を全くおこなっていない」わけでもありませんので。

192 :abc:03/12/25 06:16 ID:k3lBvNqW
>>110 ポーランド式の扱いをしてあげるべきじゃないのか

1910年頃ポーランド式の風習・慣習を知っている人は世界中を
探しても見つからなっかたのではないかな、というのも1795年〜
1918年の間ポーランドという国は何処にもなかったのですからね。

193 :日出づる処の名無し:03/12/25 06:25 ID:Adao9Vy3
>>192

最初にポーランド人から相談うけたんとちゃう?

194 :日出づる処の名無し:03/12/25 07:35 ID:uuI2jFrf
1 番組の途中ですが名無しです 03/12/24 20:06 ID:koy1b/N3
◎◎大阪府立天王寺高等学校◎◎
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=kinki&vi=995214506&rm=100
970  56期だ   2003/12/19(Fri) 02:14
今年の卒業式は複数の国の国歌を流す事に決定してしまった…
日本の学校の卒業式なのに、なんで外国の国歌を流すのか意味不明
そもそも、アンケートで3年生に是非を聞いたんだが、どう考えても賛成が過半数を超えるわけないのになんで強行したのか…
そして、こんな意見を在校生が出すはずもなく、頭のおかしいOBとか、目立とうとする天王寺のアホ教師が考えたとしか思えん…
天王寺は最後まで日本人に、在日の人々へ偏見を持たせてしまうんだなと思った

976  57期です   2003/12/22(Mon) 18:57
北朝鮮の国歌も流すの…?
で、複数の国歌ってどこの国歌なんですか?

977  名無しさん   2003/12/22(Mon) 22:41
>>976
中国・韓国・北朝鮮の国歌。
56期に中国人なんかいたのか?


大阪府民よ、団結せよ!大阪府、天王寺高校、教育委員会へ抗議メールを!

195 :日出づる処の名無し:03/12/25 07:38 ID:uuI2jFrf
http://news4.2ch.net/test/read.cgi/news/1072264004/

196 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

197 :abc:03/12/25 08:14 ID:cMsdMhc6
>>191 禿胴

天皇陛下は立憲君主制の下、君主として「君臨すれど統治せず」の
施政方針で政治を執り行っている。と言うのが私の従来からのと言うか
日本国民の見解ではないでしょうか。




198 :日出づる処の名無し:03/12/25 23:12 ID:DbfR0aZU
おい、大阪府立天王寺高等学校よ、
なんで卒業式で、極東3馬鹿国の国歌を流すんだ!
狂ってるのか?
さっさと中止しろ!
ここは日本だろうが!!!
府民を舐めとんのか、糞大阪府関係者!!

「知事への提言」
http://www.pref.osaka.jp/j_message/teigen/tijifmt.html
↑↑ 大量に抗議メールを送れ!!! ↑↑

大阪府立天王寺高等学校 学校長 山崎 彰
http://www.osaka-c.ed.jp/tennoji/zennichi/kyoiku/kocho.htm

〒545-0005 大阪市阿倍野区三明町2丁目4番23号
TEL 06 6629 6801 FAX 06 6629 4889
↑↑ こっちにもガンガン抗議電話をしよう!!! ↑↑
掲示板 http://8021.teacup.com/touin/bbs
↑↑ 荒らすなよ(w ↑↑

府民のお金で運営する学校は、
日本人のものです。
不遜外国人を増徴させるために
まじめに税金を払っているわけではありません。
山崎 彰、おまえはもう首だ。
さっさとキチガイイベントを中止し、
教育委員会に辞表を提出しに行け!!!

【大阪】卒業式で外国の国歌を流すことを決定【高校】パート2
http://news4.2ch.net/test/read.cgi/news/1072359036/

199 :abc:03/12/26 03:20 ID:KGf3ek2w
> http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1070739987/98
で新教育勅語の提案が為されましたぞ。
【提案内容】
親に迷惑かけるな
親に心配かけるな
なるべく兄弟、姉妹で養え
子供を大切にしろ
勉強や遊びを偏らせるな
周りの人に迷惑かけるな
ものは大切に扱え
ごみはゴミ箱へ
海、川や田んぼわ大切に
山に登ったらごみは持ち帰れ
納税シル


200 :abc:03/12/26 03:37 ID:KGf3ek2w
【反教育勅語=人間獣化計画】
http://sinobu10.hp.infoseek.co.jp/tokyo_judgement.html
●ゲッペルスは戦後日本の予言者だったか。
 ドイツのゲッペルス宣伝相は、ドイツ国民に与える警告として次のような内容の
文章を1934年に公布している。
 それは、非常に強大な超国家的勢力(悪魔ダビデ作成世界統一王国勢力)が、文
明の破壊にもつながる心理戦、神経戦を挑んできている。これに対してドイツ国民
は十分警戒せねばならない。この心理戦、神経戦の目的とするところは、人間の純
度を落とすことにより現存する国家を内部からむしばんで行こうとするものである。
 ゲッペルス宣伝相が挙げたこの超国家的勢力の狙いとする心理戦、神経戦とは次
の如き大要である。
「人間獣化計画」
  愛国心の消滅、悪平等主義、拝金主義、自由の過度の要求、道徳軽視、
3S政策事なかれ主義(Sports Sex Screen、無気力・無信念、
義理人嬢抹殺、俗吏属僚横行、否定消極主義、自然主義、刹那主義、尖端(流行)
主義、国粋否定、享楽主義、恋愛至上主義、家族制度破壊、民族的歴史観否定

 以上の19項目を粒さに検討してみた場合、戦後の日本の病巣といわれるものに
当てはまらないものがただの一つでもあるだろうか。否、何一つないものを発見さ
れて驚かれるであろう。ゲッペルス宣伝相は、戦後日本に対する予言者だったので
あろうか。


201 :abc:03/12/26 03:44 ID:KGf3ek2w
>>200 「人間獣化計画」の再掲

1.愛国心の消滅、
2.悪平等主義、
3.拝金主義、
4.自由の過度の要求、
5.道徳軽視、
6.3S政策事なかれ主義(Sports Sex Screen)、
7.無気力・無信念、
8.義理人嬢抹殺、
9.俗吏属僚横行、
10.否定消極主義、
11.自然主義、
12.刹那主義、
13.尖端(流行)主義、
14.国粋否定、
15.享楽主義、
16.恋愛至上主義、
17.家族制度破壊、
18.民族的歴史観否定

ん!18項目だね。7.無気力・無信念を分割するのかな。

202 :abc:03/12/26 03:46 ID:KGf3ek2w
>>201 「人間獣化計画」

こうやって眺めてみるとすごいもンだとの実感が湧く

203 :へえ・・:03/12/26 10:49 ID:J1ZMi+o8
でドイツは壊滅したわけだが。

昨日NHKでヒトラーの演説を見た。

日本の現在のクソウヨと言うことが全く同じ。
TVタックルでの大竹まことの発言と同じ。

204 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

205 :abc:03/12/28 04:47 ID:7WK9BOGA
>>200 「人間獣化計画」

済みません。どうしても裏付けがとれません。無視お願いします。


206 :日出づる処の名無し:03/12/28 09:47 ID:R2wLlF5F
愛国心賛美者のパターン

愛国クン「日本人なら教育勅語を覚えろよ! 国を愛するならあたりまうだぞ!」」
       ↓
じゃあオマエは国を愛してるんだな?
       ↓
愛国クン「もちろんだ。俺は愛国者だぞ!」
       ↓
じゃあ国のために自衛隊に志願したらどうだ?
最近は北朝鮮もヤバイし。口先だけでなく、まずは自分から国の為に行動してみろ!
       ↓
愛国クン「うるさいうるさい。そんなこと言う前に我が身を正せ!」
       ↓
どうするの? 行動するの、しないの?
自衛隊に志願するの、しないの?
       ↓
愛国クン「オマエクソだな! いまは教育勅語の話をしてるんだよな。煽りはムシムシ。 サヨクは相手にしないもんね!」




207 :日出づる処の名無し:03/12/28 12:22 ID:NCyvdGkS
>>206
別に国を大事に思うからって、必ず自衛隊に入隊する必要は無いだろ。
家の火の用心の為に、消防士になれって言うようなもんだ。
どうせ、言い負かされた悔し紛れでこんなカキコしてんだろうな。
サヨ必死だな。

208 :日出づる処の名無し:03/12/28 13:17 ID:XeoWiICM
http://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=4-408-60252-3

209 :日出づる処の名無し:03/12/28 17:49 ID:DZTcX1Ni
教育勅語(現代語訳)

俺思うんだけどさ、俺様の先祖ってすげー偉いんだ。いつまでも天皇家がお前ら下民共
を支配できるようなシステムを構築したんだよね。で、天皇家の先祖達はお前ら下民共を
生かさぬように殺さぬように上手く支配してきたわけだ。

お前ら下民共の犬のような忠誠心は俺様にとってすごく都合がいいんだよね。だから
これからも俺様の為にせいぜい汗水垂らして働いてくれ。俺?俺は支配者だから関係ないよ
お前ら下民共は放置しておくとロクな行いをしないから、取り敢えずオヤジオフクロの言うことを
良く聞いてだな、夫婦で揉め事を起こすなんてもっての他、フェミニストは死ね
俺様を尊敬することを片時も忘れずに、俺様の帝国をグレートにするために、せいぜい勉強して
すすんで俺様の帝国のために奉仕し、俺様の決めた法律は絶対破るんじゃねーぞ。

もしも一大事があったら進んで俺様の手駒として死ね。身も心も俺様に捧げるつもりで死ね。
そうして俺様の帝国をもっともっとグレートにするんだ。
お前ら下民共は先祖代々、俺様達天皇家の奴隷だったのだから、これからも忠実な犬の何倍も
奴隷根性を発揮して働くんだぞ。
もちろんこのシステムは世界中に当てはめても間違いではない。つまり世界征服も視野に入っ
てるって事だ。すげえだろ?

お前ら下民は俺様のグレートな帝国の下僕で有る事を有り難いと思って、俺様の命令に従え。

明治二十三年十月三十日 世界に冠たる明治天皇



210 :日出づる処の名無し:03/12/28 17:59 ID:GTeVc+qt
無職なら自衛隊に入るべきだろ。


211 :日出づる処の名無し:03/12/28 18:38 ID:ZRVhYGiM
>>206は自衛隊は志願さえすれば誰でも入れると思ってる低脳君かかなりのおっさんw いい加減現実を知ろうなw

212 :日出づる処の名無し:03/12/28 18:40 ID:vw/hK/UA
>>211は入隊基準に満たないチビ。

213 :abc:03/12/28 18:40 ID:7WK9BOGA
>>209 …

お前中国の草か。一生友達も出来ず木の陰から悔しそうに眺めているのが仕事だろう。
いつも人影に怯え相談する人と手無く夜は眠れず昼との楽しむことさえなく犬や猫の
自由を羨ましがるそんな己の人生にけりつけたがった居るように思えるぞ。可哀想な奴。



214 :日出づる処の名無し:03/12/28 18:41 ID:ZRVhYGiM
自衛隊入隊には当然年齢制限があり、さらに昔みたいに名前さえ書ければ合格するような事もない。「入りたい」だけで入れるならすぐにでも入隊するわw

215 :日出づる処の名無し:03/12/28 18:44 ID:ZRVhYGiM
かように、ブサヨって最低限の前提知識すら「皆無」で思い込みだけで自慰レスするからバカにされるし嫌われるんだけどなァwはやくオツム進歩すると良いですねw

216 :日出づる処の名無し:03/12/28 18:48 ID:ZRVhYGiM
>>212 このように、彼らは口で綺麗ごとを言ってるだけで、このレスに見られるようにキモイまでの「差別厨」ですらあるわけでw

217 :日出づる処の名無し:03/12/28 18:51 ID:ZRVhYGiM
まさに人間としての尊厳の欠片すら無い獣並の精神性にまで堕した彼らを「救う」ためにもやはり教育勅語の復活から始めなければならないでしょう。

218 :abc:03/12/29 00:40 ID:JT3a0Ai9
>>122 禿胴



219 :日出づる処の名無し:03/12/29 00:59 ID:OqWhOa6d
ん?自衛隊の話になってるな。
>>214
漏れも自衛隊逝きたかったが、視力であぼーん

ところで、今日日、学校で作法礼法はさわりでもやらんのかね?
総合学習の時間とやらで、やりゃいいと思うのだが。


220 :日出づる処の名無し:03/12/29 01:52 ID:ZovBpbqB
別スレからの引用スマソ
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1072243062/244-255

ちょっと長いですが、納得のいく教育論です。
古代ギリシャにおいて、すでに事実は看破されていた!

「戦後教育」には「温故知新」の精神がありません。
連綿と続いてきた人々の歴史を否定するだけの教育、
それはなんと浅ましく恐ろしいことでしょうか。

リンク先の>>252

>政治の裏もある程度読める「知恵」、
>持論に責任を持ち、誤った論には臆さず反論でき、外敵は排除する「勇気」、
>利己主義に陥らず、国全体のことを考えていける「節制」。
>これらを兼ね備えた有権者を育てることが、健全な民主主義の第1歩なのです。

これらの大切さを簡潔に指し示す言葉、
それこそがこの時代に必要な「新しい教育勅語」になりうるものだと思います。

221 :abc:03/12/29 10:38 ID:JT3a0Ai9
>>220 温故知新

により新しい日本をみんなで創設しよう。
まずは古きを精査しよう。

聖徳太子の定めた17条の憲法
上杉鷹山の三助
明治天皇の五箇条のご誓文
教育勅語
軍人勅諭
五省

ナゾから如何でしょう。




222 :日出づる処の名無し:03/12/29 20:16 ID:VZS3GRfh
日本国憲法の趣旨徹底!!

223 :日出づる処の名無し:03/12/30 17:47 ID:hRyg/as0
教育勅語(現代語訳)

俺思うんだけどさ、俺様の先祖ってすげー偉いんだ。いつまでも天皇家がお前ら下民共
を支配できるようなシステムを構築したんだよね。で、天皇家の先祖達はお前ら下民共を
生かさぬように殺さぬように上手く支配してきたわけだ。

お前ら下民共の犬のような忠誠心は俺様にとってすごく都合がいいんだよね。だから
これからも俺様の為にせいぜい汗水垂らして働いてくれ。俺?俺は支配者だから関係ないよ
お前ら下民共は放置しておくとロクな行いをしないから、取り敢えずオヤジオフクロの言うことを
良く聞いてだな、夫婦で揉め事を起こすなんてもっての他、フェミニストは死ね
俺様を尊敬することを片時も忘れずに、俺様の帝国をグレートにするために、せいぜい勉強して
すすんで俺様の帝国のために奉仕し、俺様の決めた法律は絶対破るんじゃねーぞ。

もしも一大事があったら進んで俺様の手駒として死ね。身も心も俺様に捧げるつもりで死ね。
そうして俺様の帝国をもっともっとグレートにするんだ。
お前ら下民共は先祖代々、俺様達天皇家の奴隷だったのだから、これからも忠実な犬の何倍も
奴隷根性を発揮して働くんだぞ。
もちろんこのシステムは世界中に当てはめても間違いではない。つまり世界征服も視野に入っ
てるって事だ。すげえだろ?

お前ら下民は俺様のグレートな帝国の下僕で有る事を有り難いと思って、俺様の命令に従え。

明治二十三年十月三十日 世界に冠たる明治天皇




224 :日出づる処の名無し:03/12/30 18:57 ID:Y9NNVcg/
必死になって韓国擁護にまわる「在日らしき人達」が哀れなのは、
「擁護すべき(と彼等が思いこんでる)祖国」がマジに屑で、
批判されて当然なことばっかりやってきたから、擁護しても簡単
に論破されちゃう事だよね。

ま、ネットが無くてマスゴミが全てだった頃は、いくら祖国が屑でも
甘ーいマスゴミがヨイショして、公式の場じゃ反論する人がいない
から、こりゃ楽だわな・・・って事で、いい気になって「民族差別ニダ」
とか言って、特権毟り放題だったツケが回ってきたわけよ。

同情の余地無し・・・ではあるが、そもそも屑な祖国を擁護する義理な
んか無いだろ。議論は身贔屓のためじゃなくて、事実を明らかにするた
めにあるんだ・・・って弁えて、きちんと韓国批判に回りゃいーんだよ。
「日本人」としてね。

225 :日出づる処の名無し:03/12/30 20:54 ID:JsDmW/hD
「勅語」ってからには今の天皇陛下に承認を得ないといけないのかな?
でも今の天皇陛下ってこういうのは嫌いそう・・・

226 :日出づる処の名無し:03/12/30 22:08 ID:aUPaTHzu

◎韓国朝鮮人の過短頭 (横から見た図)


   / ̄ ̄|
  /    |
  |/   C|
 /  >   |   ←ゼッペキ頭で耳から後ろがない!
 ~|___ |
    |   


頭部は短頭で、長径の短い特異な短頭が多い
頭部は短頭で、長径の短い特異な短頭が多い
頭部は短頭で、長径の短い特異な短頭が多い
頭部は短頭で、長径の短い特異な短頭が多い

227 :日出づる処の名無し:03/12/31 00:55 ID:lFRO40Xi
なんもわからない一般市民大勢が今までの偏向報道などによって
「教育勅語」は「ちょっと戦前っぽい?」→「軍国主義?」と連想する可能性があり、
更にその偏向報道ぶりが板に付いているマスコミあるいは進歩的文化人達によって
湾曲されるおそれがあるので、普通に「徳育」という名前にすればいいと思う。

228 :日出づる処の名無し:03/12/31 14:47 ID:mY6WRCaq
教育勅語(現代語訳)

俺思うんだけどさ、俺様の先祖ってすげー偉いんだ。いつまでも天皇家がお前ら下民共
を支配できるようなシステムを構築したんだよね。で、天皇家の先祖達はお前ら下民共を
生かさぬように殺さぬように上手く支配してきたわけだ。

お前ら下民共の犬のような忠誠心は俺様にとってすごく都合がいいんだよね。だから
これからも俺様の為にせいぜい汗水垂らして働いてくれ。俺?俺は支配者だから関係ないよ
お前ら下民共は放置しておくとロクな行いをしないから、取り敢えずオヤジオフクロの言うことを
良く聞いてだな、夫婦で揉め事を起こすなんてもっての他、フェミニストは死ね
俺様を尊敬することを片時も忘れずに、俺様の帝国をグレートにするために、せいぜい勉強して
すすんで俺様の帝国のために奉仕し、俺様の決めた法律は絶対破るんじゃねーぞ。

もしも一大事があったら進んで俺様の手駒として死ね。身も心も俺様に捧げるつもりで死ね。
そうして俺様の帝国をもっともっとグレートにするんだ。
お前ら下民共は先祖代々、俺様達天皇家の奴隷だったのだから、これからも忠実な犬の何倍も
奴隷根性を発揮して働くんだぞ。
もちろんこのシステムは世界中に当てはめても間違いではない。つまり世界征服も視野に入っ
てるって事だ。すげえだろ?

お前ら下民は俺様のグレートな帝国の下僕で有る事を有り難いと思って、俺様の命令に従え。

明治二十三年十月三十日 世界に冠たる明治天皇



229 :日出づる処の名無し:03/12/31 16:18 ID:AS9k6I73
教育勅語(現代語訳)

俺思うんだけどさ、俺様の先祖ってすげー偉いんだ。いつまでも天皇家がお前ら下民共
を支配できるようなシステムを構築したんだよね。で、天皇家の先祖達はお前ら下民共を
生かさぬように殺さぬように上手く支配してきたわけだ。

お前ら下民共の犬のような忠誠心は俺様にとってすごく都合がいいんだよね。だから
これからも俺様の為にせいぜい汗水垂らして働いてくれ。俺?俺は支配者だから関係ないよ
お前ら下民共は放置しておくとロクな行いをしないから、取り敢えずオヤジオフクロの言うことを
良く聞いてだな、夫婦で揉め事を起こすなんてもっての他、フェミニストは死ね
俺様を尊敬することを片時も忘れずに、俺様の帝国をグレートにするために、せいぜい勉強して
すすんで俺様の帝国のために奉仕し、俺様の決めた法律は絶対破るんじゃねーぞ。

もしも一大事があったら進んで俺様の手駒として死ね。身も心も俺様に捧げるつもりで死ね。
そうして俺様の帝国をもっともっとグレートにするんだ。
お前ら下民共は先祖代々、俺様達天皇家の奴隷だったのだから、これからも忠実な犬の何倍も
奴隷根性を発揮して働くんだぞ。
もちろんこのシステムは世界中に当てはめても間違いではない。つまり世界征服も視野に入っ
てるって事だ。すげえだろ?

お前ら下民は俺様のグレートな帝国の下僕で有る事を有り難いと思って、俺様の命令に従え。

明治二十三年十月三十日 世界に冠たる明治天皇




230 :燃焼系オギノ式:03/12/31 16:33 ID:E+6qygjb
だから、勅語 ってとこで既に終わっている。

231 :日出づる処の名無し:03/12/31 18:27 ID:Ppzyumh2
修身の教科書を読んだ。

現代の「○○ちゃんが悪いんだよ」的な進行をするNHK教育のTVや
思い悩むだけの道徳教科書と比べ雲泥の差があるよ。

勅語についてだが
内容本質の道徳心を再評価し教育に反映できることが
望ましいのであって、そのまんま復活させようなんて、誰も思わんだろ。w

232 :日出づる処の名無し:03/12/31 18:57 ID:Ppzyumh2
勅語も修身も読んだ事ない人は是非ご一読を。
明治帝は良い内容を考えたものだと感心するよ。

ずっと前にNステで、韓国の年寄りに勅語についてのインタビューをとっていたが
スタジオの反応と違って(苦笑)老人達の返答は
   ・「良い内容だ」
   ・「内容は良かったよ」 というものばかり。

   ・「良い内容で、韓国の偉い学者が考えたと聞いている」
      という捏造を信じた老人の言もあったが、内容には
      好印象を抱いていることがわかる。

かろうじて最後に返答した老人が
 ・「内容は良かったがそれを強制したのがいけない」

と訳のわからない事を言ってインタビュー終了。

233 :abc:03/12/31 19:01 ID:gnPADqpw
>>231 禿胴

国民性としては根赤で前向きがいいな。



234 :日出づる処の名無し:03/12/31 19:06 ID:x/jf4zbQ
教育勅語そのものの復活は賛成ではありません。
時代に関係なく普遍な素晴らしい言葉もありますが、
時代に則してないものも結構あると思うので
教育勅語改みたいのを作り直すほうがいいと思いまする。

235 :日出づる処の名無し:03/12/31 19:27 ID:hbS+3d6i
http://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=4-408-60252-3

236 :燃焼系オギノ式:03/12/31 19:28 ID:E+6qygjb
だから勅語と言う時点で終わっている。

天皇の権威をかりなければマナーも守れない馬鹿どもよ。

法律でびしばし取り締まるべし。
その前に、”理性”で自らを律せよ。


237 :日出づる処の名無し:04/01/01 04:18 ID:c8P2XtKW
まぁ、世界中ほとんどが「宗教を使わなければ」人殺しも平然とおこなえる馬鹿どもですけどね、、、

「宗教使っても」直らない大馬鹿もぎょうさんいまっせ。

238 :231:04/01/01 06:36 ID:fmAtuOiO
"勅語"でなくていいし、権威もかりなくていい。
内容を再評価し教育に盛り込み活かしてほしい、といっているのです。

法律での取り締まりも必要でしょうが、それはマイナス面での事で
道徳教育はゼロであれば良いものではありません。

戦後教育世代の年寄りと比べ戦前教育の年寄りって
礼儀正しくて驚くことが多く、この差は道徳教育の差に一因があろうと思うのです。

239 :231:04/01/01 06:49 ID:fmAtuOiO
>>236
いかにもその通りです。"勅語"である必要はない。
奉読派の人もいるでしょうが、今の時代に導入までの道は険し過ぎるでしょう。

ただ、道徳の規範となるようなものを
声に出して読むような教育は良いことだと思うのです。

240 :abc:04/01/01 07:57 ID:A73gvax0
>>238 禿胴



241 :日出づる処の名無し:04/01/01 08:10 ID:KuKd/3pu
>>236
日本の象徴である天皇だからこそ
意味がある。イデオロギー、政権に
拠らないからね。

242 :日出づる処の名無し:04/01/01 10:45 ID:AWiE5wbY
勅語奉答

あやに畏(かしこ)き 天皇(すめらぎ)の
あやに尊(たふと)き 天皇(すめらぎ)の
あやに尊(たふと)く 畏(かしこ)くも
下(くだ)し賜(たま)へり  大勅語(おほみこと)
是(これ)ぞめでたき 日の本の
国の教(をしへ)の 基(もとゐ)なる
是ぞめでたき 日の本の
人の教の 鑑(かがみ)なる
あやに畏き 天皇の
勅語(みこと)のまゝに 勤(いそし)みて
あやに尊き 天皇の
大御心(おほみこゝろ)に 答へまつらむ

http://kindai.ndl.go.jp/

243 :日出づる処の名無し:04/01/02 10:43 ID:1KMHTt3Q
あやに畏(かしこ)き 天皇(すめらぎ)の
あやに尊(たふと)き 天皇(すめらぎ)の
あやに尊(たふと)く 畏(かしこ)くも
下(くだ)し賜(たま)へり  大勅語(おほみこと)
是(これ)ぞめでたき 日の本の
国の教(をしへ)の 基(もとゐ)なる
是ぞめでたき 日の本の
人の教(をしへ)の 鑑(かがみ)なる
あやに畏き 天皇の
勅語(みこと)のまゝに 勤(いそし)みて
あやに尊き 天皇の
大御心(おほみこゝろ)に 答へまつらむ

244 :日出づる処の名無し:04/01/02 11:00 ID:A7xb83VT
教育勅語(現代語訳)

俺思うんだけどさ、俺様の先祖ってすげー偉いんだ。いつまでも天皇家がお前ら下民共
を支配できるようなシステムを構築したんだよね。で、天皇家の先祖達はお前ら下民共を
生かさぬように殺さぬように上手く支配してきたわけだ。

お前ら下民共の犬のような忠誠心は俺様にとってすごく都合がいいんだよね。だから
これからも俺様の為にせいぜい汗水垂らして働いてくれ。俺?俺は支配者だから関係ないよ
お前ら下民共は放置しておくとロクな行いをしないから、取り敢えずオヤジオフクロの言うことを
良く聞いてだな、夫婦で揉め事を起こすなんてもっての他、フェミニストは死ね
俺様を尊敬することを片時も忘れずに、俺様の帝国をグレートにするために、せいぜい勉強して
すすんで俺様の帝国のために奉仕し、俺様の決めた法律は絶対破るんじゃねーぞ。

もしも一大事があったら進んで俺様の手駒として死ね。身も心も俺様に捧げるつもりで死ね。
そうして俺様の帝国をもっともっとグレートにするんだ。
お前ら下民共は先祖代々、俺様達天皇家の奴隷だったのだから、これからも忠実な犬の何倍も
奴隷根性を発揮して働くんだぞ。
もちろんこのシステムは世界中に当てはめても間違いではない。つまり世界征服も視野に入っ
てるって事だ。すげえだろ?

お前ら下民は俺様のグレートな帝国の下僕で有る事を有り難いと思って、俺様の命令に従え。

明治二十三年十月三十日 世界に冠たる明治天皇




245 :日出づる処の名無し:04/01/02 12:13 ID:9qcr/QC7
冬厨うざいですねえ。

246 :abc:04/01/02 22:33 ID:dxuNe8rN
日本人の日本人による日本人のための道徳教育指針を作り上げようと言うこ
とではないのかな。その為には温故知新という言葉の通り、古い歴史的格言
例えば教育勅語の中から現代にも通用するような教えを抽出して新しい教えを
創り上げようと言うことで天皇陛下がどうのこうの、勅語がどうのこうのと宣うのは
為にする議論で単にけちを付けているように思える。




247 :abc:04/01/02 22:40 ID:dxuNe8rN
>>246 補遺
取り敢えず
  聖徳太子17箇条の憲法
  明治天皇五箇条のご誓文
  教育勅語
  軍人勅諭
  五省
などを参向にして現代感覚に添う
者を創り上げていけばよいと思う。


248 :abc:04/01/03 09:28 ID:wPvrndsa
>>247 補遺

そうそう。修身教科書もいいね。追加しよう。


249 :日出づる処の名無し:04/01/03 09:38 ID:0zn5CVXA
-------------------------------------------------------
右翼団体「日本青年社」の母体は、住吉会系暴力団。
2000年10月、中川秀直 官房長官が「右翼とつきあっていた」
ということがスキャンダルになった。
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/article/nakagawa/200010/18-1.html
http://www.zenmei.gr.jp/kokkai/situmon/2000/2000-10-26.html
http://www.jcp.or.jp/diet/KOKKAIGIIN/SYUGIIN/FUWA/fuwa-file/201102_huwa_toushu.htm
-------------------------------------------------------


250 :日出づる処の名無し:04/01/03 10:12 ID:0zn5CVXA
ヒットラー石原慎太郎が産経新聞で激賞の右翼団体「日本青年社」
http://www.seinensya.org/)。
http://www.seinensya.org/undo/ryodo/senkakushoto/030204isihara.htm
名誉総裁の自称有栖川識仁が偽物だとばれたのは記憶に新しいが。
またしてもやってくれました。

  <都の工事巡り恐喝、右翼団体「日本青年社」会長ら逮捕 >
警視庁組織犯罪対策部は2003年12月3日、東京都八王子市石川町、
右翼団体「日本青年社」会長・松尾和也(60)、
同市台町、同幹部・片博(55)など同団体幹部ら3人と、
同市長房町、空調設備会社元社長坂爪十郎(69)など業者3人の計6容疑者
を恐喝の疑いで逮捕した。

ま、ウヨとはこういうもんだ。


251 :日出づる処の名無し:04/01/03 10:13 ID:0zn5CVXA
ワロータ、ワロータ
--------------------------------------------------
1963年、関東の八つの暴力団が政治結社の届け出をして右翼活動を
はじめた、その頃にあった御下問。
昭和天皇「愚連隊が右翼のような活動をすると聞くが」
警視総監「これについては徹底的に取り締まるつもりでおります」

愚連隊が右翼のよう、ワラタ ワラタ
--------------------------------------------------


252 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

253 :日出づる処の名無し:04/01/04 09:03 ID:wUeWp1cY
教育勅語(現代語訳)

俺思うんだけどさ、俺様の先祖ってすげー偉いんだ。いつまでも天皇家がお前ら下民共
を支配できるようなシステムを構築したんだよね。で、天皇家の先祖達はお前ら下民共を
生かさぬように殺さぬように上手く支配してきたわけだ。

お前ら下民共の犬のような忠誠心は俺様にとってすごく都合がいいんだよね。だから
これからも俺様の為にせいぜい汗水垂らして働いてくれ。俺?俺は支配者だから関係ないよ
お前ら下民共は放置しておくとロクな行いをしないから、取り敢えずオヤジオフクロの言うことを
良く聞いてだな、夫婦で揉め事を起こすなんてもっての他、フェミニストは死ね
俺様を尊敬することを片時も忘れずに、俺様の帝国をグレートにするために、せいぜい勉強して
すすんで俺様の帝国のために奉仕し、俺様の決めた法律は絶対破るんじゃねーぞ。

もしも一大事があったら進んで俺様の手駒として死ね。身も心も俺様に捧げるつもりで死ね。
そうして俺様の帝国をもっともっとグレートにするんだ。
お前ら下民共は先祖代々、俺様達天皇家の奴隷だったのだから、これからも忠実な犬の何倍も
奴隷根性を発揮して働くんだぞ。
もちろんこのシステムは世界中に当てはめても間違いではない。つまり世界征服も視野に入っ
てるって事だ。すげえだろ?

お前ら下民は俺様のグレートな帝国の下僕で有る事を有り難いと思って、俺様の命令に従え。

明治二十三年十月三十日 世界に冠たる明治天皇



254 :日出づる処の名無し:04/01/04 09:52 ID:8bQhBF95
やっぱり2ちゃんでも、自分がいつも使ってるような言葉遣いになるんスかねえ?

255 :日出づる処の名無し:04/01/04 10:16 ID:wUeWp1cY
教育勅語(現代語訳)

俺思うんだけどさ、俺様の先祖ってすげー偉いんだ。いつまでも天皇家がお前ら下民共
を支配できるようなシステムを構築したんだよね。で、天皇家の先祖達はお前ら下民共を
生かさぬように殺さぬように上手く支配してきたわけだ。

お前ら下民共の犬のような忠誠心は俺様にとってすごく都合がいいんだよね。だから
これからも俺様の為にせいぜい汗水垂らして働いてくれ。俺?俺は支配者だから関係ないよ
お前ら下民共は放置しておくとロクな行いをしないから、取り敢えずオヤジオフクロの言うことを
良く聞いてだな、夫婦で揉め事を起こすなんてもっての他、フェミニストは死ね
俺様を尊敬することを片時も忘れずに、俺様の帝国をグレートにするために、せいぜい勉強して
すすんで俺様の帝国のために奉仕し、俺様の決めた法律は絶対破るんじゃねーぞ。

もしも一大事があったら進んで俺様の手駒として死ね。身も心も俺様に捧げるつもりで死ね。
そうして俺様の帝国をもっともっとグレートにするんだ。
お前ら下民共は先祖代々、俺様達天皇家の奴隷だったのだから、これからも忠実な犬の何倍も
奴隷根性を発揮して働くんだぞ。
もちろんこのシステムは世界中に当てはめても間違いではない。つまり世界征服も視野に入っ
てるって事だ。すげえだろ?

お前ら下民は俺様のグレートな帝国の下僕で有る事を有り難いと思って、俺様の命令に従え。

明治二十三年十月三十日 世界に冠たる明治天皇



256 :日出づる処の名無し:04/01/05 00:28 ID:oT8eWR9A
禿同!

>帝国をもっともっとグレートにするんだ。

これが究極だよね。
やっぱ教育勅語は復活すべし!だよん

257 :日出づる処の名無し:04/01/05 01:28 ID:4kI8VAHC
教育勅語の悪用を規制することも大切だわな。
>>255のようなことを地で行く教育者がでて、変な思想教育をするともかぎらんしね。


258 :日出づる処の名無し:04/01/05 03:55 ID:kZzogfx/
 抑々我が邦の教育は、教育に関する 勅語の奉戴を根本とすること
は云ふまでもなく明らかなことであるにもかかはりませず、誠に遺憾
なことではありますが、この本旨はいまに至るまで決して透徹してゐ
るとは云ひ難いのであります。その理由は多々数へ挙げることができ
ませうが、先づ考へられることは、学校教育が抽象的概念的な知識の
授受注入を主としまして、真にこれを実践に於いて体得せしめること
が、忽にされたことであります。
 これは従来、これも時勢の上から已むを得なかつたことではありま
すが、政治の主流が欧米文化輸入に向けられましたが為めに、ややも
すれば我が邦の國體の本義、伝統の本質、文化の特質を顧みることを
怠り勝ちになつたのと、同時に欧米文化輸入に急であつたため、模倣
に堕して自主的な創造精神が没却され勝ちになり、他人の創造した、
または他人の獲得してゐる知能をそのまま受取ることが学問すること
であると考へ誤られた結果でありまして、これが為めに、凡てのもの
ごとを観念的に取扱ふ傾向が生じまして、甚だ畏れ多いことでありま
すが、教育に関する 勅語の奉戴を口にしながら、往々単なる儀礼的
形式を充たすに過ぎないやうに見られるやうな状態さへも醸してゐる
のであります。

国民学校制度実施に際して    文部大臣 橋田邦彦

259 :日出づる処の名無し:04/01/10 13:02 ID:bhu3e+/o
hoji

260 :abc:04/01/11 21:14 ID:92wINMCw
>>257 :日出づる処の名無し :04/01/05 01:28 ID:4kI8VAHC
    教育勅語の悪用を規制することも大切だわな。

教育勅語は礼儀作法の源泉と思うがどうなんでしょうね。
教育勅語を思想教育とは考えにくいが。


261 :abc:04/01/14 11:11 ID:A1EKyGRE
聖徳太子全4部やっと見終えたぞ。教育に限らず先人の知恵は大事にすべきですな。
何といっても「和を以て貴しと為す」が一番ですな。



262 :目障り君:04/01/14 13:04 ID:G9T1EVhh
篤く三法を敬え、三宝とは仏法僧なり。

日本は仏教国になれって。

263 :目障り君:04/01/14 13:04 ID:G9T1EVhh
ということは

明治天皇は、聖徳太子にどうやって顔向けをするんだろうか?

264 :目障り君:04/01/14 13:06 ID:G9T1EVhh

二、心から三宝を敬いなさい。三宝とは仏法僧のことです。人生、生老病死
  の間で最後に行き着くところは。どこの国でも究極の宗教です。どの
  時代でも、どんな人でも仏教を尊ばないものは無い。人間に悪人は
  少ない。良く教えれば宗教に従う。仏教に帰依しないで。何で曲がった
  心を正すことが出来ようか。



265 :日出づる処の名無し:04/01/14 13:07 ID:KRDerWU4
http://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=4-408-60252-3

266 :日出づる処の名無し:04/01/14 13:09 ID:vTDN41tU
>>260
教育勅語を利用することは可能だろうに。



267 :日出づる処の名無し:04/01/14 13:41 ID:6EJkGmZN
成人式のニュース見てたら、教育勅語のありがたみがよくわかった

268 :日出づる処の名無し:04/01/14 14:17 ID:ATQkmO8r
五省 東郷平八郎元帥の遺訓
一、至誠に悖るなかりしか
一、言行に恥ずるなかりしか
一、気力に欠くるなかりしか
一、努力に憾みなかりしか
一、不精に亘るなかりしか

五誓 予科練習生
一、純忠至誠義につき生を顧みず
一、純真にして喜んで命令に服従す
一、気節に生き実行を尚ぶ
一、責任を重んじ功利に超越す
一、質実剛健にして廉恥を知る


269 :日出づる処の名無し:04/01/14 14:43 ID:oQjTvL0U
実は教育勅語の復活を唱えているひとたちが一番マスコミに
踊らされてるんじゃないかな。おもしろい記事が見つかったんでコピペしとくよ。

>昭和23年の強盗件数は戦後最高の3878件。
>これは戦後の混乱期だったことを示します。当時の17歳は、
>教育勅語による学校教育を受けています。近年、教育勅語の
>有用性を訴える老人がいらっしゃいますが、なんの効果もない
>ことが証明されました。人間、食うのに困れば、盗みを働くのです。
>道徳教育を強化したところで、犯罪の抑止効果は期待できません。
>強盗には昭和35年にも、もうひとつのピークがあります。『病的性格』
>の記述どおり、戦後の混乱期を脱してなお、不思議なことに少年による
>強盗事件は増えていました。ということは、そもそも「戦後の混乱期だから
>犯罪が多かった」という説明が、的を射たものなのかどうか。疑問は残ります。

反社会学講座 第2回 キレやすいのは誰だ
ttp://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson2.html

270 :日出づる処の名無し:04/01/14 15:42 ID:43X1PdfN
>>269

アフォにまじれす。

>昭和23年の強盗件数は戦後最高の3878件。
>これは戦後の混乱期だったことを示します。当時の17歳は、
>教育勅語による学校教育を受けています。近年、教育勅語の
>有用性を訴える老人がいらっしゃいますが、なんの効果もない
>ことが証明されました。

それよりも昭和35年の17歳(戦後教育世代)の犯罪件数が高いのは
スルーでつか。
しかも昭和35年は戦後の混乱期でもないよ。

271 :日出づる処の名無し:04/01/14 16:06 ID:oQjTvL0U
>>270
>それよりも昭和35年の17歳(戦後教育世代)の犯罪件数が高いのは
>スルーでつか。
>しかも昭和35年は戦後の混乱期でもないよ。

ん?
だからこそ昭和23年の犯罪が多いことの説明として「戦後の混乱期だから」
というのはおかしいのでは?といってるんだけどね。
グラフのどの部分でスパイクしていようと、最近の犯罪件数の水準が
過去のものより低いことはわかると思うんだけど。マスコミが語る
ここ数年のトレンドだけでものを語るのはおかしいっていってるんです。

歴史はそこから教訓を得るべきものであって、そこへ立ち返るべきものでは
ないと思いますよ。教育勅語を復活したところでいま若い世代がもている問題が
解決するなんて思ってる人間がいるとしたらそれはおかしいと思いますよ。

272 :日出づる処の名無し:04/01/14 16:15 ID:n2hJV7VI
>>269
追記
昭和35年の犯罪件数(とくに強姦)が多いのは、売春禁止法が
施行されたせいではないかという指摘があります。関連がある
明らかな証拠はありませんが、関連がないと否定するのも困難だと
思います。関連があるならば風俗店の社会的存在意義があることに
なります(w

273 :目障り君:04/01/14 16:42 ID:G9T1EVhh
諸君。喜べ。


刑法改正が具体的になってきた。

処罰が厳罰化。少年の取り扱いも厳しくなる。

お題目よりも良く効く。

274 :日出づる処の名無し:04/01/14 16:52 ID:V49cJvFC
>>269
変な記事だな。戦後は価値観が逆転して教育勅語は糞
という風潮が広まったから犯罪が増えたんだろ。
しかも教育勅語の有用性の有無を示すならば、
戦前の犯罪数を調べるべきだろ。それに、道徳教育が
全くの無意味と言っているあたりマトモな人間が書いたと思えないわけだが。

275 :日出づる処の名無し:04/01/14 17:10 ID:n2hJV7VI
>>274
>変な記事だな。戦後は価値観が逆転して教育勅語は糞
>という風潮が広まったから犯罪が増えたんだろ。
こういうおかしな議論をするひとたちを笑いものにするための記事ですよ(w

戦前の犯罪統計はちょっとしらべた限りではでてきませんでしたが、
ピークを比べる限りでは戦前の昭和9年(156万件)と、戦後の昭和23年、
24年のピーク(160万件)がほとんど同じ水準です。

276 :275:04/01/14 17:24 ID:n2hJV7VI
>ピークを比べる限りでは戦前の昭和9年(156万件)と、戦後の昭和23年、
>24年のピーク(160万件)がほとんど同じ水準です。
これは刑事事件の件数です。

少年犯罪の件数はよくわかりません。兵役法の関係で、刑法ではなく
軍事法で裁かれた人間もいるので、統計を調べるのはちょっとややこしと思います。

少年犯罪に関しては右からも左からもいろんな議論があって、よくわからない状況です。
統計数字そのものが胡散臭いという学者もいます。
(警察の取り締まり方によって数字がかわる)

277 :abc:04/01/14 17:28 ID:A1EKyGRE
>>276 少年犯罪に関しては右からも左からもいろんな議論があって、よくわからない状況です。

と言うことでしょうね。昔のことは知らないが礼儀正しい人が少なくなったと聞きましたぞ。



278 :日出づる処の名無し:04/01/14 17:50 ID:V49cJvFC
>>275
まあ数字だけで比べるのも無意味だと思うけどね。
その時代の状況ってもんがあるんだから。
でも少なくともさあ、教育勅語って道徳でしょ?
子供に道徳を教えるのを否定するのはどうかと思うね。

279 :目障り君:04/01/14 18:41 ID:G9T1EVhh
道徳ってたって、その根拠は何なんだ?

どうしてそうしたらいけないの?
どうしても。それが道徳だから


こんな説明では小学生でも無視する。

日本国憲法の精神を 徹底すべし。

当然、公共の福祉、権利の濫用はこれを許さず、国民の権利は不断の努力によって
維持され、その行使には責任を負うことも徹底する。

280 :abc:04/01/14 22:01 ID:GdcyiAnF
>>279 …

ン!何を言っているのだろうか趣旨がよく分からない。


281 :abc:04/01/14 22:07 ID:GdcyiAnF
>>280 補遺

小生は、古今東西の名言名句を集め整理し万人に納得のいく道徳指標を定めてはどうかと思う。
そして憲法17条や教育勅語や軍人勅諭などがそういう言葉の黄金集だと思っている。勿論
現代に添わないものもあるだろう。そういう者はカットすれば宜しい。100言位精選してそれから
更に10ぐらいに絞り込めば結構良いものが出来ると思いますぞ。
明治天皇陛下は5つに絞り込みましたけどね。



282 :日出づる処の名無し:04/01/14 22:55 ID:kAKxFkGY
>>279
道徳教育ってそういう内容の物だったっけ?
そういえば、もう「道徳」とく授業自体が無いのだっけか?

283 :目障り君:04/01/14 23:30 ID:G9T1EVhh
>万人に納得のいく道徳指標

根拠を子供にどう説明する?

どうしてそうしなければいけないの?
道徳だから・・・

だれが言うことを聞くかい。

それとも、悪いことをすると地獄に堕ちるとか、罰が当たるとかいうのか?
えら〜い天皇様がおっしゃったから?

ダメダメだね。

長い時間を掛けてみんなが決めたルールだ。
守らないと、社会的、法律的に罰せられる と
はっきり教えるべき。お題目では意味がない。

284 :日出づる処の名無し:04/01/14 23:36 ID:LHELAWRU
>>283
またおまいか。

おまい、子供いないだろ?

てか、子供を躾けた経験がないだろ?

>守らないと、社会的、法律的に罰せられる

それじゃ可哀想だぜw 子供らが。

285 :目障り君:04/01/14 23:41 ID:G9T1EVhh
権利は主張すると当然他人の権利と衝突する。

その場合、譲り合い、権利を調整する必要があるとはっきり教えろ。
義務というものがあるということもはっきり認識させる。

それと国会での議論にヤジを禁止。人の話をちゃんと聞くということを
大人が見せなければならない。
TVの討論番組もそう。人の発言を遮り、言いたい放題でかい声かつ
威嚇する口調で言った者が勝つというような光景を子供に見せるな。
それと
不正は徹底的に暴かれ罰せられるということを実現しなければならん。


286 :日出づる処の名無し:04/01/14 23:46 ID:LHELAWRU
>>285
良いこと言うねぇ。

禿しく同意。

287 :目障り君:04/01/14 23:55 ID:G9T1EVhh
>それじゃ可哀想だぜw 子供らが。

渋谷行って状況把握してこい。

子供には、「おまえが小さい内は俺がおまえのやったことの責任を取る。
おれの責任の取り方をちゃんとみとけ」と模範を示す。
「しかし、高校生くらいになったら自分で自分の責任を取る練習をしなければ
ならない」と教える。
実際、14才ともなると刑法的にも責任を問われるのだ。

288 :日出づる処の名無し:04/01/14 23:57 ID:4oRMwLKZ
>>283=285=目障り君
>どうしてそうしなければいけないの?
(根源的なところを、どのように説明するのかという意味に捉えてレスを書きますたが)
キリスト教の国だとかだったら、神様が言ったからで済むんだろうな。
というか、宗教の権威がここまで落ちてしまったのは、日本だけのような気がするが。

天皇陛下の勅語だからじゃ、通じないのなら。
因果応報の考え方を取り入れて諭すしかないだろうな。

「悪い事すると、自分自身に返ってくるんだよ。」

289 :目障り君:04/01/15 00:04 ID:lrcsvCY4
神様が言った・・・・

結局裁きを受けるからということに他ならない。
裁くのが神か、仏か、近所のおっちゃんか、裁判所かの差だ。

社会全体で不正や迷惑を許さないという空気が必要なのだ。

290 :日出づる処の名無し:04/01/15 00:08 ID:7+kQtG+M
>社会全体で不正や迷惑を許さないという空気が必要なのだ。
空気って、、、さすが日本人(w


291 :目障り君:04/01/15 00:10 ID:lrcsvCY4
ボランティアにしても

宗教では主に自分の徳を積むためってのが多いだろ。(閻魔様、最後の審判等)
それではいけない。

みんなで協力して良い社会を作るという使命感が欲しい。

292 :目障り君:04/01/15 00:13 ID:lrcsvCY4
>空気って、、、さすが日本人(w

ニューヨークでも落書きを消したり微罪をびしばし取り締まって
治安を回復したが、

これも「空気」としか言いようがないが。

293 :288=290:04/01/15 00:13 ID:7+kQtG+M
>みんなで協力して良い社会を作るという使命感が欲しい。
和の精神ってことでつか?

294 :日出づる処の名無し:04/01/15 00:19 ID:37Vz5KJ1
>>290
あなたは何人ですか?

295 :日出づる処の名無し:04/01/15 00:20 ID:GBmkKo9e
小さなことかもしれないが、うちの向かい前のマンソン付近に
空き缶かボトルが落ちていたら即、拾って処分。
また放置自転車があったときは通報した自分としては
ボランティアとはちょっと違うと思う。
自分の住む町が凶悪化したくないからだよ。

296 :288=290:04/01/15 00:34 ID:7+kQtG+M
どうも話題がずれてきてるように思うので、元に戻したいのだが。

道徳教育を考える場合に、まず基本的なところで、なぜ道徳を守らなければならないのか、というのは
最初に解決すべき点だと思える。

これに類似した問題点としては、「基本的人権とは何か?」というものがあると思う。

「基本的人権」という言葉は元々は、「天賦人権」という言葉だったようだが、キリスト教に由来する言葉である。
でもって、日本では、キリストに代わるものとしては天皇陛下(神道上の神)ということになるはずだが、
現在の日本では、この考え方を広めるのは難しいと思う。

そして、より現在の日本で受け入れられやすいものの候補として、「科学的な理由付け」(科学も一種の宗教と思う)と、
「(仏教に由来する?)因果応報」の2つがあると思うが、この2つの考え方は、近くて一つにまとめられるように思う。


>>294誰かがそんなレスも書くだろうなぁと思ってた。漏れは日本人。

297 :288=290:04/01/15 00:47 ID:7+kQtG+M
(レスの順序が変になってしまったが。)
>>292
>ニューヨークでも落書きを消したり微罪をびしばし取り締まって
>治安を回復したが、
破れ窓理論ってやつですな。

296を書いて思ったのだが。基本的人権のようなことを厳密に定義付けして拠り所とするのは、
日本人には合わないのかもしれない。

それよりも、>289の言うところの「空気」という考え方の方が日本人には合っているかもしれない。
そして、科学好きな人には、「破れ窓理論」と言いかえて納得してもらうのが得策かもしれない。

298 :日出づる処の名無し:04/01/15 00:57 ID:VPqeGssP
>>287
>>それじゃ可哀想だぜw 子供らが。
>渋谷行って状況把握してこい。

小さい子供の躾とは関係ないぜ。
ああいうのは失敗例。

>子供には、「おまえが小さい内は俺がおまえのやったことの責任を取る。
>おれの責任の取り方をちゃんとみとけ」と模範を示す。
>「しかし、高校生くらいになったら自分で自分の責任を取る練習をしなければ
>ならない」と教える。
>実際、14才ともなると刑法的にも責任を問われるのだ。

これも、小さい子供の躾にはあんまり関係ないな。

俺が批判したのは、あくまでも>>283

>根拠を子供にどう説明する?
>どうしてそうしなければいけないの?
>道徳だから・・・
>だれが言うことを聞くかい。
>それとも、悪いことをすると地獄に堕ちるとか、罰が当たるとかいうのか?
>えら〜い天皇様がおっしゃったから?
>ダメダメだね。
>長い時間を掛けてみんなが決めたルールだ。
>守らないと、社会的、法律的に罰せられる と
>はっきり教えるべき。お題目では意味がない。

小さい子供には、おまいの言うところの「お題目」が一番重要。
実際に小さな子供と接してみれば分かるが、社会とか法律とかは子供にはムズカシすぎる。
「だれが言うことを聞くかい」とか言うが、案外聞くものだ。

299 :日出づる処の名無し:04/01/15 00:58 ID:VPqeGssP
それに、「罰せられるから」という「他律」も良くない。
あくまでも、「自律」の方向で躾は行われるべきだ。
「悪いことをするのは、恥だ」と感じるようにな。

>>291
>ボランティアにしても
>宗教では主に自分の徳を積むためってのが多いだろ。(閻魔様、最後の審判等)
>それではいけない。

まず、自分からだ。

かつて、戦国の世に日本へ来た宣教師も、幕末に囚われの身となったロシア人も、
明治になって日本へ来たお雇い外国人も、一様に賞賛したのが、当時の日本人のモラルの高さ。
何よりも恥を忌み嫌い、名誉を重んじる心だ。

だから、まず何よりも恥を恥だと認識させねばならない。
徹底的に刷り込むわけだ。それこそ、武士の時代は子供の頃から徹底的に論語を刷り込まれたようにな。
それには、少々非科学的でも、「お題目」方式しかない。

>みんなで協力して良い社会を作るという使命感が欲しい。

これには、まぁ同意できる。
要は、「みんなで協力して良い社会を作る=嬉しい=自分の徳」となれば良いわけだ。

最初はただのアホかと思ったが、>>285を見る限りでは、常識人なんだろう。
靖国スレにあったような下らない煽りはやめることだ。
「みんなで協力して良い社会を作るという使命感」を持つのならな。

300 :288=290:04/01/15 01:16 ID:7+kQtG+M
「なぜ道徳を守らなければならないのか」→「守らないのは、恥ずかしいことだから」
なるほど、蘇って欲しい感覚だな。恥の感覚。

(漏れにとっては盲点だったが)、案外それが一番うまくいくかもしれん。

301 :日出づる処の名無し:04/01/15 05:13 ID:gdOj6RfA
われわれは試行錯誤する事によって繁栄してきた。
「個人の自由には自由にならない社会的前提が存在する」という認識は
社会学の学問常識であるが現代の社会システム理論の水準では稚拙すぎます。
初めに規則ありきといった考えは二千年前にイエスによって否定されています。
ユダヤ教では戒律を守った人間が者達が救われます。
しかし食うや食わずでその日暮らしをする人間に戒律を守る余裕はありません。
戒律を守れる人間は初めから救われている人間に限られてしまいます。
もし神が全能ならば
社会システム理論では自由を認めれば秩序はなり立たないと言った考えを
自由と秩序のゼロサム理論と言って徹底的に否定します。
要は秩序が信頼可能である程人々は自由に振る舞え
人々が自由である程結果的に得られた秩序は信頼可能だと言う事です。
戦後教育が自由を重視しすぎたから教育現場も社会もむちゃくちゃになったと言うウヨ厨的な考えは
社会科学的無教養として笑ってやりましょう。

302 :日出づる処の名無し:04/01/15 05:16 ID:1H2mwPUg
第一段階:乳児
・不快を訴える事に対して親が対応する事によって自分が承認されたと言う達成感を感じる。
(自律行動の原初的動機付けであり倫理観の礎)
・親の行動を真似る(主な第一段階の承認)という形で親を承認する。
・親がそれに対応する事によって子供は達成感を感じ
 コミュニケーションを深めようとする動機付けとなる。
(社会的行動=倫理の基礎造り)

第二段階:幼児
上記に加え
・親による行動の否認、または承認が始まる。(躾、教育の始まり)
例:挨拶の奨励、トイレの使い方を教える等。
これらを何度も繰り返すことにより覚えさせる。(道徳的行為の始まり)
初期段階で挨拶などの呼びかけを続け子供を承認することにより、
ごく初歩的な礼儀的行為を通じて自分を相手に承認させる初歩的な技術を身につける。

303 :日出づる処の名無し:04/01/15 05:17 ID:r9Vn2yWM
現代の日本にDQNが増えたのは一つは社会が豊かになってしまったためにアノミーを引き起こしたからです。

■デュルケームは、自殺の原因は一般的にアノミーすなわち「どうしていいか分からない
状態」に由来すると見なしたが、「金持ちが急に貧乏人になるケース」と「貧乏人が急に
金持ちになるケース」とでは、直面するアノミーの種類が違うと考えた。
■五十年後、社会学者ロバート・K・マートンが、前者を「機会のアノミー」、後者を「目
標のアノミー」と名づけた。機会のアノミーは「手段のアノミー」とも言うが、金持ちが
急に貧乏人になると、今まであった機会(手段)が失われ、追い込まれることに相当する。
■目標のアノミーは「目的のアノミー」とも言うが、こういうことだ。貧乏人はいつも金
持ちになりたいと思い、何か問題があると自分が貧乏だからだと考える癖がある。それが
急に金持ちになると、目標が失われ、問題の帰属先も失われて、追い込まれてしまう──。
■一般に、「物の豊かさ」が達成され、何が幸いなのかが各人で分岐する「近代成熟期」
が到来すると、自分の不幸は貧乏のせいだといった「機会のアノミー」よりも、何をして
いいのか分からない、生きる意味が分からないといった「目標のアノミー」が重大になる。
■「機会のアノミー」が優越する場合には、自分から機会を剥奪しているものを攻撃する
という具合に「外への志向」が際立ち、「目標のアノミー」が優越する場合には、生きる
意味や実感が沸かない自分を責めるという具合に「内への志向」が際立つことになる。

その上に>厳しい躾(ドメスティックバイオレンス)。
http://onko.ncf.or.jp/mori/ryoyuki/situke/situke.html
スーパーフリーの和田さんもかなり厳しい躾をそれて育ったみたいですね。
http://www.geocities.com/waseda32154/18.html
タックマンもやっぱりそう。
http://210.173.172.17/news/selection/archive/200206/27/20020627k0000e040064000c.html
こんな感じで倫理観は育たないし道徳意識も根付か無い状況が現代です。

304 :日出づる処の名無し:04/01/15 05:19 ID:lUHDDbLt
現代の学校とは富国強兵の為の機能集団であり第二時産業に対しては
かなり有効なシステムであり豊かな生活という国民的目標があったから
人々にとって幸福とは何かと言う事が一元化できた訳で
そういう背景があったからこそ学校を共同体化できた訳ではないでしょうか?
70年代に中盤に入るとその目標が達成されて個人個人が自分にとって幸福とは何か?
と考えなければならなくなるはずだったのだが家庭と地域と学校とが力を合わせると言う
学びの共同体が成立してしまい社会全体の価値観が一元化させてしまい誤魔化されてしまう。
この時期、第二時ベビーブームの世代が思春期に差し掛かり受験戦争も激化する。
この当たりからツーリングチームが狂暴化して珍走団になり全盛期を迎え校内暴力が問題になってきている。
社会(学校)が受験戦争に勝利した人間以外の実存的尊厳を認めようとしないで疎外するから
当然の結果とも言える。
価値観の多様化から教師からは子供が理解出来なくなる訳だがここで学校を只の機能集団として
理解し合えない者達が共生出来る環境を作れば良かったのだが
一人の教師が理解出来る人間なんて5人位が限度なのに生徒の心を理解できれば子供達を
無害な存在として一元化できるといった風潮が広まり(金八先生w)
いまだに学校を共同体として捉えている所に問題がある。

305 :日出づる処の名無し:04/01/15 05:20 ID:+OFbTpjV
戦後教育は自由偏重というよりも、完全な「自由のはきちがえ」

306 :日出づる処の名無し:04/01/15 12:32 ID:lrcsvCY4
>299

おまえはタダの馬鹿だ。

>あくまでも、「自律」の方向で躾は行われるべきだ。
>「悪いことをするのは、恥だ」と感じるようにな。

恥は人目があるから恥。

自律って自律の行動原理を何に求める?
神か?神が全てお見通しだからか?

ほめられる行動は誰が決めた?

社会が長年かけて作り上げたルールにそってしかあり得ない。
暗黙のルール   =マナー・道徳、慣習法。
成文化されたルール=成文法。

宗教的権威が地に落ちた以上、多くの人が賛成するルール、みんなが迷惑を
許さない、みんながそうあるべきと考えるということにしか権威はない。



307 :abc:04/01/15 12:52 ID:Ou924Jb1
人の迷惑になる事はしない ⇔ 迷惑と思うことはされたくない
人の嫌がることはしない   ⇔ 嫌なことはされたくない

とこういったことから徐々に道徳という者は教え込んでいけばよい。
そしてその指導の参考になるのが教育勅語などの古書なのです。




308 :日出づる処の名無し:04/01/15 13:27 ID:fvRN5at1
それは301と304に論破されている。
躾とは親と子供の自由意思のせめぎ合いである。

309 :       :04/01/15 16:41 ID:X7UlfOcF
至誠にもとるなかりしか。       
言行に恥ずるなかりしか。       
気力に欠くるなかりしか。       
努力に憾みなかりしか。        
不精にわたるなかりしか。       

310 :abc:04/01/15 16:42 ID:Ou924Jb1
>>308 それは>>301>>304に論破されている。
     躾とは親と子供の自由意思のせめぎ合いである。

>>307に対するレスと思われるが話が繋がらない。

「他人からされて嫌なことは、他人も嫌だからしないようにしよう」
は普遍の真理と思うが果たしてどう論破されているのだろう。


311 :abc:04/01/15 16:44 ID:Ou924Jb1
>>309 …なかりしか。

背筋がピーンとはりますな。



312 :日出づる処の名無し:04/01/15 17:57 ID:lrcsvCY4
>311

三味線猫みたくすり込みされてるのか?

313 :日出づる処の名無し:04/01/15 20:02 ID:VPqeGssP
>>306
>おまえはタダの馬鹿だ。

おまいさんは目障り君か?
教育を語る際に、煽るのはやめれ。

それと、>>298でも言ったが、俺が反論したのは、

>>283
>長い時間を掛けてみんなが決めたルールだ。
>守らないと、社会的、法律的に罰せられる と
>はっきり教えるべき。お題目では意味がない。

にある「社会的、法律的に罰せられる」という箇所だからな。
話を逸らさないように。

要は、自分の中で「規範」を刷り込むってことよ。
それが「自律」。
他が罰するのを憚るのではないってこと。

たとえ、誰もいなくて罪に問われる可能性がゼロの場合でも、
悪いことはしては駄目なんだと教えねばならない。

それには、やっぱり「お題目」しか無いんだよ。小さい子にはな。

そこの所意外は、俺とおまいさんの見解は同じだ。

314 :日出づる処の名無し:04/01/15 20:11 ID:fvRN5at1
ちなみに↑の言っている事は倫理である。
お題目を守れというのは道徳。

315 :日出づる処の名無し:04/01/15 20:14 ID:VPqeGssP
>>314
峻別してみw

キチッとやれれば、博士号が取れるが。

316 :日出づる処の名無し:04/01/15 21:04 ID:lrcsvCY4
>悪いことはしては駄目なんだと教えねばならない。

何故いけないのか?

にどう答えるわけ?

刷り込まれるのも、親にしかられるから。

他律にすぎん。

317 :日出づる処の名無し:04/01/15 21:06 ID:lrcsvCY4
お題目覚えても

関係ないじゃん。  と思えば何の意味もなし。

318 :日出づる処の名無し:04/01/15 21:16 ID:VPqeGssP
>>316
>何故いけないのか?
>にどう答えるわけ?

んー。

「そういうことばっかりしてると、いけない子になるぞ!」

大抵、これで済むんだよな。
恐い顔をして、真剣に怒鳴れば。

思うんだが、後は日頃の接し方なんじゃないか?

テレビや絵本を一緒に見てる時、
努力して頑張っている登場人物がいれば、「この人は偉いね〜」とか言ってると、
「すごいねぇ」とか言って、子供は目を輝かせる。
悪いことばっかりしている登場人物がいれば、「これは悪い奴だね〜」とか騒ぐと、
子供は子供で、いっちょまえにしかめっ面をして見入ってる。
まぁ、話術的なものもあるんだろうけどな。

俺は「他律」の一歩先を子どもに教えたいね。
何かの罰を恐れるのではなくて、
自分で「悪いことは嫌だ!」と思えるような人間になってほしい。

319 :日出づる処の名無し:04/01/15 21:32 ID:lrcsvCY4
>恐い顔をして、真剣に怒鳴れば。

親が裁いている(社会的に裁かれている)じゃん。

320 :日出づる処の名無し:04/01/15 21:53 ID:VPqeGssP
>>319
>親が裁いている(社会的に裁かれている)じゃん。

うん、そうだな。
だから、>>313で言っただろw

>そこの所意外は、俺とおまいさんの見解は同じだ。

「そこの所」ってのは、「社会的・法律的な罰を前面に出す」ということ。

確かに、俺が恐い顔をして真剣に怒鳴るという行為には、「社会的・法律的な罰」
という意味合いも含まれるかもしれん。いや、含むだろう。

だが、その他にも、「悪いことをしてしまった。パパに申し訳ない」という
慙愧の念(恥の感情)もある・・・と信じたいねw

小さな子供だって、なかなか複雑な感情を抱くものだぞ。

そう簡単にひとくくりにしてしまってはいかん。

321 :日出づる処の名無し:04/01/15 21:54 ID:PlYfAAKR
>>319 親が裁いている(社会的に裁かれている)じゃん。 
もしかして 他人が指導する=「他律だからダメ」と思ってないか?
思考能力がない幼い頃から自分自身だけの考えで決めるなんて無理。

>>318の言いたいことは、「自分は罪を犯したいけど法律があるからやらない」ではなく、
さっきの例のように小さい頃から躾けたりして刷り込んでいくうちに、
「自分は悪いことは嫌だからやらない」と思えるようになるのが理想だろ。

322 :日出づる処の名無し:04/01/15 22:20 ID:VPqeGssP
>>321
援護射撃どうもw

でも、目障り君(ID:lrcsvCY4)は「他律支持派」だから、
前半はちょっと違うと思う。

でも、後半はイイね。

>小さい頃から躾けたりして刷り込んでいくうちに、
>「自分は悪いことは嫌だからやらない」と思えるようになるのが理想だろ。

うんうん。正にその通りだと思う。

323 :日出づる処の名無し:04/01/15 23:11 ID:ldoRVMrg
>>322
うろ覚えだが、道徳のカリキュラムは
1.善悪の認識
2.悪いことをしてはいけないという概念を身につけさせる
3.なぜ悪いことをしていけないのかを考えさせる
 他人への共感性の育成
 世間が様々な規律で運営されている事を認識させる
4.自律心を身につけさせる
の順で行われるはずだったと思う(細部や順序の違いがあるかも知れんので勘弁な)
最初は他律からスタートするが、その後段階を踏んで
規則を破られて困る他者の立場になって考えてみたり(共感性の育成)
電車やバスが時間通りに動かなかったらどうだろうか?等を考えさせて(社会における規律の重要性の認知)、
最終的に自分で自分を律する事が出来る人間に仕立て上げる訳です。
最初は他人からの一方的に善悪について手取り足取り教えられる
次に自分と他人と間での関係性の中で善悪を考え、その中での縛りを認識する。
最終的に自分一人でも善悪について考え、自分を律する力を持つ
という過程を踏む訳ですな。
最初が他律だからといって、そのまんまなーんも考えない人間が育つ訳でもないし、
日本の教育は、他律のみで律せられる人間の育成を目的としている訳でもない。
つーか、いきなり自律から出発する道徳教育ってあるのかね?自我とやらも怪しいガキ相手に?
自分というものの認識と、それを取り巻く世界と他の人間との関係・・・
こういうのを並行に、時には行きつ戻りつ行っていくのが教育ってやつじゃないかね?
「所詮は他人から強制された決まりだから、土壇場になれば守らない」
この手の戯言ってのは、てめえが世間から逸脱している事の責任を
自分で取らずに世間に責任を押し付けようと考えているアマちゃんがよく言うんだよな。
なんつうの?1970年代の高校生みてえな感じがする。
まあ、若い頃は皆そうなんですがね。ただ、16過ぎてもそうだとちょっとヤバイかな?
まあこのスレの一部を除いて皆よくわかってそうだが・・

324 :日出づる処の名無し:04/01/15 23:19 ID:fuEkSHIH

右翼団体構成員、今日も右翼宣伝でラリってるなぁ(ワラ


325 :日出づる処の名無し:04/01/15 23:25 ID:NzNGZn1a
http://www.seinensya.org/series/kingen/main.html

歴史観は思想を決定する。
戦後教育はわが国の全ての国民的誇りや伝統を否定するところから始まった。
  敗戦という、どこの国でも経験した歴史を持たなかったが故に、敗戦という現実に直面した途端、
愛国心という基本的立場さえ否定する国民になってしまった。
このことは戦勝国の意図に基づいた国民教育がものの見事に成功した結果によるものだ。
私たちは今歴史の検証を行い、歴史の真実を明らかにしていかなければならない

326 :日出づる処の名無し:04/01/15 23:25 ID:lrcsvCY4
自律出来る人間は少ない。
水は低きに流れる。残念ながら。
ガキにしてみれば、大人が守っていないマナーを何で守らないとイカンのか?
ということである。

社会全体がマナーを守るという「空気」がないとダメダメ。
吸い殻が捨てて有れば、他人も捨てる。
国会議員が不正をしてものらりくらりして居直っていれば
そんなもんだとおもう。
マナー違反をしても他人にとがめられなければやっていいと思ってしまう。

指導的立場の人間ほどマナーが重要だが、実際は違う。

327 :日出づる処の名無し:04/01/15 23:32 ID:lrcsvCY4
俺は10月に腹膜炎で1ヶ月半外科病棟に入院した。
廻りはオーバー70才のジジイばかり(癌とかの)

はっきり言って、マナーはなっていない。
看護士、若手の医師に対する態度がなっていない。
イヤホン必須の病室で、でかい音でTVを見る。
見舞客とでかい声で放談する。しかも長時間。
内容は親戚の老人の体調と、若い頃の武勇談(赤線で性病貰ったとか)

おれはクレームをつけまくった(w
いい加減にしろと(口調は丁寧に)

328 :日出づる処の名無し:04/01/15 23:49 ID:ldoRVMrg
>>326-327
を見て、真に結構だと思う。
社会の規範となるべき人間のマナーがなっとらんでどうする!
年寄りは労わるべきといえども、注意をするのは当然だ。
しかも、紳士的な口調でそれを行う。
文句のつけようもない。
ただ、283から見ていて思うのだが・・・・
結局何が言いたいのだ?
327のような行為を実践できているのならそれでいいではないか?

329 :日出づる処の名無し:04/01/15 23:49 ID:VPqeGssP
>>323
>日本の教育は、他律のみで律せられる人間の育成を目的としている訳でもない。
>つーか、いきなり自律から出発する道徳教育ってあるのかね?自我とやらも怪しいガキ相手に?

どうやら、おまいさんは、学校の道徳教育と親が行う教育(躾とも言う)をごっちゃにしてるね。
俺が言ってるのは徹頭徹尾、親が行う教育だからな。

最近は「恥を知りなさい」という叱り言葉が無くなり、「おまわりさんに捕まってしまうよ」
という系統が主流らしいのは確かだがね。
俺はそういうのは嫌いだね。理由は前述の通り。

それに、「自我とやらも怪しいガキ」と決め付けてしまうのはイカン。
子供によって個人差はあるが、3〜4歳くらいの子供には自我の区別があると思う。
5〜6歳より上は、もう完全に自我を持つな。これは断定できる。

>自分というものの認識と、それを取り巻く世界と他の人間との関係・・・
>こういうのを並行に、時には行きつ戻りつ行っていくのが教育ってやつじゃないかね?

躾に失敗した子供のための「道徳教育」を滔々と語られてもなw
俺は、現行の学校の「道徳教育」はそういうもんだと思ってる。

本来は、親がきっちりと「自律」のための規範を子供に刷り込むべき。

>この手の戯言ってのは、てめえが世間から逸脱している事の責任を
>自分で取らずに世間に責任を押し付けようと考えているアマちゃんがよく言うんだよな。
>なんつうの?1970年代の高校生みてえな感じがする。

教育を語る人間が、つまらんレッテル貼りをするのはやめなさい。

やりたけりゃ、他スレでやんな。

330 :日出づる処の名無し:04/01/15 23:52 ID:VPqeGssP
>>326-327
俺も全く同意。

良いことを言っていると思う。


331 :日出づる処の名無し:04/01/16 00:08 ID:/g69diuf
>>326-327
こういう日本人のモラル崩壊(チョン・チャン化)、スラムDQN化がやめさせられた状態の日本
(´Å`) 〜 ドンキとか24時間スーパーとかを全部、禁止にすべきだ
ものすごい夜中でもDQNママがジャンボカットの幼児を連れまわしておりますな
ドンキホーテとか深夜営業のスーパー・店舗も禁止してください
夜中の11時過ぎとかに未就学の子供連れてくんなボケ

以前、パチンコ屋行って驚いた
夜中だというのにプレイルームに子供が一杯。
通路を子供が走ってるし。
駐車場にも子供が1人でうろうろ。
警察に連れて行こうかと思ったよ。

あと飲み屋に子供つれて来て
朝まで飲んでる母親は気でも狂ってるのか?
親同伴でも禁止にしてください。

ゲーセンとかパチ屋とか深夜でもたくさん子供いるし。親が遊んでるせいで。
見てて子供が気の毒でしょうがない。是非DQNな親も取り締まり対象に。
居酒屋は迷惑すぎるよね。親の酒が進み話しが盛り上がって
腹膨れたガキが堀こたつの中入ったり出たり、しまいには
廊下走り回ってガシャンとやるしまつ。もう死ねとか思うよ。
家族連れで入れるのをウリにしているファミリー居酒屋というのもあるのだが・・・
こんな狂った店舗はいらね




332 :日出づる処の名無し:04/01/16 00:20 ID:37FonqPa
>>331
まったくトンデモネェ世の中だ。

呑まずにはおれん!。・゚・(ノД`)つt[]・゚・。

この国はどうなっちまうんだろうな。

>>318>>320にあるような、あったかい家庭を俺も持ちてぇ!!(関係ないか)

333 :日出づる処の名無し:04/01/16 00:27 ID:/g69diuf
>>332
10年以上、東京都心部にすんでますがここ5年くらいで一気に上野駅-御徒町駅-湯島駅
で囲まれる 一帯が汚くなったように感じます。まさに、ばい菌のように周囲を汚染する
チョソが経営するお店が入っているビルの前が汚すぎます。
奴ら整理整頓、ゴミ捨てが出来ない。
ゴミ捨てをきちんとしようとしないし、一度お店から出してしまったゴミで
あれば、自分のゴミであろうと 全く気にかけない。
ゴミ袋が破れて中のゴミが路上に散乱したとしても触れようともしない。
だから上野公園にいるカラスがその散乱したゴミ目当てに飛んでくる。
カラスの繁殖の原因の一因になっていると思います。
あとは、御徒町駅-湯島駅間の春日通り沿いは、夜になると日本語が聞こえない。
売春婦が多すぎですよ。 生まれてからずっと住んでいる所だし、地元なので愛着あ
るし、リアル割れ窓理論で街全体が荒んで行っているようで、 とても悲しいことです。
ここ数年は街の汚さと朝鮮人・中国系の多さにひたすら圧倒され、そして幻滅。
東上野の雰囲気はもはや日本とは思えないし、小岩駅前の一角の朝鮮人街は
日本人なんて歩いていなさそうな感じだった。
それに、どうしてこんな駅前の土地に朝鮮人スラム街が出来るのか疑問
だ。 最近はもう用がなければ近寄ってないなあ。 地元の日本人はいつ
までこの状況に耐えるんだろう。


334 :日出づる処の名無し:04/01/16 00:28 ID:/g69diuf
石原閣下が新宿近辺の外人スラム一掃をはかり、治安機関の摘発から
逃れたアジア系(テレ麻)の連中が、警視庁と千葉県警、警視庁と神奈
川県警との管轄の境目である各地域に一挙に流入、治安が悪くなった。
繁華街だけならまだしも、周辺の住宅街でも問題が…。 ゴミ出しのルー
ルを守らない。 夜中に大声で騒ぐ。 挨拶をしてもシカトする。麻薬倉庫
・売春目的や「類とも」を呼ぶべく 賃貸住宅をまた貸しする。 自己主張
が強く互いに喧嘩(?)が多くて激しい。(周辺住民と警察を巻き込んで大
騒ぎになる事も…。)


335 :日出づる処の名無し:04/01/16 00:34 ID:ITEcprhM
人は生まれ落ちた時には物事の善悪を知る存在ではありません。
親や周囲との関係から覚えていくものですが、善悪という概念を理解するためには何らかの
心理的性状が必要になります。
その一つとして罪悪感というものの感覚が必要になると思われますが、この罪悪感とは
どのように会得するのでしょうか?

その事について”ジークハルト・ネッケル”という人が、恥についての本の中で”権威に対しての
恐怖心”という事を挙げていたと思います。
つまり、しては成らないことをした時にペナルティ、あるいは罰というものを受ける可能性への
恐怖が罪悪感の根元となるということです。
この権威者とは宗教の中では主に神もしくはそれに準ずるものになりますが、幼少時、家庭に於いては
親といったものになるでしょう。

336 :日出づる処の名無し:04/01/16 00:36 ID:37FonqPa
>>333
オレは売春婦なんぞ抱く気にもなれんが、
日本人じゃない女も抱く気にはなれん!!
(差別抜きで日本人以外では起たんのだ)

            _________
    ∧∧   /
   ( ゚Д゚) < 不法入国した三国人とシナーはカエレ!!
  O酉ミ つ  \_________
   O 凹 O〜

337 :日出づる処の名無し:04/01/16 00:37 ID:1BRxntbs
個人の中で善悪とは周囲や共同体の利害関係により自分が承認されるかされないか
という経験から身につくがこれはコミュニケーションを通じて
何かを達成出来ると言う感覚があるからである。
道徳的想像(倫理)とは周囲や共同体から自分がいかに承認されるかと考える事である。
子供は親に人は社会に承認してもらわなければ生きてはゆけない。
他人や共同体を害すればそれは悪とみなされその行為は承認されない。
人間は、自己の快感原則にそのまま従っていては、まわりとの絶え間ない衝突を生み出して、
自己や種族の保存どころか、自己や種族の破滅に陥る(「人間は本能が壊れている」)ため、
むしろ、それ(快感原則に従うエス)を抑圧し、環境との折り合いをつける。
例えば子供がわがままを言う時子供は親の尊厳を完全に否定し我を通そうとする。
その事に対し親は怒り子供を叱る事によって子供を承認しないと意思表示する。
この時、子供は親にワガママはいけない(道徳)と言われたから
従ったのでは無く親とせめぎ合い試行錯誤する中で親に承認してもらうための
妥協点を見つけ自発的に親の尊厳を尊重した(倫理)だけである。
この場合「わがままは良く無い」と言う点で倫理観も道徳感も同じである
こう言った点で倫理と道徳は明確に区別されない。
この様な経験を積み重ねる事によって「これを守れば親や社会から承認されるという共同幻想(道徳)」
を守り社会から自分を承認してもらおうという意志がうまれる。
つまり倫理なくして道徳は産まれないということです。

338 :日出づる処の名無し:04/01/16 00:41 ID:37FonqPa
   , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
  / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ      ふざけるなっ・・・! 
. / //     / !' v/ / ,    :::\ \ 、リ l
,'/ / .,イ ,  / l _,/ /!./ /     ::::\.ヽ._ノ       芋焼酎を飲んだ次の朝は・・・・
.  ! / l ,イ ./、.U \/ l∠.=;-‐   v u:::::\'、         
  |/ |/ W  `''‐、,, '~U~ 〜′    :::::::|ヽ.   ト.     ションベンまで芋臭いっ・・・・・・!
           /      u ノ> uj ::::| ヽ   | i    
.           / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !    くっ・・・・!  
            /   イ   / v   u:::|;;   !   | !   
.        / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. ! 
          ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |


339 :日出づる処の名無し:04/01/16 00:41 ID:348ZFjiV
罪を定める神、それを赦す神 我々が生きる日本の社会には、元来一神教的な神は存在しなかった。
だから神によって定められた「罪」への意識も希薄である。
また、誰に指摘されようが「私はこれを信じるのだ」と言い続けられるような内的な堅信も従来では存在し難かった。
日本の社会は一神教的な神が存在した伝統が無いが故に、宗教的倫理観が欠如した社会である。
この日本の社会が倫理の代わりに持っていたのは、自分の所属する集団のメンバーによって良きことこそ良きことである、
という内部への視線によって規定されてきた、善悪の判断のものさしである。
いわばそれは、所属集団の視線によって自らを持する「外的な確かさ」、即ち道徳であった。
所属社会の中にあっての「良心」といった抽象的な概念は、
神のまなざしといったような固定的なものさしに基づく「倫理」と、
集団に所属するメンバーの視線によって判断される「道徳」という排他的な二つに分類できる。
しかし、かつての日本のように、その所属する集団にほとんど流動性が見られないような場合には、
この所属集団のメンバーの視線によるものさしもある程度固定されたものであったが、
近代に至って各地の流動性が高まり、また、都市化した社会に見られる各所属集団のディスコミュニケーションは、
従来存在したはずの集団のメンバーによる視線を脆弱なものとした。
それを補うのが天皇を主体とした万民一君や天皇の赤子といった思想であるがこれは今では復活不可能。
かくして神無き=倫理無き社会において、道徳の母体である村落社会が消失した時に残ったのは、
何が良心のものさしとなるのかという、大きな問題である。

その他の倫理と道徳の違い
http://www.numse.nagoya-u.ac.jp/F1/proftakeda/05/engethics02.htm

340 :323:04/01/16 01:41 ID:ia1GMLKa
>>329
学校の道徳教育と家庭の躾。どちらにポイントをおくか?で誤解があったと思う。
(スレタイトルを見て判断したので)
あと、レッテル張りのような文章もよろしくなかった。申し訳ない。
ただ、基本的に322の内容には同意なんですが・・・。
なんだろうなあ?
自我はどうやって目覚めるのか?自我と道徳、自律するという事。
ここら辺の見解に相違があるのか?
オレは「人間」は「教育」(もちろん躾も含む)によって造られると思っている。
最初に自分なんてものはなく、外部からの刺激で刺激を受けている「自分」をおぼろげに認識し、
そこから「他者」を認識し、その関係の中で「自分」を深めていく・・・。
(その課程を表そうとして、並行という言葉を用いたつもりです。)
そういった中で「自我」と呼べるものが形成されていくのではないか?
そしてその善悪を認識するための重要な部位を占める外部からの刺激が「教育」だと思っている。

・・・しかしこれは「鶏と卵」の問題なのかなあ?
「自分」があるから他律によってしばられるのか?
「他者」によって「自分」が造られる起点が出来るのか?
最初から「自分」を持っている人間とそうでない人間の2種類がいるのか?

ただ、起点はどうアレ、「自律」「他律」は相互に補完しあって互いを構築していく
モノだと思っているのだが・・・。
まあ、こんな見解で322の文脈に同意したつもりだったのだが・・・。
なんか、舌足らず(文字足らず)な文章で申し訳ない。
まあ、この議論に敵も味方もないのだけど。変な誤解は嫌だったモンで。

341 :日出づる処の名無し:04/01/16 02:04 ID:xmpiuKCn
右翼団体の青年組織が組織的な書き込みを行っていることはひろゆきも認めている。
過去、某女子大サイトにリンクした左翼叩きスレッドを2ch中に乱立させたのは
生長の家信者であることが、宗教板の生長の家スレの過去ログで確認されている。
韓国叩きスレでしばしば引用される。
日韓併合と植民地支配を近代化論の立場から正当化するサイトの歴史観が、
生長の家の主張する歴史観ときわめて似ているという識者の指摘がある。
また、日韓併合と植民地支配を近代化論の立場から正当化するサイトの多くが、
韓国以上に日本国内の「反日左翼」に対する病的な敵視を特徴としている。
韓国とは対照的に、彼らが礼賛する台湾に対する認識が、生長の家の熱心な信者
である蔡焜燦の「台湾人と日本精神」、蔡がすべてを手引きして小林よしのり
に書かせたといわれる「台湾論」の、誤った記述に依拠している。
社民叩き、朝日叩き、中国韓国叩き、日教組叩き、市民団体叩き、
大東亜戦争肯定、靖国公式参拝推進、石原慎太郎待望論、台湾礼賛を目的とする
それぞれのスレで、上記の認識が通奏低音として存在する。
いわゆる、2chの神道系による政治的「板」買い取り不明事件である。
 昨年、「歴史教科書の採択が日教組に妨害された証拠」とする内容のスレ
が乱立したが、日本青年協議会(生長の家系右翼団体)サイトの、
表からリンクされていない画像ページを引用していた。

342 :327:04/01/16 09:48 ID:Xqm2Zdbv
もはや日本人だから、日本人同士だからモラルを共有出来るという時代ではなくなった。
価値観が多様化している。

残念だが、法律によりびしばし取り締まるしか方法はない。
学校教育でも、法律教育をすべき。日本はたくさんの権利を保障しているが
公共の福祉による制限、権利の濫用は許されないことを徹底すべき。

私がなぜ入院時の体験を書いたか・・・・オーバー70才は、幼児教育時(国民学校)
で教育勅語を暗唱させられていた世代だ。
その世代でも、天皇の権威が地に落ちた瞬間からかな?もはや勅語の効力は薄れて
自律出来ない行動をとっている。廻りに流されていっている。所詮は「空気」に
支配されていただけなのだ。

勅語など、奉読させても無駄だよ。


343 :327:04/01/16 09:56 ID:Xqm2Zdbv
今にして思えばジベタリアンもそうだ。
最初はごく一部だった。今は駅の階段だろうが平気で座って通行のじゃま
をしている。芽のうちに摘んでおくべきだった。今では込んでいる電車の中で
床に座っている奴までいる。

もはや迷惑条例・軽犯罪法で取り締まるしかない。

みんなやっている、何年も前から・・・おまえに関係ない・・・法律で禁止
してるのかよ・・・

これらにどう対抗するのだ? 先輩学生がやっていれば、後輩もやる。
DQN行動をする奴は既に成人に達している。成人式の混乱を見よ。
まず、成人から何とかしないと、このDQNどもがガキ生むんだぞ。


344 :327:04/01/16 10:16 ID:Xqm2Zdbv
ではなぜ法律は守らなければいけないか?

長い時間かけてみんなが決めたルールである。
なぜそういうルールと決めたのかというと

そのルールをみんなが守らないと、とてつもなく不公平で暮らしにくい
世の中になるからである。だから守らないと様々な罰がある。
良い行いには名誉がある。

今は子供だが、きちんと教育を受け、成人したら、そのルールを作ったり
廃止したりする人間に貴方がなるんですよ・・・と教えるべきなのだ。





345 :327:04/01/16 10:22 ID:Xqm2Zdbv
現在の日本で成人の行動を拘束出来るのは法律のみ。(憲法の制限はあるが)

成人と子供でダブルスタンダードにしても意味がない。
社会人になって社会に出て、社会がむちゃくちゃだったら、むちゃくちゃになるだけ。
どうしたって水は低きに流れるし、先輩からそうしろといわれれば断れない。


346 :日出づる処の名無し:04/01/16 12:24 ID:Y2L9EQRn
言葉で教えてもルールに対する信用がなければ誰も従わない。
きっとみんなうまくやっているはずだと抜け駆けする奴が
続出しているのが現状。
>>337 を読め。

347 :日出づる処の名無し:04/01/16 12:52 ID:Xqm2Zdbv
だから厳罰化するしかないんだよ。
微罪をびしばし取り締まる。

信賞必罰を実現しなければイカン。

おもえば宗教的道徳ですら、神と戒律を守る契約である。
戒律を破れば、神の国に入れない・・・神に裁かれる・・・
これが道徳を守る動機なのだ。
まあ神故に、人間が察知出来なかった悪事も、サクッとまるっと
全てお見通しだあ!と思うところに差があるのだろうが。

神道で悪事はさばかれるか? うんにゃ、うやむやにして滝にうたれて
禊ぎが済みましたぁ といって終わりである。
天照大神が罰を当てたと言う話は聞かない。
罰をあてるのは、土俗的な八百万の神であって、しかも天皇の命令を
受けていない。若しくは、仏教的な罰、因果応報であろう。子供を脅すのに
閻魔様・・・大人になれば「はあ、ガキじゃ有るまいし」で終わり。

348 :日出づる処の名無し:04/01/16 13:06 ID:Xqm2Zdbv
石原慎太郎・・・気にくわないことも多いが

治安維持に関する姿勢は支持せざるを得ない。
拘置所も建設中(収容能力アップ)

あと、これは国だが、司法改革による法曹人口の増員。陪審員制。
それと各地の自治体で警察官の増員。

DQNどものおかげで高コストになってしまった。しかし仕方がない。
マナー道徳とかいって低コスト且つ効き目のないものに期待している内に
どんどん状況は悪化する。


349 :日出づる処の名無し:04/01/16 13:12 ID:Xqm2Zdbv
陪審員制・・・クリアすべき課題が多いが、実現せざるを得ない。

陪審員制を通じ、国民の法意識を向上させなければ、この国に未来はない。
陪審員制が実施されれば、教育の中で法律教育を盛り込まざるを得ない。
(なんせ、無作為抽出でいつ陪審員になるかわからず、しかも拒否出来ないからね)



350 :日出づる処の名無し:04/01/17 06:16 ID:iEZcXHG/
>>345
死刑も犯罪抑止力にはならないが。
何故ルールに信用がないかと言えばこういう現状がある。

http://www.mainichi.co.jp/eye/taidan/ishihara-chikushi/10.html
違ったベクトルでみると、戦後に私たちは結局大事なものを失ったゆえんのひとつは、
戦争中と同じような画一主義というのが、中央集権の官僚統制のなかで続いてきたんですね。
今日の日本の若い人たちはかわいそうだった。それは教育が悪かった。
教育は日教組じゃない。
みんな私たちの責任なんですよ。いかに画一化が徹底していまでも続くかと。
私はとにかく、海軍兵学校の予備校みたいな湘南中学へいって、
旧制から新制になって、延べ6年そこにいたの。
戦争中は、海軍の士官なんて玉砕するのが最高のなんとかっていったら先生はキュと変わっちゃって、
戦後は、とにかく東大にいって、法学部に入って大蔵省の役人になるのが最大のご奉公だと
馬鹿じゃないかと思った。

とにかくいろんなことで学校を1年さぼって休んじゃったんですよ。
私はいちばんファッションが進んでた、落ちこぼれでありますから。
結局、私は自分の子どもが学校にあがったときに、この教育はまだ変わらないけれど大丈夫か、
いつ続くんだろうかと思った。
その子ども結婚して孫ができて、その子が小学校へ入ってまだ続いてる。
そういう反省というのは全然なし。



351 :日出づる処の名無し:04/01/17 06:18 ID:Xr/fychY
>>347
>>301-304を読みなおしてからこれを読め。

村上龍の希望の国のエクソダスにも興味深い事が書いてあった。
「そのフリースクールの生徒たちと会ったとき、非常に驚いたことがあるんです。
それは彼らのボキャブラリーというか、
使う言葉の豊穣さと彼らが非常に言葉を慎重に選んで話すということなんです。
(中略、同年齢の一般の生徒たちの場合は)だっせー、とか、うざってー、とか
そういう常套句でしか連中は喋れないんです。
若者言葉がどうのというより、表象能力がない。ボキャブラリーが極度に貧困なんです。
考えてみれば当たり前ですよ。学校に行ってれば簡単なんです。
サバイバルする必要もないし、マスコミとかテレビでもてはやす若者言葉というのを喋ってさえいれば、
少なくともアイデンティティの危機はないわけです。
http://www.jpnc.com/~aplac/thisweek/essay80/thisweek021118.html


352 :日出づる処の名無し:04/01/17 07:36 ID:4cYRlle2
>350,>351

全く意味不明。なんじゃそれ。
>画一主義  じゃあ、画一化したマナーが出来るだろうが!
351に至ってはコピペしか能がない。自分の主張が全く出来ていない。

いずれにしても、

今のDQN大人にどう対応するかの視点が全くない。
子供の教育と、大人の対応のダブルスタンダードは意味がない

に対しなんの意見も述べられていない。

353 :日出づる処の名無し:04/01/17 07:53 ID:SUUCCpLC
>>348
>DQNどものおかげで高コストになってしまった。しかし仕方がない。
>マナー道徳とかいって低コスト且つ効き目のないものに期待している内に
>どんどん状況は悪化する。

 高コストとはいうが、必ずしもそうとばかりはいえないのじゃないか。

 確かに、連中にかかる費用は「高コスト」だ。泥棒や侵略者がいなくなれば、
警察や軍隊はいらなくなるし、鍵屋もいらなくなる。でも、そうしたコストを
かけることで、犯罪が減ったことでもたらされる経済的・心理的利益と
いうことを考えれば、必ずしもマイナスになるとは限らない。


354 :日出づる処の名無し:04/01/17 12:40 ID:gy+/iAd3
まとめてやる社会のルール(道徳)が価値観の流動化によって
親、教師、資本家等の権威を持った人間が作った幻想が
ほとんどであるる事が誰でも認識出来る様になると
信用がなくなり従わない者が続出する。 しかも学校という所は閉鎖的で社会との接点が無い上に
みんな仲良くしなければならないというルールがあるために
お互いがせめぎ合い試行錯誤しながら人間関係を築く事を認めていない。
だから要領の良い奴が抜け駆けしてルールを破りいじめをする上に
仕返しを認めていないために陰湿化するなど歪みが生じる。

355 :日出づる処の名無し:04/01/17 12:44 ID:gy+/iAd3
つまり個人個人が自由な試行錯誤の上に産み出したルールこそが
信用出来き秩序を産み出す。
過度に戒律的になると試行錯誤が妨げられ逆効果という事だ。

356 :日出づる処の名無し:04/01/17 14:17 ID:4cYRlle2
>つまり個人個人が自由な試行錯誤の上に産み出したルールこそが
>信用出来き秩序を産み出す。

プゲラ。

それは単なる力関係という。
社会的に統一したルールが出来ない。

357 :日出づる処の名無し:04/01/17 14:32 ID:4cYRlle2
法律でもだな

民法には、契約自由の原則 というものがある。
それは、自由で自律し、判断力も責任能力も完璧に持ち合わせている
個人を想定している。

しか〜し、実際はそうではない。力関係に大きな差がある。
契約自由の原則を徹底すればかえって平等を損ね不理尽な契約が
力関係で強引に結ばされてしまう。

そこで、民法は強行規定をも採用したし、不理尽な契約が
力関係で強引に結ばされないよう、特別法も作り、力関係の均衡を図っている。消費者契約法・PL法などね。

また、公序良俗に反する契約を無効(90条)としている。



358 :日出づる処の名無し:04/01/17 14:40 ID:4cYRlle2
社会全体が試行錯誤した結果出来たルールが法律である。
法律の影にすでに数多くの争いごとがあったのだ。

法律ならば、なぜこういうルール(法律)になったのかを説明出来る。
立法趣旨を調べ、膨大な判例を読めばよい。

その他の規範は根拠を説明出来ない。

たとえば、「神だとぉ〜信じねえ俺は!」 で終わり。

なぜ、ルールを守らなければいけないか。
これに明確に答えないと、何言ってもやっても無駄。


359 :日出づる処の名無し:04/01/17 14:42 ID:4cYRlle2
そして法律ならば、成人すれば、そのルールを作ったり替えたり出来る
可能性があるのだ。

宗教の道徳は、例え不理尽でも、替えることが出来ない。

360 :日出づる処の名無し:04/01/17 14:47 ID:4cYRlle2
厨房にも判る簡単な言葉で書いた

DQN行為禁止法 を作るのが一番早い。
罰則は罰金か数日間のボランティア参加。

361 :日出づる処の名無し:04/01/17 14:55 ID:gy+/iAd3
そしてルールを作る想像力を養うのが子供時代の人間関係のせめぎ合いと試行錯誤である。
社会は絶妙な力関係で出来ており想像力もその一部である。
ルールが確かな者で自分のためになる信用出来る物だと確認するのも
想像力である。
信用できれば誰も抜け駆けしない。

362 :日出づる処の名無し:04/01/17 15:27 ID:4cYRlle2
>361

具体性ゼロだね。

363 :日出づる処の名無し:04/01/17 17:55 ID:QurgWRIe
現代の学校とは富国強兵の為の機能集団であり第二時産業に対しては
かなり有効なシステムであり豊かな生活という国民的目標があったから
人々にとって幸福とは何かルールとは何かと言う事が一元化できた訳で
そういう背景があったからこそ学校を共同体化できた。
70年代に中盤に入るとその目標が達成されて個人個人が自分にとって幸福とは何か?
と考えなければならなくなるはずだったのだが家庭と地域と学校とが力を合わせると言う
学びの共同体が成立してしまい社会全体の価値観が一元化させてしまい誤魔化されてしまう。
この時期第二時ベビーブームの世代が思春期に差し掛かり受験戦争も激化する。
社会と学校は受験戦争に勝利した人間以外の実存的尊厳を認めようとしなくなり
勝ち組、負け組という言葉が生まれ偏差値や進学した学校で人間性まで
評価されるようになる。
負け組の落ちこぼれは自暴自棄になり社会に反発す様になりこの時期から
ツーリングチームが狂暴化し暴走族になったり校内暴力が社会問題になる。
勝ち組は社会的交流をしなくても勉強ができる程度で暫定され自尊心が肥大化してしまう。
高学歴のオウム幹部にはこの世代が多い。
価値観の多様化から教師からは子供が理解出来なくなる訳だがここで学校を只の機能集団として
理解し合えない者達が共生出来る環境を作れば良かったのだが
一人の教師が理解出来る人間なんて5人位が限度なのに生徒の心を理解できれば子供達を
無害な存在として一元化できるといった風潮が広まり(金八先生w)
いまだに学校を共同体として捉えている所に問題がある。

364 :日出づる処の名無し:04/01/17 17:59 ID:ogElaO3U
現実には子供達は無造作に教室に詰め込まれているだけで仲間では無い。
まずクラス分けを廃止し教室が共同体である様な感覚を無くすべき。
社会が複雑になれば、仲よくできる範囲には実際のところ限界がある。
それなのにクラスの皆が協調しあわなければならないと言うのが無理。
お互いがせめぎあい試行錯誤する事によって必ずしも仲よくできない人間たちと
どのように侵害し合わないで生活するかと言う事に重点を置くべきだ。
嫌いな人間同士が無理に共同性を持つ必要はない。
そんな事をするからいじめが激烈化する。

エリートの場合に限るがドイツやフランスなんかが典型的で一人の子どもが
小学校、教会、ボーイスカウト、スポーツチームと幼少期から
三つから四つの地域集団に所属し、所属集団ごとに別々の物差で
自分を多元的にポジショニングできる様にしている。
日本にはこう言った多元的に自分をポジショニングできる環境が少ない。
アメリカではチャータースクール法に従った教育改革のプログラムをかなり成功させている、
一部の人は、アメリカの凶悪犯罪がふえたふえたと金切り声を上げるが、
少年犯罪全体としていうなら半減している。
凶悪犯はふえているが、少年犯全体は割合がかなり下がっている。これは教育の成功です。
http://www.suzume.com/~yoheisan/top/acnips/cs/charterschool.htm


365 :日出づる処の名無し:04/01/17 18:05 ID:mL9zUE3g
しまった!!
厨房には理解出来ないかも知れない(w

わかりやすい話しをしよう。
人々を法律で縛って失敗した例がある。
江戸時代後期の政治家に水野忠邦(みずのただくに)という人がいて
1834年に老中となり,天保の改革を断行したが,
風俗の取りしまりや倹約のすすめなど,改革があまりにもきびしすぎたため,
人々の不満が高まり,失脚した。



366 :日出づる処の名無し:04/01/17 18:18 ID:mL9zUE3g
江戸時代における手習塾(寺子屋)や学問塾や藩校は
どの師匠を選択するかはあくまでも学ぶ側にある 。
制度としてではなく一種の人格的関係としての教える者教えられる者の関係である。
それ故手習塾における学習法は、個別の学習と指導、そして自学自習である。
また師匠は手本を示すだけで、言葉で教えるのではなく学ぶ者がそれを模倣し習熟する。
個人の試行錯誤が 学力を高める最高の糧となるのである。
つまり、教師は教育してやると言う考えを捨て
学習する事をサポートしていくのだという考えです。
実はこれは84年から89年の臨時教育委員会で決まった事で
学習する側本位で考え自主性、自発性を尊重する発想に立とうと言った結論が
どういう訳か「ゆとり教育」になってしまったのは不思議でならない。

367 :abc:04/01/17 18:44 ID:fDBE2Nb9
>>366 「ゆとり教育」になってしまったのは不思議でならない。

一つの回答が教員のサラリーマン化でしょうな。



368 :日出づる処の名無し:04/01/17 18:44 ID:oUfM+/Y+
>>359
ちなみにキリスト教にはいかなる戒律(道徳)も無いです。
福音書に何をやれこれをやれなどとは書いて無い。
キリスト教では信仰だけが絶対で戒律などの外面的行動なんか何でも良い。
イスラム教の場合コーランを第一法源、スンナを第二法源として第十法源まである。
仏教も戒律は膨大煩瑣で律蔵という経蔵・論増に匹敵する程の
巨大な文献があり戒律を専門に研究する律宗という宗派がある程です。

カルヴァン神学(つまりはプロテスタンティズム)の中心内容はいうまでもなく福音主義である。
人間の自己の自覚(人間が有限・不完全であることの自覚)も人間の救いも、
ただ神という基準によってのみ可能であり、地上の完全でも正しくもない権威、
伝統・伝承、制度(具体的には教皇)によるのではない。
なぜならあらゆる人間的なものは、どれほど正しく善に見えても不完全、
有限、さらには無価値であるからである。このように人間を、
個において、一人一人において、その存在の根底からあくまで徹底的に理性的に追求するという態度は、
人間を「人の間」とする東洋の関係主義の伝統とは大きく異なり、
この精神こそが西欧近代をはぐくむことになったのはいうまでもない。

369 :日出づる処の名無し:04/01/17 18:47 ID:yokmQ8WW
>>367
> 一つの回答が教員のサラリーマン化でしょうな。

サラリーマンは仕事の成果を上司から評価されるからまだマシ。
教員は授業の成果を評価されない。

370 :日出づる処の名無し:04/01/17 19:32 ID:4cYRlle2
>風俗の取りしまりや倹約のすすめなど,改革があまりにもきびしすぎたため,
>人々の不満が高まり,失脚した。

その法度は誰が作った?

議会で国民の代表が作ったのか?
顔洗って出直しだな。


371 :船虫MkV ◆FYsq5MSqX6 :04/01/17 19:35 ID:1KL0Vu93
あほらしい

372 :日出づる処の名無し:04/01/17 19:42 ID:4cYRlle2
十戒をご存知だろうか?モーゼの十戒として有名な、十個の戒めである。
ちなみに十戒とはこんな内容である。

・全ての隣人のものを貪ってはならぬ
・隣人について偽証してはならぬ
・盗んではならぬ
・姦淫してはならぬ
・人を殺してはならぬ
・汝の父と母を敬え
・安息日を覚えてこれを聖とせよ
・汝の神の名をみだりに唱えてはならぬ
・自分の為に偶像を作ってはならぬ
・私の他何者をも神としてはならぬ


キリスト教 Q&A
[2] 諸問答
日本福音ルーテル知多教会


(Q)キリスト教の戒律を教えてください。
(A)
 映画でも有名なモーセの「十戒」。キリストもそれを聖なる教えとして尊ばれ、その内容を、「唯一まことの
神のみを神とし、愛し、仕えよ」、また「自分だけではなく、隣人を愛せよ」、の二つに集約なさいました。
しかしその内容は、キリスト教徒でなくとも、すべての人が守るよう、命ぜられていることではないでしょうか。
 ですから私たちは、何か妙な特別な戒律に凝り固まるのではなく、ごく普通の人間でありながら、しかし神の
前に恥じることのない歩みを求めて、隣人の幸せのため、霊的精神的また具体的な生活面で、困難や悪を打破し、
向上を目指すのが大切なことではないかと思います。
 そのために、私たちは、神の言葉に耳を傾けるよう、神によって招かれ、また毎週集うのです。ですから
私たちにとっては、集会自体さえ一番の目的にはならないのです。もしそうなら、セクト集団と変わらなく
なります。歴史の中では残念なこともありましたが、注意が必要です。


373 :日出づる処の名無し:04/01/17 19:45 ID:4cYRlle2
>371はくだらない人間だな

374 :abc:04/01/17 23:36 ID:fDBE2Nb9
>>369 教員は授業の成果を評価されない。

昔の教員は一国一城の主でした。だから日教組の影響など受けない
独立独歩の先生が結構居たのです。今は金魚運込みたく自分の頭で考えない
給料を貰うためだけの教師が多いと言うことを言いたかった野です。

どう子供に接しようか。あの子にはどういう手順で分からせようか。
こんなことは昇級の足しにならないから一切しない。


375 :abc:04/01/17 23:44 ID:fDBE2Nb9
>>374 訂正 ついでに補遺

金魚運込みたく  ×
金魚うんこみたく  ○


正月に大阪の数学の教師が高校入試の数学の試験で30点しかとれない
と言う話をしていたら義理の妹が同勤の先生で登校して出勤簿に印鑑押したら
通勤してきたマイカーに引きこもり授業をしない先生が居て首にも成らず給料
もらっているのがいると言う話を聞いて上には上が居るもんだと吃驚したぞ。



376 :日出づる処の名無し:04/01/18 01:08 ID:pTb19yf8
>>372
モーゼの十戒はユダヤ教だバーカ

キリスト教徒にとっての「旧約(ユダヤ教の聖書)」とはモーゼの十戒のように
最低限人間として守らなければならない、神との約束ごと(契約)で戒律ではない。
しかも隣人愛(カリタス)の意味も間違っている。
「この世の全ては神がそのように与えたのだから神がそれらを愛するように愛せ」という事で
神の正義の要求にもとずく隣人愛であって、自然的隣人愛や単なる人間愛であるエロスとは区別される。
つまり「自分だけではなく、隣人を愛せよ」ではなく親や親しい人を愛する事をエゴとして退け
感情移入出来ない敵など自分に石を投げるものこそ愛せよと言う意味。
日本のキリスト教徒なんてこの程度。

377 :日出づる処の名無し:04/01/18 01:11 ID:ix+6FtR3
>>358
> 社会全体が試行錯誤した結果出来たルールが法律である。
> 法律の影にすでに数多くの争いごとがあったのだ。
>
> 法律ならば、なぜこういうルール(法律)になったのかを説明出来る。
> 立法趣旨を調べ、膨大な判例を読めばよい。

DQN行為禁止法が無いのも社会全体が試行錯誤した結果だ。

>>370
お前の考えた法律が実現するという考えもアホらしいよ。


378 :日出づる処の名無し:04/01/18 11:38 ID:z7I4GTVS
>お前の考えた法律が実現するという考えもアホらしいよ。

プゲラ

軽犯罪法、迷惑防止条例等寄せ集めれば実質DQN防止法になるんだよ。
タバコのポイ捨てどころか、戸外で喫煙禁止にした東京の区があったな。
もっともっと強化して、
ひとまとめにして、法令集にすればよい。


379 :日出づる処の名無し:04/01/18 12:14 ID:z7I4GTVS
という戒律なのね。

>しかも隣人愛(カリタス)の意味も間違っている。
>「この世の全ては神がそのように与えたのだから神がそれらを愛するように愛せ」という事で
>神の正義の要求にもとずく隣人愛であって


>ちなみにキリスト教にはいかなる戒律(道徳)も無いです。
>福音書に何をやれこれをやれなどとは書いて無い。
>キリスト教では信仰だけが絶対で戒律などの外面的行動なんか何でも良い。

「信仰だけが絶対」という戒律なのね。

380 :日出づる処の名無し:04/01/18 12:16 ID:z7I4GTVS
>神の正義の要求

具体的にはどういうこと?

381 :日出づる処の名無し:04/01/18 12:44 ID:ETtmjTpe
十戒は聖書の教え、神の法。
聖書を最高権威とするキリスト教徒が守るべき法である。
旧約はユダヤ教だから云々・・・なんて話しにはならない。

382 :日出づる処の名無し:04/01/18 12:50 ID:ETtmjTpe
十戒を守る必要はないなどとは聖書のどこにも書いていない。
十戒を無視することを奨励するのは左端に由来する。
共産主義体制国家が100年ともたないのは十戒と180度逆をやるからだ。
いま朝鮮半島が身をもって示している。

383 :日出づる処の名無し:04/01/18 16:15 ID:z7I4GTVS
ついに航空機内でのDQN行為を罰する法律が出来た。
まず機長がDQN行為をやめろと言う命令書を出し、それでも聞かなければ
警察に突き出せる。最高50万円の罰金。

機内で、携帯をやめないとか、座席を戻さないとか、トイレでタバコ吸うとかで
だよ。
ついにきたか・・・・・だが、ここまでしなければもはやマナーは守れないんだよ。
ガキに教育勅語なんか奉読させても無駄無駄。

384 :日出づる処の名無し:04/01/18 16:19 ID:QZ8WO2W3
>>383
だから義務教育の頃からマナーやモラルについて
厳しく躾けようと言ってるんでしょ。

385 :日出づる処の名無し:04/01/18 16:19 ID:z7I4GTVS
かつて田中角栄の第一秘書をやってたヤシが数年前、機内で座席を戻さず
そのせいで飛行機が離陸出来ず数時間遅れたことがあったな。

そう、H坂某だったと思う。今いくつかな。
まずはお偉いさん(指導的立場の大人)をなんとかしなければ

386 :日出づる処の名無し:04/01/18 16:21 ID:z7I4GTVS
>だから義務教育の頃からマナーやモラルについて
>厳しく躾けようと言ってるんでしょ。

親がそもそもDQNなんだぞ。学校でやっても家でカンケーねー
って教育されちまうわさ。


387 :日出づる処の名無し:04/01/18 16:34 ID:2ddCbLJd
>>379-381
キリスト教徒にとって絶対なのは『新約聖書』

ユダヤ教では戒律を守った人間が者達が救われます。
しかし食うや食わずでその日暮らしをする人間に戒律を守る余裕はありません。
戒律を守れる人間は初めから救われている人間に限られてしまいます。
もし神が全能ならば最初から救われる人間だけ救う事なんて有り得ない
というのがイエスの指摘。
戒律とは信者が「守らなければならない規範、規則(道徳)」のことで
キリスト教は簡単に言えば、外面的行動なんかいくら守っても、
心の奥底から善を求める(倫理)存在じゃなければ 意味がないから
戒律なんかいらないってことです。

規則を守らせる事より自発的に他人に迷惑を書けない様にする人間を育てる必要がある。


388 :日出づる処の名無し:04/01/18 16:42 ID:kiXycY2x
法や道徳の場合ばれなければ何をやっても良いと言う事になる。

389 :日出づる処の名無し:04/01/18 16:50 ID:zQGPm/CL
オランダでの調査で麻薬犯罪に対して未成年の学生たちを
1麻薬はいけないと教えたグループ
2いけない理由を説明したグループ
3麻薬の是非を議論させたクループ
に分け、その後の調査を行ったところ、
麻薬はいけないと禁止命令を出したグループが、
最も麻薬に手を染める割合が多かったそうだ。
法律で禁止されているから駄目なんだよということはかえって逆効果になりかねない。

端的に「悪いこと」や「危険」と言うものは魅力的であるからである。

そこに、ドラックの非日常的快楽が禁止されている物の方が凄いかも?
という好奇心が重なってさらに「麻薬はいけない」という教育は逆効果となる。
退屈な現実を抜け出して非日常的快楽を感じたいという動機が若者を麻薬犯罪に走らせる。
だが常用性が強いハードドラックは止められなくなり非日常的快楽は
あたりまえで退屈なな日常的なものになり禁断症状の有る現実は辛いものになる。
こういった現実が麻薬を悪と認識させ麻薬犯罪の抑止力として効果を発揮する。


390 :日出づる処の名無し:04/01/18 16:52 ID:cydoAJwS
>>383
> ついに航空機内でのDQN行為を罰する法律が出来た。
> まず機長がDQN行為をやめろと言う命令書を出し、それでも聞かなければ
> 警察に突き出せる。最高50万円の罰金。
>
> 機内で、携帯をやめないとか、座席を戻さないとか、トイレでタバコ吸うとかで

この場合マナーが悪いから罰せられるのでは無く危険だから罰せられる。

391 :日出づる処の名無し:04/01/18 16:53 ID:z7I4GTVS
>規則を守らせる事より自発的に他人に迷惑を書けない様にする人間を育てる必要がある。

みんなそう思っているさ、あたりまえだろ。それをどう実現すんのさ!


>法や道徳の場合ばれなければ何をやっても良いと言う事になる。

信仰の場合、信仰がなければどうするさ
信仰を強制すんのか?


392 :日出づる処の名無し:04/01/18 16:55 ID:z7I4GTVS
>この場合マナーが悪いから罰せられるのでは無く危険だから罰せられる。

ちょっと違う。
危険でもやるんだよ馬鹿共は
強制的にやめさせられなかったから法規制ができたわけ。


393 :日出づる処の名無し:04/01/18 16:58 ID:z7I4GTVS
>こういった現実が麻薬を悪と認識させ麻薬犯罪の抑止力として効果を発揮する。

重罰が待っているし実際にまわりのDQNがとっつかまったという
現実が、DQN行為が悪と認識させDQN行為の抑止力となる。

394 :日出づる処の名無し:04/01/18 17:01 ID:z7I4GTVS
自分が乗っている飛行機が墜落するかも知れないDQN行為でさえ
認識出来ないDQNでも、罰金50万円には反応する。

飲酒運転の罰金を20万にしたら飲酒運転が激減した。

DQNには刑罰を(罰金の法が効くかも)

395 :日出づる処の名無し:04/01/18 17:07 ID:z7I4GTVS
1麻薬はいけないと教えたグループ
2いけない理由を説明したグループ
3麻薬の是非を議論させたクループ

全部やるまで。
立法趣旨を説明し、判例を教える。
大人になったら自分たちが法律を作ったり廃止したりできると教える。


遵法精神完璧な人間が出来る!!

396 :abc:04/01/18 17:46 ID:c9pjxD3p
>>387-388 規則を守らせる事より自発的に他人に迷惑を書けない様にする人間を育てる必要がある。
       法や道徳の場合ばれなければ何をやっても良いと言う事になる。

ん!成る程と言いたい。過去に次のようなレスをした覚えがあります。
「他人からされたくないことを他人にしてはいけません」そして之を拡大して抽象化すれば聖徳太子の
憲法第一条「和を以て貴しとする」になるのではありませんか。

抽象化した名言名句は子供に教えるときは相当かみ砕いて掛かる必要がありそうですね。<<389


397 :日出づる処の名無し:04/01/18 17:49 ID:cydoAJwS
>>391
みんなそう思っているさ、あたりまえだろ。それをどう実現すんのさ!
>>363-364は読めたかな?
>>350の石原慎太郎と筑紫哲也の対談も読んだかな?
>>366も理解できたかな?

厳罰化は危険行為、器物損壊や健康を害する等の迷惑行為に限られる。
只マナーが悪いだけでは取り締まれない。
逆に未成年のセックス、ドラック、売春等のDQN行為は世界的に規制解除の方向に向かっている。

398 :abc:04/01/18 17:53 ID:c9pjxD3p
>>396 補遺

あっという間に>>390−395とお話が聞けて何か嬉しい。
こういう話し合いが日本の活性化・再生化に繋がるのだろう。


399 :日出づる処の名無し:04/01/18 17:54 ID:z7I4GTVS
>397

具体性ゼロ。

それと読めたかなじゃなく箇条書きせいや。
まとめる能力が無いと思われるぞ。(実際なさそうだ)

400 :日出づる処の名無し:04/01/18 17:59 ID:z7I4GTVS
>厳罰化は危険行為、器物損壊や健康を害する等の迷惑行為に限られる。
>只マナーが悪いだけでは取り締まれない。

法律は最低限の道徳 という言葉を知っているか?
迷惑防止条例で決まっていても、罰則がないと守らない。

法で罰則があっても守らない(駐車禁止、飲酒運転等)
マナーが悪い行為というのは実はかなりの確率で法律違反である。
ただ取り締まられないから守らない。ガンガン取り締まるべき。

落書きだって犯罪だぞ!


401 :abc:04/01/18 18:01 ID:c9pjxD3p
>>397 >>363-364は読めたかな?
     >>350の石原慎太郎と筑紫哲也の対談も読んだかな?
     >>366も理解できたかな?

何となく読み流したがこの様な考え方もあったのかと少年少女に対する
教育の難しさを実感しますね。



402 :日出づる処の名無し:04/01/18 18:03 ID:z7I4GTVS
法律で決まっていないから、マナーが悪いですませれてきたが
実際はものすごく危険且つ迷惑な物も多い。

携帯しながらの運転。今は事故ったら罪が重くなるだけで携帯しながらの
運転は違法ではない。マナーの問題。
しかし、実際に携帯が原因の事故が増えている。
ついに、携帯しながらの運転そのものが違法となる(今年中に成立かな)


いなま問題になっているのは、年寄りに籍を譲りましょう!
なんつーかわいいマナーではない。

403 :日出づる処の名無し:04/01/18 18:04 ID:cydoAJwS
>>396
> 「他人からされたくないことを他人にしてはいけません」
これだけじゃ足りないんだよ。
これは相手が自分にとって理解可能という前提がなければ成り立たない。
自分は平気でも他人はいやがる事もある。
もっと酷いと自分がその状況になった経験が無いので
どんな気持ちになるか理解不能と言う事もある。

結局、個人の判断に任せるしか無い訳で自発的に他人に迷惑を書けない様にする
人間を育てる必要は否定出来ない。


404 :日出づる処の名無し:04/01/18 18:05 ID:z7I4GTVS
訂正・・
いま問題になっているのは、年寄りに席を譲りましょう!


405 :日出づる処の名無し:04/01/18 18:07 ID:z7I4GTVS
>自発的に他人に迷惑を書けない様にする
>人間を育てる必要は否定出来ない。

>もっと酷いと自分がその状況になった経験が無いので
>どんな気持ちになるか理解不能と言う事もある。

矛盾してます。


406 :日出づる処の名無し:04/01/18 18:12 ID:cydoAJwS
>>399

> 具体性ゼロ。

>>364>>366の何処が具体性ゼロ何だ?
アメリカのチャータースクール法も成功しているし
クラス分けを廃止し教室が共同体である様な感覚を無くすべき。
社会が複雑になれば、仲よくできる範囲には実際のところ限界がある。
それなのにクラスの皆が協調しあわなければならないと言うのが無理。
お互いがせめぎあい試行錯誤する事によって必ずしも仲よくできない人間たちと
どのように侵害し合わないで生活するかと言う事に重点を置くべきだという考えも具体的。
全然読めて無いじゃ無いか。

366の自主性、自発性を尊重する教育法は世界に先駆けフィンランドが実現に成功し
経済協力開発機構の調査で教育世界一という実績を出している。

407 :日出づる処の名無し:04/01/18 18:14 ID:9eWr3EGp
>>405
まちがえた
結局、個人の判断に任せるしか無い訳で自発的に他人に迷惑を書けない様な
経験豊かで想像力のある人間を育てる必要は否定出来ない。
だった。


408 :日出づる処の名無し:04/01/18 18:15 ID:z7I4GTVS
馬鹿か
日本の学校でどうやってそれを実現するのかときいている。

どうやってせめぎあい試行錯誤させるのか?具体的方法は?
クラス分けを廃止するだけでそれが実現するのか?

落第。

409 :日出づる処の名無し:04/01/18 18:18 ID:z7I4GTVS
>個人の判断に任せるしか無い訳

もっともだが、現状個人の判断力に問題がある大人が
ガキを教育して居るんだが・・・

ガキは小学校一年から学級崩壊しているんだがどうするよ。

410 :日出づる処の名無し:04/01/18 18:21 ID:z7I4GTVS
>必ずしも仲よくできない人間たちと
>どのように侵害し合わないで生活するかと言う事に重点を置くべきだという考えも具体的。
>全然読めて無いじゃ無いか。

猿山のボスザルに相当するガキがDQN秩序を学級内に作りだしたら
どうする?
ヤクザの言うことには逆らえないという人間を作るだけだが。

411 :日出づる処の名無し:04/01/18 18:22 ID:8nslDXZB
俺が、小学三年の時はすさまじく厳しい、世に言う「体罰教師」が何人かいたけど、
そういのも居ないのかな?

412 :日出づる処の名無し:04/01/18 18:25 ID:z7I4GTVS
つか、要領よく立ち回るのが得。長い物には巻かれろという人間が
できるか・・・・

これではマナーを守るヤシは育たないねえ。
または
学級内ミニ暴走族の抗争や、ヤクザの出入りが頻発する。

413 :日出づる処の名無し:04/01/18 18:34 ID:9eWr3EGp
もともと過保護が子供のDQN化を触発している訳で
幼稚園児なんて徹底的に喧嘩させたほうがよい。
>>410
>猿山のボスザルに相当するガキがDQN秩序を学級内に作りだしたら
>どうする?
クラス分けがなければ教室内の同調圧力が無くなるんでそいつに会わない様にすれば良いだけ。
幼少時に全員にシカトされれば考え直すだろう。
ちなみに俺の母校では中学生のボスザルがクラスの全員にリンチされる事件があった。
こういう事もさける事ができる。
要するに他人は他人という状況を作るという事。
要領よく立ち回るのが得。長い物には巻かれろという人間ができるのは現代の教育。

教育って言うのは先生が生徒に押し付けるものでは無く
先生がサポートし知的好奇心を触発し生徒が自主的に学ぶ方向に持っていくモノだと
考えが変わってきている。
フィンランドでは文部省の指導要領は従来の1/3以下
本の厚さにすると17ミリから5ミリ程度になっていた。
教師への権限移譲は進んでいると同時に教師への的確な評価制度も導入された。
父兄は教育の場に参加する事を義務ずけられ
教師は提案にその言を認め「次回からは変えていきたい」といった素直な対応をしていた。
日本の様な聖徒を画一的に捉えた詰め込み教育とは違う物だった。
それには教師に対する評価を親と第三者が徹底的にしなければならない。
又教師に対する教育は実技と議論を重視したものにするべきです。

414 :リップン・イルボンリーベン ◆ErY2TknG0w :04/01/18 18:38 ID:wxSxvh2t
  また現代においても教育勅語を高く評価し、学校の教育理念としている人がいる。
  意外にもその人は台湾人で、東方工商専科学校を創立した許国雄氏である。
  氏はことのほか日本文化を大切にし、「新世紀綜合大楼」というビルの十階に日本間をつくった。
  床の間には、伊勢神宮の神棚と「天照皇大神」の掛軸があり、
  その向かいの壁に「教育勅語」が掲げられている。

  氏曰く「ここに掲げているのは、日本語の教育勅語ですが、他に漢文、英語、
  フランス語、ドイツ語の教育勅語もあります。日本には教育勅語がないから、夫婦相和さず、
  離婚率が高いのです。朋友が信じないから「いじめ」が絶えないのです。
  「一旦緩急アレバ義勇公ニ奉」ずる精神が失われたから「陸軍記念日」も祝われず、
  国会で謝罪決議さえ行うのです。台湾には、大和魂があるから、選挙の時に
  中共(中華人民共和国)から台湾沖にミサイルを三発撃ち込まれても、ビクともしませんでした。
  能登半島沖に北朝鮮からノドン一号が打ち込まれましたが、日本の反応はいかがでしたか」。

  日本でも三重県の私立皇學館高校が教育勅語を教育綱領としている。
  (教育勅語に対する評価から)

http://www.ii-park.net/~imzapanese/nihon/kyouiku2.htm

415 :日出づる処の名無し:04/01/18 18:42 ID:nSkrgzRn
「セサミストリート」では子供に、君は何がしたいのと聞ききます。
子供は僕はこれがしたいんだと答えます。
それがしたいんだったらみんなに言わなきゃ。言わなきゃ周りに伝わらないぞ。
つまり、周りが何を言っていてもしていても、自分がしたいことを必ずちゃんと言えること、
これが一番重要なことだというふうにどこの国でも教えられます。
日本では教えられません。
そして君はそれがしたいのか。でも、ひとりじゃできないぞ。
だれかに助けてもらわなきゃ。そのためには友達をつくらなきゃいけないな。
友達をつくるには、君、魅力的じゃなきゃだめだぞ。
さらに、友達がしてほしいことをしてあげれば、友達は君がしてほしいことをしてくれるぞ。

「日本では皆仲良くしよう(和を以て貴しとする)」と言うだけ。

416 :日出づる処の名無し:04/01/18 18:54 ID:nSkrgzRn
>>414
義務教育も定着していなくて、国は貧しくて、それでも西欧帝国主義に対抗しなくてはいけなくて、
国家という概念自体なく、「郷土」の概念だけが強く、全国的なメディアも無く、交通も発達して居らず、
迷信深く、閉鎖的で、国際的な経験のある人材など皆無に等しく、封建的で前近代的で人権意識もなく
それでも取りあえず熱意に溢れ、チャンスに溢れていた時代であり国民だから自分達を「天皇の赤子」と思い
天皇の言う事に従おうと思えたが現代では無理。

417 :日出づる処の名無し:04/01/18 19:07 ID:nSkrgzRn
>>412
>つか、要領よく立ち回るのが得。長い物には巻かれろという人間ができるか・・・・
>>364
>嫌いな人間同士が無理に共同性を持つ必要はない。
とかなり矛盾するデタラメがなんででてくるのだろうか?
やっぱり読めていない訳だな・・・

  お 前 こ そ 落 第  ! !

418 :日出づる処の名無し:04/01/18 20:48 ID:z7I4GTVS
417

馬鹿か。共同性を持っているのではなく上っ面だけのつきあいだ。

>嫌いな人間同士が無理に共同性を持つ必要はない。
では、全く無視し合う間柄を奨励するのか?
それでマナーが守れるの?傍若無人になるだけだが。


419 :日出づる処の名無し:04/01/18 20:53 ID:z7I4GTVS
>クラス分けがなければ教室内の同調圧力が無くなるんでそいつに会わない様にすれば良いだけ。
>幼少時に全員にシカトされれば考え直すだろう。

ヒッキーを生産してどうする。



420 :日出づる処の名無し:04/01/18 21:11 ID:yiUjXJ1v
同調圧力って、よく日本だけに存在するように言われるけど・・・。
まあ、語句の定義の曖昧さにも問題があるけど。
全く同調圧力が存在しない国ってあるの?
すげー疑問なんだが。

421 :日出づる処の名無し:04/01/18 22:09 ID:ETtmjTpe
>>387
戒律はいらない。
戒律を守る必要などない。
十戒はどうでもよい。

↑聖書のどこでこのようなことを述べているのだ?その個所を示せ。

戒律なんかいらないのならば、スーフリ乱交パーティーも
狂賛独裁者崇拝も強盗侵略戦争もOKなんだな?

422 :日出づる処の名無し:04/01/18 23:01 ID:z7I4GTVS
>規則を守らせる事より自発的に他人に迷惑を書けない様にする人間を育てる必要がある。

では、何故他人に迷惑をかけちゃいけないの?

という問にどう答える?

423 :日出づる処の名無し:04/01/18 23:26 ID:ETtmjTpe
左端のやり口は実に巧妙なのだが、また単純でもある。
次の二点に集約されてると言える。

1 人間自身に善悪の基準を定めさせる
要するに神をおしのけて自分が神になることだ。
だから聖書にあれは禁止、これは良しって書いてあることをポイして
自己中心、手前勝手に生活させようとする。 

聖書「殺しちゃダメ」 人間「あいつムカつくし、やっちまえ」
聖書「盗んじゃダメ」 人間「儲かるしいいだろ、やっちまえ」
聖書「偽称はダメ」  人間「事実を言うと都合悪いし、騙したほうが得だもん」

聖書「私以外の何者をも神としてはならない」
日本 「善悪の基準は人間が自分で決めていくYO!」
北朝鮮「将軍様マンセー!! チョッパリは黙ってろ!」

424 :日出づる処の名無し:04/01/18 23:28 ID:ETtmjTpe
2 あらゆる区別や差を撤廃させようとする

誰の記憶に新しい左端の策略だ。
「差」がつくものはとにかくダメ。
善悪の区別、男女差の否定、競争の否定などだ。
ジンケン・ジユウ・ビョードーとか言って誤魔化しながら。
病気が進行するとこういうセリフを人は吐く↓

「誰にも迷惑かけないなら何やったっていいじゃん」
「人を殺してはいけない理由がわかりません」

サタンの狙いとは善悪の基準すら無く、努力や才能の価値も無い、
けじめもへったくれもない何がなんだかわからん世の中にすることなのだ。

425 :日出づる処の名無し:04/01/19 00:06 ID:HcHsYwxL
>>387
もちろん、死からの救いはイエス・キリストによる贖いを
信ずることによる以外に無いというのはまったく同感。

>規則を守らせる事より自発的に
>他人に迷惑を書けない様にする人間を育てる必要がある。

他人に迷惑をかけないために、そしてまた神の国が地上でも成るように
神様が人間に与えてくださった方法が十戒やイエス様の教えでしょう。
人はそれを喜び、進んで従うべしと聖書は一貫して述べていると思いますが。

426 :日出づる処の名無し:04/01/19 00:30 ID:HcHsYwxL
>>422
他人を迷わせ、困惑させるはサタンやサヨクと同じ行為だから。
神さまは自分が望むことを他人にもせよと命じているから。
神さまは他人が嫌がるような迷惑行為をせよとは命じていないから。
むしろそういった迷惑行為を禁止しているから。 

と、答えます。

427 :日出づる処の名無し:04/01/19 02:34 ID:o61j0+K3
天王寺高校が変だ。
なんで狂ってしまったんだ?

【大阪】卒業式で3馬鹿国歌斉唱?【高校】パート5
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1074444940/

428 :日出づる処の名無し:04/01/19 08:28 ID:gY/tXuu0
>426

戦争が宗教を大義名分にして行われましたが、これも神の御心ですか?
それとも左端の仕業?

一般人には区別出来ません。故に宗教は使えません。

429 :abc:04/01/19 13:47 ID:ZeX7kqaP
>>422 何故他人に迷惑をかけちゃいけないの

貴方は他人に迷惑を掛けられたらどういう気分になる。
嫌でしょう。それと同じ事よ。

430 :日出づる処の名無し:04/01/19 14:38 ID:aVJKuabk
この件でスレたってる?

クライン孝子の日記
http://www2.diary.ne.jp/user/119209/
2004年1月19日付けの日記より

3)センター試験の世界史問題について

世界史B 第1問・問5
「日本統治下の朝鮮」を述べた文として正しいものを、
次の(1)〜(4)のうちから一つ選べ。

(1)朝鮮総督府が置かれ、初代総督として伊藤博文が赴任した。
(2)朝鮮は、日本が明治維新以降初めて獲得した海外領土であった。
(3)日本による併合と同時に、創始改名が実施された。
(4)第二次世界大戦中、日本への強制連行が行われた。
---------------------
正解は(4)とのことですがこれは明らかに誤りです。

強制連行× 徴用○


431 :430:04/01/19 14:39 ID:aVJKuabk
すいません、いまスレ見つけました・・・

朝鮮半島からの強制連行があったじゃねえか。
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1074369919/l50

432 :周 さん:04/01/19 15:37 ID:gY/tXuu0
>迷惑を掛けられたらどういう気分になる

殺します。
殺人したらいけませんか? 何故?

433 :日出づる処の名無し:04/01/19 16:17 ID:BpnnPBsx
http://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=4-408-60252-3

434 :abc:04/01/19 18:25 ID:1wfR5+AP
>>403 結局、個人の判断に任せるしか無い訳で自発的に他人に迷惑を書けない様にする人間を育てる必要は否定出来ない。

さっぱり要領を得ません。
個人の判断に任せるので有れば自分がされて迷惑と感じることを他人にしないようにすればいいにではありませんか。



435 :日出づる処の名無し:04/01/19 18:29 ID:OTtwZuXE
右翼思想はカタギの思想じゃないよ

436 :日出づる処の名無し:04/01/19 19:21 ID:gY/tXuu0
迷惑と感じる感性が欠如している人間は

迷惑掛けまくることになりますが・・・・・・


騒音を全く気にしないヤシは

騒音を巻き散らかす。うーはー族みたいな。

あと自分で「いい音だ、聞かせてやりたい、なんでこの良さが判らない!」
てヤシもさぞかしにぎやかだろう。


437 :日出づる処の名無し:04/01/19 19:24 ID:gY/tXuu0
「迷惑なんだよ」
「俺はこの程度じゃあちっとも迷惑とは思わない。それくらいガマンしなよ」

  サーキット族他、良く聞くセリフ。

438 :日出づる処の名無し:04/01/19 21:06 ID:cbrsEIN3
>>421
バーカ
新約聖書に戒律なんてネエよ。
キリスト教は規範を守る戒律なんかどおでも良くて
自発的な行いが規範に準じる倫理を大切にするんだボケ。

半島に帰れ

439 :日出づる処の名無し:04/01/19 21:22 ID:fVE4vkg4
>>434
細かくは415に書いた。

440 :日出づる処の名無し:04/01/19 21:27 ID:CcBt6aaL
カルヴァンの神学は「福音主義」(端的に、聖書主義、信仰主義)といわれるものである。
「予定説」ばかりが強調されるが、それはルターをはじめ中世末期のキリスト教思想家に
ある程度共通に見られた傾向であり、カルヴァンの著作を読めばわかるように、
彼が「予定説」をことさらに教義の中心においた箇所を見いだすことは難しい。
カルヴァン神学(つまりはプロテスタンティズム)の中心内容はいうまでもなく福音主義である。
人間の自己の自覚(人間が有限・不完全であることの自覚)も人間の救いも、
ただ神という基準によってのみ可能であり、地上の完全でも正しくもない権威、
伝統・伝承、制度(具体的には教皇)によるのではない。
なぜならあらゆる人間的なものは、どれほど正しく善に見えても不完全、
有限、さらには無価値であるからである。このように人間を、
個において、一人一人において、その存在の根底からあくまで徹底的に理性的に追求するという態度は、
人間を「人の間」とする東洋の関係主義の伝統とは大きく異なり、
この精神こそが西欧近代をはぐくむことになったのはいうまでもない。

441 :日出づる処の名無し:04/01/19 21:27 ID:H+8+Lae4
教皇ヨハネ・パウロU世は、2000年1月の聖地巡礼、そして大聖年を祝うその年の3月のミサで、
歴史上画期的な二つのことに言及した。
その一つはキリスト教だけが「真理」を独占しているのではなく、
他の宗教であっても同様に「真理」を共有しているのだということ。
さらにもう一つは、過去2000年の間にキリスト教徒が
犯してきた間違いが存在したことを認めたことであった。
但し、この間違いはキリスト教の教義が間違っているのではなく、
正に教義の不完全な理解が故に間違ったのだという認識の元に発せられたのであった。
言い換えれば、キリスト教の教義を完全に理解し、実践することによって、
この間違いは完全に克服できるという認識があってこその発言でしょう。

442 :日出づる処の名無し:04/01/19 22:15 ID:H+8+Lae4
ルターは、十戒をただ「〜してはならない」「〜しなさい」という命令のみが書かれたものとして捉えていない。
神の御前にどのような生き方を私たちが主体的・積極的に選び取っていくことが大切なのか、
ということを重視している。
それはイエスが教えられた右の頬を打たれたら左の頬を差し向け、
上着を取られたら下着も差し出し、一マイルの同行を強いられたら二マイル同行する生き方である
(マタイ5.38-42)。


443 :日出づる処の名無し:04/01/19 23:20 ID:gY/tXuu0
>犯してきた間違いが存在したことを認めたことであった。
>但し、この間違いはキリスト教の教義が間違っているのではなく、
>正に教義の不完全な理解が故に間違ったのだという認識の元に発せられたのであった。

つまり、信仰があっても、DQNは無くならないということね。


444 :日出づる処の名無し:04/01/20 13:15 ID:8LYsTaYL
マタイによる福音書 5章17節〜20節
わたしが来たのは律法や預言者を廃棄するためだと思ってはなりません。
廃棄するためにではなく、成就するために来たのです。
まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、
律法の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が成就されます。
だから、戒めのうち最も小さいものの一つでも、これを破ったり、
また破るように人に教えたりする者は、天の御国で、最も小さい者と呼ばれます。
しかし、それを守り、また守るように教える者は、天の御国で、
偉大な者と呼ばれます。まことに、あなたがたに告げます。
もしあなたがたの義が、律法学者やパリサイ人の義にまさるものでないなら、
あなたがたは決して天の御国に、はいれません。

>>438
>>戒律なんてネエよ
>>戒律なんてどおでもいいよ
>>半島へ帰れ

??????????????????????????????

445 :日出づる処の名無し:04/01/20 13:22 ID:8LYsTaYL
>>438
>>自発的な行いが規範に準じる倫理を大切にするんだボケ。

で、戒律がどおでもいいなら
規範だの倫理だのをなんで大切にしなきゃいけないんだ?
自発的な行いって具体的になに?

446 :abc:04/01/20 13:40 ID:a/d7CMhc
>>415 友達がしてほしいことをしてあげれば、友達は君がしてほしいことをしてくれるぞm

成る程善い言葉だ。しかし難しいことではありますな。
My教育勅語(素案)に付け加えよう。



447 :日出づる処の名無し:04/01/20 14:00 ID:DPQzRsAE
>友達がしてほしいことをしてあげれば、友達は君がしてほしいことをしてくれるぞm

なるほど

カツアゲされても要求通りに金をわたせば
カツアゲ犯はそのうち、君ののぞみをかなえてくれる・・・

君ののぞみとは・・・もう殺してくれ・・だったりする。

448 :日出づる処の名無し:04/01/20 14:18 ID:7Zz/V88Y
>>447
そんなのは友達じゃないと釣られてみる。

449 :日出づる処の名無し:04/01/20 14:29 ID:DPQzRsAE
伊東市新成人刑事告訴ケテーイ。

電話メールFAX655件中 告訴賛成98%



450 :日出づる処の名無し:04/01/20 14:33 ID:DPQzRsAE
そんなのは友達じゃない・・・・

世の中の99%の人とは今時点で友だちじゃない!
知り合いですらない。

451 :日出づる処の名無し:04/01/20 14:49 ID:jsSm9i3Z
情けは人の為ならず
 人に情けをかければ自分に情けが返ってくる。
人の為に情けをかけるのではなく自分のために情けをかける。という意味。良い言葉じゃないか?

452 :日出づる処の名無し:04/01/20 15:04 ID:DPQzRsAE
実現性がないから心を打つんだろう

453 :日出づる処の名無し:04/01/20 16:14 ID:uNF7+NCH
>>444
教義の理解と信仰が確かなら戒律なんか必要ないんだよ。
法を定めるのはキリスト教ではなく司法機関。
そして神を信仰し規範に準じるのは個人の幸福のため。

454 :日出づる処の名無し:04/01/20 16:51 ID:8LYsTaYL
>>453
戒律はいらないと聖書のどこに書いてあるの? 教えてください。
戒律は廃れないし、それを守るべきという記述しか見たことないんですが。
それと、法を定めるのは確かに司法機関ですけど、
聖書に基づかない法に対してはどう考えてるんですか?
例えば日本では故意の殺人犯に激甘な裁判が行われてますけど、それでいいの?
旧約においては死刑だそうですが。やはり加害者の人権は大事なの?

455 :日出づる処の名無し:04/01/20 17:03 ID:8LYsTaYL
>>446
そういう相手の善意に
信頼を寄せても大丈夫だったのが日本の強みだったのだが。
いまはもう・・・

456 :日出づる処の名無し:04/01/20 17:04 ID:uNF7+NCH
最初から人々の行いが教義に準じていれば戒律なんかどうでも良いです
そんな事ありえないから戒律は大切なだけです。
前の方を読んでみましたが誰も戒律を無視しても構わないとは言ってないようですが?

457 :日出づる処の名無し:04/01/20 17:15 ID:8LYsTaYL
>>456
戒律はどうでもよい、必要無いと何度も書かれてありますが。

そもそも戒律がどうでもよくないから、
イエス・キリストがわざわざ罰を受けたんじゃないのですか?

458 :日出づる処の名無し:04/01/20 17:20 ID:8LYsTaYL
>>456
どの教義に準じていれば戒律はどうでも良いんですか?
また条件を満たせば戒律はどうでもいよいなどという記述は
聖書にあるんですか?

459 :日出づる処の名無し:04/01/20 17:28 ID:uNF7+NCH
無条件に戒律なんかどうでもよいとはどこにも書いてありませんよ。

460 :日出づる処の名無し:04/01/20 17:37 ID:8LYsTaYL
戒律がどうでもいいことになる条件は?
そんなご都合主義みたいなのがあるとは思えないのだが。

461 :日出づる処の名無し:04/01/20 17:57 ID:uNF7+NCH
どこまで教義に反すれば罰するべきかは裁判で神の代理人達の議論によって決まるが
戒律が大切なのは社会の司法機関であってキリスト教ではないですね。
キリスト教では懺悔すれば罪は許されます。

462 :日出づる処の名無し:04/01/20 18:16 ID:8LYsTaYL
>>461
>>戒律が大切なのは社会の司法機関であってキリスト教ではないですね

何を根拠に基督教では戒律が大切じゃないなんて言えるんです?
それと聖書において神はこれを守るべしと命じておられるのに
「いやいや、そんな戒律は大切なことではないですよ」
なんっていう態度じゃちょっとヘンだと思うんですけど。
この世の組織でさえ目上の人にこんなタメ口聞いたら大目玉ですよ。
ましてや神様が相手なのですからゾっとしちゃいます。

>>教義に反すれば罰するべきかは裁判で
>>神の代理人達の議論によって決まるが

そのときに聖書で書かれてる規定に基づいて罰を検討するんですよね?

463 :日出づる処の名無し:04/01/20 18:30 ID:8LYsTaYL
>>461
相手してくれてどもです。
板違い・スレ違いで迷惑かけてしまうのでこれで落ちます。

464 :日出づる処の名無し:04/01/20 19:15 ID:uNF7+NCH
キリストが神と契約して書いた新約聖書にはこれを守るべしとか書いてありません。
旧約聖書にはありますが別にこれは神が書いた訳では無く
確かエホバが神と契約して書いただけでキリスト教信者が戒律に背いても
神に背いた事にはなりません。

465 :日出づる処の名無し:04/01/20 19:26 ID:uNF7+NCH
近代天皇制はキリスト教を参考にしているのでスレ違いでも無いですよ。

466 :日出づる処の名無し:04/01/20 19:29 ID:DPQzRsAE
でさあ、何がいいたいの?

日本人が基督教を信じれば、みんなモラルを守るようになると言いたいの?

467 :日出づる処の名無し:04/01/20 19:32 ID:DPQzRsAE
宗教では結局

最後の審判
閻魔様

等の裁きがこわくてモラルを守るのだが。

468 :日出づる処の名無し:04/01/20 19:37 ID:DPQzRsAE
東京都の青少年健全育成条例改正に向け検討してきた都知事の諮問機関
「青少年問題協議会」は19日、成人向けの図書の包装や、漫画喫茶や
インターネットカフェ、カラオケボックスを深夜は18歳未満立ち入り
禁止にすることなどを盛り込んだ提言を答申した。
 都は答申を受け大幅な条例改正案を2月の都議会に提出する方針。
 答申は、出版社側に、18歳未満禁止の成人向け図書を包装して出荷する
よう自主規制を要望。都が「不健全図書」に指定した場合は販売店が包装す
るよう義務化する。図書の自販機には免許証などによる年齢識別装置の設置
を義務付ける。
 有害な描写が一定割合含まれれば自動的に不健全図書に指定できる
「包括指定」が導入されるかが焦点だったが、効果への疑問などから導入は
見送られた。
 また少女らが店内で客に直接下着を売る新手のブルセラショップへの対策
として下着類の買い取りを禁止するよう提言。(共同通信)
[1月19日11時37分更新

469 :日出づる処の名無し:04/01/20 19:38 ID:DPQzRsAE
 静岡県伊東市の11日の成人式で、一部の新成人がステージ上で暴れた問題で、
鈴木藤一郎市長は19日、「責任には法的なものと人間的なものがある。法的責任
は謝って済むものではない」と述べ、暴れた新成人を刑事告訴する考えを示した。
この日、暴れた新成人10人と父母8人が、市役所を訪れて鈴木市長らに謝罪した。
(毎日新聞)

470 :日出づる処の名無し:04/01/20 19:41 ID:DPQzRsAE
  やはり法律は効く。告訴すると市長が発言したら途端に謝りに来る。


やはりDQN行為を禁止した法令(今だっていっぱいある)を集めた
「DQN行為禁止法令・判例集」を作成し学校教育で使うべき。

471 :日出づる処の名無し:04/01/20 19:46 ID:DPQzRsAE
 宮城県古川市で11日に行われた成人式の終了後、通報で駆け付けた
救急車の車体や会場事務室ドアをけり、壊したとして、県警古川署は19日、
器物損壊などの疑いで同市内の無職舘内悠人(20)と会社員高橋優弥
(20)の両容疑者を逮捕した。2人は素直に容疑を認め、反省している
様子だという。
 同署には、事件後、県内外からファクスで6通、ほかに電話でも
「厳しく対応してもらいたい」といった声が寄せられたという。主に同市
の出身者で、同郷人として「情けない」という内容だったという。 
(時事通信)

逮捕されなければ 反省しないんだよ、こいつらは。

472 :日出づる処の名無し:04/01/20 20:26 ID:DPQzRsAE
「交通弱者」といわれた自転車が加害者になる交通事故が急増していること
が、19日までに兵庫県警交通研究所のまとめでわかった。特に若い世代の
運転する自転車が、歩道上で高齢者をはねる事故が急増。県警は
「交通マナーを守らない自転車は走る凶器だ」とし、今月から自転車の
交通ルール違反者に「警告カード」を手渡すなど対策に乗り出した。

 研究所によると、平成14年の1年間に県内で自転車が歩行者をはねた
人身交通事故は88件。
5年前(44件)の2倍、11年(26件)の3.4倍とはねあがっている。

 15年も10月末現在で81件に上り、昨年同期比で12件増と増加傾向
は続いている。負傷者の出ていない接触事故など警察に届け出しないケース
を含めると、自転車が加害者になる歩行者との事故はさらに増えるとみられる。
 こうした自転車事故の36.7%は歩道上で発生。道交法上で「軽車両」
にあたる自転車は本来、「通行可」の表示があるか、自転車専用レーンの
ある歩道上しか走行することはできないことに
なっており、こうした法令が徹底されていない実態が浮き彫りになった。


473 :日出づる処の名無し:04/01/20 20:29 ID:DPQzRsAE
マナーつうか、法令違反なんだよ自転車!
こいつらにマナーと説いても無駄。

びしばし取り締まる。

474 :日出づる処の名無し:04/01/20 20:34 ID:3nnY9UvQ
>>472
最近、暗くなっても照明をつけずに走ってる自転車が多くてウザイな。
免許制に戻したほうがいいんじゃねーの?

475 :日出づる処の名無し:04/01/20 21:18 ID:8LYsTaYL
>>467
人間は究極的には損得勘定で生きているのだ。
悪いことさせないためには悪いことした場合のリスクを高くする以外に無い。
また犯罪に甘い社会は崩壊に向かう。日本をみればわかるだろ?
国防だって同じだ。外国に攻められても高いツケを侵略者に払わせることが
可能な国であればあるほど外的から秩序を乱され難い。

476 :日出づる処の名無し:04/01/20 21:48 ID:P26+5vud
で、そのリスクが実生活の中に本当はあるんだけど
今の学校生活ではそれが認識出来ない様になっている。
それがキリスト教で言う隣人愛である。
要するに相互扶助の精神=公共性がまったく今の学校では養われない。
学校生活では共同性が重視され主体性と公共性が全く無視されている。

もう一度「セサミストリート」を例に出すが
番組では子供に、君は何がしたいのと聞ききます。
子供は僕はこれがしたいんだと答えます。
それがしたいんだったらみんなに言わなきゃ。言わなきゃ周りに伝わらないぞ。
つまり、周りが何を言っていてもしていても、自分がしたいことを必ずちゃんと言えること、
これが一番重要なことだというふうにどこの国でも教えられます。
これが主体性です。
日本では教えられません。

そして君はそれがしたいのか。でも、ひとりじゃできないぞ。
だれかに助けてもらわなきゃ。そのためには友達をつくらなきゃいけないな。
友達をつくるには、君、魅力的じゃなきゃだめだぞ。
さらに、友達がしてほしいことをしてあげれば、友達は君がしてほしいことをしてくれるぞ。
主体性の為に行う相互扶助。
社会あるいは社会性を媒介しないと本当は自分がしたいことさえできない、
自分の幸せさえやってこないというリスクがある事を学校生活では認識出来ない。

477 :日出づる処の名無し:04/01/20 22:22 ID:DPQzRsAE
つまり犯罪をやりたいことを表明し、犯罪仲間を募る。
君が別のチーマーにやられたら、こっちも連んでやり返す。


ということを主体的に勉強するっと。

478 :日出づる処の名無し:04/01/20 22:37 ID:DPQzRsAE
476の方法ではマナーを守れない。

犯罪にまじめに取り組む
犯罪に主体的に取り組む

のを防げません。

479 :日出づる処の名無し:04/01/20 22:47 ID:0WXJbC9B
>>478
 真剣に裏街道人生を突っ走る覚悟もなしに、
「ムカツク」とかの理由で簡単に犯罪に走るDQNは減るんじゃないかな?

480 :日出づる処の名無し:04/01/20 22:54 ID:DPQzRsAE
そもそも裏街道って何? からして判らないんだろDQNは。



481 :日出づる処の名無し:04/01/20 22:59 ID:Mr3g50x5
裏街道じゃ無くて裏社会だろ。
極道は極道の共同性をみっちり仕込む。
主体性より親分が大切。

482 :日出づる処の名無し:04/01/20 23:15 ID:n6SQsgwj
>>477
そのチ−マ−がエリート街道を突っ走っていたりする。
東幹久が有名だが同世代のチ−マーは現在エリートサラリーマンだったり
弁護士であったりベンチャー会社の社長だったりする。
ストリートでのサバイバルの経験が大人になっても生きているからである。
ちなみにチ−マーのやっていた事は犯罪では無くクラブのイヴェントや
男女問わずモデルの斡旋とかだったりする。

>>478
マナーを守れなければ魅力的じゃ無いぞ。


483 :日出づる処の名無し:04/01/20 23:25 ID:5/kR4dA9
>>482
彼らは「チ−マ−」と言われる存在だったのか?
自称「チーマー」なんじゃねえの?
「いやー、俺、昔ワルだったんだよ」というためのアリバイ作りのような気がする。
チーマーもチンピラも基本的に変わらんような気がするなあ・・・。

484 :日出づる処の名無し:04/01/20 23:33 ID:EHxa86Zm
右翼思想はカタギの思想じゃないよ。

485 :日出づる処の名無し:04/01/21 00:06 ID:FDeE5RQ1
>>467
神は従うものと敵対するものを決して同じようには扱わない。
従った者と逆らい敵対した者は区別されて当然。
悪いことして改めないようともしない者には厳罰があって当然じゃないか。
サヨクだったら「サベツするなああ」 「ジンケンをマモレー」
とか言うんだろうがなw

それと、左端はあらゆる境界線を無くすことが大好き。
「天国も地獄も無いよ、善悪なんて無いよ、国境も無いよ」 ってね。
そうやって秩序を破壊し、わけのわからんダメな世の中にしたいのさ。

486 :日出づる処の名無し:04/01/21 00:07 ID:FDeE5RQ1
>>476
子供に対して一番迷惑なのは甘やかすことだ。
子供にとって、きちんとした社会的な訓練をされないままに、
社会に放り出されることくらい迷惑なことはない。
左端は、甘やかして秩序を壊すことでも「愛」などと美しい言葉で誤魔化せば
何やらステキなコトでもあるかのように思わせ、人々を騙せることを知っている。
神国、日本の漢なら「甘やかし」と「愛」の区別ぐらいつけるべきだ。
日本をダメにしようとする国賊左端の戦法くらい見破るべきだ。
で、この問題に関して聖書にはこう書いてある。

「むちを控える者は、自分の子を憎む者である。」

487 :日出づる処の名無し:04/01/21 01:02 ID:FDeE5RQ1
だいたい、栃木の凶悪リンチ殺人の犯人とかに
国民の税金で10〜20年もごはんを食べさせ、
被害者の両親への償いも免除してるんだもの。
そりゃ似たような奴は日本に増えるだろうよ。
サタンは大喜びだ。

488 :日出づる処の名無し:04/01/21 07:18 ID:JDKRePz2
スーフリの和田さんのパパも和田さんをぼこぼこ殴って育てたよ。
タックマンのパパも同じさ。

489 :abc:04/01/21 08:20 ID:t5a0fTm9
「天知る地知る我が知る」という言葉は死語なのだろうか。

490 :日出づる処の名無し:04/01/21 08:53 ID:XzS15AMv
教育勅語をググると

「明治四十二年に至って仏訳・独訳が完成してます。
そして在外大使館や領事館から世界各国に配布された。」

と出てきますがこの仏訳・独訳を読みたいのですが
どこで見れるのでしょうか。
外務省にメールで問い合わせたのですが多忙そうなので。




491 :日出づる処の名無し:04/01/21 09:15 ID:16BeQGYq
>488

途中でやめちゃダメ。社会に出て自由になったら誰にも殴られなくなったから
暴走した。
もっと早く法律でびしばし取り締まればよかった。

それと親が殴ったのが不理尽だったかも。厳しいのではなく、理由をはっきり
させない、単なる暴力の対象だったんだろ。

法律は理由がはっきりしている。

492 :日出づる処の名無し:04/01/21 10:07 ID:JDKRePz2
タックマンは死刑も平気だよ。

493 :日出づる処の名無し:04/01/21 12:45 ID:JDKRePz2
>>491
>>303のリンク先を読む限り和田さんのパパは理由無しに体罰なんかしていない。
罰に必要なのは理由ではなく愛でしょう。
>>302のコミュニケーションを通じて何かを達成出来る可能性が愛で
それを否定することが躾なら可能性を完全否定してしまう様な厳罰は
秩序を守ろうとする動機となる愛を消してしまう可能性がある。
ちなみに憲法はは人権を守るためにあるので法が人権を犯す事は有り得ない。

494 :日出づる処の名無し:04/01/21 13:05 ID:XPzRGS6A
教育勅語「奉読」だってさ。
今の学校で憲法(特に9条)を「奉読」させてるのと
精神的にはまったく変わらん発想だな。

495 :日出づる処の名無し:04/01/21 14:38 ID:16BeQGYq
>493

これは横暴だろ。不理尽。理由を説明するより先に手が出るタイプだよ。


私は性格的にキツい方なので、いま顔を見れば自分を抑えられるかどうかわ
かりませんから・・・・・・。
一郎には期待していたんです。やっぱり長男ですから家業を継いでほしいと
いう気持ちはありました。
倅にとってはスパルタだったんでしょう。幼いころから声をかければ
「ハイッ」と背筋を伸ばしていましたから。それを見て、年寄りからは
「何て育て方だ。子供らしさがちっとも見られないじゃないか」とよく怒ら
れました。その度に私は、子供を育てるんじゃない、"職人"を育てるつもり
なんだと答えていました」
私は二十一歳から仕事もできないのに建築現場で請負をやっていました。
だから威勢がいいんですよ。私のところに来るのは暴走族上がりや不良ばか
り。

だから倅は警察でも、父親には連絡を取らないでほしいと言っているよう
です。当然、倅は私に殺されるくらいのことは思っているでしょう。実際、
倅が外に出てくれば、私が息の根を止めますよ・・・・・・。


496 :日出づる処の名無し:04/01/21 14:48 ID:16BeQGYq
つまりガキにとっては、きちんと理由を告げられず弁明も許されず
殴られた。

法律は、理由がはっきりするし、裁判や家庭裁判所で弁明出来る。

和田パパはそれこそ、独りよがりのリンチをやりそこから解放されたいが故に
反抗・自分がボスになり悪事へ走った。

何が悪いかを認識させ(違法性)
おまえはそれをやった(構成要件該当)
それは責められる行為(有責性)

をはっきりさせず、いきなり牢獄にぶち込んだのと同じ行為。

そりゃ、いかんぜ。




497 :日出づる処の名無し:04/01/21 14:50 ID:16BeQGYq
つまり和田を見て判ることは、

教育勅語で縛り付け、一見お行儀がよくても、大人になって力を付けると
とんでもないことをやらかす人間が出来る。

という教訓である。

498 :日出づる処の名無し:04/01/21 14:50 ID:JDKRePz2
理由は後から説明しても問題は無いだろう。
理不尽では無いが愛は無いな。

499 :日出づる処の名無し:04/01/21 14:51 ID:16BeQGYq
>理由は後から説明しても問題は無いだろう。

そんなことでは、犬のしつけにさえ失敗する。

500 :日出づる処の名無し:04/01/21 15:16 ID:16BeQGYq
タック万

弁護団は「未曽有の犯行に走らせた背景に特異な成育歴がある」と指摘。
質問に立った戸谷茂樹・主任弁護人は、宅間被告の生い立ちなど家庭環境
から質問を始めた。宅間被告は少年時代に動物を虐待したり、同級生を
いじめていたことなどを述べた。

 一方で、父親から激しい体罰を受けていたことも打ち明け、
「(当時、父親を)殺していれば、もっと違う人生があった。懲役に行かず
に済んだ」などと父親に対する憎悪をあらわにした


やはり

何が悪いかを認識させ(違法性)
おまえはそれをやった(構成要件該当)
それは責められる行為(有責性)

をしっかり説明しないリンチだったんだな。

教育勅語を強制すれば、こうなるだろう。




501 :日出づる処の名無し:04/01/21 15:33 ID:JDKRePz2
さて、何故法を破ってはいけないのでしょうか?
裁く側は法を破っても良いのでしょうか?

502 :日出づる処の名無し:04/01/21 15:50 ID:16BeQGYq
それは多くの人が長い時間を掛けて作り、
多くの人が支持するルールだからです。
しかも、成人になるとそのルールは自分たちで作ったり替えたり
出来るのです。

503 :日出づる処の名無し:04/01/21 16:19 ID:JDKRePz2
何故多くの人が長い時間をかけ
多くの人が指示するルールが正しいのでしょうか?

504 :日出づる処の名無し:04/01/21 17:36 ID:16BeQGYq
経験的にも正しいからです。
正しくなければ改正されます。

505 :日出づる処の名無し:04/01/21 19:14 ID:JDKRePz2
さて、経験的にどういう事が『正しい』のでしょうか?

506 :日出づる処の名無し:04/01/21 21:49 ID:16BeQGYq
民主主義の発展そのものです。

結局多くの人が支持しない物は全て滅びます。
不都合な法律は改正されます。

教育勅語は失敗物です。

507 :日出づる処の名無し:04/01/21 22:29 ID:TzTLjuDF
ゆとりの教育 奸賊 寺脇研
http://www.mammo.tv/column/sun/bnumber.php
#141 越境人になりたい!
「越境人」とは、国境を越えようとする人々。姜さんのような在日コリアンをはじめ
とする在日外国人の皆さんと、それに共感する日本人ということになります。
「六月の祭り」とは、2002年6月の、そう日韓共同開催のあのワールドカップです。
ワールドカップのときに、越境人たちが草の根ボランティアを組織して参加するまで
の道筋を、国境は越えられる、という信念に沿って綴っているのが、このノンフィク
ション作品なのです。
わたしは、この本を読んでいる最中に、三度泣きました。漫画を読んだり映画を観たり
しているときに涙が出てしまうことは珍しくないのですが、本で涙は、実にひさしぶり
の経験です。それほどに、感動させられました。
一度は、姜さんが大学進学にあたって、それまで名乗っていた日本名から朝鮮名に変え、
そのために断られ続けてアパートを借りることができず、それを、日本人の喫茶店店主
が救ってくれるくだり。二度目は、在日ブラジル人たちが差別や生活苦をものともせず
越境しようとする姿を描いたくだり。そして三度目は、皆さんも記憶にあるかもしれま
せんが、1997年ソウル蚕室スタジアムでの事件。フランスW杯出場を既に決めていた韓
国と、出場権を得るにはピンチに立たされていた日本との試合で、韓国サポーター
「レッドデビルズ」が「LET'S GO TO FRANCE TOGETHER」という巨大な旗をスタンドに掲
げた場面です。
わたしも越境人になりたい! と改めて思わせるだけの力を持った本です。ぜひ、読んで
みてほしいと思います。

508 :日出づる処の名無し:04/01/21 22:52 ID:TzTLjuDF
http://www.osaka-c.ed.jp/kaizuka/zennichi/SOUGOU.htm
(1)人権講座
@部落問題
 隣接の同和地区へのフィールドワークを実施し、地区の「まちづくり」を学ぶ中で、自らの地域における差別のない人権・福祉の「まちづくり」を調査、研究、発表する。
1,2限 オリエンテーション、班分け、班別対抗による「私たちの街・再発見」
      部落差別や人権侵害の概説、自分の街調査に向けて
3,4限 街調査の発表、部落の歴史の概要、フィールドワークに向けて
5,6限 フィールドワーク、講演、聞き取り
7,8限 班分けと発表テーマの決定
9,10限 発表、プレゼンテーション
A国際理解
 ハングルの基本を学び、食文化等を知ることから、韓国朝鮮に対し、親しみを持ち、知っていこう。
1,2限 キムチ、ピビンバのハングル表記からハングルの性格を発見する。ハングルの基本解説1
3,4限 ハングルの基本解説2、ハングル表記の地名や文章を読んでみる。
5,6限 ビデオを見たり、音楽を聴かせ、日本文化と朝鮮文化の比較
7,8限 身近にあるハングルを探せ
9,10限 ラーメンとキムチを食べる(作り方を解読して)
Bジェンダーフリー
 ジェンダーについて知り、家庭や職場における問題や、童話の中でのジェンダーについて考える。
1,2限 ジェンダーの説明、色塗り
3,4限 色塗りをもとに考えさせる、性格アンケート
5,6限 性格アンケートをもとに考える、仕事ビンゴ
7,8限 CMチェック、4コマ紙芝居でCMを作る
9,10限 CM制作、発表
Cバリアフリー
 様々な体験を通して、町のバリアフリー、心のバリアフリーについて考えていく。
1,2限 サークルボール(解説、やってみよう、目隠ししてやってみよう)
3,4限 点字の解説、点字を町へ探しに行こう
5,6限 ビデオ、新聞を使って障害者の声を聞く
7,8限 障害者自立支援施設「どんまい」を訪問
9,10限 全体の振り返り、意見発表、感想

509 :日出づる処の名無し:04/01/22 00:22 ID:W97uHnpJ
>>506
> 民主主義の発展そのものです。

プロテスタントの思想と、民主主義との関連
なぜプロテスタントから、民主主義という思想が発生したのだろうか。

初期の頃は、自分と対立する主張をする者を焼き殺すなど、ずいぶん血なまぐさいことも行われてきた。
だが、そんなことを続けているうちに、「これではたまらん」 ということで、
お互いに暗黙の了解のようなものが生まれてきた。
すなわち、「私は、あなたの主張が私と異なることを認めます。
だからあなたも、私の主張があなたと異なっていることを認めなさい」
という、いわば相互取引である。これが後になって、「言論の自由」 という思想を生み出す母体となった。

また 「個々人に解釈権を認める」 といっても、決してすべての人間が、
めいめい好き勝手に解釈していたわけではなかった。
ある人間の集団があり、そこで一人の男が「私は聖書をこう解釈する」
と主張する。すると周囲の人間のうち、その主張に同意する者が彼を支持する。
また一方では別の人間が、
「私の解釈はこうだ」
と主張し、その周囲に支持者が集まる……。
こういった構造が、選挙制度、ひいては議会制度というものを誕生させた。

「基本的人権」という観念も、その中の一つである。
聖書によれば、すべての人間は、神によって泥から作られたものだとされている。
世の中には乞食もいれば、立派な政治家もいる。
だがどんなに偉そうに見える人間でも、元々は神によって作られた、ただの泥人形だ。
だから人間には貴賎の差など存在しない。
そしてすべての人間には、生まれながらにして、神から所定の権利を与えられているのだ
――これが 「人権思想」 である。

http://www6.plala.or.jp/ninja4989/newpage24.htm

510 :日出づる処の名無し:04/01/22 00:24 ID:aSi+UR96
ひるがえって、日本における民主主義の歴史はどうだろうか?
初めて日本にその概念が輸入されたのは、明治維新のときだ。
そのとき維新の指導者たちには、日本を近代国家に生まれ変わらせるためには、
国の制度を根本的に変革する必要があることが、痛いほど分かっていた。

手本は欧米列強である。
欧米の 「議会制民主主義」 という制度を、何としても日本に根付かせなければならない。
だが伊藤博文をはじめとするリーダーたちは、
議会制民主主義の根底にはキリスト教があるということを、見抜いていた。
国民の精神的な支柱となるものがなくして、新しい制度を根付かせることはできない。
それがなければ、新しい制度はまさしく 「砂上の楼閣」 であり、一挙に崩壊してしまうだろう。
だからといって、日本国民をすべてクリスチャンに改宗させることなど不可能だ。
何か他のものを持ってこなければならない。
そして国民を統合させる象徴としてキリスト教に変わりうるものといえば、
日本人にとっては天皇以外にあり得なかったのである。

511 :日出づる処の名無し:04/01/22 00:53 ID:aSi+UR96
>>506
> 民主主義の発展そのものです。

民主主義とは
基本的人権
自由権
平等権あるいは多数決原理
法治主義
が主なる属性ですが何故それの発展がが正しいのでしょうか。

512 :abc:04/01/22 03:28 ID:R4zRFQ/u
>>506 教育勅語は失敗物です。

【教育勅語に対する評価】
http://www.sun-inet.or.jp/~hba7615n/tyokugo07.htm
◆日露戦争の開戦直前に元老伊藤博文の命を受けて、あらかじめ戦争終結の斡旋を工作するために米国へ派遣されていた金子堅太
郎という人物がいる。金子によれば、大方の予想に反して日本軍が連戦連勝するのを見て驚いた米国人に、「日本の勝利は国民の教育
が必ず然らしめるところであろう。日本の教育はどうなっているか、伺いたい」と質問された。
◆そこで金子は、軍人勅諭を挙げるとともに、まず一般教育において教育勅語がその根底を成していることを指摘し、求めに応じて前もっ
て翻訳しておいた教育勅語の英訳を披露したところ、多くの米国人から共感と称賛の声が寄せられたという。
◆その後、明治四十年に英訳本が公にされ、次いで漢訳がなり、四十二年に至って仏訳・独訳が完成し、在外公館を通じて世界各国に配
布された。四十一年にロンドンで開催された国際道徳会議においては、その要請に応じて菊池大麓が教育勅語について講演し、好評を博
した。こうした事例はほかにもあり、欧米の識者の間での教育勅語の評価は高かった。
◆また現代においても教育勅語を高く評価し、学校の教育理念としている人がいる。意外にもその人は台湾人で、東方工商専科学校を
創立した許国雄氏である。氏はことのほか日本文化を大切にし、「新世紀綜合大楼」というビルの十階に日本間をつくった。床の間には
、伊勢神宮の神棚と「天照皇大神」の掛軸があり、その向かいの壁に「教育勅語」が掲げられている。
氏曰く「ここに掲げているのは、日本語の教育勅語ですが、他に漢文、英語、フランス語、ドイツ語の教育勅語もあります。日本には教
育勅語がないから、夫婦相和さず、離婚率が高いのです。朋友が信じないから「いじめ」が絶えないのです。「一旦緩急アレバ義勇公ニ
奉」ずる精神が失われたから「陸軍記念日」も祝われず、国会で謝罪決議さえ行うのです。台湾には、大和魂があるから、選挙の時に中
共(中華人民共和国)から台湾沖にミサイルを三発撃ち込まれても、ビクともしませんでした。能登半島沖に北朝鮮からノドン一号が打
ち込まれましたが、日本の反応はいかがでしたか」。
◆日本でも三重県の私立皇學館高校が教育勅語を教育綱領としている。
 

513 :abc:04/01/22 03:44 ID:R4zRFQ/u
>>512 補遺

GHQはこんなに小さい日本が世界を向こうに回して闘い得たのは「教育勅語」「軍人勅諭」
の所為であると洞察し、即座に禁止令を出しています。
教育勅語にはその解説法により徳目の数が違いマスがここでは20の徳目を示しましょう。
之が米国を恐怖に陥れた幼児教育の源泉です。ここには戦争を鼓舞するような者は一切
ありません。それでもGHQは恐れたのです。
尚日本の教育基本法はこの教育勅語を土台にして作られましたが、その後GHQにより
挙行く直後が禁止されたことにより日本の幼児教育はバックボーンのない腑抜けな日本人を
量産していくこととなるのです。国家百年の計米国の陰謀により崩壊す。>>512はGHQの回し者
の様である。

教育勅語「20の徳目」
孝行 第一、忠節 第二、和順 第三、友愛 第四、信義 第五、
勤学 第六、立志 第七、誠実 第八、仁慈 第九、礼譲 第十、
倹素 第十一、忍耐 第十二、貞操 第十三、廉潔 第十四、敏智 第十五、
剛勇 第十六、公平 第十七、度量 第十八、識断 第十九、勉職 第二十。



514 :abc:04/01/22 03:48 ID:R4zRFQ/u
>>513 自己否定をしてしまいました。

>>512はGHQの回し者 ×
>>506はGHQの回し者 ○

ついでに教育勅語別徳目を紹介しよう。

http://www.meijijingu.or.jp/intro/education/
教育勅語 十二の徳目
孝行(こうこう) 親に孝養をつくしましょう
友愛(ゆうあい) 兄弟・姉妹は仲良くしましょう
夫婦(ふうふ)ノ(の)和(わ) 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
朋友(ほうゆう)ノ(の)信(しん) 友だちはお互いに信じあって付き合いましょう
謙遜(けんそん) 自分の言動をつつしみましょう
博愛(はくあい) 広く全ての人に愛の手をさしのべましょう
修学(しゅうがく)習業(しゅうぎょう) 勉学に励み職業を身につけましょう
智能(ちのう)啓発(けいはつ) 知識を養い才能を伸ばしましょう
徳器(とくき)成就(じょうじゅ) 人格の向上につとめましょう
公益(こうえき)世務(せいむ) 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
遵法(じゅんぽう) 法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう
義勇(ぎゆう) 正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう


515 :日出づる処の名無し:04/01/22 09:38 ID:QB3f+UQX
>が主なる属性ですが何故それの発展がが正しいのでしょうか

自分の運命を自分で決める社会的装置(議会)を持つからです。
各種の権威の根元が「自分たちの総意」だからです。
よきもわるきも、最終的に自分たちの責任だからです。

お偉い人がそういったから・・・ではないのです。

516 :日出づる処の名無し:04/01/22 09:59 ID:QB3f+UQX
――これが 「人権思想」 である。

もはや人権思想は神の手をはなれつつあり。
人間社会の理想として考えられている。

1993年世界人権会議で、アジア的人権を主張した国は否定された。

517 :日出づる処の名無し:04/01/22 10:08 ID:QB3f+UQX
>友愛(ゆうあい) 兄弟・姉妹は仲良くしましょう
はて、壬申の乱はなんだったのか・・
>夫婦(ふうふ)ノ(の)和(わ) 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
はてm、聖帝仁徳は浮気をして皇后はむちゃくちゃ傷付いて里帰りしたような。
>朋友(ほうゆう)ノ(の)信(しん) 友だちはお互いに信じあって付き合いましょう
皇族はだまし討ちをしょっちゅうしていたよな。雄略は皇太子を狩りに誘って射殺した。
>謙遜(けんそん) 自分の言動をつつしみましょう
是非雄略や武烈にレクチャーしてやって欲しい。
>博愛(はくあい) 広く全ての人に愛の手をさしのべましょう
神武天皇。。「うちてしやまん」神功皇后「新羅いてまえ」


518 :日出づる処の名無し:04/01/22 10:23 ID:Ga3Q7fsP
>>517
激しく同意!
全人類は過去になんらかの過ちを犯している。だから誰も「こうすれば社会がうまく機能する」などということを
言ってはいけない。
だからこれからも悪い事しまくろうぜ!

519 :日出づる処の名無し:04/01/22 10:25 ID:QB3f+UQX
坂口安吾 日本文化私感(1942)

「タウトは日本を発見しなければいけなかったが、我々は日本を発見するまでもなく
日本人なのだ。我々は古代文化を見失っているかも知れぬが、日本を見失う
はずはない。日本精神とはなんぞや、そういうことを我々自身が論じる必要は
ないのである。説明づけられた精神から日本が生まれるはずもなく、また
日本精神というものが説明づけられる物ではない。」

外国人に教えられ
自分にとってわけの分からない過去の建物や芸能を珍重するのは無意味だそうだ。
(タウトは日本文化論で桂離宮等を絶賛した)


520 :日出づる処の名無し:04/01/22 10:40 ID:QB3f+UQX
>だからといって、日本国民をすべてクリスチャンに改宗させることなど不可能だ。
>何か他のものを持ってこなければならない。
>そして国民を統合させる象徴としてキリスト教に変わりうるものといえば、
>日本人にとっては天皇以外にあり得なかったのである。

19世紀以後近代技術が人間と環境を絶え間なく変化させ、伝統的社会が持っていた
世界認識が近代的な自己懐疑によって揺り動かされた。
歴史や芸術に自己の存在意義を確認するアイデンティティを求め、自分とは何か
というアイデンティティの探求を通じて確実な世界を取り戻そうとする。

しかし結局はむなしい試みである。
われわれがアイデンティティと感じる物は他者との関係において自覚される
ものである。異文化と接して初めて自らの属する文化体系を意識する。。
アイデンティティははじめから存在する不変の物ではない。
世界の中に住む自分が他者と出会い交わることで新たに創造され変化する。



521 :日出づる処の名無し:04/01/22 10:44 ID:QB3f+UQX
>そして国民を統合させる象徴としてキリスト教に変わりうるものといえば、
>日本人にとっては天皇以外にあり得なかったのである。

この時点で既にアイデンティティは変化している。
そして敗戦を経験した我々は戦後民主主義に出合いまた変化した。
今後も変化し続ける。逆行コースは極めて不自然である。

教育勅語奉読など、極めて不自然な逆行コースである。
クラブ活動ならともかく・・・

522 :日出づる処の名無し:04/01/22 10:53 ID:h/6Dwgcd
個人的に、教育勅語よりも『論語』でも暗誦させるほうが
変な左右イデオロギーに振り回されることがないのでいいのではないか?
教育勅語から「天皇」をのぞけばあまり内容は変わらないし。

523 :日出づる処の名無し:04/01/22 10:53 ID:QB3f+UQX
価値観が多様した現在

>日本人にとっては天皇以外にあり得なかったのである。

という状態ではない。キリスト教の代わりが必要な状況でもない。
今後必要なのは
「価値観の多様性を認め許容し衝突を調整し協力し共存する社会」である。
でないとテロも防止出来ない。

今のウヨ傾向は、中韓米イスラムにより、危機感を感じ、確実な世界が
欲しくなり、またアイデンティティを求めだしたからだと言えよう。

524 :日出づる処の名無し:04/01/22 11:09 ID:QB3f+UQX
>アイデンティティははじめから存在する不変の物ではない。
>世界の中に住む自分が他者と出会い交わることで新たに創造され変化する。

それゆえ、神仏を分離し、神社合祀令を出して民間信仰を破壊し、
教派神道を弾圧した・・・・教育勅語もアイデンティティの新たな創造
の為に作られた・・・・そういう意味では、新旧両憲法もそうなんだけどね。

525 :日出づる処の名無し:04/01/22 11:13 ID:QB3f+UQX
>522

韓国は儒教国でもあるようだが・・・
日本は儒教の都合のいいとこのみ採用したからかの国とは違う
という指摘もあったような・・・

526 :日出づる処の名無し:04/01/22 11:17 ID:QB3f+UQX
いずれにしろ教条主義はいかん。
奉読などもってのほか。批判精神をもたねばならん。

日本人は教条主義には陥らないという土壌はあるようだが
切迫するとやはりダメだ。油断はならない。

527 :abc:04/01/22 13:50 ID:pPTsx1nW
>>516 に禿胴

>>517-518 はピントがずれている
>>552 は論語も善いでしょう。だからといって教育勅語を否定するいわれはない。
     と言うか論語を重視しすぎると李氏朝鮮の二の舞になるのでは無かろうか。
>>523 に同意
>>526 の教条主義の弊害はよく分かるが者の分別の付かない者には素読も効果
     があると、考えます。天皇陛下の部分を覗いた教育勅語なんぞは最適と思う。
http://www.meijijingu.or.jp/intro/education/
教育勅語 十二の徳目
孝行(こうこう) 親に孝養をつくしましょう
友愛(ゆうあい) 兄弟・姉妹は仲良くしましょう
夫婦(ふうふ)ノ(の)和(わ) 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
朋友(ほうゆう)ノ(の)信(しん) 友だちはお互いに信じあって付き合いましょう
謙遜(けんそん) 自分の言動をつつしみましょう
博愛(はくあい) 広く全ての人に愛の手をさしのべましょう
修学(しゅうがく)習業(しゅうぎょう) 勉学に励み職業を身につけましょう
智能(ちのう)啓発(けいはつ) 知識を養い才能を伸ばしましょう
徳器(とくき)成就(じょうじゅ) 人格の向上につとめましょう
公益(こうえき)世務(せいむ) 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
遵法(じゅんぽう) 法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう
義勇(ぎゆう) 正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう

528 :abc:04/01/22 13:54 ID:pPTsx1nW
>>527 補遺

タイムマネージメントが不能な>>517-518類のコメントは御免被りますぞ。

日本人が得意とする「匠の技」は伝統と切磋琢磨を支える「温故知新」の
精神にあることを嬉しく思う。


529 :日出づる処の名無し:04/01/22 14:10 ID:QB3f+UQX
皇太后の美智子様いじめ・・・・

530 :日出づる処の名無し:04/01/22 14:11 ID:QB3f+UQX
宮内庁の雅子様いじめ・・・・

531 :日出づる処の名無し:04/01/22 14:15 ID:QB3f+UQX
実際には皇族にも妾が居た。
漏れの向かいに住んでいた人は妾の子(女性)
その人の夫の葬儀には昭和天皇からの献花が・・・・

532 :日出づる処の名無し:04/01/22 14:17 ID:QB3f+UQX
その人に付いていけば、パンピーが入れないところに
入れた。母親はいろいろな所についていった。
お香の会とか、書きたいけど書いたら差し障りあることとことか・・・

533 :日出づる処の名無し:04/01/22 14:22 ID:QB3f+UQX
秋篠○妃の2度の中○とか・・・・

534 :日出づる処の名無し:04/01/22 15:01 ID:ELE7D1oi
>>515
つまり自己責任を通じた試行錯誤の結果が一番信用出来る
と言うことですね。
教条主義がいかんのなら法律で禁止されているというのも問題があるのでは?

535 :日出づる処の名無し:04/01/22 15:57 ID:QB3f+UQX
法律は社会的に試行錯誤済み。

立法趣旨、判例共に説明し教育すべし。
不満が有れば、成人後賛同者を集め、改正しなさいと教育。
それは政党政治そのもの。

ガキと大人で共通の「行動様式」を身に着け行うべし。

536 :日出づる処の名無し:04/01/22 16:03 ID:QB3f+UQX
生徒会、学生の自治など社会のミニチュアで試行錯誤させるべし。
もっともあくまで試行錯誤の勉強であるという趣旨を徹底させて。
つまり学校教育に於いては、全生徒一致でも替えられない”憲法”があると。
校則の憲法部分は、教員・PTAが決めておく。(最低限にするべきだが)
実際の社会では憲法改正は出来るがね。

537 :日出づる処の名無し:04/01/22 17:05 ID:ELE7D1oi
その教育方法は正しいとおもうが
他人が試行錯誤した結果を自分にとって正しいと判断するには
社会的に正しいという動機づけでは不十分でしょう。
捕まる奴が馬鹿と思うだけでは?

538 :日出づる処の名無し:04/01/22 17:26 ID:ELE7D1oi
社会的に試行錯誤された結果だから正しいというのは
それが自分にとっても正しいと自明の物にならない限り
教条主義と何の変わりも無く価値観の多様化には対応出来ない。

539 :日出づる処の名無し:04/01/22 18:41 ID:QB3f+UQX
>それが自分にとっても正しいと自明の物にならない限り

自分が子供であり経験不足であると言うことを認識し(させ)
立法趣旨・判例を学ぶ。実際に裁判見学もすればいい。
自明の物? 犯罪をして家裁送りになればものすごく身に付く。
身近に居るだけでも(w


540 :日出づる処の名無し:04/01/22 18:50 ID:QB3f+UQX
それこそ破れ窓理論。微罪でどんどん取締まわれると街がキレイになり
治安が良化する。それを目の当たりに見る。

価値観の多様化・・それを認めているのは日本国憲法であることを認識させる。
法律は自分たちで改廃できることを教え、そのための基礎知識を学ばせる。

そして法律に決まっていないことが起きたらどうする?
類推解釈、拡大解釈の手法を学ばせ、判断する方法を身に着けさせる。。
あと、「法理」というものも・・・・

541 :日出づる処の名無し:04/01/22 18:56 ID:QB3f+UQX
実は道徳だろうが常識だろうが、社会的試行錯誤で出来ている。
でも守られなくなったのは何故かなんだな。

理由・根拠をしっかり説明出来ない、説明しなかった、且つ罰則がないから
守られない。
ということなんだな。偉い人がいったからではダメで、
しっかり理由・根拠を説明し、且つ廻りがそのルールをしっかり守っている
ことが重要なんだな。。

542 :日出づる処の名無し:04/01/22 19:03 ID:QB3f+UQX
なんだかんだ言っても

信賞必罰・・・・以上!  なんだな。

543 :日出づる処の名無し:04/01/22 20:01 ID:l45PjIlI
852 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:03/07/27 19:05 ID:T3ovrbek
>>851
ちょっと話がそれるけど。
秋葉のある店で店員してる者なんだけど、小学生が平気でエロゲ買いにくるぞ。
それだけじゃなくてすげえ会話してるし。例えば
「○○4000\かよ〜」「やめとけば?A子2000円でフェラしてくれるそうだからとっとけよ」
とか。
ランドセル背負ったままみこみこなーす連呼してる奴らもいたなぁ。
今時の小学生は童貞の俺やお前なんかよりよっぽど凄いぞ。

お前だって小学生の頃からエロ本友達と買いに行ったり、拾ったりしただろ。
一々欝にならずに気楽にいこうや。

544 :日出づる処の名無し:04/01/23 01:13 ID:PNKMAX1u
>>539
>自分が子供であり経験不足であると言うことを認識し(させ)
どうやって認識させる?

人間が物事を理解すると言う事は他者の経験を自分の経験と照らし合わせて
理解したように感じているだけのあやふやなものだ。
私が>>536の>生徒会、学生の自治など社会のミニチュアで試行錯誤させるべし。
問いう教育法が正しいと思ったのは自分が試行錯誤した経験を
社会が試行錯誤した経験と照らし合わせる事によって信頼できるモノかどうか
判断出来る経験値をあげる事ができるからです。

罰に対する恐怖は和田さんの話しからも抑止力が無いと分かります。
抜け道をどう作るかと言う方向に思考がずれてしまうからです。


545 :日出づる処の名無し:04/01/23 01:15 ID:ZggvcnU0
>>540

>類推解釈、拡大解釈の手法を学ばせ、判断する方法を身に着けさせる。
これをやるには個人個人が試行錯誤して経験値をあげる以外にありません。
治安の良化が自分個人にとっても有益なものだと理解するにも同じ事です。

546 :日出づる処の名無し:04/01/23 01:25 ID:pDcYCQoZ
>>541
> 実は道徳だろうが常識だろうが、社会的試行錯誤で出来ている。
>でも守られなくなったのは何故かなんだな。

個人個人が社会的環境の中で試行錯誤でき無くなったからだが・・・
実はじゃ無くて全ての秩序は試行錯誤によって出来ている。
天皇制も同じ。
人々が一つの理想的秩序と一体化するためのカリスマが必要だった訳だ。
でも近代化した現代にこの処方せんは効かない。
基本的に道徳も倫理も法を裏側から支えるために必要なもので無視出来ない。

547 :日出づる処の名無し:04/01/23 01:25 ID:jCq3ivDe
フロイドがその辺に対して鋭い考察を行っている。
集団と個人は共同幻想を介してつながっている。
集団を支えているのも、個人を支えているのも共同幻想である。
集団の共同幻想は、個人の私的幻想の共同化としてしか成立し得ず、
個人はその私的幻想を共同化することによってしか個人となり得ない。

本能に従うことがそのまま自己保存の方法でもあるような動物と違って、
人間は「現実原則に従う自我と快感原則に従うエスとの対立」
あるいは分裂状態にあるところにその根本的原因があります。
人間は、自己の快感原則にそのまま従っていては、
まわりとの絶え間ない衝突を生み出して、自己や種族の保存どころか、
自己や種族の破滅に陥る(「人間は本能が壊れている」)ため、
むしろ、それ(快感原則に従うエス)を抑圧し、
環境との折り合いをつける、自己や種族を保存をするための
「自我」が形成される。この自我が「共同幻想」である。
この自我は通常、母親の自我をコピーすること(identification)
によって幼児期に形成される。
つまり、個人は人間社会という環境のなかにおける自己保存方法を、
(通常)母親から得、また、社会はその母親を通して、
共同社会保存方法として、個人が守るべき行動規約を
その母親(の持つ共同幻想)を通して生まれてくる個人に付与する。
こういうわけで、「自我すわなち共同幻想」が
個人にとっても共同体にとってもその存在を支える
重要なものとなるわけです。


548 :日出づる処の名無し:04/01/23 01:33 ID:Jt1xmisv
>>541
>実は道徳だろうが常識だろうが、社会的試行錯誤で出来ている。
>でも守られなくなったのは何故かなんだな。

この理由は>>363に書き込んだな。
偏差値や進学した学校で人間性まで評価されるようになって
社会生活を通じた試行錯誤によって人間性を育てるといった教育がされていないから
社会の中で生きるという自明性が無くなってしまったからだ。


549 :日出づる処の名無し:04/01/23 01:58 ID:W28NoF/L
>>539
>自分が子供であり経験不足であると言うことを認識し(させ)
人間が経験不足を認識するには失敗する必要がある。

550 :日出づる処の名無し:04/01/23 09:16 ID:GnvcL8lL
>個人個人が社会的環境の中で試行錯誤でき無くなったからだが・・・

そんな機会はいくらでもある。きちんとした基準でほめられたりしかられたり
しないからダメダメなの。。
とくに”現状”では悪いことが圧倒的確率でしかられない。


>抜け道をどう作るかと言う方向に思考がずれてしまうからです。

だから信賞必罰なのです。  罰 罰。 いま罰が少なすぎるのです。
必ず罰するのです。もちろんきちんとした理由で、適切な罰を。



551 :日出づる処の名無し:04/01/23 09:38 ID:GnvcL8lL
大人は大人でむちゃくちゃなんだが、ガキがなぜ大人の言うことを聞かないか

理由のひとつに

社会の急激な変化があげられよう。
現在の出来事、商品やサービス、流行といったものは大人が自分の
子供時代には体験していないものが多い。
たとえば子供のおおきな関心事、ゲームにしたって、大人が子供時代に
体験しなかった。故に、新しい事に対しては大人も子供もスタートライン
が同じで、同じだとすると習熟は時間が多くかけられるガキの方が早い。
大人の経験によるアドバンテージを、簡単に超えられてしまう。
コンピュータ、、携帯、等もそう。むしろ大人がガキに聞く。
消費社会でターゲットがガキ、F1と言われる若い女性等に集中しすぎ
世界を動かす主体が自分たちだと錯覚する。実際は金を使わされているだけなのだが・・
ちょっと前までは子供は、大人が子供時代体験したことをまるでなぞるように
体験した。故に大人の経験値がモノを言った・・アドバイス出来た・・
しかし今は・・・
社会的経験値が時代遅れになる。法律・常識・道徳・・・一部分が対応不可
になってくる・・・・著作権(法整備のおくれ)放置自転車(大人の子供
時代にはほとんど放置自転車なんてなかった)性道徳(昔は女は15で嫁に行った
ってふるー、しかし、やりたい盛りには結婚していた)
故に、規範だけを知っていてもダメダメ。法学でいうところのリーガルマインド
が必要なんだな。


552 :日出づる処の名無し:04/01/23 10:00 ID:GnvcL8lL
今の大人が(ちょっとおおざっぱすぎだが)むちゃくちゃなのはやはり
敗戦による価値観の転換が大きい。別に戦前教育が正しかったのではないよ。
帝国憲法下でも治安維持法・教育勅語等でしばりあげ、落ち着かせた。
当時は愚民政策で政府が臣民を教化する時代だったのだ。
それが敗戦でひっくり返り、当時の大人は団塊の世代を教育するのに一部失敗した。
自由になったのは良いが、権利の衝突を調整するすべをもたなかった。「古い」
の一言で大人は論破され黙ってしまった。いまは団塊ジュニアが成人だ。
団塊世代もまた権利の衝突の調整をするすべを持たない。自分たちが衝突を煽っていた
クチだからね。ジュニアもそうなった。さすがに見直そうとする機運が高まった。
それが今の右傾化傾向である。かつては天皇を臣民を縛るネタに使ったが
今は出来ない。
今求められているのは衝突する権利の調整であり、民主主義に則りそれを主体的に解決する
能力である。
となると。今までに具体的に紛争をどう解決したかを勉強すべきだという結論となる。
判例はその宝庫である。もちろんガキ向けに翻訳してやらねばいけないが・・・

553 :日出づる処の名無し:04/01/23 11:12 ID:MbqtzTNf
 「私を最も心配させるのは、個々の男の子や女の子の苦境である。我々の子どもたちは
しばしば必要な教育を受けていない。・・・その機会は、過激な左翼教育担当当局や過激な
教師によって、子どもたちから奪われている。・・・自分自身を明確な英語で表現できなければ
ならない子どもたちが政治スローガンを教えられている。伝統的な道徳価値を尊重できなければ
ならない子どもたちが自分たちは浮気をする権利を持っていると教えられている」
  〜1987年英国首相サッチャーの保守党大会における演説〜

554 : ◆.EDMOUBKE2 :04/01/23 11:22 ID:MwmYzWM4
英国はナチと連合組んだ歴史なんかねえってw

555 : ◆.EDMOUBKE2 :04/01/23 11:31 ID:MwmYzWM4
人体実験をしたことも、集団殺戮も、従軍慰安婦もな〜んにも
ない国だしな(ゲラ

556 :日出づる処の名無し:04/01/23 12:43 ID:eB3hR7tP
>>550
今の子供達が社会の中で試行錯誤する機会が少ない事は
>>351で子供の表現能力の弱さがから解ると実証されている。

後、人間関係全てが好き嫌い、好感を持つ、許せないといった
賞罰的なものです。
それを社会生活の中の試行錯誤によって相対化された物が
個人にとって信用出来る正しい基準です。
捕まって怒られようが奉仕活動しようが捕まった事を反省するだけで
悪事を反省することになりません。
何より破れ窓方式では犯罪を未然に防げない上に
被害者を出してしまいます。

557 :日出づる処の名無し:04/01/23 13:26 ID:GnvcL8lL
>何より破れ窓方式では犯罪を未然に防げない上に
>被害者を出してしまいます。

信頼出来るソースを希望。



558 :日出づる処の名無し:04/01/23 14:52 ID:eB3hR7tP
犯罪が起きてから取り締まっても
中学生が幼児にいたずらしたりレイプされた被害者の
傷は癒えないが…
和田さんは数年前どこかの大学のアイスホッケー部等が
輪漢事件を起こしても気にしてませんが。


559 :abc:04/01/23 15:07 ID:9ynpuQ1S
>>555 …

文章は5W1Hで書かないと何を言っているか分かりませんぞ。
貴方の文章は日本を皮肉っているようにも朝鮮を皮肉っているよう
にも聞こえるので誰も耳を傾けませんぞ。皮肉る文章は本人の
自己満足で書いてはいけませんぞ。せめてレス番号でも付ければ
判別可能かもしれないけれど貴方は一体誰にもの申しているのですか。



560 :日出づる処の名無し:04/01/23 17:11 ID:GnvcL8lL
>何より破れ窓方式では犯罪を未然に防げない上に
>被害者を出してしまいます。

信頼出来るソースを希望。


561 :日出づる処の名無し:04/01/23 17:13 ID:GnvcL8lL
>和田さんは数年前どこかの大学のアイスホッケー部等が
>輪漢事件を起こしても気にしてませんが。

その後どうなったかを含めて和田が知っていたのかい?
知っていたと信ずるに足る情況証拠でもあるのかい?


562 :日出づる処の名無し:04/01/23 17:15 ID:TP8lHYPM
教育勅語と建国神話の二つはこれからの教育に絶対に復活させるべきだ!

563 :日出づる処の名無し:04/01/23 17:22 ID:GnvcL8lL
強姦は親告罪(被害者が告訴しなければいけない)
ここまでは知っている可能性が高い。

しかし、輪姦は告訴が無くても罰することが出来る(刑法180条)
これはあまり知られていない。
すーふりに馬鹿共も刑法をきちっと読んでいないから輪姦などするのだよ。
被害者が被害届を出さないとふんでタカをくくったのだろう。

もちろん強姦もとんでもない犯罪。しかし輪姦よりはマシ。

それと強姦罪が軽すぎるので、もうすぐ、刑が重くなりますう。
(準備中)刑法改正をマスコミは盛大に報道して、強姦を含む
凶悪犯罪防止に協力を!!

564 :日出づる処の名無し:04/01/23 17:25 ID:GnvcL8lL
親告罪の強姦で被害届がでないのに味を占め輪姦・・・
やはり、軽い犯罪→味をしめる→凶悪犯罪 なのだ。

微罪をビシバシ 取り締まるべし。

565 :日出づる処の名無し:04/01/23 17:26 ID:GnvcL8lL
>教育勅語と建国神話の二つはこれからの教育に絶対に復活させるべきだ!

考古学の文献資料としては、取り扱うべきだな。

566 :日出づる処の名無し:04/01/23 17:30 ID:ug5tIx7s
日教組の教えをネットで発信
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1074842401/l50

567 :日出づる処の名無し:04/01/23 19:34 ID:AxQYdfoc
米教授の名著「日本帝国の申し子」日本で出版

日本の朝鮮半島支配は朝鮮(韓国)に近代的変化をもたらした−日本統治時代の朝鮮におけ
る資本主義経済の形成と発展を研究、分析することで歴史の「暗」だけではない「明」も明
らかにしたカーター・J・エッカート米ハーバード大教授(朝鮮史専攻)の“幻の名著”で
ある「日本帝国の申し子」が近く、日本の出版社(草思社)から翻訳出版される。

エッカート教授は著書で、日本統治時代に関する韓国側の従来の研究について「陳腐な通説と
歪曲(わいきょく)された歴史認識によって歴史的意義が覆い隠されてきた」と批判。朝鮮に
対する過去の日本の役割について「圧制者であると同時に社会経済の変化の推進者でもあった。
帝国主義による植民地支配はすべての朝鮮人に苦痛をもたらしたわけではなく、人々の階層に
よってその影響はさまざまだった」とし、歴史に対し「正と負の遺産の両面」を含む多角的な
見方を強調している。

只今、Amazon 予約ランキング20位!発売前なのに!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794212755/qid%3D1074667200/250-1315639-6733848


568 : ◆.EDMOUBKE2 :04/01/23 19:52 ID:eIhAisy/
日本人ってなぁ、こういう本が出ると、すぐ図に乗るからなぁ。

569 :日出づる処の名無し:04/01/23 20:02 ID:v5hIFZse
>>568って釣りなのそれとも基地外?

570 :日出づる処の名無し:04/01/24 02:37 ID:Wk+JCa4g
責任をとることを覚えさせるためには、あるいは覚え学んでもらうためには、
自由に振る舞って、自由に振る舞った帰結を自分で、
つまり、しりをぬぐうといいますが、自分で処理してもらう、
そういう訓練が必要です。
自分が不快な状態にあるとすれば、周りが悪いというよりも、
まず、自分の選び方が悪かったのじゃないか、
自分の試行錯誤に問題があるのじゃないかと自分に引きつけて責任をとる、
つまり自分でやり直す、
そういう態度が実は責任のある態度に結びついていく。

571 :日出づる処の名無し:04/01/24 07:58 ID:LCVPhXkQ
>自由に振る舞って、自由に振る舞った帰結を自分で、
>つまり、しりをぬぐうといいますが、自分で処理してもらう、
>そういう訓練が必要です。


自由な振る舞いで人を殺しちゃったらどうするよ。


572 :日出づる処の名無し:04/01/24 09:45 ID:x8hJsxUp
それ以前の幼児や低学年の話しでしょ。
年齢が大きくなって突然野放しになったらかえって怖い。

573 :日出づる処の名無し:04/01/24 11:20 ID:LCVPhXkQ
低学年からゲームでさんざん相手やっつけて居るんだからねえ。
ダメージとか数値化して考えてさ。

何で人を殺しちゃいけないの?ゲームでさんざん殺しているよ・・・・

574 :日出づる処の名無し:04/01/24 11:21 ID:LCVPhXkQ
徹底的に殺す!訓練を日夜ゲームで修行中!!

575 :日出づる処の名無し:04/01/24 11:23 ID:LCVPhXkQ
>つまり、しりをぬぐうといいますが、自分で処理してもらう

リセットボタンを押せば、都合の悪い恥ずかしい結果は無かったことに・・・・

576 :日出づる処の名無し:04/01/24 16:51 ID:zI2lELm7
>>570
ロールプレイングを授業でさせるとかで十分代用できるのでは?

577 :abc:04/01/24 20:10 ID:VShGHTBE
>>576 >>575

逆順ではありますが引用しますが、
人間の文化はリセット文化には馴染まない。
RPGが人間の精神を崩壊させたと言う話もありました。



578 :日出づる処の名無し:04/01/25 01:00 ID:DbfR0aZU
周囲の人々に真実を知ってもらうための啓蒙活動について、
語りませんか?

【憂国】効果的な啓蒙活動について語ろう【啓発】
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1074957950/

579 :日出づる処の名無し:04/01/25 17:42 ID:vals4t/J
>>577
TVgameのRPGではなくて、
「模擬いじめ」や「模擬裁判」を役割を決めてやらせる
授業のことです。

580 :日出づる処の名無し:04/01/26 00:27 ID:WFB8kqV+
チビ助の喧嘩に教師や親が余計な首を突っ込まなければ>>570は達成出来るのでは?

581 :日出づる処の名無し:04/01/26 00:58 ID:1CECIsY8
その他の倫理と道徳の違い
http://www.numse.nagoya-u.ac.jp/F1/proftakeda/05/engethics02.htm

582 :日出づる処の名無し:04/01/27 00:49 ID:Mjb835f+
教育勅語と建国神話の二つは、これからの教育に絶対に復活させるべき。


583 :日出づる処の名無し:04/01/27 01:01 ID:Xg5hmNBD
日本の置かれている状況をマスコミも教師も教えないで
およそ電波じみた愛と平和を謳い文句にしてるから緊張感が無い。
危機的状況に気がつけば、自ずから基軸(それが必ずしも国家になるとは
限らないけど)を求めるようになると思う。
教育勅語より何より、日本を覆うこの甘い幻想電波をなんとかしないと。


584 :日出づる処の名無し:04/01/27 02:15 ID:VzjSQ1bk
教育勅語と日本建国の話は詳しく知っときたい。だって日本人だから。

585 :abc:04/01/27 04:40 ID:ZzQVMb1g
>>579
> >>577
> TVgameのRPGではなくて、
> 「模擬いじめ」や「模擬裁判」を役割を決めてやらせる
> 授業のことです。

失礼しました。ロールプレイングゲームといわれればディベート
と同じように訓練というイメージが湧きましたがRPGと聞くと
ついついTRPGを思い浮べてしまいました。



586 :abc:04/01/27 04:49 ID:ZzQVMb1g
>>584
> 教育勅語と日本建国の話は詳しく知っときたい。だって日本人だから。

日本建国の話は神話としてのカテゴリで童話++と考えればよいのでは。
ギリシャ神話、ローマ神話そして十戒なんぞと同じように考えればよろしい。
古事記や日本書紀が軍靴の響きとは思えませんぞ。

587 :日出づる処の名無し:04/01/27 06:14 ID:jIcxmP07
古事記にしろ日本書紀にしろ、史実的には全く建国譚ですらないこと。
記紀は天武期以降の支配の系譜譚であること。
古代の日本人のこころをさぐるには、記紀以前の史料に求めるしか
ないこと。

588 :日出づる処の名無し:04/01/27 06:24 ID:jIcxmP07
あるいは、日本神話には
高天原系(アマテラス)、出雲系(スサノオ、オオナムジ)が
並立していること。あるいはニギハヤの存在…。
あるいは宮廷神事や、地域の神事との関係。

589 :日出づる処の名無し:04/01/27 06:31 ID:jIcxmP07
教育論においては、通俗日本神話の無反省的な導入は
どう考えても無意味かつ有害である。

590 :日出づる処の名無し:04/01/27 06:34 ID:jIcxmP07
ちなみに私は、津田史学を信奉するものではないが、
たとえばつくる会教科書の古代についての記述が
とても貧しいと思うものである。

591 :日出づる処の名無し:04/01/27 06:40 ID:jIcxmP07
日本人固有の美徳というが、明治以前のそれは
現代のそれとは、一種の断層的に異なる。

592 :日出づる処の名無し:04/01/27 06:42 ID:jIcxmP07
維新以降の日本を、わが国の感性というのなら
それはそれで勝手だがね

593 :日出づる処の名無し:04/01/27 08:11 ID:RNslLj0T
下層階級に奴隷精神を叩き込むためには絶対に必要。
教育勅語を復活すべき。下層民が働かないから日本がうまく回らなくなった。

594 :abc:04/01/27 09:51 ID:bQNSNx9W
>>593 下層階級に奴隷精神を叩き込むためには絶対に必要

勤勉の美徳を奴隷精神と言う輩は草(工作員)ですな。ラッパ
とも言ったかな。



595 :日出づる処の名無し:04/01/27 10:18 ID:nZs2hVdS
ID:RNslLj0T が働かないからだよ。

日本書紀にはタカミムスヒはニニギを葦原中国の主にしたいと考えた
とあるが、
「かの地には多く蛍火の光る神、騒がしい邪神がいてさらに草木もみな
良く言語を持っている」と認識していた。

それをどんどん”平定”していく。
あの時代、”ひとつにまとまる”こともやはり必要であったのだろう。
小勢力の小競り合いが絶え間なく、生活が安定しないとやはりこまる。
あの時代、まとめる手段は宗教と力と血筋であったのだ。
しかし、神道では国はまとめられなかった。各部族は氏神を持ち、個別に
祀った。天皇家は、部族連合の長、大王にとどまったが、大王の地位の独占は
できた。しかし、外戚は常に大王の地位を狙い、実権を奪いたがった。
神道では国をまとめられない・・・聖徳太子は仏教を国教とし17条憲法を
出し、隋の政治手法を取り入れた。


596 :日出づる処の名無し:04/01/27 10:28 ID:nZs2hVdS
天皇家は”血筋”により、中国でいうところの”皇帝”におさまり
仏教で国をおさめた。結局中国システムを採用して国の統一が
盤石となる。
八百万の神は仏教と習合していった。いきなり仏教には替えられなかった。
習俗と仏教とのつじつま合わせが始まった。そしてそれは成功した。
先祖供養(仏教には本来ない)も仏教で行うようになった。天皇家でも
火葬すると死の穢れは瞬時に消え清潔な骨となるので、「もがり」期間
が大幅に短縮出来、重宝した。穢れが消えないと大嘗祭が出来ないからね。


597 :日出づる処の名無し:04/01/27 10:42 ID:nZs2hVdS
人間欲張ってはいけない。宗教的権威も、現世的権威もと独占すると
絶対に慢心し権力は腐敗する。人心の不満は高まり”革命””クーデター”
が起こる。日本に於いては、天皇家=精神、武家=現世 の権威と政教分離した。
そのおかげで天皇は権力に担がれる単なる御輿に近くなったが、存続できた。
政治がみだれても、武家勢力が入れ替わばおさまった。

天皇が親政、若しくは大権などを持つと日本は乱れる。
天皇が宗教・政治両方の権力を持つと日本は乱れる。
大東亜戦争では日本が無くなるところだった。
これは歴史の教訓である。





598 :日出づる処の名無し:04/01/27 10:45 ID:nZs2hVdS
しかし天皇家のない日本というのは今まで経験したことがない。
故にどうなるか想像も付かない。
皇統が絶えるというのは、避けた方が無難である。


599 :日出づる処の名無し:04/01/27 10:51 ID:nZs2hVdS
天皇を御輿にしておけば、日本は政治が乱れても短期間で修復出来る。
政権交代すればよい。平家滅亡以来の伝統だろう。明治維新も終戦後の
新憲法体制もそう。

今後皇統を絶やさない様にするには・・・・・
開かれた皇室・・・それと、ルックスの改善!!

600 :日出づる処の名無し:04/01/27 10:54 ID:nZs2hVdS
つまり嫁候補がごまんと現れ、早婚でたくさん子供を作らないと・・・

601 :日出づる処の名無し:04/01/27 10:59 ID:nZs2hVdS
あと皇室の秘宝公開と
御用達制度復活が (゚∀゚)イイ!!

本当に (゚∀゚)イイ!! モノとは何だ!という宣伝マンになっていただきたい。
文化もモノも両方。国内外共に。

それが日本の国力アップに一番良い。



602 :日出づる処の名無し:04/01/27 11:02 ID:nZs2hVdS
追伸補足

明治維新は御輿が大権持ったからいかんのだ。

603 :日出づる処の名無し:04/01/27 19:43 ID:UX8DDslu
国連委が日本の教育政策を審査

国連子どもの権利委員会は28日、子どもの権利条約に基づき、日本の教育政策や子どもの
福祉の現状などについて審査する。審査はスイスで行われ、結果は現地時間の30日以降に
公表される予定。今年は日本政府が条約を批准してから10年。
審査は5年ごとで日本の審査は2回目になる。前回の1998年は「競争が激しい教育制度で子どもが
ストレスにさらされている」と日本政府に是正勧告した。

604 :日出づる処の名無し:04/01/27 19:50 ID:4z6+fU3+
御神輿に「大権がある」ことにして、
状況に応じた「ルート権限」使えるようにしといたら、
肝心の設計者達が死に絶えちゃって、
暴走が始まったというか・・・。

605 :日出づる処の名無し:04/01/27 20:46 ID:grI8MUO3


http://product.esbooks.yahoo.co.jp/product/product/detail/author?accd=31323306

606 :日出づる処の名無し:04/01/27 21:06 ID:nZs2hVdS
>前回の1998年は「競争が激しい教育制度で子どもが
>ストレスにさらされている」と日本政府に是正勧告した

う〜クソウヨは日教組の「結果の平等で差が付かない教育」をしているから
あかんちゅうてへんかったか?差がつかんから競争が激しい?つ〜のは
おかしいな。
それとも生まれつき差がついとったらアフォらしくて競争しないから
ええのか?
超エリートと超DQNと分ければええんか?

607 :日出づる処の名無し:04/01/27 22:51 ID:iuTfs7/U
ハイティーンの優秀な生徒達が試験戦争を繰り広げるというのは
先進国では当たり前の事で日本はむしろ甘い方。
だが試験戦争の外の世界、つまり「社会関係」の中で
それがどういう意味付けを持つかと言う事を明晰に意識出来る様な
生育環境が学校にほとんど集約された日本には無い。
エリートの場合ドイツやフランスなんかが典型的だが一人の子どもが
小学校、教会、ボーイスカウト、スポーツチームと幼少期から
三つから四つの地域集団に所属し、所属集団ごとに別々の物差で
自分を多元的にポジショニングしている。
だから日本の様に情報を頭に詰め込んで受験戦争に勝ち抜く事が
実存的な自尊心まで決定するという共同幻想に溺れてしまう事が無い。
それぞれ違う次元の競争に専念し、複数の共同幻想に浸かりながらも
それが幻想である事に気付き試行錯誤する事ができる環境が出来上がっている。

608 :日出づる処の名無し:04/01/27 22:52 ID:8eudrvdv
韓国では、国の政策として「英才教育」を始めた。
現在「英才教育校」の数は全国に50。5年後には200校までに増やす計画だ。

今の韓国は異様なまでの教育ブームだ。
「おたくの子はいくつ?」というあいさつ言葉は、年齢を聞いているのではない。
通っている“塾の数”を聞いているのだ。
http://www.alc.co.jp/korea/culture/quiz/more05.html
http://www.konest.com/culture/special/fuukei/no1135.htm
大学修学能力試験」という、日本のセンター試験に該当するものの
結果で自殺する者もいるらしいがこれって日本の抱えている問題と
同じなのでは・・・

609 :日出づる処の名無し:04/01/28 02:46 ID:i2K7/y0/
>>607
>三つから四つの地域集団に所属し、所属集団ごとに別々の物差で
つまり、日本では、若衆宿という制度が無くなってしまったことが問題なわけですな。

610 :abc:04/01/28 08:25 ID:JJmzS+tH
>>609 若衆宿という制度

そういやあったな。
1.青年団(若衆宿とほぼ同様、24歳以下の男子がメンバーでした)
2.消防団
3.婦人会
4.隣保組
5.仏教婦人会
6.納税組合
7.4Hクラブ(農家の成年・女子)

611 :日出づる処の名無し:04/01/28 08:42 ID:Ef5MW5c6
無理ですよ。
主義主張思想に偏らない、と自称しているセンセイ達のグループでさえこの有様。

反天皇制誘導
tp://homepage1.nifty.com/moritake/syakai/rekisi/kodai20.htm

在日のほとんどは自由渡来という事実を無視して・・・
tp://homepage1.nifty.com/moritake/sougou/cyosen04.htm

ずいずいずっころばしで反体制の刷り込み教育・・・・
tp://homepage1.nifty.com/moritake/syakai/rekisi/sengoki04.htm

ここで、わざと自分は「こうだ!」と言わずに思想を誘導する汚さ。
どうなってんだ教育は???

612 :日出づる処の名無し:04/01/28 10:55 ID:eDWzbWNt
>>610
うちや奥さんの田舎で細々と続いてるもの:青年団(祭りの時だけ元気)・消防団

あとはオケイコごとですかね。
ボーイスカウトとか少林寺拳法とか。

613 :日出づる処の名無し:04/01/29 00:43 ID:T313TpW2
思想を誘導しようとするからおかしくなる。
「ありのまま」をさまたげるものを排除するのは必要だと思うが。


その意味で教育勅語は誘導くさくて、どうもな。

614 :日出づる処の名無し:04/01/29 01:40 ID:XGPi2IX2
>>613
煽りではなくて真面目に聞くのだが・・・
いまのきみは「ありのまま」なのかな?
心理学や社会学とかの切り口で言っても
「ありのまま」の人間ってのは
ここにレスすることすら出来ないと思うぞ。

615 :日出づる処の名無し:04/01/29 01:57 ID:1+9Z7ReY
>>613
つーか、教育勅語はイデオロギー的な思想というより、社会的規範に関するものなんだが。
それと「ありのまま」とかありえないから、マジで。何処の国にもありえない。
「思想の自由=ありのまま」だとするなら、民主主義国家の国民はみんな「ありのまま」の
自分とやらを持ってることになるけど、実際には持ってないでしょ。
人は従うべき規範との係わり合いの中でしか自己形成できないもんだしねー。

616 :日出づる処の名無し:04/01/29 03:15 ID:T313TpW2
「ありのまま」は用語として撤回します。
原=生活=民をイメージしてましたが、
正直そこまでいいきれる根拠がイマイチないので。
また、教育勅語が社会規範に関するものだということにも同意します。

しかしそれは認めつつ、「誘導的」というのはやっぱしそう思います。
すくなくとも「勅語」の規範観は、維新前のそれと違います。さらにいえば
中古のそれとはさらに烈しく異なります。まして上古以前のそれおや。
むろん他国の社会的規範との差異は、差異として明確に考慮されねばなるまい。
人が従うべき規範は歴史的空間的、すなわち相対的なものでしかないのである。

617 :日出づる処の名無し:04/01/29 10:09 ID:VZS3GRfh
だから日本国憲法の講義を小学生から汁。
公共の福祉を考え、権利の濫用はダメですよ。と

618 :日出づる処の名無し:04/01/29 12:35 ID:5CxuXwUw
社会システム理論的には『ありのまま』で問題無いですよ。
人は従うべき規範との関わり合いの中でしか人格形成出来ないなら
人類が発生する前から規範が有る事になってしまう。
人は他者との関わり合いの中で人格を形成すます。
『ありのまま』の人間同士のせめぎあいが規範を産み出す。
これは民主主義の基本。

619 :日出づる処の名無し:04/01/29 13:10 ID:5CxuXwUw
フリーとリベラルを履き違えるのもイタイが
人間としての『ありのまま』と生物としての人の『ありのまま』を
履き違えるのもイタイ。

620 :日出づる処の名無し:04/01/30 19:27 ID:Jd7GKI6z
脱学校/脱教育をすすめる会Part2
http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1066577849/l50
このスレを全部読め。

621 :日出づる処の名無し:04/01/30 21:55 ID:oSMO+UIj
>>619
それは>>618に対するレス?
ID一緒だけど、別人なのか?

622 :614:04/01/30 22:40 ID:SpqKlgnv
>>621
いや、おそらく614-615に対する反論だと思う。
んで、615は俺ではないんだよな・・・。
あと、
>人は他者との関わり合いの中で人格を形成すます。
>『ありのまま』の人間同士のせめぎあいが規範を産み出す。
はその通りだと思う。んで、そのせめぎあいの教訓の上に「社会的規範」が
あるのだからそれを無視する訳にはいかんだろう。
そして、その責めぎあいの上にに613氏は613のレスにいたる人格を形成し、意見を持ち、
このスレッド内のルールをわきまえた上のレスを上梓したわけで・・・。
そういう意味で、「君はありのままなのか?」と問いたかった訳です。
まあ、616で言われる「誘導的」ってのはそりゃ、なんでもそうだと思うが・・・。
もんだいは誘導的手法を用いて何をなそうとしているのか?ってことでしょ?
そのための規範やその規範が出来る国の生い立ちやその意味や何やらが、
それを代表として宣誓するもののしゃべり言葉として書いてある訳でしょ?
ちなみに俺も「ありのまま」ってのを、「知性」も「知識」もない状態という風には
さすがに想定していません。つうか、それは「ヒト」であって、「人間」では
ないよな。

623 :日出づる処の名無し:04/01/31 00:51 ID:RPxXtjft
とりあえず俺の教育勅語の感想。
一言で言えば「なんじゃこりゃぁ?」かな。

学校でもマスコミでも新聞(朝日)でも「教育勅語は軍国主義」「全体主義」「天皇マンセー」
など、
ハッキリ言えば、良い事なんて聞かなかった。だからそりゃもうとんでもないものなんだろうなとそう思ってた。
でも不思議な事にそれほど「酷い」と聞かされていた俺だが、教育勅語を実際に見たのは高校生になった頃だった。
だからガキの頃まで「教育勅語」とは「軍国主義「全体主義」を押し付けるとんでもない政策の一環だと思い込んでいたわけだ。
今考えると恥かしいがな。教育勅語を批判する奴らは批判するくせに実物を中々教えないし、載せもしないのはどうかと思うぞ。
話がそれだが、で。高校になって何かの本で教育勅語を見たわけだ。


驚いたね。「なんだよ、これ」って。
まるっきり普通ジャン(w
明治大帝、何普通のことを仰ってるんですか??
ここまで悪名高いのに逆に「普通」の内容だったから、肩透かしを食らったというか、失望したというか・・・
とにかく当たり前の事を明治大帝は言っていて、それに驚いたのを覚えている。
勉強しろとか、親孝行しろとか。夫婦円満。兄弟仲良く。当たり前過ぎる・・・

何でこの当たり前・・・普遍的な価値観をここまで批判するんだか俺には理解不能だね。
というか共産党のサイトでは「良いところが一つもない」と酷評だったが・・・おまいら実際に教育勅語を見た事があるのか?と問い詰めたい。
パパとママの愛情が足りなかったのか?と小一時間ほど問い詰めたい。

624 :日出づる処の名無し:04/01/31 01:06 ID:sCReGOrZ
教育勅語が大きく間違っている所は『国家・公共のために身を捧げることで、天地と共に窮まりない、
天皇を戴く日本国の国運が栄えることを助けなければならない』と言う所。

「共同性」は言語・民族・宗教をはじめ、所属における必然性、いかなるもの
を「共通善」とするか、というように、ある一定の価値観の共有が前提となる空間であり、異質のも
のを排除するという性質を帯びたものとして理解されるべき概念なのだ。
 そして、今回私が最も強調したい相違点として、「共同性」を担保とするメディアを愛国心・愛校心・愛社精神・仲間意識などに求めるのに対して、「公共性」のそれは、人と人との〈間〉における
事柄・関心事への意識に求める。いいかえれば、「公共性」は「共同性」のように所属の必然性をア
イデンティティに求めるような空間ではなく、アイデンティティに依拠しない、多様な価値観を持っ
た共同体を超えた「間共同体的」コミュニケーション空間なのである。横浜国立大学教授の斎藤純一
はこのことに関連して、以下のように述べている。


 アイデンティティ(同一性)の空間ではない公共性は共同体のように一元的・排他的な帰属(belonging)
を求めない。公共的なものへの献身、公共的なものへの忠誠といった言葉は明白な語義矛盾である。
公共性の空間においては、人びとは複数の集団や組織に多元的にかかわること(affiliations)が可能
である。かりに「アイデンティティ」という言葉をつかうなら、この空間におけるアイデンティティ
は多義的であり、自己のアイデンティティがただ一つの集合的アイデンティティによって構成され、
定義されることはない(注7)。〔強調は、橋爪〕

625 :624続き:04/01/31 01:10 ID:0+vlnzLW
絶対的な「共同体への献身」という行為は日本における「神風特攻隊」のみならず、古代ギリシャ
=ローマにも同様に見て取れる。しかし、自分の命を顧みない絶対的な「共同体への献身」は人間的
本質にたって考えてもありえない思考である。こういった疑義に対する思考実験を試み、そのことを
証明したのがアリストテレスだ。
 ここにおいて、再び古代ギリシャ=ローマのポリスに焦点を当てて検討する。古代ギリシャ=ローマ
時代、都市は言うまでもなく国家そのものであった。ポリスにおいて、市民としての自由は保証され
ていた。しかし、ポリスにおける自由とは無制限なのもでも無条件のものでもない、集団としての自
由に他ならないのであって、その維持のための軍役という義務を伴っていたのである。

以上http://homepage2.nifty.com/jinichi/thesis2.htmlより

626 :日出づる処の名無し:04/01/31 01:32 ID:/k/gYBle
>>624-625

「共同体への献身」を求める教育姿勢全開の
かの国とかかの国とかはスルーでつか。

627 :日出づる処の名無し:04/01/31 01:56 ID:F8CUjrvL
所属する共同体の利益や繁栄を願うのは当然だと思うが・・・。
(だって、基本的には、共同体の不利益=自分の不利益だろう?)
それがいやだったら、共同体からの離脱や別の共同体への帰属しか手段はあるまい?
思想的に共同体の不利益な事を考えるのは別にかまわんが、それを「実行」するやつは
とがめられなければ共同体自身がなりたたんと思うのだが・・・。
つうか、そんなに寛容で太っ腹な「共同体」って人類史上存在し得たのか?
いや、これからも存在しうるのか?
それになあ・・・。教育勅語をそのまま復活させようとかはこのスレの少数を除いて
思ってるやつは少ないんじゃないか?共同体の中の規範というのを明確にしようという
事を言いたいんじゃねえかなあ?

628 :日出づる処の名無し:04/01/31 01:59 ID:FPQ+feSC
>>623
だから左は基地外なんですよ。

629 :日出づる処の名無し:04/01/31 08:16 ID:E+6qygjb
>627

日本国憲法を小学生から勉強すればよい。

630 :624続き:04/01/31 10:10 ID:yWYIsVTQ
>>627
蓋し、この〈欠乏欲求〉の充足の段階がまさに、近代過渡期の国民共通の国家目標に他ならない。
〈欠乏欲求〉はそれ自体、求めるものが万人にとって自明である。それに対して、D自己実現はどう
か。個々人の自己実現を求めるのが成熟社会だという前提に立てば、社会が不透明化するのは必然的
ではないか。なぜなら、個々人の自己実現が何に当たるかそれは他人にわかるはずがない。あまつさ
え、本人にとってもはっきりしないことが多々あるのだから。いいかえれば、成熟社会においては、
個々の価値観=何が幸せか?何が面白いと感じるか?どのようなライフプランを描くか?はまさしく
多種多様。となれば、得体の知れない他者が跋扈する成熟社会は不可避だ。
このような成熟社会において、共同体が縮小化するのもこれまた絶対的に不可避である。

631 :日出づる処の名無し:04/01/31 21:05 ID:ueIuIfkX
教育勅語のCDかテープはどこかに売ってませんか?
明治神宮の社務所売ってるかもしれないと聞いたので、行ってみましたがありませんでした。

632 :日出づる処の名無し:04/01/31 21:28 ID:E+6qygjb
>631

拷問に使うのか?

633 :日出づる処の名無し:04/01/31 21:39 ID:MWeIWtXs
>>624-625
>>630
>以上http://homepage2.nifty.com/jinichi/thesis2.htmlより
> 今日ほど、世界のグローバル化が叫ばれ、コスモポリタニズムに立脚した、世界平和を希求する国
>際世論のなかで、ナショナリズムに依拠した、薄っぺらな日本人としての誇りの回復、共同体の復活
>を標榜する危険なナショナリストたちの無責任な物言いに危機感を抱く。
リンク先をちらっと見てみたが、単に国際人を夢見てるだけの電波にしか思えないんだが?

634 :日出づる処の名無し:04/01/31 22:10 ID:7XqdCWqr
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★    <右翼の人材コンテンツ>

★ 無職・低所得・低学歴・町のチンピラ・暴走族・暴力団・右翼団体・
★ 薬物中毒者・精神異常者・右翼宣伝誌「新潮」や「正論」の愛読者

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


635 :dJ:04/01/31 22:21 ID:8n1lr1W8
>>634←先祖を鬼畜扱いするくせに淫行条例違反で検挙される馬鹿サヨ <嘲笑

636 :日出づる処の名無し:04/01/31 22:33 ID:7XqdCWqr
-------------------------------------------
2chでの右翼宣伝=街宣右翼   そのまま!

右翼団体がついこの間まで法律で規制される前は怒鳴りちらしていた
のを2chでやってるだけ。
スピーカーで吼えてた右翼内容と、2chでの右翼内容が全く同じ。
ここでは特攻服の姿も見えないし、ボリュームがない分、
巧みに危険な右翼思想を宣伝している。
-------------------------------------------

637 :日出づる処の名無し:04/01/31 23:16 ID:CaLV3J05
今始めて教育勅語を読んだ。
天皇云々以外は全て同意。
寧ろ感動した。
そして今の日本の教育にはまさにこれが必要だと感じた。
高校生になる今まで中身を全く知らないまま、教育勅語が太平洋戦争の原因の一つだったと思い込んで、
「悪いもの」だと思っていた。
俺はイピョウ氏のflash見てこの板来たんだが、他にもそういう人はかなりいると思う。


638 :日出づる処の名無し:04/01/31 23:48 ID:qcAY8KbY
>>633
君は最後まで読んでみたのか?一応あとがき部分までと、選者の言葉を読んでみたらどうだろう?
結構面白いと思う。
(特に宮台の作品を読んだ事のあるヤツなら、アンチだろうとファンだろうと色んな意味で
楽しめるだろう。)
まあ、
1.共同体の規範が失われ、現代社会が混乱のただ中にあるからといって、過去の規範を
 そのまま引っ張り出してきても、現代の共同体の混乱の処方にはならんよ。
2.つうか、共同体の方に個人をむりやり合わせようとするなよな。
3.共同体(特に日本の←是が重要)なんて幻想。
4.共同体に属さないと実存できない「個」なんて意味ナッシング。
  他人の存在やそれとの関係とは独立して存在する「個」が真の「個」。それ以外はダメダメ。
みたいな事を言いたいのだろうな。
実は俺もそれなりに共感しないわけでもないのだけど・・・、
(個と集団の関係の一考察としてこー言う考えが出るのはごもっともだ)
なんてえのかなあ?
「個」色んな意味で含有している「共同体」の概念を、「個を束縛する装置」というスポイトで
抽出して、その部分だけを叩いて悦に入っているような・・・。
「共同体で成り立つ個」を叩く事によってのみで「自分の個」を成り立たせるだけ。
逆説的に言うと、「共同体を叩く事によって、逆に共同体に依存している」様な気がするんだよね。
しかも、共同体が破壊され、共同体が無くなった後の「個」単体の有りようや、あるいは
新しい「共同体」の姿に具体的に触れる事が出来ない。

639 :日出づる処の名無し:04/01/31 23:49 ID:qcAY8KbY
633氏が、
>> 今日ほど、世界のグローバル化が叫ばれ、コスモポリタニズムに立脚した、世界平和を希求する国
>>際世論のなかで、ナショナリズムに依拠した、薄っぺらな日本人としての誇りの回復、共同体の復活
>>を標榜する危険なナショナリストたちの無責任な物言いに危機感を抱く。
>リンク先をちらっと見てみたが、単に国際人を夢見てるだけの電波にしか思えないんだが?
といっているのも解る。
日本のナショナリズムの否定、コスモポリタニズム賛歌大いに結構。
じゃあ、コスモポリタニズムに立脚した云々・・・てのも「共同体」ではないのかい?つうか、その
コスモポリタニズム云々の世界って具体的にどんなの?って姿が見えないのよね。
日本という共同体の破壊には積極的だが、その後に責任を持ちきれないので、「国際的」とかいう単語で
エクスキューズをかまして逃げを打つしかない・・・。
既存の枠組みを破壊し、疑問を呈するのはイイが、そこで止まるなよな・・・。
だから選者に「全体的に広がりすぎて薄くなってる」だの、「共同体を闇雲に壊せばいいとは、引用基でも
言ってない」とか言われちゃうのな。
半端に賢いヤツほど始末が悪いとおもう。
みんなそれほど賢くないのが解っているからこそ、「いっぺん過去を振り返ってみよう。」と言ってるのに…。
もしそれが愚かに感じるのならば、もっともっと悩んで「破壊のための破壊」じゃなく、「再生のための破壊」
をやってみろと思う。それすら出来ないのならば、「純粋な破壊者」にまで自分を昇華して、くだらん言い訳の
単語をちりばめた、つかみ所のない文を書き散らすのは辞めたらどうだろうか?
こいつの言う「国際人」てのは、こいつの脳内にしか存在しないのだろうな。

640 :日出づる処の名無し:04/02/01 00:12 ID:gTNSFN1n
どうやって拷問に使うの?かなり気になって眠れません 勅語って拷問用ナンですね 覚えておきます ちょ〜恐い

641 :日出づる処の名無し:04/02/01 01:12 ID:tNCRLTS5
>>624

>教育勅語が大きく間違っている所は『国家・公共のために身を捧げることで、天地と共に窮まりない、
>天皇を戴く日本国の国運が栄えることを助けなければならない』と言う所。

大きく間違ってるか?
漏れが思うに”世界大戦時の日本での解釈の仕方”が間違ってるだけで、
言っていることそのものは正しいと思うが。
「国家、公共のために身をささげる」のは、国益そのものの追求だと思うし、
「天皇を頂く日本国」は、事実であるし、「国運が栄えることを助ける」のは
自分の親、兄弟、友人、その他日本に生きる人々が豊かになるために
国民一人一人が頑張らなきゃいけない訳だろ?
まあ、このご時世に「天皇中心は変だろ」と言いたいことは分かるんだが、
教育勅語を”好意的”に解釈すれば、全体として特に変なことは無いと思う。

642 :633:04/02/01 01:17 ID:SHvFiSsV
>>638-639
>君は最後まで読んでみたのか?一応あとがき部分までと、選者の言葉を読んでみたらどうだろう?
部分的に流し読みしただけ、おもしろそうなら読んでもイイかな、と思いつつリンク先へ飛んだのだが、
どういう意図で書かれた文章なのかを把握しようとして、「まえがき」とか「あとがき」とか中の章もちょっと
だけ斜め読みして、で、読む気を無くした。

まぁ、>638で、まとめてくれたような事を書いてるわけだね。まとめてくれて、ありがと。
リンク先を読む必要はなくなったね。(^o^;

643 :日出づる処の名無し:04/02/01 01:31 ID:Qm3hzPBq
------------------------------------------------------
梅雨の湿った時期になるとナメクジが湧き出てくるし、
犬糞を野放しにすれば蛆虫が大発生するし、
引き篭もりサイトで産経新聞の引用が出れば右翼団体構成員がネット街宣
するし、まぁまぁ21世紀の今後はどうなるやら・・・ ワラ、ワラ、
------------------------------------------------------

644 :638:04/02/01 02:40 ID:kfVwXnU5
>>642
あ・・・_| ̄|○・・・。

645 :日出づる処の名無し:04/02/01 05:26 ID:irStOz+0
教育勅語(現代語訳)

俺思うんだけどさ、俺様の先祖ってすげー偉いんだ。いつまでも天皇家がお前ら下民共
を支配できるようなシステムを構築したんだよね。で、天皇家の先祖達はお前ら下民共を
生かさぬように殺さぬように上手く支配してきたわけだ。

お前ら下民共の犬のような忠誠心は俺様にとってすごく都合がいいんだよね。だから
これからも俺様の為にせいぜい汗水垂らして働いてくれ。俺?俺は支配者だから関係ないよ
お前ら下民共は放置しておくとロクな行いをしないから、取り敢えずオヤジオフクロの言うことを
良く聞いてだな、夫婦で揉め事を起こすなんてもっての他、フェミニストは死ね
俺様を尊敬することを片時も忘れずに、俺様の帝国をグレートにするために、せいぜい勉強して
すすんで俺様の帝国のために奉仕し、俺様の決めた法律は絶対破るんじゃねーぞ。

もしも一大事があったら進んで俺様の手駒として死ね。身も心も俺様に捧げるつもりで死ね。
そうして俺様の帝国をもっともっとグレートにするんだ。
お前ら下民共は先祖代々、俺様達天皇家の奴隷だったのだから、これからも忠実な犬の何倍も
奴隷根性を発揮して働くんだぞ。
もちろんこのシステムは世界中に当てはめても間違いではない。つまり世界征服も視野に入っ
てるって事だ。すげえだろ?

お前ら下民は俺様のグレートな帝国の下僕で有る事を有り難いと思って、俺様の命令に従え。

明治二十三年十月三十日 世界に冠たる明治天皇



646 :日出づる処の名無し:04/02/01 09:31 ID:xZULYBLh
個が共同体を構成する。
個の総意が共同体の意志。
個が共同体に参加し意思決定をする。

個は共同体の「総意」を実行する。

647 :日出づる処の名無し:04/02/01 10:40 ID:xeadR3HZ
                _,.. ---- .._
              ,. '"       `丶、
              /            ` 、
            ,..-‐/    ...:  ,ィ  ,.i .∧ ,   ヽ.
.         ,:'  .l .::;',. :::;/..://:: /,':/  ', l、 .i  ヽ
.          ,'  ..::| .::;',' :;:','フ'7フ''7/   ',.ト',_|, , ',.',
       ,'   .::::::!'''l/!:;'/ /'゙  /     '! ゙;:|:、.|、| 'l
.         ,'.  .:::::::{ l'.l/  、_  _,.      'l/',|.';|
       l  :::::::::::';、ヾ      ̄     `‐-‐'/! ';. '
.         ! :::::::::::/ `‐、        ゝ   |'゙ |
       | ::::::::/   \    、_, _.,.,_ ノ::: !  <芯でウヨ
       |::::/.     _rl`': 、_     ///;ト,゙;:::::./
..      `´      /\\  `i;┬:////゙l゙l ヾ/   
                ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|

648 :624続き:04/02/01 15:57 ID:Tbjdarbz
>>641

> 「国家、公共のために身をささげる」のは、国益そのものの追求だと思うし、
> 「天皇を頂く日本国」は、事実であるし、「国運が栄えることを助ける」のは
> 自分の親、兄弟、友人、その他日本に生きる人々が豊かになるために
> 国民一人一人が頑張らなきゃいけない訳だろ?

もう一度>>630を読んでくれ。
>近代過渡期の国民共通の国家目標に他ならない。
もう現代では豊かな生活を目指すという国民的目標は達成されてしまっている。
共同体の利益の追求は普遍的価値では無い。
ちなみに国家、公共は共同体では無いというのは>>624>>630で説明している。

http://homepage2.nifty.com/jinichi/thesis2.html
なぜ出口の見えないアノミー状態が蔓延してしまったのか。それは、日本が戦後の近代過渡期をすで
に脱し、成熟社会を迎えたからである。
 近代過渡期と成熟社会の違いを端的に述べれば、前者は将来のビジョンが国民全体に共有された輝
かしい未来に向かってひた走るという時代背景に立脚した社会であった。SFの舞台はまさしくその象
徴である。具体的にいえば、欠乏からの脱却という国民共通の国家目標を描けた時代ということもで
きよう。一方、成熟社会というのは、国民共通の国家目標をすでに達成した後の社会であり、そこに
は、個々人の価値観が多様化し共通的価値観の共有が、もはや困難な社会といえる。

649 :641:04/02/02 00:48 ID:yiBDwjHo
>>648
なるほど。読み返してなんとなく理解したよ。
「教育勅語の間違っている部分」については納得した。

ただ、現代は豊かな生活を目指すという目標が達成された成熟社会だと
したら、なぜいま教育勅語を復活させようという声があるのか・・・
自分は逆に日本という国が実はそれほど成熟していないのではないかと
思う。成熟した社会というならば、教育勅語を復活させる必要も無く
モラルの高い人間が多いはずであるが、実際はそうではない。
モノが増え、金が増え、日本人は豊かになったと思う。だけど
多発する青少年犯罪、非常識な人間や利己主義者の増加、
離婚発生率の高さ、どれをとっても教育勅語とは逆の方向の
時代に進みつつある。
つまり、物質的な豊かさに対し、精神的な豊かさが足りてないんだと思う。
だからこそ、欠乏からの脱却から、次は日本人の精神的な気品の高さ、
これを国民共通の国家目標にしたい、という流れが教育勅語を求める
人々にあるのではないかと思う。
そういう意味で日本は成熟社会ではないんじゃないのかな?

乱文すまそ。



650 :日出づる処の名無し:04/02/02 08:59 ID:8ybr7Wor
つまり若い頃理想に燃えていたが、
社会にもまれ不正にまみれ純粋さを失った成金が老人になって
勲章をほしがるようになったということ?

651 :ウリは生粋の名無しニダ:04/02/02 13:32 ID:GvvDNeqL
>>1
漏れは先ず教師が読め、と言いたいけどね。


652 :624続き:04/02/03 00:59 ID:Gi/6zy3Y
>>649
>そういう意味で日本は成熟社会ではないんじゃないのかな?
社会の成熟に人がついていけないということだが。
>>363>>415>>544あと>>556からさかのぼって読んで行けばもう少し分かると思います。

653 :日出づる処の名無し:04/02/03 01:47 ID:O3p6xRJk
>>649
>次は日本人の精神的な気品の高さ、
>これを国民共通の国家目標にしたい、という流れが教育勅語を求める
>人々にあるのではないかと思う。
自分の理想を他人に押し付けて脆弱な自尊心を満たそうとする奴が多いということだな。

654 :日出づる処の名無し:04/02/03 03:50 ID:HanKXcXD
>>653
>自分の理想を他人に押し付けて脆弱な自尊心を満たそうとする奴が多いということだな。

一見味のあるレスだが、
>脆弱な自尊心を満たそうとする
論拠が一切示されていない暴論だ(笑い
キャバクラでも行って話術を磨いてこい。


655 :日出づる処の名無し:04/02/03 09:38 ID:kdme2A4n
>論拠が一切示されていない暴論だ(笑い

アメリカのポチ
格下に見ていた中韓がごちゃごちゃうるさい。
不況
治安の悪化
日本文化がつまらん。

なんとかならんのかい!
以上脆弱な自尊心

656 :日出づる処の名無し:04/02/03 12:51 ID:o4WEI8OM
他人に自分の理想を押し付ける行為が脆弱な自尊心の根拠

657 :大陸浪人:04/02/03 13:10 ID:4yeDHfeG
教育勅語はただ奉読すればよい。それだけで良いのだ。

658 :日出づる処の名無し:04/02/03 13:44 ID:kdme2A4n
モーゼの十戒でも同じ効果がありそうだね

659 :日出づる処の名無し:04/02/03 14:26 ID:og6of94W
教育勅語と建国神話を教科書に載せるべきだ。
アメリカやフィリピンなどの外国の教科書にでさえ
日本の建国神話が載っているほどなのだから。

660 :日出づる処の名無し:04/02/03 15:34 ID:kdme2A4n
考古学の資料としてなら載せるべき

661 :abc:04/02/03 19:38 ID:tWuNfyR7
やたら「教育勅語」を非難する人がいるが当時は画期的であり
そしてお手本として多くの國の言葉に翻訳されました。

当時と今日ではものの考え方も違うでしょう。しかし、当時は
教育勅語をベースにして日本人は教育され、そして世界に冠たる
国民に迄駆け上ったのです。今読み返せば具合の悪いこともある
でしょうがそれは今日的問題でしょう。その様な部分を改訂し、
新しい「教育勅語」創ろうと言う気は起きないのだろうか。

兎に角80%の人の賛同が得られる教育指針が出来れば良いと
私は考える。20%の「為にする反対」はどうにも取り入れ用はありま
せんからね。



662 :日出づる処の名無し:04/02/03 20:01 ID:kdme2A4n
勅語という点で終わっている。

663 :日出づる処の名無し:04/02/03 20:02 ID:kdme2A4n
日本国憲法を読もう!

664 :日出づる処の名無し:04/02/03 20:51 ID:4hcNW/1B
起きてからずーっとパソコンに張りついていてたアホが一人いるな・・・。
レスの中身もまるで無いし。
何の怨念があるのか知らんけど、そんなことしてないで散歩でもしてきたら?
マジで心と体に悪いよ。



665 :日出づる処の名無し:04/02/03 22:10 ID:wPTYRc1Q
>>653 >>648
はここのスレから沸いてきた愛国心否定左翼系ニヒリストだろ。

貴方が見つけた紳士/コヴァの微笑ましい行動24
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/kova/1075392440/

上の一連のスレのヤシらはこのスレを見てあざ笑ってるぞ。


666 :日出づる処の名無し:04/02/03 23:49 ID:8MYU4bOU
このリベラリストは教育・先生板から来たと俺は思うよ。

667 :日出づる処の名無し:04/02/04 00:20 ID:lDcIa+Xf
>>666
あれか?教師が本音を言い合うあのスレにやたら出没してたヤツか?
確かに芸風が似てるな…。もしそうだとすると、こいつ一体何やってる
ヤツなんだ?一年中引きこもりのパソコンに張りつきっ放しじゃねえか。
(しかも確認する限り、その期間は数年間にも及ぶ)

668 :日出づる処の名無し:04/02/04 00:38 ID:nmEJJo4h
社会学版から来た臭く無いか?

669 :日出づる処の名無し:04/02/04 00:45 ID:TwILORqc
>>667
教職公務員は「神経症」になったら、身分そのままで、ずーっと「療養中」で
給料そのまんま、ってのが可能ですだよ。何年も、ね。

んで、その間臨時雇いに甘んじる教員が名簿から拾われて、身分の不確かさから
言いたいことを言えずに「赤左撒き」を演じている間に、だんだん純粋な媚中・媚朝・媚韓に
変容していったりする。

もう付き合わなくなった同級生で約一名・・・

670 :陸奥 ◆Mutsu.Oznc :04/02/04 00:55 ID:aZdfI/g9
ガッコの教員なんて、社会に出たことない・学校以外の社会を知らない
いわば温室から出たことのない究極のヒキコモリで、
なおかつ毎日相手にしてるのは、確実に自分より立場が下の相手だから
自分を無意識に過大評価してて、自分の考え・教えは常に正しいと錯覚してる
社会不適合者の集まりなのさ。

さすがにこんな鬼畜はめったに居ないだろうけど マジでリミット越えたよ
ttp://www.tanteifile.com/diary/2004/01/30_01/index7.html


671 :陸奥 ◆Mutsu.Oznc :04/02/04 00:57 ID:aZdfI/g9
>>670
ゴメン、アドレスちょと間違えた。
ttp://www.tanteifile.com/diary/2004/01/30_01/index.html

672 :日出づる処の名無し:04/02/04 02:59 ID:Tw8oofgY
クライン孝子の日記
http://www2.diary.ne.jp/user/119209/
■2004/02/02 (月) 日本のメデイアは左翼に弱い。まるでスリーパー(1)

1月28日の靖国に於ける名誉回復の集いで
「真実を明らかにして両少尉と遺族の名誉を回復する」
「歴史問題と靖国問題の解決を図る」
ことに努力する、
との決議文を読んだ若い女性支援者の家が放火されました。

子供3人が1725円寄付してくれた優しいお母さんの家です。
30日の朝4時前、通行人と近所の人から通報があり、全員で消したので
大事には至りませんでした。
近所に工事中の家があり、燃えやすいものが沢山あるので”愉快犯”
でないことは明らか、と消防も首をかしげています。
--------------------------------------------------------
基地外サヨクゆるすまじ!

673 :大陸浪人:04/02/04 12:35 ID:ludjivfc
もはや国賊の域であるな。日本人であれば分かるはずのことが、何故分からんのだ。

674 :abc:04/02/04 21:58 ID:jBXjE2kg
>>672 決議文を読んだ若い女性支援者の家が放火されました

犯人は誰なんでしょうね。

1.KCIA
2.総連
3.民団
4.社民党
5.在日
6.中国からの留学生
7.右翼の自作自演
8.その他

よく分かりませんね。しかし、何にしても卑怯な行いではある。





675 : :04/02/05 01:46 ID:UOJuWp5w
【歴史】誤った歴史認識を正す小冊子【民団】
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1075904521/
どさくさに紛れて歴史捏造かよ。


676 :↓をコピペして広めよう!:04/02/05 12:28 ID:OOx0zMmW
みんな、捏造の歴史を教えた教師やその団体を訴えよう!

すごい社会問題になって、偏向報道をしている朝日とか毎日系の
グループも報道せずにいられなくなるし、歴史認識や教育法をまともに
改正する力になると共に、在日とか左翼のふざけた態度等も問題視され
日本に潜む病魔が一気にかたずく方向に向かうこと間違いなしだ!

677 :uwaraba:04/02/06 10:56 ID:YuQi/N24
朝日、毎日新聞は売日新聞と名前を変えろ!

678 :日出づる処の名無し:04/02/06 10:59 ID:hXz6rJDh
>>677
朝日は通名禁止措置として、朝鮮日報、とフルネームにするか、
あるいは短縮形として「鮮報」の方だけ認めるか、でもいいだろ。

毎日はカタカナで「ザイニチ」と呼称の誤認を訂正させることでも可。

679 :日出づる処の名無し:04/02/06 11:57 ID:Z+pX4avZ
0120♪ 読〜むは在日♪ 在日♪。。。

680 :日出づる処の名無し:04/02/06 12:10 ID:Yvb9PGOp
極東板住人は自虐史感以外世間にに語る言葉を持たないのだろうか?


681 :日出づる処の名無し:04/02/12 17:56 ID:tEYyZ25d
司法改革>中学で法教育充実へ 裁判員制度の実現で

 国民が刑事裁判に参加する裁判員制度が数年以内に実現することなどを踏まえ、
政府は主に中学校での法教育を充実させるため、教材や教師向けの指導例を年内に
作成する方針を固めた。法務省に設置されている「法教育研究会」が作成作業に入
る。今年夏ごろには、教材を使った模擬授業を実施する予定だ。文部科学省を通じ
て、全国の学校で広く教材が利用されることを目指すという。

 政府が進める司法改革では、裁判員制度のほか、刑事・民事訴訟の迅速・充実化
など、欧米並みの訴訟社会に対応する内容が盛り込まれている。

 「法教育研究会」は昨年7月に設置された。法律家や教育関係者らで構成し、
エッセイストの安藤和津さんもメンバー。

 作成される教材や指導例には(1)ルール作りと、ルールに基づいた紛争解決
について教える(2)法によって権利・自由が守られ、他者の権利・自由も尊重
することの認識を深める(3)日常生活の問題を題材に、企業活動や消費者保護
などの問題が法とかかわっていることを教える――などの内容を盛り込む。法律家
の協力を得ながら、討論や模擬裁判など実践的な方法を取り入れる。


682 : (@_@;):04/02/12 18:12 ID:R4/Ddn6i

「教育勅語」@戦前の終身教科書による解説付き。

http://www.asyura.com/sora/bd12/msg/504.html


683 :abc:04/02/27 08:39 ID:bQNSNx9W
age

684 :日出づる処の名無し:04/02/27 11:32 ID:l7CgnfEA
つーか、教師採用時に宣誓文として使ったらどうよ。>勅語

685 :日出づる処の名無し:04/02/27 12:28 ID:nZs2hVdS
中学校から法律教育。大賛成。

勅語?  クソ。

686 :日出づる処の名無し:04/02/27 12:55 ID:l7CgnfEA
やさしく丁寧に、ワンツーマンで憲法について指導します。


9条を。






ってか。

687 :日出づる処の名無し:04/02/27 13:29 ID:nZs2hVdS
そうだよ。改正するにはどうすべきかをもね(w

688 :abc:04/02/28 21:14 ID:wR66S0zW
age

689 :abc:04/02/29 01:45 ID:74xdHuBS
「教育基本法」は「教育勅語」バックボーンとして制定されていますから
その制定された条文を見ても枠組みを定めている事が判ります。

所がGHQは日本の教育制度を恐れて「教育勅語」を禁止したものですから
教育基本法という抜け殻だけが残り、どういう日本人を教育していくかという
基本理念がすっぽり抜け落ちてしまいました。

さて戦前は二十の徳目と言いましたが社会の写りかrわりに従い今日では
十二の徳目というのが教育勅語では提唱されています。

GHQに教育基本法を取り上げられて六十年、戦後の日本人は戦前の日本
人と比べて世界に誇れる人材を育成してきたか。教育制度は立派になったか。

教育は百年の大計と言います。近隣諸国のプロパガンダに臆せず、日本は日本の
教育方針を定めて、腰の据わった日本人を養成しましょう。日本租界化を防止しよう。


http://www.meijijingu.or.jp/intro/education/
教育勅語 十二の徳目
孝行(こうこう) 親に孝養をつくしましょう
友愛(ゆうあい) 兄弟・姉妹は仲良くしましょう
夫婦(ふうふ)ノ(の)和(わ) 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
朋友(ほうゆう)ノ(の)信(しん) 友だちはお互いに信じあって付き合いましょう
謙遜(けんそん) 自分の言動をつつしみましょう
博愛(はくあい) 広く全ての人に愛の手をさしのべましょう
修学(しゅうがく)習業(しゅうぎょう) 勉学に励み職業を身につけましょう
智能(ちのう)啓発(けいはつ) 知識を養い才能を伸ばしましょう
徳器(とくき)成就(じょうじゅ) 人格の向上につとめましょう
公益(こうえき)世務(せいむ) 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
遵法(じゅんぽう) 法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう
義勇(ぎゆう) 正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう


690 :日出づる処の名無し:04/02/29 01:49 ID:nHGb5Kh2
【大阪】大阪市立学校における民族教育の制度保障をめぐって大阪を中心とする同胞市民団体
4団体が10日、市教委との間で話し合いを持った。この日の話し合いは、民族教育文化センター
をはじめ民族教育をすすめる連絡会、在日韓国民主人権協議会、同胞保護者連絡会の4団体
が昨年11月、市教委に提出した要望書をもとにしている。
各団体は連名で民族学級の制度保障・拡充と民族差別事象への対処、夜間中学と高校における
民族教育施策の推進などを求めていた。
席上、同胞市民団体側は、民族学級が大阪市内各地で着実に増設されていっているのに対して
民族講師への処遇は不十分なままだと指摘した。これに対して市教委は「制度拡充に向けて
財政部局と調整中」と答えた。
差別事象については今後の教訓化に向けた事例集の発刊を準備していると明らかにした。
また、市立高校における韓国・朝鮮語授業の拡大にも言及、現在の8校から25校すべてで開設
されるよう学校要覧などを通じて市教委の考えを伝達していくと述べた。

http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=22&category=2&newsid=2566


691 :日出づる処の名無し:04/02/29 01:55 ID:6u8lKqrO
>>685
オマエ自体がうんち。

オマエの親は糞の製造責任を問われるべき。

あ、ひょっとして親は排便したつもりなのに、オマエが?   わはははは。

692 :abc:04/03/04 12:53 ID:JvYkaWIp
>>690

大阪と言うところは租界か。無宿者・無法者の吹き溜まりのようじゃな。
これじゃ神奈川県に追い越されるわけだ。

693 :abc:04/03/07 16:01 ID:NNMDex2x
良いね。小学生に最適だよ。

http://www.meijijingu.or.jp/intro/education/
教育勅語 十二の徳目
孝行(こうこう) 親に孝養をつくしましょう
友愛(ゆうあい) 兄弟・姉妹は仲良くしましょう
夫婦(ふうふ)ノ(の)和(わ) 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
朋友(ほうゆう)ノ(の)信(しん) 友だちはお互いに信じあって付き合いましょう
謙遜(けんそん) 自分の言動をつつしみましょう
博愛(はくあい) 広く全ての人に愛の手をさしのべましょう
修学(しゅうがく)習業(しゅうぎょう) 勉学に励み職業を身につけましょう
智能(ちのう)啓発(けいはつ) 知識を養い才能を伸ばしましょう
徳器(とくき)成就(じょうじゅ) 人格の向上につとめましょう
公益(こうえき)世務(せいむ) 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
遵法(じゅんぽう) 法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう
義勇(ぎゆう) 正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう



694 :日出づる処の名無し:04/03/07 16:28 ID:B/WRWGLr
小学生には多すぎ。難しすぎ。

・まごころと思いやりを持つこと
・正しい勇気を大切にすること
・体を鍛え、勉強に励むこと

この三つでいい

695 :abc:04/03/07 16:53 ID:NNMDex2x
>>694 小学生には多すぎ。難しすぎ。

そうですね。小学校低学年には難しいかも。
私が始めて聞いたのは遠縁の叔父さんから
小学校の5年生の時でした。当時は20の徳目とかで
天皇陛下に拘わる徳目が有りました。
小学校高学年なら十分理解でき留野ではないでしょうか。



696 :日出づる処の名無し:04/03/07 16:56 ID:eoGV3fqy
>>694
つまり、今の小学生は当時の小学生より劣等で、幼稚園児以下だと?

まぁ、その通りなんだが。

697 :教条主義は通用しないってもう論破されているじゃないか:04/03/08 03:53 ID:ojcI7I9o
人間が物事を理解すると言う事は他者の経験を自分の経験と照らし合わせて
理解したように感じているだけのあやふやなものだ。

フロイドがその辺に対して鋭い考察を行っている。
集団と個人は共同幻想を介してつながっている。
集団を支えているのも、個人を支えているのも共同幻想である。
集団の共同幻想は、個人の私的幻想の共同化としてしか成立し得ず、
個人はその私的幻想を共同化することによってしか個人となり得ない。

本能に従うことがそのまま自己保存の方法でもあるような動物と違って、
人間は「現実原則に従う自我と快感原則に従うエスとの対立」
あるいは分裂状態にあるところにその根本的原因があります。
人間は、自己の快感原則にそのまま従っていては、
まわりとの絶え間ない衝突を生み出して、自己や種族の保存どころか、
自己や種族の破滅に陥る(「人間は本能が壊れている」)ため、
むしろ、それ(快感原則に従うエス)を抑圧し、
環境との折り合いをつける、自己や種族を保存をするための
「自我」が形成される。この自我が「共同幻想」である。
この自我は通常、母親の自我をコピーすること(identification)
によって幼児期に形成される。
つまり、個人は人間社会という環境のなかにおける自己保存方法を、
(通常)母親から得、また、社会はその母親を通して、
共同社会保存方法として、個人が守るべき行動規約を
その母親(の持つ共同幻想)を通して生まれてくる個人に付与する。
こういうわけで、「自我すわなち共同幻想」が
個人にとっても共同体にとってもその存在を支える
重要なものとなるわけです。


698 :教条主義は通用しないってもう論破されているじゃないか:04/03/08 03:58 ID:A9zgt3ts
http://homepage2.nifty.com/jinichi/thesis2.html
「共同性」は言語・民族・宗教をはじめ、所属における必然性、いかなるもの
を「共通善」とするか、というように、ある一定の価値観の共有が前提となる空間であり、異質のも
のを排除するという性質を帯びたものとして理解されるべき概念だ。

http://homepage2.nifty.com/jinichi/thesis2.html
なぜ出口の見えないアノミー状態が蔓延してしまったのか。それは、日本が戦後の近代過渡期をすで
に脱し、成熟社会を迎えたからである。
 近代過渡期と成熟社会の違いを端的に述べれば、前者は将来のビジョンが国民全体に共有された輝
かしい未来に向かってひた走るという時代背景に立脚した社会であった。SFの舞台はまさしくその象
徴である。具体的にいえば、欠乏からの脱却という国民共通の国家目標を描けた時代ということもで
きよう。一方、成熟社会というのは、国民共通の国家目標をすでに達成した後の社会であり、そこに
は、個々人の価値観が多様化し共通的価値観の共有が、もはや困難な社会といえる。

699 :教条主義は通用しないってもう論破されているじゃないか:04/03/08 04:07 ID:fAUTO2Fg
「セサミストリート」を例に出すが
番組では子供に、君は何がしたいのと聞ききます。
子供は僕はこれがしたいんだと答えます。
それがしたいんだったらみんなに言わなきゃ。言わなきゃ周りに伝わらないぞ。
つまり、周りが何を言っていてもしていても、自分がしたいことを必ずちゃんと言えること、
これが一番重要なことだというふうにどこの国でも教えられます。
これが主体性です。
日本では教えられません。

そして君はそれがしたいのか。でも、ひとりじゃできないぞ。
だれかに助けてもらわなきゃ。そのためには友達をつくらなきゃいけないな。
友達をつくるには、君、魅力的じゃなきゃだめだぞ。
さらに、友達がしてほしいことをしてあげれば、友達は君がしてほしいことをしてくれるぞ。
主体性の為に行う相互扶助。

こういった前提抜きで「教育勅語 十二の徳目」なんて詰め込んでも
それを守る動機付けが無い限り無意味。
日本は日本の 教育方針を定めて、腰の据わった日本人を養成しましょう
なんて言っても>>698で言った様に今と昔とは違う日本なのである。


700 :日出づる処の名無し:04/03/08 21:49 ID:aYg+1NrP
ときどき振り返って思い出すためのものだから別にいいんですよ。
人と人とがぶつかりあいながら折りにふれて帰る場所を作っておくの。
その意味は、多分その子が一生かけて考えるでしょう。

701 :日出づる処の名無し:04/03/08 23:25 ID:aZ8D3oOA
教育勅語と建国神話を小学校一年生から教えてくれたら良いな。
憲法改正も、先人が何年もかけて作った明治憲法を改正する形でしてほしい。
いまのアメリカが一週間で作り上げた憲法は破棄しよう!

702 :abc:04/03/09 08:45 ID:BcZYcSUM
>>699 こういった前提抜きで「教育勅語 十二の徳目」なんて詰め込んでも
     それを守る動機付けが無い限り無意味。


いやいや。週一の朝礼で唱和するだけで十分効果があるものと思われます。
言うならば賛美歌効果ね。動機付けは徳目の中に充分あると思います。


703 :教条主義は通用しないってもう論破されているじゃないか:04/03/09 22:28 ID:wCHKYSx0
論理的根拠なし。
教育勅語は天皇に対する忠誠心や信仰心、親しみが動機付けになる。
天皇に喜んでもらう為に徳目を守ろうとする訳。
賛美歌も信仰心が動機付け。

教義が理解できるかどうかも大きな問題で
極端な話例えば、ここに一つのリンゴがあるとしよう。
赤に対する色覚異常の人がそのリンゴを見たとき灰色に見えているのかも知れない。
だが、正常な人が見ればそれは赤に見える。

この違いは、人がその対象を見るとき、自己の肉体を媒介としてしかその対象を捉えることが
出来ない事による。
極端に言えば、私が赤と認識している色が他人にとって同じように見えているとは限らない。
ただ単に同じ対象に対して、赤という言語上の記号を与えているに過ぎないと考えることが
出来る訳です。

同様にして他人の教義というか、倫理的とか道徳的な規律のようなものを理解するためには
自分の生まれ持った資質と、育ってきた環境によって作り出されたフィルターを通してしか
物事を認識することが不可能なのです。
愛、真心、信、仲良く、人格の向上と言われても本質的にそれがなんなのかということは
結局個人の自由な試行錯誤の上でしか築くことは出来ないわけです。

704 :日出づる処の名無し:04/03/09 22:44 ID:yZaFlwuu
公立学校から子供達を守れ!
http://human2.2ch.net/test/read.cgi/ms/1078756847/l50

705 :大陸浪人:04/03/10 12:31 ID:RQg7wqjZ
校長が勅語を奉読している。会場には咳(しわぶき)一つ聞こえぬ。
突然、校長の声がつかえた。一瞬のことである。その後はまた何事もなかったかのように
奉読が続き、式典は無事に終わった。その夜、校長は自決した。
このような事が時に起こることで、勅語の重みは、いや増すのである。

706 :abc:04/03/10 13:05 ID:qZWRn17V
>>703 教育勅語は天皇に対する忠誠心や信仰心、親しみが動機付けになる。

それが時代の流れに沿っていない。20の徳目から12の徳目を選定し現代風に
合わせれば良いではないか。教条主義と言われようが要は形からはいるものです。
何もしなくて評論ばかりしていても仕方がないと思いませんか。

【再掲】
http://www.meijijingu.or.jp/intro/education/
教育勅語 十二の徳目
孝行(こうこう) 親に孝養をつくしましょう
友愛(ゆうあい) 兄弟・姉妹は仲良くしましょう
夫婦(ふうふ)ノ(の)和(わ) 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
朋友(ほうゆう)ノ(の)信(しん) 友だちはお互いに信じあって付き合いましょう
謙遜(けんそん) 自分の言動をつつしみましょう
博愛(はくあい) 広く全ての人に愛の手をさしのべましょう
修学(しゅうがく)習業(しゅうぎょう) 勉学に励み職業を身につけましょう
智能(ちのう)啓発(けいはつ) 知識を養い才能を伸ばしましょう
徳器(とくき)成就(じょうじゅ) 人格の向上につとめましょう
公益(こうえき)世務(せいむ) 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
遵法(じゅんぽう) 法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう
義勇(ぎゆう) 正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう

 



707 :日出づる処の名無し:04/03/10 21:15 ID:fHchDSbW
>>706
>教条主義と言われようが要は形からはいるものです。
形から入りません。
それだと人類発祥以前から規範があった事になる。
人間は自由に自分のしたい事をしながら試行錯誤し
その結果に対してどうレスポンスするかという詰み重ねをしてきたから
秩序を産み出す事が出来た訳で最初にマニュアルや戒律がある訳では無い。
>>699でも説明されている。
個人個人の状況はそれぞれ違い価値観も多様でお互いが理解不可能な現代では
すでに教条主義自体が時代遅れと言う訳。
教条主義とはお互いの良き事が同じであると言う前提がなければ正しく機能しない。
それより規制緩和と徹底した情報公開をし豊かに試行錯誤出来る環境が必要。
秩序とは自由を保証するからこそ信頼可能であり、自由な試行錯誤によって得られた秩序こそ信頼可能である。

708 :700:04/03/10 21:36 ID:49YlqoYg
>愛、真心、信、仲良く、人格の向上と言われても本質的にそれがなんなのかということは
>結局個人の自由な試行錯誤の上でしか築くことは出来ないわけです。
まったくもって賛成ですな。

>個人個人の状況はそれぞれ違い価値観も多様でお互いが理解不可能な現代では
お互いの理解できる価値観を確認し、維持しつづける努力を放棄してはいけません。

>秩序とは自由を保証するからこそ信頼可能であり、
わかりません。

>自由な試行錯誤によって得られた秩序こそ信頼可能である。
長年の試行錯誤によって得られた秩序は自由な試行錯誤ではないから無効ですか、そうですか。

709 :日出づる処の名無し:04/03/10 23:57 ID:OZ/5KvYe
>>708
>長年の試行錯誤によって得られた秩序は自由な試行錯誤ではないから無効ですか、そうですか。
残念ながら人と人の脳味噌は繋がっていません。
人が物事を認識すると言う事は個人の経験を対象に照らし合わせて想像するだけで
なんとかかろうじて認識できているかの様に思えるだけの脆弱なものです。
>>703を読んでね。

しかし愛、真心、信、仲良く、人格の向上と言われても本質的にそれがなんなのかということは
結局個人の自由な試行錯誤の上でしか築くことは出来ない訳なら秩序が自由を保証しなければ
それらを理解する事は不可能であろう。
そんな秩序を信頼出来るのか?


710 :700:04/03/11 05:29 ID:xEYZez1O
ときどき振り返って思い出すためのものだから別にいいんですよ。
人と人とがぶつかりあいながら折りにふれて帰る場所を作っておくの。
それが実際に何を意味するのかは、自らの経験をもって一生かけて考えるんでしょう、多分。
友人を信じる。この一言に忠実であることは実際にはとても難しいけれど、
その言葉があってこそ、友とは何か、信じるとは何かという問いかけが常に胸の内に宿るようになる。
その結果が、何の道標もなく試行錯誤を繰り返すだけの人生より弱弱しいものだとは決して思わない。
これは継承されてきた方法論でもあり、それが文化というものだと思う。

711 :日出づる処の名無し:04/03/12 00:23 ID:yUh8WHmr
>>710
>人と人とがぶつかりあいながら折りにふれて帰る場所を作っておくの。
宮崎アニメの事だな。
仮面ライダーやウルトラマンが子供の倫理観の基礎を作る手助けになるそうだ。
現代は子供の為になる物語で飽和状態です。

712 :1th ◆cS1fxWJb5I :04/03/12 01:22 ID:9i+iWk8w
自分は、教育勅語が天皇の言ったことだって事が
結構重要だと思う。

子供は、よくわからないけど
偉い人が自分に向かって言ってるんだなぁ。
と思ったほうが、この文章の重要性を
無意識に自覚できると思うから。

だから、そのまま載せなくてもいいけど、
天皇が言った事だってのが
わかるようにしてほしい。

713 :1th ◆cS1fxWJb5I :04/03/12 01:25 ID:9i+iWk8w
>>703
愛とかそういうのは
自分の経験からしかわかるようにならないってのは
当然だと思う。

でも、教育勅語は、そうやって見つけたものを
大切にしましょうって事だろう。

714 :日出づる処の名無し:04/03/12 05:17 ID:Tynldbu8
ま、倫理は必要だよ。人間って、馬鹿だからね。
最近の凶悪犯罪は、外人のを除いても酷いと思う。
結局、教育が駄目だから。
日教組が癌なんだよ。

715 :abc:04/03/12 09:03 ID:sPQYwSeE
1997年に神戸で起きた連続児童殺傷事件で逮捕された男性が少年院を退院したそうだ。
当時14歳の少年が起こした犯罪は社会に衝撃を与え少年法の改正の切っ掛けともなった。

そしてこの様な少年犯罪が何故発生したかの論議が盛んになったがその一つに精神面の教育の欠如
が浮かび上がりました。道徳教育・宗教教育・ゆとりの教育と色々言われる中で教育勅語の復活があり
ました。小学生の時叔父に聞いていたので改めて20の徳目を振り返りましたが改めて感心しました。
そして今日、20の徳目は12の徳目に精選され非常に馴染みやすい者に改められています。
と言うわけで再掲します。何度読んでも感心します。繰り返し唱和すれば必ず効果が有る者と考えます

【再掲】
http://www.meijijingu.or.jp/intro/education/
教育勅語 十二の徳目
孝行(こうこう) 親に孝養をつくしましょう
友愛(ゆうあい) 兄弟・姉妹は仲良くしましょう
夫婦(ふうふ)ノ(の)和(わ) 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
朋友(ほうゆう)ノ(の)信(しん) 友だちはお互いに信じあって付き合いましょう
謙遜(けんそん) 自分の言動をつつしみましょう
博愛(はくあい) 広く全ての人に愛の手をさしのべましょう
修学(しゅうがく)習業(しゅうぎょう) 勉学に励み職業を身につけましょう
智能(ちのう)啓発(けいはつ) 知識を養い才能を伸ばしましょう
徳器(とくき)成就(じょうじゅ) 人格の向上につとめましょう
公益(こうえき)世務(せいむ) 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
遵法(じゅんぽう) 法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう
義勇(ぎゆう) 正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう

716 :日出づる処の名無し:04/03/12 09:33 ID:0Q7JMjNK
>>714
まぁ人間って精神的な縛りが無いといかんよなぁ。
さもなくば犯罪に走る。

717 :abc:04/03/12 10:19 ID:sPQYwSeE
>>712
> 自分は、教育勅語が天皇の言ったことだって事が結構重要だと思う。
>
> 子供は、よくわからないけど偉い人が自分に向かって言ってるんだなぁ。
> と思ったほうが、この文章の重要性を無意識に自覚できると思うから。
>
> だから、そのまま載せなくてもいいけど、天皇が言った事だってのが
> わかるようにしてほしい。

天皇陛下アレルギ−の馬鹿教師が多い昨今なかなか実現困難な課題ではあります。
しかし、神代の時代から

AC 604:聖徳太子、憲法17条制定…君臣の道、諸人の則るべき道徳
AC1868::明治天皇、五箇条御誓文…明治政府基本政策
AC1890::明治天皇、教育勅語…国民道徳、教育基本理念

天皇陛下(聖徳太子の場合は推古天皇)には国民(君民…)に有るべき姿を
示されています。アナキストやマルキストやテロリストならいざ知らず普通の日本人ならば
温故知新と言うことでもあります。その精神をくみ取り教えに添って行動すれば
立派な日本国を建設・維持して行くことが出来るでしょう。
敗戦後の復興も教育勅語時代の人間が成し遂げたのです。今日の権利は要求するが
義務は果たさない。同して和さず。鴉の勝手でしょ。と郷に入って郷に従わない人間に
育てられてきた戦後生まれの人間ならば半島と同じレベルの状態に留まったでしょうな。

今日日本の繁栄は1945年当時20歳から60歳の皆様のおかげですな。そして彼らは
生きていれば80歳以上になってしまっています。大体バブルがはじけたのも彼らが55歳以上に
なったときで現役を退き始めてからだもんね。
教育勅語時代の日本人が引退し始めてから日本はおかしくなり始めたのは歴史的に間違いない。





718 :日出づる処の名無し:04/03/12 11:16 ID:daCWL9A4
>>86
亀レスだが、君主の直接統治は専制君主制という。立憲君主制とは別。

719 :日出づる処の名無し:04/03/12 12:19 ID:EAOj6G+J
勅語はカリスマが言うから道しるべとなって効果を発揮するもので
ただのマニュアルではない。
カリスマとは化学的に言うと人間の遺伝子に組み込まれた欲求を促すプログラム
『リビドー』を刺激するものである。
民衆は天皇を欲求(愛)していたから天皇に喜んでもらうために
自発的に規範を守るのである。
こういった自律的に守る規範を倫理と言う。
教育勅語は偉い人に言われたから規範を守るといった他律的な規範である道徳とは違う。

720 :日出づる処の名無し:04/03/12 12:45 ID:EAOj6G+J
戦後の人間が何を欲求したかと言うと『豊かな生活』である。
民衆は豊かな生活を実現するために団結し己を高め働いた。
しかしそれは七十年代には達成されてしまいアノミー(無目的のための無規範)を生じてしまった。
世の中を変えなければと学生運動が始まるがマルクス主義に対する無理解から
「反権威」と言っている奴から権威的になり左翼が権威主義となり
革命は他の共産圏の国と共に大失敗に終わった。
人が何を欲求するかはそれぞれが求め欲求の実現のために規範を守る。
現代の『心の寄る辺』とは自分が何を欲する事だ。

721 :日出づる処の名無し:04/03/12 19:29 ID:tEYyZ25d
>大体バブルがはじけたのも彼らが55歳以上に
>なったときで現役を退き始めてからだもんね。

基地外もいいかげんに。

宮沢の政策の失敗。

722 :日出づる処の名無し:04/03/12 20:12 ID:1PnLOEbB
>>715
>そしてこの様な少年犯罪が何故発生したかの論議が盛んになったがその一つに精神面の教育の欠如
>が浮かび上がりました。道徳教育・宗教教育・ゆとりの教育と色々言われる中で教育勅語の復活があり

これもキチガイ

ttp://onko.ncf.or.jp/mori/ryoyuki/situke/situke.html
神戸の連続児童殺傷事件で弁護団長を務めた野口義国氏は、逮捕から医療少年院送致の処分が決まるまでの110日間に、
酒鬼薔薇聖人少年に30回の接見と聴取を行い弁護を務めた。
そして、新聞記者の要請に応え、子育て中の保護者に家庭教育のあり方について注意を促している。
「母親は幼い子どもを温かく包んでやる。少し大きくなったら父親が社会のルールを教えて育てる」。
少年は訪ねてきた両親に「会いたくない、帰れ」と不快感をあらわにし面会を拒否したそうだ。また、
事件の背景について、神戸家裁は処分決定要旨の中で
「長男に生まれた少年は両親や家族から期待されその後生まれて弟たちと比較して厳しくしつけられて成長した。
そのため、次第に、両親、とりわけ母親に対して自己の感情を出さなくなっていった」と述べている。
これを裏づけるように、新聞記者の調査でも母親の育児について「しつけは厳しかったようだ。
『幼稚園に行って恥をかかないように』と、着替えや食事の仕方、後片付けなど繰り返して厳しく注意した。
少年が弟のおもちゃを取り上げたりすれば、他人が見ている前でも『何でなかせるの』と尻を叩いた。」と伝えている。


723 :日出づる処の名無し:04/03/12 20:14 ID:WkhqyuIO
千葉県の父親殺人の青年は、神戸の少年に輪をかけたような「厳しいしつけ」が行われた。
判決文の中には「愛情よりも規制(しつけ)を押し付け孤立させていった
両親の不適切な対応が犯行の根底にある」と明記されている。
腕白盛りの子どもが玄米食と豆乳、生理整頓されたモデルハウスのような家で、
毎日の行動が管理、監視されるくらしとは子どもの心に蓋をするようなものである。
神戸の少年弁護団長野口義国氏は「母親は、幼い子どもを暖かく包んでやる」
「少し大きくなったら、父親は社会のルールを教えないと」と言葉少なに養育に基本的な心構えについてコメントし、
母親の温かさと父親の育児の関わり方に改めて注意を促している。
千葉県の青年の場合はむしろ「厳しい規制(しつけ)」に原因があったと判決文は指摘している。

724 :uwaraba:04/03/12 21:49 ID:yIG1GHy8
思うんだけど、教育って本来強制するものだったんだよ。個性重視とか自主性の尊重
とか聞こえはいいけど、その実態は放任主義。
結局は原点に帰るべきだ。

725 :日出づる処の名無し:04/03/12 22:20 ID:B6fK6grh
自由と我儘との界は他人の妨げをなすとなさざるとの問にあり。例えば自分の金銀を費やしてなすことなれば、
仮令い酒色に耽り放蕩を尽すも自由自在なるべきに似たれども、決して然らず、一人の放蕩は諸人の手本となり
遂に世間の風俗を乱りて入の教えに妨げをなすがゆえに、その費やすところの金銀はその人のものたりとも
その罪許すべからず。

726 :日出づる処の名無し:04/03/12 22:59 ID:9FspSj8f
>民衆は天皇を欲求(愛)していたから天皇に喜んでもらうために
>自発的に規範を守るのである。
何といっていいかわかりません。

>>724
どういうふうに強制するのがより良いかってのは非常に難しい問題だと思います。

727 :1th ◆cS1fxWJb5I :04/03/12 23:15 ID:9i+iWk8w
>>726
強制…。んーと、
小さい子供は何にも知らないわけで、
そこに記憶をつめていくわけだ。

つまり、親や先生がこうですよ、
といったら、子供は否定することもなく
それが正しいとして記憶していく。

ここで、親や先生がこうですよ、
と言ったときに子供がそれは違うと否定して、
それでも無理やり、これが正しいのです。
といったなら、強制かもしれないけど。
そんなことは普通ない。

だから、強制とかそういう話は
ずれてると思う。

でも>724の言う個性重視とか自主性の尊重
等と言う連中が強制は良くないというなら
それは正に放任主義に違いないと思う。

えーと、つまり何が言いたいかというと。
どういう風に強制するかってのは
考える必要はないんじゃないですか。

728 :日出づる処の名無し:04/03/12 23:24 ID:7QDCsnYa
>>722のリンク先読んだのか?
厳しい「しつけ」によって、自制心のある人間が育つというのであればこれほど簡単なことはない。
子どもが小さいうちは、親の思い通りになるため、叱ったり怒鳴ったり、
叩くなどの身体的苦痛を与えることは誰にでもできるからである。昨年11月の新聞報道によると、
「厳しいしつけ」を含む「児童虐待」は7年前の10倍、5253件にも達し過去最高の数にのぼった。
そのうち殴る、蹴るなどの身体的暴力(体罰)は全体の半数、食事を与えないなどの「保護怠慢」が32%も占めている。
専門家によると、これは氷山の一角で、実際には保護者による暴力的な苦痛を与える育児はこの10倍以上になっているとみている。
過去十年以上も前から、家庭内での厳しい「しつけ」が増えているのに、
子どもたちは自分の感情や行動を抑制し自律するどころか、ますます反抗的になっているのが現実である。


729 :日出づる処の名無し:04/03/12 23:27 ID:9FspSj8f
>>727
人は成長するにつれて、権威に逆らいたくなるものなんですよ。
周期的にそういう時期を繰り返して大人になるんです。不安定なんです。
だから若いってことはそれだけで危うい時期なわけです。
適切に矯めていかないと自分自身を傷つけちゃうんです。
適度に叩いていかないとでたらめになっちゃうんです。
時期も加減も難しいようです。
まあ、誰しもちょっとは曲がってるもんですけど。

そういう人間の弱い時期につけこんで、自分の都合だけを考えて子供の反抗心を煽ったりする人もいます。
病気でよわってる人をにこにこ顔で勧誘する宗教の人より悪辣で救いようが無いと思います。

730 :1th ◆cS1fxWJb5I :04/03/12 23:28 ID:9i+iWk8w
>>728
教育勅語と躾は何の関係もないよ。

731 :日出づる処の名無し:04/03/12 23:28 ID:bqaPF2A+
人間は自由に自分のしたい事を試行錯誤し
その結果に対してどうレスポンスするかという詰み重ねをしてきたから
秩序を産み出し発展出来た訳で最初にマニュアルや戒律がある訳では無い。
>>699でも説明されている。
規制緩和と徹底した情報公開をし豊かに試行錯誤出来る環境が必要。

秩序とは自由を保証するからこそ信頼可能であり、自由な試行錯誤によって得られた秩序こそ信頼可能である。

732 :1th ◆cS1fxWJb5I :04/03/12 23:35 ID:9i+iWk8w
>>729
それは、ある程度成長したらね。

教育勅語の対象は小学校低学年だから。

逆らえるくらいになったときに、
考え方の根本的な部分が既にあるようにするためのものが、
教育勅語だと思う。

733 :日出づる処の名無し:04/03/12 23:36 ID:9FspSj8f
「君はそれがしたいのか。でも、ひとりじゃできないぞ。
 だれかに助けてもらわなきゃ。そのためには友達をつくらなきゃいけないな。
 友達をつくるには、君、魅力的じゃなきゃだめだぞ。
 さらに、友達がしてほしいことをしてあげれば、友達は君がしてほしいことをしてくれるぞ」

和田「わかりました、先生」

734 :和田さんのパパ:04/03/12 23:48 ID:bqaPF2A+
私は性格的にキツい方なので、いま顔を見れば自分を抑えられるかどうかわ
かりませんから・・・・・・。
一郎には期待していたんです。やっぱり長男ですから家業を継いでほしいと
いう気持ちはありました。
倅にとってはスパルタだったんでしょう。幼いころから声をかければ
「ハイッ」と背筋を伸ばしていましたから。それを見て、年寄りからは
「何て育て方だ。子供らしさがちっとも見られないじゃないか」とよく怒ら
れました。その度に私は、子供を育てるんじゃない、"職人"を育てるつもり
なんだと答えていました」
私は二十一歳から仕事もできないのに建築現場で請負をやっていました。
だから威勢がいいんですよ。私のところに来るのは暴走族上がりや不良ばか
り。

だから倅は警察でも、父親には連絡を取らないでほしいと言っているよう
です。当然、倅は私に殺されるくらいのことは思っているでしょう。実際、
倅が外に出てくれば、私が息の根を止めますよ・・・・・・

http://www.geocities.com/waseda32154/18.html

735 :和田さんのパパ:04/03/12 23:58 ID:bqaPF2A+
幼少時にはあえて無節操に自由な行動をあえてさせるべき。
責任をとることを覚えさせるためには、あるいは覚え学んでもらうためには、
自由に振る舞って、自由に振る舞った帰結を自分で、
つまり、しりをぬぐうといいますが、自分で処理してもらう,そういう訓練が必要です。
自分が不快な状態にあるとすれば、周りが悪いというよりも、
まず、自分の選び方が悪かったのじゃないか、
自分の試行錯誤に問題があるのじゃないかと自分に引きつけて責任をとる,つまり自分でやり直す、
そういう態度が実は責任のある態度に結びついていく。

友達を殴れば殴り返される、我が強ければ敬遠される,壊れた人間関係を自分で修復すると言った
わざわざ問うまでも無い当たり前の事が閉鎖的な教室内では出来ない所が問題な訳です。
猿山のボスが君臨する様な環境では結局、暴力が正義になってしまい
自分の行いに責任を持たないでも我を押しとうせばどうにかなてしまう。
そのつど責任を問うのでは無く自分の行いに対してリスクがストレートに帰ってくる環境が必要です。
なんでも教師が教えられるなんて傲慢ですし教える必要もありません。
人が責任をとれる様になるには周囲が余計な手を出さない事が大切。

736 :和田さんのパパ:04/03/13 00:01 ID:4j1WhI/S
ハンドルネーム消し忘れた(W

教育の本質は「教えたい者が、教えたい事を教えるにあらず」。
主体は教える側’ではなく→学ぶ側にある。主体’の位置付けがまず違う。
「学びたい者が学びたい事柄を学ぶ」←これが本質。

ソクラテスが何を教えようが、受け取るのは学びたい者だけ、
友達の作り方や付きあい方を、今、学びたがってる者には届きにくい。
人は興味のあるものに集中し、それを覚えたがり、実際使いたがる。
それが教育の本来・・というより、実際に基づく合理的解釈、本質だ。

人の興味は生きる原動力であり、個性の発露。個に目覚めるのを手伝い、
自我の確立を手伝う事が教育の出発点。
自分が満たされて初めて、人は・・少しは余裕を持って他をとらえ、
接する事ができるようになる。

従い、教育は人が学ぶのを手伝う’のがその本質である。

737 :日出づる処の名無し:04/03/13 00:10 ID:9R6JLZOp
>猿山のボスが君臨する様な環境では結局、暴力が正義になってしまい
>自分の行いに責任を持たないでも我を押しとうせばどうにかなてしまう。
から、それでいいのだそういうものだと考える。
単純に殴られるから殴られないように失敗を隠して、ああよかったと胸をなでおろし、
悪さをしても上手いように事が運べば、しめしめよくやったとほくそえむ。
どうすれば「うまくいくのか」を知りたがり、うまくいけば素直によろこんで繰り返す。


自分自身をチェックすることを誰も教えない。



738 :日出づる処の名無し:04/03/13 02:17 ID:N0jTt8+N
>>737
自分自身をチェックすることを誰かが教えてくれないと身につかないのなら
人類発祥の前に誰かがそれを教えてくれた事になる。
天皇かな?

739 :737:04/03/13 09:03 ID:hWF3lAoz
>>738
君がそう思うんなら、ひょっとするとそうかもしれないね。

740 :abc:04/03/13 11:34 ID:mSOHoOPQ
>>735 幼少時にはあえて無節操に自由な行動をあえてさせるべき

幼少時が何歳までか判りませんが、後の文章を読むと単なる放任主義、
親の責任を果たしていないと思える。
算数で数字の数え方、四則演算、方程式。
国語でひらがなカタカナの読み書き、漢字の読み書き。
というのを言うなれば強制的に覚え込ませ、リテラシを身につけさせるように
道徳心・公共心でも「してはいけないこと」「良い習慣を身につけること」を強制する
のは人間教育として必要であるし有意義であると思う。

ひとは誰しもほめられれば嬉しい者です。特に、幼稚園から小学校低学年までは
自分のしたことが良いことか悪いことか判らない場合が多いです。そこで良識有る
大人が彼らを褒めたり叱ったりすることにより自然と精神面での教育は施されてい
くでしょう。

通常13歳までの子供にはリテラシー教育を施すと言います。リテラシー教育は昔
風に言うと「読み書き算盤」ですが地域社会が躾教育しなくなってから学校にその
躾教育比重が高まっています。躾教育は挨拶から始まり公共心そして偉人伝説
を通じてこんな人になりたいという動機付けを行うのではないでしょうか。躾教育は
道徳教育というべきだという人もいます。

神戸連続殺人事件を犯した当時14歳の少年が退院するそうです。少年院では
道徳教育というか精神教育というか人間教育を行い社会人に復帰する目処がつい
たから退院させるそうです。普通の感覚ならばその様な少年(退院時は20歳)に
隣に住んで欲しくないと思うのではないでしょうか。少年院でそんなに手間暇掛けて
更正させるより13歳までに公共心・道徳心を教え込んでおいたほうが不幸になる
人の数はすくないのではないでしょうか。

結論を言えば、13歳までに道徳教育を施すべきでしょう。


741 :日出づる処の名無し:04/03/13 11:44 ID:U8dZxcR8
-------------------------------------------------
     < 右翼の資金源 暴露 事件!>
=宅地転売で差益900万円−西武鉄道利益供与事件で警視庁

 西武鉄道の利益供与事件で、総会屋芳賀竜臥容疑者(74)
=商法違反容疑で逮捕状=が顧問を務めた横浜市の不動産会社は、
西武鉄道から格安で購入した神奈川県横須賀市内の宅地を右翼の男を経て
川崎市内の金融業者に転売していたことが3日、分かった。
事件には複数の土地ブローカーが関与したことが分かっており、
警視庁組織犯罪対策3課は不動産業者と合わせ数人について立件する方針。
この右翼関係者が関与した過程では、約900万円の差益が生じており、
同課は宅地転売の全容解明を進めている。 (時事通信)[3月3日]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040303-00000729-jij-soci
-------------------------------------------------

742 :日出づる処の名無し:04/03/13 11:52 ID:KDOqXr/P
>>740

> ひとは誰しもほめられれば嬉しい者です。特に、幼稚園から小学校低学年までは
> 自分のしたことが良いことか悪いことか判らない場合が多いです。そこで良識有る
> 大人が彼らを褒めたり叱ったりすることにより自然と精神面での教育は施されてい
> くでしょう。

それが自由に振る舞った後の帰結だよ。
最初から規制するのでは無く子供が起こした行動に対してレスポンスする。
決して放任では無い。
教条主義では無く体験として徳目を修得させる訳。

743 :日出づる処の名無し:04/03/13 12:07 ID:yFj1Uiwx
否、ちょっと待て。

現代では何が良識なのか不透明な訳だ。
開放的な空間でいろんな人間に触れなければ精神面での教育は施されない。
もう一度書くが

教義が理解できるかどうかも大きな問題で
極端な話例えば、ここに一つのリンゴがあるとしよう。
赤に対する色覚異常の人がそのリンゴを見たとき灰色に見えているのかも知れない。
だが、正常な人が見ればそれは赤に見える。

この違いは、人がその対象を見るとき、自己の肉体を媒介としてしかその対象を捉えることが
出来ない事による。
極端に言えば、私が赤と認識している色が他人にとって同じように見えているとは限らない。
ただ単に同じ対象に対して、赤という言語上の記号を与えているに過ぎないと考えることが
出来る訳です。

同様にして他人の教義というか、倫理的とか道徳的な規律のようなものを理解するためには
自分の生まれ持った資質と、育ってきた環境によって作り出されたフィルターを通してしか
物事を認識することが不可能なのです。
愛、真心、信、仲良く、人格の向上と言われても本質的にそれがなんなのかということは
結局個人の自由な試行錯誤の上でしか築くことは出来ないわけです。

744 :日出づる処の名無し:04/03/13 12:45 ID:U8dZxcR8
平成4年〜平成8年にかけての右翼の暴力事件、
並びに右翼団体構成員からの「拳銃押収件数」
政治活動に拳銃や日本刀が必要かぁ???
   物騒だな右翼って(w

http://www.pdc.npa.go.jp/hakusyo/h09/h090600.html


745 :日出づる処の名無し:04/03/13 20:07 ID:aNLwaV4J
>最初から規制するのでは無く子供が起こした行動に対してレスポンスする。
>決して放任では無い。
>教条主義では無く体験として徳目を修得させる訳。

そのレスポンスの基準は子供には教えてあげない、と。
どうして叱られたか、どうして誉められたか、知りたいか?自分で考えろ。教えてやらん、と。
そして子供は自分より優位にあり、誉めたり叱ったりする権限を持つ大人の顔色を伺うようになる。
仕方ないよな。何で叱られてるのかもわからず、何で誉められてるのかもわからないんだから。
無力で心細い子供は誉められたい一心で支配者の意にそった行動をとるだろうさ。幼いうちは。
放任主義でないことは認めるよ。子供を完全な支配下に置こうとしてるんだろ。
子供に行動の基準を教え諭さずに「レスポンス」だけを恣意的に振るってるんだからな。
子供が自分で倫理について考え始めることが許せないんだろう。
子供が自分の思いのままになってりゃそれで満足なんだろう。

でも、それって虐待だと思うぞ。


746 :1th ◆cS1fxWJb5I :04/03/13 20:20 ID:KOSyFURi
なんか、躾の話になってるな。

まぁいいか、

思うに、自由にさせるところは自由にさせて、
大切なことはしっかり覚えさせる。

そういうことでしょ。

747 :日出づる処の名無し:04/03/13 20:50 ID:O8J8U/sU
>>745
>でも、それって虐待だと思うぞ。
俺も書き込んでから間違いに気づいたんで>>743でフォローしたんだが
同一人物の書き込みだってわからんよな・・・スマン



748 :日出づる処の名無し:04/03/13 20:57 ID:U8dZxcR8
ウヨの男色好み・兄貴ヲタも大変だなw ケツの穴、拭いといで(ワラ、

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Hinoki/4247/hokanshoko/m39.html
男色経験者がいる武士道集団=皇軍内務班では初年兵が鶏姦(肛門性交)の対象にされ肛門出血していた。
封建時代から明治、昭和、平成と、、、組み敷かれた若き日本男児の肛門出血は益々止まることがない。
武士道の経典とも言える「葉隠れ」には男性の同性愛を至高の愛の形態とする記述がある。
同性愛は武家社会に普及し「衆道」と呼ばれ、武家の一般的な風俗として盛んになった。
そこには年長者が年少者を愛し保護する一方、年少者は年長者からの愛を受けて忠義を尽くすという政治的な権力支配があった。
武士道とはまさに現代の「新宿2丁目のハゲオヤジと男子高校生」の援助交際そのものなのである。
武士道は源頼朝の鎌倉時代に生まれ主君を頂点とした封建体制を維持するための巧緻なマニュアルに過ぎない。
キリスト教信者新渡戸稲造が欧米説得の役割を担って英文で『武士道』を刊行したのはちょうど日本が
中国侵略を射程に日清戦争から日露戦争へと向かう明治33年であった。
http://cgi.din.or.jp/~yossiy/cgi-bin/umeboard10.cgi?task=view&mnum=93


749 :abc:04/03/14 16:11 ID:jOViVdPT
【教育勅語】
http://www.h7.dion.ne.jp/~speed/kyouikutyokugo.htm
…前略
 教育勅語の本質が天皇崇拝、天皇主権と思われがちですが、本来の本質は道徳教育そのものです。
また天皇主権を謳った五箇条のご誓文に沿う形での教育勅語の発布故にそういった誤解が生まれたと
思われます。この教育勅語は、日露戦争の仲介担当の米国人の依頼によって明治四十年に英訳されて
、多くのアメリカ人に称賛され、日本近代化の要である教育の中枢であると認識されました。次いで漢訳
がなり、明治四十二年に至って仏訳・独訳が完成してます。そして在外大使館や領事館から世界各国に
配布された。明治四十一年にロンドンで開催された国際道徳会議においては、その要請に応じて菊池大
麓が教育勅語について講演し、欧米の識者から高い評価を受けました。

 今の日本社会で起きてる老若男女問わず起きてる社会の荒廃の原因の一つは道徳教育と言われてます。
文明開化による表面的な西欧文明の流入、西欧文明の絶対価値観抜きの流入から来る社会荒廃を防いだ
教育勅語の本質(精神)は、今の時代にも通じる物、逆に今の時代にこそ必要な物であると思えます。



750 :日出づる処の名無し:04/03/14 16:29 ID:G9T1EVhh
裁判員制度導入で、中学校から法律教育実施けてーい。

これで十分でんな。

751 :日出づる処の名無し:04/03/14 17:18 ID:XesWSX36
小学校が倫理教育の場として機能することを期待する。
義務教育における倫理教育の方針を定めて、その要旨を児童にわかり易い形に
まとめたものを作ることは必要なことだと思う。
民主主義の権威をまとう過程を経た道徳教育の基本方針が、未熟な保護者や教師を支援するだろう。
日本国民として、最低限の人倫に関する価値観を共有しておく必要がある。

中学、高校にもなれば、いろいろな地域・時代の思想や道徳観にもふれ、
自らの受けてきた道徳教育について考える時間も増えるだろう。
疑問も不満も大いに持っていい。
ただし、その年齢で教育の在り方に影響力を持つことはあってはならない。
大人ではない、ということの意味は大きい。

外国籍の人は知らない。その人らにとっては他国の教育機関なのだから内容を吟味した上で
子供に受けさせるかどうか決めたらいい。日本に存在する母国の教育機関が利用できるなら
選択肢も増えるだろう。というか、子供の帰国後のことを考えればそのほうが無難だと思う。
帰国を前提とした教育機関なのだから。

んで、スレの流れとしては法律教育と道徳教育の関連についての話に向かうのかな?


752 :日出づる処の名無し:04/03/15 09:55 ID:lrcsvCY4
道徳の中身の理由付けが必要なんだが

これを説明出来ないと単なるお題目。
大人が守っていなければだれがいうことを聞くものか。
せいぜい「先生に言いつけてやる」という年令くらいにしか
道徳教育なんて通用しない。

外国籍の人についても

「日本社会で生きる」という教科は必修とすべき。
母国文化の理解と共に異文化(日本に限らず)に対する寛容な態度、
日本で生きるとは、とかを教育すべきだ。

753 :日出づる処の名無し:04/03/15 23:55 ID:zSvgaJ9Q
誰かが、言ってたが→ 教える’と身につく’は違う。
視点を生徒側に置くと、ヒトに教えられる’のと自分が身につける’の違いだ。

この相違点の根本は、知識ファイル’として記憶するのか、行動プログラム’
として体内OSに組み込む’のかほどの違いがある。
教える←が単なる知識の断片ファイルなら→時間とともに忘れられてゆく。
一方、学び取る体得プログラムなら、使えるから便利に使い始める。

このことは→公衆道徳などで、違いがハッキリ出てくる。
本スレで放任・ほったらかし・野放し・・の若年層非難や咎めるレスが目立つが、
 単に学校内という一時的空間で→守るべき規則を暗記させ、罰をもって強制
するやり方では、本当に身につけさせた’とはいいがたい。

実際の社会=パブリック・スペースは広く、あらゆる予測困難な状況が待ち受けて
いるからだ。子供達はそこで「自分で通用する基本を身につけて」いないと衝突し、
ブチ切れ、暴れることになる。とりわけ、重要なパブリック・マナーは次だろう。
この習得は→驚くほど、公衆道徳の遵守をもたらす。それは↓

       ---主体性の為に行う相互扶助だ---

それができて初めて、人は

---社会あるいは社会性を媒介しないと本当は自分がしたいことさえできない---
     ---自分の幸せさえやってこない事を知るからだ---

754 :日出づる処の名無し:04/03/15 23:56 ID:w9olxuAb
国家教育に求められる姿勢↓
1.目的)
教育は個々人の幸福実現を教育的側面から補助する事を目的とする。

2.内容)
教育的側面とは、(必ずしも学者の分類した学科を意味しない)
@自己の身の安全’や生きていく上で人が生理的に必要な事柄’
Aパブリックの概念’集団社会の実際’と自己との関係’
B自己の個性の把握’から固有の自我の確立’まで
C自己の理想の模索’とその実現’まで
これらを学べるものを教育とする。
(パブリックの概念とは、個々が社会の一員である事を自覚させ、
 他人の立場にたって考え、行動できるようになる教育をいう。
 単に、規則を守るという類のものではない)

3.義務と権利)
@義務教育として→誰もが必要と考える内容とレベルの学習を置く
A権利として→それ以外は個々の選択にゆだねる。

国民個々の幸福の実現に向け、政府、学校、教師、親、地域住民は、
最低限必要な事柄・・知識技術・姿勢態度等を国民各人が学べるよう、
環境・設備・スタッフ(教授者・相談員)を適切に配置して、
教育的側面からこれに協力することがのぞましい。

755 :日出づる処の名無し:04/03/15 23:56 ID:H3BrXcvH
1.民間調査機関に子供たちが「何を学びたいか」を調査依頼。
 親には「自分が何を学びたいか」と「子供に何を学ばせたいか」2つを調査。
 3年ごとに親・子供・ホカの意識調査を行い、学習テーマに反映させる。
2.学習テーマを絞り、必須と選択学習を決める
 ・遊び・ボランティア・クラブ活動等すべてが学習テーマとなりうる。
3.学校スタッフは学習コーチとカウンセラーの2本立て、クラス各1名を配置。
 ・コ−チは知識技術面を、カウンセラーはもっぱら子供の相談相手を務める。
 ・コーチとカウンセラーは子供・親の双方から評価を受け継続or not決まる
 ・評価結果が60%支持を下回った者は再トレーニングを受ける(大学等)
 ・共に寄付募金活動(PTAや地区で)と地区奉仕を義務付ける。
 ・校長、教頭は廃止する。
 ・代わってSr.コーチとSr.カウンセラーを責任者として一名ずつ配置する。
 ・Sr.カウンセラーには近隣地区との情報交流・研鑽会参加を義務付ける。
 ・朝礼廃止。
 ・学校の警備は民間警備会社を配置。
4.学校スタッフの採用とトレーニングを行う機関を各大学内に設ける。
5.絞られた学習テーマに合うよう学校の設備改造等を行う。
6.育基本法はいったんすべて廃止とし、代わりに学習憲法を置く。
7.教育委員会は廃止とし、カウンセラー委員会を置く。
8.実施は規制特区にプロトタイプ教室を設置。実績を上げたら全国展開。
9.民間フランチャイズ、株式会社、塾等の学校経営OK.
10.幼稚園、小・中・高の区分を廃止。
11.生徒は必須を除き自由に選択をチョイスして17歳までを過ごす。
  クラス変更、テーマ変更、転校は空があればいつでもOK
12.参政権を18歳に引き下げる。

756 :日出づる処の名無し:04/03/16 13:06 ID:bYO1d5Bi
勅語いらない また戦前にもどるぞ きれいごとならべてるサヨさん 怖い… 守るべきもの それは自分の家族、そして命 テンコロは ぷぷっです

757 :abc:04/03/23 05:00 ID:VUSPCsvI
age

758 :日出づる処の名無し:04/03/23 05:03 ID:2Evb1dxY
カラ上げかよ能無し。

759 :abc:04/03/23 08:48 ID:9ynpuQ1S
>>758
> カラ上げかよ能無し。

申し訳ない。「ホットゾヌ」は最初の部分しか見れないのでオリジナルに戻って
時々興味あるテーマについてageています。何せオリジナルは書き込み画面が狭く
見通しが悪いのでやむ終えぬ仕儀となっています。

恐らくカラ上げしている人は同じような理由ではないかと思います。



760 :abc:04/03/24 04:41 ID:07xvxfrh
戦後、教育基本法が制定されたとき、その根拠は教育勅語に於かれていたそうです。
教育勅語にかかれている12とも20とも云われる「徳目」がベースになっていました。
所がGHQはこの教育勅語を禁止してしまいましたので教育基本法は何ともしまりのない
法律になったそうです。それでも当初は教育基本法で鍛えられた教師が居てきちんとした
日本人を育ててきました。現在65歳以上の方々が戦前擬きの教育をうけ、そして彼らが
戦後の荒廃した日本を世界の冠たる日本に仕立て上げました。さて教育勅語のベースを
無くした教育基本法での教育がどうなったか。それが現在の状況です。

  権利は要求するが義務は果たさない。
  努力はしないが成果は欲しがる。
  当事者意識が薄く第三者的評論ばかりする。
  自分が不幸なのは社会の所為だと主張する。
  粘りが無く直ぐ切れる。

まだまだあると思いますがお後が宜しいようで。



761 :abc:04/03/24 04:44 ID:07xvxfrh
>>760 補遺

http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1058533215/61-63,66
良い国だから愛するんじゃない。
祖国だから愛し、その心がより良い国を造るのだ。

ありもしない過ちをでっち上げ、反省したつもりになったところで、
愛国心など生まれない。国に対する他人事感覚が、益々増長するだけだ。

人々に道徳があった頃は愛国心を教育など、実に野暮な事だった。
しかし、それは過去の事。アナーキスト、腐れサヨ、反日集団らにより、
正常な感覚が破壊されすぎた。常識すら教育しなければならないのが現状だ。

http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1049573978/384-385
それでも中国は賢いよ。
本当に先進国となる為には情報統制、プロパガンダをやめなきゃならない。
これから50年、100年かけてマトモな国になろうとしてるんだろ。

とオレも信じている訳では無いが、
程度は緩いがそれに近い事をしようとしてるんだろう。



762 :日出づる処の名無し:04/03/25 04:04 ID:q8tPy+l8

    狼から来ました

     / ./ ,'  l l | l l  | li l_」.Lヽ- 、 .  、 i  l
      i l  i   l | l_」._l  l |l|リ l,⊥ト_ l i l i l  |
     l l| .|  l ,ィ´l_ヽ」ヽ l. |l! ' ,r ヽ.ヽr!|. ! !|   |
      l|l  l   ト、l !イr'ヽヽ\Nl  {ト .ノ;} リ!| l リ  l
       ヽ. l、 、l ヽ{ !{!_,ハ  丶  〈ゞ';リ r、{ヽ、 i  l
        ヽト、\  lゞ;リ  ,   `ニ-  } } }.} l  l
          l iY゙}i ` -'        / / / ハ !   l
          ! .{.{〈 {     ´    /     ,' l !   l 記念カキコだよぅ〜
         ,' ヽヽ `ー- ._    r'´    ,.イ‐、 l !  l
          /  _,〉、___     ヽ ̄{   /:ノノ:.:.:ヽ.|   !
         ./  i´:.ヽ:.:.:./:{`  / ,.r} _,ノ:.Y:/:.:.:/:`ヽ   !
        / / !:.:.:.:,r'^ヽ:.ヽ.__ハf:`"´:.:.:_ノ:ヽr':.:.:.:.:.:.:.i  i

763 :日出づる処の名無し:04/03/29 14:21 ID:SEZfh8Jf
>>759
それ、理由にならんだろ。

ホットゾヌ使ってるんだからしょーがないだろ


これでゾヌ以外のブラウザ使いが「ち、しょーがねーな」とばかりは言わないぞ。


764 :日出づる処の名無し:04/03/29 14:22 ID:SEZfh8Jf
>>759
途中で送信しちまったわ。

そういうわけで、「ボクのせい(意識的所作)じゃないもん」と言う態度と
「詫びる時は、かならずその後で『しかし』で続く言い訳をして、詫びたと言う屈辱の均衡をとる」
って態度が

             はっきり言って、オマエもサヨ

だと思うわな。

765 :日出づる処の名無し:04/03/30 14:07 ID:/JdC/z28
山梨 教育勅語が入っている校歌に対して左翼訴える
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H16/1601/1601008yamanashi.html

766 :日出づる処の名無し:04/04/21 22:58 ID:o30PPa4F
>>764
内容そのものは、今回の3バカ+2アホにもピッタリですな。

767 :abc:04/04/29 08:32 ID:p20a0rXq
良いことをしたら褒める。悪いことをしたら叱るというか注意する。
特に注意する場合は何故かと言うことを注意深く背tめいする。
之だっけの手間暇掛けなきゃ子供は道に迷います。
そして教育勅語や憲法17条、誤加除のご誓文ついでに軍人勅諭、五省
等々が適材適所に引用すると効果的であります。先人の知恵は仇や疎かに
するべからず。そして温故知新はこういった風潮から自然にわき出てきます。


768 :草加市ね。:04/04/29 09:06 ID:x+dB3Lhi
17条憲法は、神道では国が治められないので
仏教をとりいれた「中小企業のオヤジの人生訓」程度のものです。

769 :abc:04/04/29 09:17 ID:p20a0rXq
>>768
> 17条憲法は、神道では国が治められないので
> 仏教をとりいれた「中小企業のオヤジの人生訓」程度のものです。

結構ではないですか。先人の格言を適材適所に使って幼児・青少年少女
の教育の材料にすれば宜しい。

個人的には「五省」が大好きです。

770 :日出づる処の名無し:04/04/30 00:31 ID:jdmpy2ka
>>766
#今回の3バカ+2アホにもピッタリですな。

おなじくサヨだからねぇ、あいつらも

771 :abc:04/05/01 03:13 ID:KrQ7Jkxk
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1076668881/960
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1076668881/968-970

772 :日出づる処の名無し:04/05/09 23:52 ID:zS7t3qTN
昔の人は良い事を言ったもんだ。

358 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)